選び方ぶろぐ

年間50泊キャンプに行っています

テントのインナーマットの上には何を敷く?使い方とキャンプが超快適になる方法を詳しくブログで紹介!



 

「年間50泊、キャンプに行く我が家」

 

真夏の暑い時期から真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「我が家が夏を除く、春・秋・冬のキャンプに気をつけているのが寒さ対策」

 

春や秋は、昼間は気温が上がりますが、朝晩が冷え込みます。

 

冬場は、1日を通して気温が下がったままです。

 



 

「夏を除く、春・秋・冬のキャンプに必要なのが寒さ対策」

 

寒さ対策といえば、テントの中の温度を気にされる方が多いと思います。

 

テントの中の暖房器具といえば石油ストーブで、最近は石油ストーブがかなり売れています。

 



 

「寒い季節、キャンプを快適にするならテント内の温度も大事ですが、こだわってほしいことがあります」

 

それは、地面からの冷気対策。

 

 

 

 

「気温が下がると必ず発生するのが、地面からの冷気」

 

手で地面を触ると冷たいのが冷気で、テントの床部分からも冷気が発生します。

 

寒い季節、テントに何も敷かず寝転がってみると、冷たく感じるのが冷気です。

 

 

 

 

「気温が下がる季節、テントの床の冷気対策をしなければ快適にはなりません」

 

 

 

 

今回は、テントのインナーマットの上には何を敷くの?使い方は?ということで、テントに敷くインナーマットの全てを、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

*タイトル
テントのインナーマットの上には何を敷く?使い方とキャンプが超快適になる方法を詳しくブログで紹介!

 



 

「夏を除く春・秋・冬のキャンプに、地面からの冷気対策は必要です」

 

春や秋は寒暖差で、昼間は気温が上がりますが、朝晩が冷え込みます。

 

冬場は、1日を通して気温が下がり寒いまま。

 

 

 

 

「春・秋・冬のキャンプは、地面から冷気が発生します」

 

気温が下がると必ず発生するのが、地面からの冷気。

 

寒い時期、手で地面を触ると冷たいのが冷気で、テントの床部分からも冷気が発生します。

 

 

 

 

「気温が下がる季節に、テントに何も敷かず寝転がってみると、冷たく感じるのが冷気です」

 

寒い季節、地面からの冷気対策をしないと、テント内で快適には過ごせません。

 



 

「我が家は、インナーマットに分厚い銀マットを使用しています」

 

分厚い銀マットをインナーマットとして使用している理由は、分厚い銀マットが地面からの冷気を遮断してくれるから。

 

 

 

 

「銀マットは、地面からの冷気を遮断し、尚且つ体温を反射させ保温性を高めます」

 

 

 

 

「値段が安いので、手軽に購入できるのも銀マットを選ぶメリット」

 

 

 

 

「銀マットの厚みはいろいろありますが、8mm厚と15mm厚がおすすめ」

 

 

 

 

「キャンプサイトは芝サイトなど、コンディションのよい地面だけではありません」

 

コンディションの悪い砂利や、土サイトもあります。

 



 

「我が家は、地面がコンディションの良い芝サイトなら8mm厚の銀マットを敷いています」

 

芝がクッション性を高めてくれるので、8mm厚の銀マットで十分。

 

 

 

 

「砂利や土サイトなどの地面は、コンディションが悪いので、ゴツゴツして固いです」

 

8mm厚の銀マットを2枚重ねにすることで、ゴツゴツした硬い地面を吸収してくれます。

 

 

 


 

 

 

 

 

「銀マットを重ねたくないという方は、15mm厚の銀マット1枚でもOK」

 

 

 


 

 

 

 

 

インナーマットの敷き方

 

 

 

 

オールウェザーブランケット

 

 

「テントの床の一番下には、オールウェザーブランケット」

 

 

 

 

「オールウェザーブランケットは、プラスチックフィルム・アルミニウム・ポリエチレン繊維、そしてプラスチックフィルムという4層からなる構造」

 

NASAが開発した多目的シートで、防水・防風・保温性に大変すぐれています。

 

 

 

 

「保温性の高いオールウェザーブランケットを敷くと、より暖かさがアップします」

 

 

 

 

「オールウェザーブランケットを敷き詰めると、テントの床の保護にもなります」

 

 

 

 

「何かのアクシデントで、テントの床から雨水が浸水してきても、防水性の高いオールウェザーブランケットを敷いていると、マットや荷物を濡らしません」

 

 

 

 

「オールウェザーブランケットは、テントのグランドシートとして使用可能」

 

 

 

 

152×213cmのオールウェザーブランケットのサイズ。

 

 

 

「152×213cmのサイズなので、2人用のテントにちょうど良いサイズ」

 

我が家も2人用のテントなど、こじんまりしたテントのグランドシートに、オールウェザーブランケットを敷いています。

 

 

 

 

 

「オールウェザーブランケットがあれば、キャンプでいろいろな使い方ができるのでおすすめ」

 

 

 


 

 

 

 

 

分厚い銀マット
 

 

「オールウェザーブランケットの上には、分厚い銀マットを敷いています」

 

分厚い銀マットは、地面からの冷気を遮断。

 

 

 

 

「銀の部分で体温を反射させるので、保温性も高めます」

 

 

 

 

「地面からの冷気の遮断と、保温性も高める銀マットは、インナーマットとして十分な働きをしてくれます」

 

値段が安く手軽に購入できるのも、銀マットを選ぶメリット。

 

 

 

 

「銀マットの厚みは、8mmと15mmがおすすめ」

 

地面が芝などのコンディションの良いサイトは、8mm厚の銀マット1枚。

 

芝がクッション性を高めるので、8mm厚の銀マット1枚で十分。

 

 

 

 

「地面が砂利や土サイトなどのコンディションの悪いサイトは、8mm厚の銀マットを2枚重ねて敷いて下さい」

 

8mm厚の銀マット2枚を重ねることで、地面のゴツゴツ感や固さを吸収してくれます。

 

 

 


 

 

 

 

 

「銀マットを重ねたくない方は、15mm厚の銀マット1枚でもOK」

 

 

 


 

 

 

 

 

エルパソブランケット
 

 

「分厚い銀マットの上には、エルパソブランケット」

 

 

 

 

「エルパソブランケットは、エルパソサドルブランケット社のメキシカンラグ」

 

エルパソサドルブランケット社は、1970年アメリカテキサス州で創業の40年を超える歴史あるブランド。

 

本国アメリカでは、ヨガマットてして大人気。

 

 

 

 

「エルパソブランケットは、一時期人気があり過ぎて供給が追いつかず購入できない時がありました」

 

現在はだいぶん落ち着いて、Amazon・楽天・ヤフーからも購入ができます。

 

 

 

 

「エルパソブランケットの人気がある理由は、やはり見た目のおしゃれさ」

 

テントに敷くだけで映え、かなりおしゃれなサイトが出来上がります。

 

 

 

 

「生地は、しっかりした織りと固めの素材感」

 

分厚く丈夫につくられているので、痛むことなく長く使用できます。

 

 

 

 

150×225cmのエルパソブランケットのサイズ。

 

 

 

「150×225cmのサイズなので、3人用のテントだとちょうどいいサイズ」

 

 

 

 

「大きなテント場合、我が家は中央にエルパソブランケットを1枚ピンポイントで敷いています」

 

エルパソブランケットを、2枚敷き詰めてもOK。

 

我が家みたいに、中央に1枚だけ敷いてもおしゃれ。

 

 

 

 

「色々な色と柄を選べるのもエルパソブランケットの良さ」

 



 

「エルパソブランケットを敷くだけで、かなりおしゃれなサイトになります」

 

丈夫でしっかりとしたつくりなので、長く使用できるのもエルパソブランケットのおすすめな理由。

 

想像以上におしゃれなので、購入する価値はありますよ。

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

今回は、テントのインナーマットについて紹介しました。

 

我が家はインナーマットとして、分厚い銀マットを敷いています。

 

インナーマットとして分厚い銀マットを敷くメリットは、地面からの冷気を遮断すること。

 

銀の部分には保温効果があり、体温を反射させ暖かくなります。

 

尚且つ、クッション性があるので、銀マットを寒い時期に敷くとかなり快適。

 

我が家は、インナーマットとして分厚い銀マットを敷いている上に、エルパソブランケットを使用。

 

エルパソブランケットは、見た目がおしゃれで、敷くだけでかなり映えます。

 

生地は、しっかりとした織りと固めの素材感。

 

分厚く丈夫なつくりで、長く使用できるのもエルパソブランケットの良さ。

 

以上、「テントのインナーマットの上には何を敷く?使い方とキャンプが超快適になる方法を詳しくブログで紹介!」でした。

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラム
 
 

 

キャンプ用品セール(Amazon)
 
 

 

キャンプ用品セール(楽天)