選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

レビュー!キャンプで漏れないおしゃれな灯油タンク!5Lか10Lどっち?詳しくブログで紹介。 



 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もすると、ほぼ毎週がキャンプ」

 

キャンプに行く時間が増えれば増える程、快適に過ごしたいと思います。

 

 

 

 

「春や秋は寒暖差で、昼間は気温が上がりますが朝晩が冷え込みます」

 

冬キャンプは1日を通して寒いまま。

 

夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプに寒さ対策は必要です。

 

 

 

 

「季節にあった寒さ対策をしないと、快適には過ごせません

 

 

 

 

「最近はオフシーズンでもキャンプをする方が増え、それに伴い寒さ対策ギアがいろいろ発売されています」

 

いろいろある寒さ対策ギアの中で最も必要なのが、石油ストーブだと思います。

 

石油ストーブは、簡単手軽に幕内を暖めることができます。

 

 

 

 

「電源がないサイトでも使えるのが、石油ストーブの良い所」

 



 

「寒い季節に石油ストーブを使用すると、補給用のポリタンクも必要になります」

 

ポリタンクは車で運搬するので、漏れないものをチョイスしなければいけません。

 

 

 

 

今回は、車で運搬しても漏れないおしゃれなポリタンク、5Lと10Lを詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 

*タイトル
レビュー!キャンプで漏れないおしゃれな灯油タンク!5Lか10Lどっち?詳しくブログで紹介

 

 

 

 

灯油について
 

 

「灯油は、石油ストーブやファンヒーターなどの燃料に使用している為、身近なものになっています」

 

身近に扱っている灯油ですが、消防法上の危険物に該当します。

 

危険物に当たるので、保管・運搬・取り扱いに注意する必要があります。

 

 

灯油の性質:

引火点は40℃以上

無色の液体

灯油の危険性:

液温が40以上になると可燃性蒸気が発生し危険性はガソリンとほぼ同様

容器を激しく揺らすと静電気が発生するので注意が必要

 

 

 

保管方法
 

 

「直射日光の下や風通しの悪い倉庫など、高温になる場所での保管は避ける」

 

灯油は静電気が蓄積しやすい液体の為、取り扱う容器は消防法令により制限されています。

 

 

 

 

「ペットボトルやビンなどに、灯油を入れることはできません」

 

 

 

 

「ウォータージャグに灯油を入れることも禁止」

 

 

 

 

「ノズルやポンプを取り付けたままにせず、しっかりと密栓をして保管」

 

灯油を入れる前は、容器や蓋に破損がないか確認して下さい。

 

 

 

 

灯油のポリタンクには色が付いている
 

 

「灯油のポリタンクには、赤・青・緑など色が付いています」

 

赤・青・緑など色が付いている理由は、紫外線を遮断し灯油の変質を防ぐ為。

 

灯油のポリタンクの紫外線劣化を防ぐ為の効果もあります。

 

 

 

 

灯油は劣化する
 

 

「灯油は保管方法や経年により、劣化し変質します」

 

変質した灯油を暖房器具に使用すると、故障に繋がるリスクがあるので、ワンシーズンで使い切るのがベスト。

 

使わなくなった灯油は、ガソリンスタンドなどで引き取ってもらえます。

 



 

漏れないおしゃれな灯油タンク

 

 

 

 

灯油タンクは、何リットル必要?
 

 

「必要な灯油の量は、石油ストーブのサイズによって変わります」

 

小型の石油ストーブは、5Lのポリタンクで十分。

 

下記が現在キャンプで人気の石油ストーブのタンク容量。

 

 

タンク容量

レインボーストーブ:4.9L

フジカハイペット:3.6L

パセコストーブ:5.3L

アルパカストーブ:3.7L

グローストーブ:4.9L

 

 

 

「小型の石油ストーブはタンク容量が5L前後なので、1回灯油を補給するとして灯油のポリタンクは5Lあれば十分」

 

 

 


 

 

 

 

 

「キャンプで人気の大型の石油ストーブといえば、コロナ対流型石油ストーブやトヨトミKS-67H」

 

コロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67Hのタンク容量は下記のとおり

 

 

タンク容量

コロナ対流型ストーブ:7L

トヨトミKS-67H:6.3L

 

 

 

「コロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67Hは、タンク容量が7L程入るので灯油のポリタンクは10L必要」

 

 

 


 

 

 

 

 

「灯油のポリタンク大きさは、石油ストーブのサイズによって決められたら良いと思います」

 

小型の石油ストーブなら5L、大型の石油ストーブなら10Lの灯油ポリタンク。

 

 

 

 

「我が家は、レインボーストーブ・フジカハイペット・コロナ対流型ストーブの3種類の石油ストーブを保有しています」

 

小型石油ストーブのレインボーストーブとフジカハイペットは、5Lの灯油ポリタンクを補給用に持って行きます。

 

ヒューナースドルフの燃料タンク5Lは、おしゃれで漏れない灯油タンク。

 

 

 


 

 

 

 

 

「大型石油ストーブのコロナ対流型ストーブは、10Lの灯油ポリタンクを補給用に持っていきます」

 

ヒューナースドルフの燃料タンク10Lは、おしゃれで漏れない灯油タンク。

 

 

 


 

 

 

 

 

ヒューナースドルフの燃料タンク
 

 

「我が家は灯油タンクに、ヒューナースドルフの燃料タンクを使用」

 

ヒューナースドルフの燃料タンクは、キャンプで使う灯油タンクで、人気があり売れている商品。

 

 

 

 

「ヒューナースドルフの燃料タンクの人気があり売れている理由は、ミリタリーカラーでかっこ良くおしゃれな所」

 

 

 

 

「国連の認証を受けたヒューナースドルフ製の燃料タンクは、安全性や信頼性があります」

 

蓋はチャイルドロック付きになっていて、高い機密性があり漏れる心配がありません。

 

 

 

 

「灯油漏れの心配がないので、安心して車で運搬ができます」

 



 

「レインボーストーブ・フジカハイペット・パセコストーブ・アルパカストーブ・グローストーブなどの小型の石油ストーブは、タンク容量が5L前後」

 

タンク容量が5L前後なので、キャンプで1回灯油の補給をすると考えて、ヒューナースドルフの燃料タンク5Lで十分。

 

 

 


 

 

 

 

 

「コロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67Hは、タンク容量が7L程あります」

 

タンク容量が7L前後なので、キャンプで1回灯油の補給をすると考えて、ヒューナースドルフの燃料タンク10Lは必要。

 

 

 


 

 

 

 

 

灯油ボトル

 

 

 

 

「5月〜9月の季節は、石油ストーブをあまり使わない時期」

 

石油ストーブを使わない時期に、灯油をポリタンクに入れてキャンプに持って行くと、荷物になってしまいます。

 

灯油はランタンや灯油ヒーターでも使います。

 

 

 

 

「我が家は少量の灯油の持ち運びに、トランギアの フューエルボトルを使用」

 

トランギアのフューエルボトルは、燃料ボトルになっており灯油が入れられます。

 

カラーリングがおしゃれで見た目が良く、我が家はとても気に入っているアイテム。

 

 

 

 

「トランギアのフューエルボトルは、セーフティーバルブを採用しており、キャップを取り外すことなくボタンを押すだけで燃料が中に入っていきます」

 

全くストレス無しで、燃料を入れられるのでとても便利。

 

 

 

 

 

「セーフティーバルブを搭載したトランギアのフューエルボトルは、ボトルが倒れても燃料漏れを起しません」

 

燃料漏れを起こさないので、安心して使用できます。

 

 

 

 

「使い勝手がよくおしゃれなデザインで、我が家はとても気に入っています」

 

300ml・500ml・1000mlの3種類のサイズから選べます。

 

カラーもレッドとオリーブの2種類。

 

 

 

 

「我が家は、500mlのフューエルボトルを使用」

 

500mlあれば、2泊3日のキャンプでも十分な灯油の量です。

 

 

 


 

 


 

 

 

 

 

「ミリタリーカラーがかっこ良く、無骨なデザインのヒューナースドルフの燃料タンク」

 

 

 

 

「小型の石油ストーブには、ヒューナースドルフの燃料タンク5L」

 

 

 


 

 

 

 

 

「大型の石油ストーブには、ヒューナースドルフの燃料タンク10L」

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

今回キャンプで使う灯油タンクは何リットル必要か?漏れないおしゃれな灯油タンクを紹介しました。

 

レインボーストーブ・フジカハイペット・パセコストーブ・アルパカストーブ・グローストーブなど、小型の石油ストーブは灯油タンクが5Lで十分。

 

コロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67Hのような大型の石油ストーブなら10Lのポリタンクが必要になります。

 

我が家も使用するレインボーストーブやフジカハイペットは、5Lの灯油タンクを補給用としてキャンプに持って行きます。

 

コロナ対流型ストーブを使用する時は、10Lの灯油タンクは必要です。

 

石油ストーブのサイズによって、5Lか10Lのどっちの灯油タンクが必要か決められたら良いと思います。

 

我が家は灯油のポリタンクに、ヒューナースドルフの燃料タンクを使用。

 

ヒューナースドルフの燃料タンクは、見た目がよくおしゃれなのでおすすめします。

 

以上、「レビュー!キャンプで漏れないおしゃれな灯油タンク!5Lか10Lどっち?詳しくブログで紹介」でした。

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!