選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【検証】冬キャンプは焚き火しない?焚き火のみだと寒い?薪の量も詳しくブログで紹介



 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もキャンプをすると、ほぼ毎週がキャンプ」

 

キャンプに行く時間が増えれば増える程、快適に過ごしたいと思います。

 

 

 

 

「春や秋は寒暖差で、昼間は気温が上がりますが朝晩が冷え込みます」

 

冬キャンプは1日を通して寒いまま。

 

夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプに寒さ対策は必要です。

 

 

 

 

「特に冬キャンプは気温が下がるので、しっかりとした寒さ対策が不可欠」

 

 

 

 

今回は、冬キャンプで焚き火だけだと寒いのか?詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 


 

 
 
*タイトル
【検証】冬キャンプは焚き火しない?焚き火のみだと寒い?薪の量も詳しくブログで紹介

 

 

 

 

冬キャンプで焚き火だけだと寒い?

 



 

「冬場でも昼間は比較的気温の下がるのがマシなので、焚き火だけでも暖が取れると思います」

 

昼間に関しては、焚き火だけでも暖が取れますが、気温が下がる朝晩は難しいです。

 

冬キャンプで気温が下がる朝晩に、焚き火だけの暖だとかなり寒いです。

 



 

「薪の数を増やしてガンガン燃やしたとしても、焚き火のみで暖かく快適に過ごすのは無理」

 



 

焚き火のリフレクター

 



 

「我が家は寒い季節にキャンプをする際、大型のリフレクターを使用しています」

 

リフレクターで焚き火台を囲むと、風が遮断され炎が安定します。

 

炎が安定することで、薪の節約にもなります。

 



 

「リフレクターを使用する一番のメリットは、焚き火から発生する熱を前方に反射し送り出すことで、より正面が暖かくなること」

 

 

リフレクターを使用しない場合は焚き火から発生する熱が分散してしまいます

 

 

 

「リフレクターを使うことで、焚き火の熱を後方に逃さず前方に反射させ、正面の温度が上がります」

 



 

「冬キャンプで朝晩に焚き火をする時や、焚き火だけで寒いと感じたらリフレクターを使用することでかなり暖かくなります」

 

我が家も焚き火だけで寒いと感じたらリフレクターを使用しているので、ぜひ一度試してみて下さい。

 



 

キャンプグリーブの大型風防板

 



 

「最近はキャンプ人気が落ち着いてきましたが、それでもいろいろなブランドからリフレクターが発売されています」

 

いざ購入しようと思ってもたくさんあり過ぎて、どのブランドのリフレクターを選んだらいいか迷います。

 

我が家のおすすめは、キャンプグリーブの大型風防板。

 



 

「キャンプグリーブは、青森県発のアウトドア用品専門店」

 

自身が冬に焚き火をしていた時に、暖を取ることができないと思い開発したのがキャンプグリーブの大型風防板。

 

 

キャンプグリーブとは

自然を愛し、キャンプを愛する全てのキャンパーに向けた商品を販売するキャンプ用品専用ショップ

当店ではベテランのキャンパーが開発した商品や、お客様のご意見を参考に開発された商品を取り揃え、初心者から上級者まで幅広いキャンパーに高品質で、本当に使える商品をご提供しております

 

 

 

「我が家は夏以外の季節、春・秋・冬キャンプに、キャンプグリーブの大型風防板を使用しています」

 



 

キャンプグリーブの大型風防板
 

 

「焚き火に使うリフレクターで、売れていて人気のあるのがキャンプグリーブの大型風防板」

 

楽天のアウトドア焚き火台ランキングで常に上位の商品。

 



 

「キャンプグリーブの大型風防板が売れていて人気があるのは、それだけの理由があります」

 

シリーズ累計販売台数が10万個売れた脅威の焚き火リフレクター。

 

人気があり売れている理由は、使い勝手がよくしっかりとしたつくりだから。

 



 

「キャンプグリーブの大型風防板をおすすめする一番の理由は、焚き火の反射熱を逃さずとても暖かくなること」

 

焚き火の熱を後方に逃さず前方に反射させることで、前方の温度が上がります。

 

冬キャンプで寒いと感じたら、キャンプグリーブの大型風防板を使用することをおすすめします。

 



 

「キャンプグリーブの大型風防板を使用すると、輻射熱効果で暖かくなる他に、火の粉をガードし風からの影響をなくすので炎が安定します」

 

炎が安定することで薪が長持ちします。

 

 

キャンプグリーブの大型風防板のメリット

付属のOリングでペグダウンすると、より風に強くなる

専用のOリング14個と、#400耐水ペーパーが付属

特殊加工により、通常よりも反射率がアップ

亜鉛メッキの犠牲防食作用で錆びにくい

 

 

 

「収納袋もしっかりしており生地が裂けにくく、厚みがある600Dを採用」

 

収納ケースの幅が大きいので、本体が入れやすいのが特徴

 

開閉部分をダブルフェイス生地にすることで、穴が空きにくくなっています。

 



 

どのサイズを選ぶ
 

 

「30cm・40cm・50cm・60cm・70cmの5種類のサイズがあります」

 

サイズは120cmと同じですが、高さが変わってきます。

 

 

 

 

「5種類のサイズで一番人気のあるのが、キャンプグリーブの大型風防板60cm」

 

120×60cmのキャンプグリーブの大型風防板は、ファイアグリルやスノーピークの焚き火台など、ちょうどいいサイズ。

 

 



 

「サイズ的に使いやすいのが、キャンプグリーブの大型風防板の60cmのサイズだと思います」

 



 

「我が家もキャンプグリーブの大型風防板60cmのシルバーとブラック色を使用」

 

シルバー色のキャンプグリーブの大型風防板は、冬キャンプをメインに使用しています。

 

 

 


 

 

 

 

 

「内側がシルバーで外面がマットブラック塗装してあるキャンプグリーブの大型風防板も販売されています」

 

 

 


 

 

 

 

 

Viaggio+の大型風防板

 

 

 

 

「Viaggio+の大型風防板の特徴は、裏面が黒色で表面がシルバー色の2色を採用」

 

背面のマットなブラック塗装がかっこよく、正面はシルバーの亜鉛メッキ加工がされているので暖かいです。

 

 

 

 

「専用の固定金具とペグ付きで、地面にしっかりと設置し風の強い日でも安心」

 

 

 

 

「使用時は幅120×高さ60cmで、しっかりと周囲を温めてくれます」

 

背面がマットブラックで正面が未塗装のシルバー色かとてもかっこいいです。

 

Viaggio+の大型風防板は、人気があるのでおすすめです。

 

 

 


 

 

 

 

 

薪の量

 



 

「薪の量は、焚き火をする時間や炎の強さで変わってきます」

 

リフレクターを使用することで、風の影響をなくし炎が安定して薪が長持ちします。

 

焚き火をする場合、暖かくて薪の量も減らせるリフレクターがおすすめ。

 



 

「我が家は、焚き火を夕方から夜22時ぐらいまでしているので、いつも6kg×3束の18kgをキャンプに持っていきます」

 

薪の量は、夕方から夜寝るまで楽しむとして最低3束は必要です。

 



 

「薪の量はリフレクターを使用して、ガンガン焚き火台に入れず調整して下さい」

 



 

焚き火をしない

 

 

 

 

「我が家は、冬場も基本焚き火をしますが、風が強い日や雨の日はやりません」

 

風の強い日は、火の粉が舞い上がり危険で、体感温度もかなり下がります。

 

気が進まない時は焚き火をせず、幕内に引きこもって過ごすのもひとつのスタイル。

 

 

 

 

 

「我が家も気が進まない時は、焚き火をやらずにテント内でゆったりと過ごします」

 

 

 

 

「我が家は、キャンプグリーブの大型風防板を使用」

 

キャンプグリーブの大型風防板は、焚き火で使うリフレクターで売れていて人気の商品。

 

人気があり売れているのは、やはりそれだけの理由があります。

 



 

「使い勝手がよく使用するとかなり暖かくなるので、我が家はキャンプグリーブの大型風防板をとても気に入っています」

 

我が家は、シルバー色とブラック色のキャンプグリーブの大型風防板を使っています。

 



 

「シルバー色のキャンプグリーブの大型風防板は、冬キャンプをメインに使用」

 

 

 


 

 

 

 

 

「内側がシルバーで外面がマットブラック塗装してあるキャンプグリーブの大型風防板も販売されています」

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

今回は、冬キャンプに焚き火だけだと寒いのか?詳しくブログで紹介しました。

 

昼間はそれ程気温が下がらないので、焚き火だけでも暖が取れると思います。

 

ただ、気温が下がる朝晩は焚き火のみで暖を取るのは厳しいです。

 

焚き火をしていて寒いと感じたらリフレクターがおすすめ。

 

リフレクターを使用する一番のメリットは、焚き火から発生する熱を前方に反射し送り出すことで、より正面が暖かくなります。

 

リフレクターを使うことで、焚き火の熱を後方に逃さず前方に反射させ、周りの温度が上がります。

 

我が家は、リフレクターで一番売れていて人気のキャンプグリーブの大型風防板を使用。

 

キャンプグリーブの大型風防板は、使い勝手がよく使用するとかなり暖かくなるのでおすすめ。

 

我が家は、シルバー色とブラック色のキャンプグリーブの大型風防板を使っています。

 

シルバー色のキャンプグリーブの大型風防板は、冬キャンプをメインに使用。

 

ブラック色のキャンプグリーブの大型風防板は、春や秋キャンプをメインに使っています。

 

以上、「【検証】冬キャンプは焚き火しない?焚き火のみだと寒い?薪の量も詳しくブログで紹介」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!