年間50泊キャンプ

年間50泊キャンプ!日本酒を年間365日楽しんでいます

レビュー!冬キャンプの寝る時の寒さ対策と暖房!足元も超暖かい。



 

「年間50泊程、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もキャンプをすると、ほぼ毎週がキャンプ」

 

キャンプに行く時間が増えれば増える程、快適に過ごしたいと思います。

 



 

「春や秋は寒暖差で、昼間は気温が上がりますが、朝晩が冷え込みます」

 

冬キャンプは、1日を通して寒いまま。

 

夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプに寒さ対策は必要です。

 

 

 

 

「その季節にあった寒さ対策をしないと、快適には過ごせません」

 

特に冬キャンプは気温が下がるので、寒さ対策はとても大事。

 

 

 

 

今回は、冬キャンプの寝る時の対策と暖房を、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

*タイトル
レビュー!冬キャンプの寝る時の寒さ対策と暖房!足元も超暖かい

 



 

「石油ストーブやカセットガスストーブは、換気が不十分だと一酸化炭素が発生します」

 

一酸化炭素が発生する暖房器具は、就寝時に使用できません。

 

 

 

 

ホットカーペット

 



 

「キャンプで最強の電化製品といえばホットカーペット」

 

電源サイトを利用される場合は、ホットカーペットを使用されることをおすすめします。

 

ホットカーペットを使用すると、冬キャンプがかなり快適になります。

 



 

「真冬のキャンプでもホットカーペットがあれば、高価なダウンシュラフは必要ありません」

 

化繊のシュラフでも、十分に暖かく就寝ができます。

 

 

 

 

「ホットカーペットは、いろいろなメーカーから発売されていてサイズもさまざま」

 

一辺の長さが違ったり、正方形や長方形の形もあります。

 

下記が、ホットカーペットの一般的なサイズ。

 

 

1畳から4畳までのホットカーペットのサイズ

1畳用:88×176cm

1.5畳用:125×180cm

2畳用:176×176cm

3畳用:195×235cm

4畳用:200×310cm

 

 

 

「目安として2〜3人用のテントだと、2畳用のホットカーペット」

 

4人用のテントだと、3畳用のホットカーペットを選んで下さい。

 

 

 

 

「ホットカーペットは、キャンプで最強の暖房器具と言われている通り、かなり暖かいです」

 

冬キャンプで暖かく快適に就寝するならホットカーペットがおすすめ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電気毛布

 



 

「電気毛布は、ホットカーペットみたいな使い方をすると暖かいです」

 

2枚の電気毛布を、ホットカーペットみたいに敷きます。

 

 

 

 

「電気毛布は、中〜強にするとじんわりと暖かいです」

 



 

「ホットカーペットみたいに電気毛布を敷く場合、銀マットを用意して下さい」

 

銀マットの上に電気毛布を敷くことで、電気毛布の熱を反射させて、より暖かく感じます。

 

 

 

 

「クッション性をアップする為に、分厚い銀マットor極厚銀マットを使用」

 

8mm厚の分厚い銀マットを2枚重ねにするか、15mm厚の銀マットのどちらかを使います。

 

 

 

銀マットはどちらかを使用する

8mm厚の分厚い銀マット2枚重ね

15mm厚の極厚銀マット

 

 

 

 

 

 

 

 

電気毛布の敷き方
 

 

①分厚い銀マットor極厚銀マットを敷きます。

 

銀マットは、必ず銀の方を上にして下さい。

 

銀の方を上にすることで、電気毛布の熱が反射して、より暖かく感じます。

 

 

 

 

②電気毛布の上に、直接シュラフを敷きます。

 

分厚い銀マットor極厚銀マットを電気毛布の下に敷いているので、地面のゴツゴツ感を感じず痛くありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インフーターマット&電気毛布
 

 

「インフーターマットを使用されている場合は、インフーターマットの上に、電気毛布を敷いて下さい」

 

電気毛布は、中ぐらいでもじんわりと暖かいですよ。

 

 

インフーターマット→電気毛布→シュラフ

 

 

 

 

 

 

 

 

足元の対策

 



 

湯たんぽ
 

 

「我が家が冬キャンプをする時は、必ず電気毛布か湯たんぽを使用します」

 

電気毛布を敷くと体全体が暖かいのですが、湯たんぽは足元を中心にシュラフの中全体を暖めてくれます。

 

 

 

 

「お湯を使う手間はいりますが、足元を中心にシュラフの中全体を暖めてくれる湯たんぽは、かなり冬キャンプに重宝します」

 

冬キャンプの時、寒くて寝れないという方は、湯たんぽを使用されることをおすすめします。

 

湯たんぽを使用すると、かなり暖かいです。

 

 

 

 

マルカの湯たんぽ
 

 

「湯たんぽには、プラスチック製・陶器製・ゴム製・充電式・金属製などがあります」

 

湯たんぽといえばプラスチック製で、自宅で使われている方も多いはず。

 

我が家もプラスチック製の湯たんぽを保有しています。

 

 

 

 

「キャンプでは、プラスチック製の湯たんぽは使いません」

 

我が家は、金属製のマルカの湯たんぽを使用します。

 

 

 

 

「金属製のマルカの湯たんぽの特徴は、直火ができること」

 

湯たんぽに水を入れて、そのままカセットコンロで温められます。

 

ケトルなどで沸かして移しかえる必要がないので、とても楽。

 

 

 

 

「マルカの湯たんぽは、水を入れてカセットコンロで温めるだけでOK」

 

 

 

 

 

「石油ストーブでも温められるので、とても便利」

 

 

 

 

「マルカの湯たんぽの表面は、波形をしています」

 

波形をしている理由は、表面積を少しでも大きくして暖房面積を広げる為。

 

強度も波形にすることで、アップします。

 

 

 

 

「マルカの湯たんぽの内部には、支柱が入っています」

 

支柱を入れることで、温度が下がった時にヘコミにくくなります。

 

 

 

 

「いろいろな工夫があり使いやすいのが、マルカの湯たんぽの特徴」

 

我が家は、マルカの湯たんぽの2.5Lを夫婦で使用しています。

 

 

 

 

「2.5Lあれば夜にお湯をセットして、真冬のキャンプでも十分に朝まで暖かいです」

 

湯たんぽは、我が家も使用するマルカの湯たんぽ2.5Lがおすすめ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペンドルトンのタオルブランケット

 



 

「ペンドルトンは、1863年にアメリカのオレゴン州で創業した150年以上も続く歴史ある企業」

 

ネイティブアメリカンの伝統な柄が特徴で、日本でもとても人気があります。

 

 

 

 

「ペンドルトンのタオルブランケットは、一時期人気があり過ぎて供給が追いつかず、購入できない時もありました」

 

現在は、Amazon・楽天・ヤフーからも購入ができます。

 

 

 

 

「ペンドルトンのタオルブランケットは、高級感かあり厚手で、とても良い質感」

 

肉厚のコットン素材がとてもしっかりとしたつくりで、痛むことなく長く使用できます。

 

 

 

 

「ペンドルトンのタオルブランケットがあれば、いろいろな使い方ができます」

 

夏キャンプは、タオルケットとして使用。

 

 

 

 

「冬キャンプは、シュラフの中に毛布代わりとして使えます」

 

 

 

 

 

「我が家は、インフーターマットの上に敷き、カバーとして使用することもあります」

 

 

 

 

「いろいろなカラーと柄があるので、選びやすいです」

 

楽天市場

 

 

「使い勝手がよく便利すぎて、3枚のペンドルトンのタオルブランケットを保有」

 

年間50泊キャンプに行く我が家にとって、ペンドルトンのタオルブランケットはなくてはならないもの。

 

 



 

 

 

 

 

 

ミニセラミックヒーター

 

 

 

 

「電源サイトを利用される場合、ミニセラミックヒーターでも暖かく就寝ができます」

 

ミニセラミックヒーターをおすすめする理由は、一酸化炭素が発生しないので、テント内を締め切って使用できること。

 

暖かい温風が出てきて尚且つ締め切ることで、よりテント内の温度が上がります。

 



 

「テントを締め切ると、隙間風や冷気が入ってこないので、ミニセラミックヒーターをつけて就寝するとかなり暖かいです」

 

真冬のキャンプだと、ミニセラミックヒーターが2台あると、テント内が暖まりますよ。

 

 

 

 

「電気毛布と併用して使うと、より暖かく就寝ができます」

 

ミニセラミックヒーターで、テント内の温度を上げて、電気毛布で体を温められます。

 

電気毛布とミニセラミックヒーターの組み合わせることで、より快適に就寝することが可能。

 



 

 

 

 

 

 

「こじんまりしたテントならセラミックヒーターで、十分に暖かいです」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

今回は、冬キャンプの寝る時の対策を紹介しました。

 

冬キャンプで電源なしサイトを利用される場合は、電源毛布か湯たんぽがおすすめ。

 

ポータブル電源があれば、電源がないサイトでも電気毛布を使用することができます。

 

湯たんぽをシュラフの中に入れるて、足元を中心にシュラフ全体が暖まります。

 

分厚い靴下を履いて、湯たんぽを使用することで、足元がぽかぽかになります。

 

冬キャンプで電源サイトの場合、ホットカーペットか電源毛布&ミニセラミックヒーターがおすすめ。

 

ホットカーペットは、キャンプ最強の暖房器具と言われている通り、かなり暖かいです。

 

電気毛布&ミニセラミックヒーターは、テント内の温度を上げて、尚且つ体も温めてくれます。

 

冬キャンプで快適に就寝するなら、暖房器具と対策がとても大事。

 

以上、「レビュー!冬キャンプの寝る時の寒さ対策と暖房!足元も超暖かい」でした。

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!