選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

タフスクリーン2ルームハウスにぴったりなグランドシート!代用と敷き方も紹介



 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「最近はキャンプ人気が落ち着いてきましたが、それでもいろいろなブランドからテントが発売されています」

 

いざ購入しようと思ってもたくさんありすぎて、どのブランドのテントを選んだらいいか迷います。

 

今回紹介するタフスクリーン2ルームハウスは、昔から今も人気のある2ルームテント。

 



 

「今までカラーなど小さな変更はありましたが、形が変わるような大きなモデルチェンジはありません」

 

今も昔も変わらぬ形で、愛されてきたロングセラー商品。

 

変わらぬ形で流行り廃りがない2ルームテント。

 



 

「タフスクリーン2ルームハウスは、定番の2ルームテントだけに、購入しても大きな失敗はありません」

 

 

 

 

「タフスクリーン2ルームハウスを購入した際、一緒に選んでほしいのがグランドシート」

 



 

今回は、タフスクリーン2ルームハウスにぴったりと合うグランドシートを、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

*タイトル
タフスクリーン2ルームハウスにぴったりなグランドシート!代用と敷き方も紹介

 

 

 

 

グランドシートを敷く理由

 



 

「タフスクリーン2ルームハウスのインナーテントの下に、グランドシートを敷く理由は、4つの理由があります」

 



 

ボトムの傷やダメージの防止
 

 

「キャンプ場の地面は、コンディションの良い芝サイトだけではありません」

 

砂利や石ころが多い土サイトなど、コンディションがよくないサイトもあります。

 

テントの下にグランドシートを敷くことで、インナーテントのボトムのダメージや傷を防ぎます。

 

 

 

 

結露や湿気で濡れるのを防止
 

 

「インナーテントのボトム下にグランドシートを敷くと、地面から上昇してくる湿気や結露を遮断」

 

気温が下がる季節は、地面から大量に湿気や結露が発生します。

 

グランドシートを敷くことで、インナーテントのボトムが濡れるのを防ぎます。

 

 

 

 

汚れ防止
 

 

「雨が降った後や土の上に直接テントを張ると、インナーテントのボトムに土が付着したり濡れて汚れることがあります」

 

ボトムに土が付着したり濡れて汚れないように、グランドシートの役割はとても大事。

 

 

 

 

雨水の侵入を防ぐ
 

 

「雨が降ると、テントのボトムは常に雨水にさらされている状態になります」

 

防水性の高いグランドシートを敷くと、地面からの雨水の侵入を防ぎます。

 

 

 

 

地面からの冷気を軽減
 

 

「気温が下がると、必ず発生するのが地面からの冷気」

 

インナーテントのボトムにグランドシートを敷くことで、地面に直接設置する時と比べて、地面から発生する冷気を軽減。

 

 

 

 

グランドシートのサイズ
 

 

「グランドシートのサイズは、インナーテントのボトムのサイズより、一回り小さくして下さい」

 

インナーテントのボトムより大きくすると、雨が降った時に、はみ出した所から雨水が入ってきます。

 

ボトムサイズよりグランドシートを小さくすることで、雨水の侵入を防ぎます。

 



 

「タフスクリーン2ルームハウスのインナーテントのサイズは300×250cm」

 

グランドシートのサイズは、タフスクリーン2ルームハウスのインナーテントより10cmほど小さくするのがベスト。

 

タフスクリーン2ルームハウスのグランドシートを自作される場合は、290×240cmの長さにして下さい。

 

 

タフスクリーン2ルームハウスのグランドシート

290×240cmがベストサイズ

 

 

 

グランドシート代用

 

 

 

 

「グランドシート代用は、グリーンシートやシルバーシートでもできます」

 

グリーンシートやシルバーシートは、ハサミでカットしてもほつれることがありません。

 

ほつれることがないので、290×240cmにハサミでカットして作ることができます。

 

 

 

 

「多少面倒くささはありますが、グランドシートが低価格で作れます」

 

グリーンシートやシルバーシートは、他のシートに比べて分厚くしっかりとしているので、グランドシートとして使っても安心。

 

 

 

 

シルバーシート
 

 

「シルバーシートをグランドシートとして使用するメリットは、丈夫で分厚いこと」

 

分厚く丈夫なシルバーシートは、テントのボトムをしっかりと保護します。

 

 

 

 

「コンディションの悪い砂利や石などが多い地面でも、安心して敷くことが可能」

 

気の根っこや尖った石などが地面にある場合、ボトムの痛みやダメージになるリスクを減らせます。

 

 

 

 

「シルバーシートは、ハサミでカットしてもほつれることがありません」

 

ほつれることがないので、必要とする長さに切れ自作がやりやすいです。

 

 

 

 

 

「シルバーシートは、分厚く丈夫なのでおすすめします」

 

 

 


 

 

 

 

 

グリーンシート
 

 

「グリーンシートを使うメリットは、手軽な値段で購入できること」

 

手頃な値段で販売されているので、ガンガン使うことが可能。

 



 

「グリーンシートは見た目がおしゃれなので、特に芝サイトだと周りに溶け込みます」

 

シルバーシートよりかは厚みが落ちますが、しっかりとテントのボトムの保護ができます。

 

 

 

 

 

「グリーンシートは、ハサミでカットしてもほつれることがありません」

 

ほつれることがないので、必要とする長さに切れ自作がやりやすいです。

 

 

 

 

 

「おしゃれなグリーンシートは、我が家も使っています」

 

 

 


 

 

 

 

 

タフスクリーン2ルームハウスに合うグランドうシート

 

 



 

テントシートセット/3025
 

 

「テントシートセット/3025は、コールマンから発売されているタフスクリーン2ルームハウス専用のシート」

 

専用だけにタフスクリーン2ルームハウスとぴったりサイズ。

 

 

 

 

「たたみやすくクッション性の高いインナーテントと、テントフロアを湿気や汚れから守るグランドシートのセットで販売されています」

 



 

「テントシートセット/3025の口コミと評判は、下記のような感じ」

 

 

●やはり純正はピッタリと収まり良かったです。
 
●コールマンのツールームテントと一緒に購入しました。小石もあるサイトで使用しましたが、小石もほとんど気にならないくらいで快適なキャンプが出来ました。
 
●やはりコールマン純正。何もストレス無く使えとても気持ち良く寝れました。テントマットは純正が一番安心だと感じました。
 
●もちろん、サイズはぴったりで、適度な厚みもあります。小さな子供がいるので、これなら安心して使えます。
 
●さすがに寸法はピッタリです。インナーシ―トの厚みも良いですね。
 
●今回のキャンプは雨降りだったので、特にグランドシ-トが役立ちました!インナーシ-トの中にテントシ-トを敷いたので、全く寒く無く一晩中安心して寝れました。
 
●コールマンの2ルームテントの寝室にピッタリサイズでした。2枚に分かれていてマジックテープで連結するようになっていますが、クッションもしっかりしていて連結部の段差も気になりませんでした。寝室部分の下のシートも入っていて買って正解でした。
 
●コールマンのテント用に購入。当たり前ですがピッタリで良いです。
 
●当然ながら、サイズはピッタリ。なんの問題もなく使えてます。
 
●コールマンのタフスクリーンハウスのインナーテントにぴったりでした。

 

 


 

 

 

 

 

Farflyのテントシート
 

 

「Farflyのテントシートは、厚手の210D生地を採用」

 

優れた耐摩耗性があり、長年使用していても摩耗しにくく耐久性に優れています。

 

Farflyのテントシートは、防水性と耐久性を兼ね備えたテントシート。

 



 

「サイズは、300×250cmになっています」

 

Farflyのテントシートの口コミと評判は、下記のような感じ。

 

 

●軽くてコンパクト。使いやすさや機能性に優れている。
 
●テントのグランドシートして使用しましたが、防水機能もよくしっかりした生地で購入してよかったです。
 
●染み込みもありません。結構厚手なので、値段以上だと思います。
 
●コンパクトに畳めて便利です。
 
●機能面では文句無し。
 
●数度使用も全く問題なく使用できています。
 
●撥水がしっかりと効いていて生地もしっかりとしていてGoodでした。
 
●雨でとても役に立ちました。撥水が優れていて助かりました。
 
●少し重めだがその分安心できる。問題なし。
 
●雨が降りましたがテントに浸水せず快適にすごせました。

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

グランドシートのサイズは、インナーテントのボトムのサイズより、一回り小さくして下さい。

 

インナーテントのボトムより大きくすると、雨が降った時に、はみ出した所から雨水が入ってきます。

 

ボトムサイズよりグランドシートを小さくすることで、雨水の侵入を防ぎます。

 

タフスクリーン2ルームハウスのインナーテントのサイズは300×250cm。

 

グランドシートのサイズは、タフスクリーン2ルームハウスのインナーテントより10cmほど小さくするのがベスト。

 

タフスクリーン2ルームハウスのグランドシートを自作される場合は、290×240cmの長さにして下さい。

 

以上、「タフスクリーン2ルームハウスにぴったりなグランドシート!代用と敷き方も紹介」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!