選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【検証】オイルランタンの燃料は入れっぱなしでもいいのか?詳しく紹介

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「キャンプの楽しみは、皆さんいろいろあると思います」

 

我が家のキャンプの楽しみは、ゆったり過ごすこと。

 

キャンプでは夫婦で、ゆったりとお酒をいただきながら過ごしています。

 

 

 

 

「お酒を美味しく飲むには、お酒に合う料理やおつまみが不可欠」

 

キャンプでは、お酒に合う料理やおつまみをいろいろ作ってきました。

 

 

 

 

「雰囲気が良いと、よりお酒を美味しくいただけます」

 

焚き火を囲みながら飲むお酒は最高。

 

 

 

 

「我が家は焚き火だけではなく、オイルランタンも近くに置いて雰囲気を楽しんでいます」

 

オイルランタンは、周りを照らすような明るさはありませんが、包み込むような優しい炎。

 

見ているだけで癒されます。

 

 

 

 

「我が家は、オイルランタンの中で有名なフュアーハンドランタンを使用」

 

 

 

 

今回は、オイルランタンの燃料を入れっぱしにしていても大丈夫なのか?詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
*タイトル
【検証】オイルランタンの燃料は入れっぱなしでもいいのか?詳しく紹介

 

 

 

 

オイルランタンの燃料は入れっぱなしでいいのか?

 

 

 

 

「オイルランタンの燃料には、パラフィンオイルと灯油があります」

 

パラフィンオイルと灯油は性質が全く違うので、扱い方も変わってきます。

 

 

 

 

「灯油に比べてパラフィンオイルは、引火点が高く揮発性が低い為、持ち運びやすく取り扱いやすいのが特徴」

 

 

 

 

パラフィンオイル
 

 

「パラフィンオイルは、石油を蒸留して精製された液体」

 

ローソクのロウと同じ成分で、粘度が高いのが特徴。

 

 

 

 

「パラフィンオイルの引火点は、90度前後になっています」

 

引火点が90度と高い為、持ち運びやすく取り扱いやすいです。

 

揮発性が低いので、安全性の高い燃料になっています。

 

 

 

 

「パラフィンオイルは、直射日光を避けて保管すると、1年以上保存が可能」

 

揮発性が少ないので、目減りすることもありません。

 

 

 

 

「パラフィンオイルは、引火点が高く揮発性が低いので、安全性の高い燃料になっています」

 

安全性の高い燃料の為、オイルランタンに入れっぱなしにしても問題はありませんが、運搬時の揺れや衝撃で漏れてしまうことがあります。

 



 

 

「運搬する際は、漏れを防ぐ為にパラフィンオイルをオイルランタンから抜いて下さい」

 

オイルランタンは構造上、傾けたり倒れると燃料漏れを起こします。

 

 

オイルランタンにパラフィンオイルを入れっぱなし

オイルランタンに入れっぱなしでも問題なし

運搬時の揺れや衝撃で漏れる

傾けたり倒れると漏れる

 

 

 

「車の移動時に燃料漏れを起こす場合があるので、オイルランタンにパラフィンオイルを入れっぱなしにせずに抜いて下さい」

 

我が家はパラフィンオイルの燃料入れに、トランギアのフューエルボトルを使用。

 

 

 

 

「セーフティーバルブを搭載したトランギアのフューエルボトルは、ボトルが倒れても燃料漏れを起こしません」

 

燃料漏れを起こさないので、安心して使用できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

灯油
 

 

「寒い季節、ストーブやファンヒーターなどに使う灯油は生活の中で身近な燃料」

 

生活で身近な灯油ですが、消防法においては危険物とされています。

 

危険物とされている灯油は、取り扱いや保管をしっかりとする必要があります。

 

 

 

 

「灯油は静電気が蓄積しやすい液体の為、取り扱う容器は消防法によって定められています」

 

ペットボトルや瓶などの飲料水に、灯油を入れることはできません。

 

 

 

 

「長期の保存で、灯油をオイルランタンに入れっぱなしにしておくこともおすすめしません」

 

 

オイルランタンに灯油を入れっぱなし

パラフィンオイルより引火点が低く静電気が発生しやすい為、オイルランタンに入れっぱなしはおすすめできない

 

 

 

「オイルランタンは、傾いたり倒したりしてしまうと、燃料漏れを起こしてしまいます」

 

車で運搬時に漏れてしまうと、灯油の匂いが車内に充満してしまいます。

 



 

「我が家は灯油を入れるボトルに、トランギアのフューエルボトルを使用」

 

トランギアのフューエルボトルは、アルコール燃料の運搬用ボトルですが、パラフィンオイルや灯油が入れられます。

 

 

 

 

トランギアギアのフューエルボトル

 

 

 

 

「1925年創業のトランギア社は、90年以上も続くスウェーデン発の歴史あるアウトドアブランド」

 

スウェーデンはもちろん、世界中のアウトドア市場で最も有名なブランドの一つ。

 

TRANGIA

 

 

「トランギアのフューエルボトルは、燃料ボトルになっており、灯油・パラフィンオイル・アルコールを入れることが可能」

 

灯油・パラフィンオイル・アルコールを入れる専用ボトルの為、安心して灯油やパラフィンオイルを入れることができます。

 

少量の灯油やパラフィンオイルを入れるのは、トランギアのフューエルボトルがおすすめ。

 

 

 

 

「おしゃれなカラーリングが特徴で、我が家がとても気に入っているキャンプギアの一つ」

 

 

 

 

「トランギアのフューエルボトルは、セーフティーバルブを採用しており、キャップを取り外すことがなくボタンを押すだけで燃料を入れることができます」

 

手も汚れることがなく、スムーズに燃料が入ります。

 

 

 

 

「セーフティーバルブを搭載したトランギアのフューエルボトルは、ボトルが倒れても燃料漏れを起しません」

 

燃料漏れを起こさないので、安心して使用できます。

 

 

 

 

 

 

「サイズは、300ml・500ml・1000mlの3種類のサイズがあります」

 

カラーは、オリーブとレッドの2種類。

 

 

 

 

「トランギアのフューエルボトルのサイズ選びは、キャンプで使用するランタンの数で選ばれたら良いと思います」

 

 

 

 

「ランタン1個をキャンプで使用される方は、トランギアのフューエルボトル0.3Lがおすすめ」

 

NOASOBIYA

 

 

 

 

 

 

 

「ランタン2個をキャンプで使用される方は、トランギアのフューエルボトル0.5Lがおすすめ」

 

 

 

 

 

 

 

 

「ランタン3個以上をキャンプで使用される方は、トランギアのフューエルボトル1Lがおすすめ」

 

NOASOBIYA

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

パラフィンオイルの引火点は、90度前後になっています。

 

引火点が90度と高い為、持ち運びやすく取り扱いやすいです。

 

揮発性が低いので、安全性の高い燃料になっています。

 

パラフィンオイルは、直射日光を避けて保管すると、1年以上保存が可能。

 

揮発性が少ないので、目減りすることもありません。

 

パラフィンオイルは、引火点が高く揮発性が低いので、安全性の高い燃料になっています。

 

安全性の高い燃料の為、オイルランタンに入れっぱなしにしても問題はありませんが、運搬時の揺れや衝撃で漏れてしまうことがあります。

 

運搬する際は、漏れを防ぐ為にパラフィンオイルをオイルランタンから抜いて下さい。

 

危険物とされている灯油は、取り扱いや保管をしっかりとする必要があります。

 

灯油は静電気が蓄積しやすい液体の為、取り扱う容器は消防法によって定められています。

 

ペットボトルや瓶などの飲料水に、灯油を入れることはできません。

 

長期の保存で、灯油をオイルランタンに入れっぱなしにしておくこともおすすめしません。

 

以上、「【検証】オイルランタンの燃料は入れっぱなしでもいいのか?詳しく紹介」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!