選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【検証】テントのグランドシートはブルーシートより厚手を選ぶべき



 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「最近は、キャンプ人気がだいぶん落ち着いてきましたが、それでもいろいろなブランドからテントが発売されています」

 

原材料価格の高騰や為替の影響もあり、テントの値段も上がってきました。

 

テントの値段も上がっているので、できれば大事に長く使いたいと思います。

 



 

「テントを使用する際に、一緒に設置してほしいのがグランドシート」

 

グランドシートは、テントのボトムの下に敷きます。

 



 

「テントのボトム下にグランドシートを敷くことで、ボトムの保護と地面からの水分の染み込みを遮断できます」

 

地面からの影響を軽減できるので、グランドシートの役割はかなり大きいです。

 



 

「テントが痛むことなく長く使用するなら、ボトムの下に敷くグランドシートは大事」

 

 

 

 

今回は、テントのボトム下に敷くグランドシートの使い方、ブルーシートはグランドシート代用に向いているのか?など、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
 
*タイトル
【検証】テントのグランドシートはブルーシートより厚手を選ぶべき

 



 

グランドシートの使い方

 



 

「グランドシートは、テントのボトム保護にとても大事な役割をします」

 

テントのボトムにグランドシートを敷くのは、下記の4つの理由。

 



 

傷やダメージの保護
 

 

「キャンプ場は、コンディションの良い芝サイトだけではありません」

 

砂利や石の混じった土サイトなど、コンディションの悪いサイトもあります。

 



 

「石や木の根っこなどの上に、グランドシートを敷かずテントのみを張ると、テントのボトムが痛んだりダメージになるリスクがあります」

 

 

 

 

「ボトムの厚みがないものや、長く使用していて経年劣化しているテントなどは、ボトムの強度もそれ程高くありません」

 

テントのボトムに傷つかないようにグランドシートは必要。

 



 

雨水の染み込み防止
 

 

「水はけの悪いサイトや強雨が降ると、地面のコンディションが悪くなります」

 

水を大量に含んだ地面の上に、グランドシート無しでテントのみを張ると、水分がテントの中まで染み込んでくる可能性もあります。

 

グランドシートを敷くことで、地面からの水分を遮断できます。

 



 

湿気や結露で濡れるのを防止
 

 

「テントのボトムの下にグランドシートを敷くことで、地面から上昇してくる湿気や結露を遮断」

 

特に気温が下がる季節は、地面から大量に湿気や結露が発生するので注意が必要です。

 

グランドシートを敷くことで、テントのボトムの保護に繋がります。

 



 

汚れ防止
 

 

「地面が濡れている場所や土の上に直接テントを張ると、ボトムが汚れてしまいます」

 



 

「テントのボトムが汚れてしまうと、拭き取るのに時間がかかってしまいます」

 

撤収作業中にボトムの汚れを取る作業は面倒で大変。

 



 

「グランドシートを敷くことで、テントのボトムの汚れの防止になります」

 



 

グランドシートのサイズ

 



 

「グランドシートはテントのボトムより、一回り小さなサイズにして下さい」

 

自作される場合は、ボトムより10cm程小さくカットするのがベスト。

 

 

例)300×300cmのテントだとグランドシートは290×290cmのサイズ

 

 

 

「テントのボトムよりグランドシートを小さくすることで、雨水が入ってくるのを防ぎます」

 

グランドシートの長さがテントより大きいと、ボトムとグランドシートの間に雨水が入り込んでしまいます。

 

雨水が溜まってしまわないように、テントよりグランドシートは小さくする必要があります。

 



 

グランドシート代用

 



 

「テントのオプションのひとつとして、純正のグランドシートが販売されているテントもあります」

 

純正のグランドシートは、テントのボトムとぴったりサイズなんですが、高価なものが多いです。

 

 

 

 

「例えば、スノーピークから発売しているランドネストの純正のグランドシート」

 

インナーマットとグランドシートのセットになっていて値段が26400円。

 

ランドネスト本体の価格が51700円ですから、およそ本体の1/2の値段。

 

 

 

 

「スノーピークだけではなく、コールマンやオガワなどの純正グランドシートも高価」

 

高価なグランドシートを使わなくても、代用で十分にテントのボトムを保護してくれます。

 



 

「我が家はグランドシート代用として、ブルーシート・シルバーシート・グリーンシートを使用しています」

 

ブルーシート・シルバーシート・グリーンシートの特徴は下記の通り。

 



 

ブルーシート
 

 

「ブルーシートは、我が家もグランドシート代用として、たまに使うことがあります」

 

値段が安く手軽に購入できるのが、ブルーシートのメリット。

 



 

「ブルーシートは、ハサミで切るとほつれる場合があります」

 

ハサミで切るとほつれることがあるので、必要な長さにカットできません。

 

必要な長さにカットできないので、ボトムの下に折り込む感じになってしまいます。

 



 

「見た目もあまりよくないので、どちらかというと使いにくいです」

 

我が家はブルーシートより、シルバーシートやグリーンシートの方が使いやすいです。

 

 

 

 

シルバーシート
 

 

「シルバーシートをグランドシートとして使用するメリットは、丈夫で分厚いこと」

 

分厚く丈夫なシルバーシートは、テントのボトムをしっかりと保護します。

 

 

 

 

「コンディションの悪い砂利や石などが多い地面でも、安心して敷くことが可能」

 

気の根っこや尖った石などが地面にある場合、ボトムの痛みやダメージになるリスクを減らせます。

 

 

 

 

「シルバーシートは、ハサミでカットしてもほつれることがありません」

 

ほつれることがないので、必要とする長さに切れ自作がやりやすいです。

 

 

 

 

 

「シルバーシートは、分厚く丈夫なのでおすすめします」

 

 

 


 

 

 

 

 

グリーンシート
 

 

「グリーンシートを使うメリットは、手軽な値段で購入できること」

 

手頃な値段で販売されているので、ガンガン使うことが可能。

 



 

「グリーンシートは見た目がおしゃれなので、特に芝サイトだと周りに溶け込みます」

 

シルバーシートよりかは厚みが落ちますが、しっかりとテントのボトムの保護ができます。

 

 

 

 

 

「グリーンシートは、ハサミでカットしてもほつれることがありません」

 

ほつれることがないので、必要とする長さに切れ自作がやりやすいです。

 

 

 

 

 

「おしゃれなグリーンシートは、我が家も使っています」

 

 

 


 

 

 

 

 

ブルーシートよりグリーンシート

 



 

「グランドシート代用として一般的によく使われているのが、ブルーシート・シルバーシート・グリーンシートの3種類」

 

その3種類の中で、見た目の良いのがグリーンシート。

 



 

「グリーンシートは見た目の良さもありますが、尚且つ地面の色と同化するので、敷いていて違和感があまりありません」

 

見た目の良さとグランドシートを敷いている違和感がないので、我が家は気に入っています。

 

 



 

「見た目が良いグランドシート代用を探しておられる方は、グリーンシートがおすすめ」

 

 

 


 

 

 

 

 

おしゃれなグランドシート

 



 

「ニュアンスカラーブルーシートを我が家がおすすめする理由は、おしゃれなカラーのシートだから」

 

ナチュラルカラーで、使うとかなり映えます。

 

 

 

 

「サイズが15種類もあるので、必要とする長さが手に入りやすいです」

 

 

 

 

「見た目がおしゃれなので、我が家はグランドシートだけではなくお座敷シートとしても使用」

 

値段も安いので、手軽に購入できるのもメリット。

 



 

ニュアンスカラーブルーシート
 

 

「我が家はグランドシートに、ニュアンスカラーブルーシートを使用」

 



 

「ニュアンスカラーブルーシートを使用するメリットは、見た目のおしゃれさ」

 

15種類のサイズがあるニュアンスカラーブルーシートは、自分好みのサイズをチョイスできます。

 



 

「ニュアンスカラーブルーシートは、ブルーシートの国内生産量No. 1の岡山県に拠点を置くブルーシート生産工場の直販店が販売」

 

ありそうでなかった自然色のブルーシートでとてもおしゃれ。

 



 

「カラーは、ノーブルウッド・オータムリーフ・ミスティフォレスト・スプリングハーブの4種類の色があります」

 

4種類の色があるので、自分好みのカラーをチョイスできます。

 



 

「我が家は、お座敷スタイルをする際のシートとして使用」

 

 

 

 

「テント下のグランドシートとしても使えます」

 

 



 

「ニュアンスカラーブルーシートの特徴は、銀イオン抗菌で目に見えない細菌の繁殖を抑制」

 

シートの表面に、銀系抗菌剤を織り込んだ防菌加工が施してあります。

 



 

「銀イオンによって目に見えない細菌の発生や増殖を抑え、シート表面を衛生的に保ちます」

 

抗菌効果があるので、安全で安心して使用できます。

 

 

 

 

「シート隅にはハトメがあり、鍛造ペグで固定することも可能」

 

 



 

「生地は#3000で約0.25mmの厚みがあり、強度もあります」

 

シルバーシートのような分厚さはありませんが、しっかりとつくられているので長く使用できます。

 

 

 

 

「ニュアンスカラーブルーシートをおすすめする理由は、サイズが15種類もあること」

 

サイズが15種類とたくさんあるので、必要とする長さが見つけやすいです。

 

 

 

 

「ニュアンスカラーブルーシートが1枚あれば、いろいろな場面で活躍するのでおすすめ」

 

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

今回はグランドシートの使い方や、ブルーシートはグランドシート代用としておすすめなのか?を紹介しました。

 

テントを使用する際に、一緒に設置してほしいのがグランドシート。

 

グランドシートは、テントのボトムの下に敷きます。

 

テントのボトム下にグランドシートを敷くことで、ボトムの保護と地面からの水分の染み込みを遮断できます。

 

地面からの影響を軽減できるので、グランドシートの役割はかなり大きいです。

 

テントが痛むことなく長く使用するなら、ボトムの下に敷くグランドシートは大事。

 

ブルーシートのメリットは、値段が手頃で購入しやすいこと。

 

ただブルーシートは、ハサミで切るとほつれる場合があります。

 

ハサミで切るとほつれることがあるので、必要な長さにカットできません。

 

必要な長さにカットできないので、ボトムの下に折り込む感じになってしまいます。

 

見た目もあまりよくないので、どちらかというと使いにくいです。

 

我が家はブルーシートより、シルバーシートやグリーンシートの方が使いやすいです。

 

以上、「【検証】テントのグランドシートはブルーシートより厚手を選ぶべき」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!