選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

エルフィールドのグランシート代用とインナーマット代用を詳しくブログでレビュー!

 

 

 

「今回紹介するエントリー2ルームエルフィールドは、スノーピークから発売されている人気の2ルームテント」

 

 

 

 

「エントリー2ルームエルフィールドの人気がある理由は、手軽に購入できる値段設定」

 

スノーピークの大型テントで有名なランドロックが20万円に対して、エントリー2ルームエルフィールドは10万円程。

 

エントリー2ルームエルフィールドは、ランドロックに比べてほぼ半額の値段で購入できます。

 



 

「インナーテントは230×315cmあるので、4人家族で使うのにちょうどいいサイズ」

 

家族で使いやすいサイズと、ランドロックより半額で購入できるということで、2ルームテントの中でも人気で売れています。

 

 

 

 

今回は、エントリー2ルームエルフィールドを購入した時に一緒に選んでほしいグランドシートとインナーマットについて、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
 
*タイトル
エルフィールドのグランシート代用とインナーマット代用を詳しくブログでレビュー

 



 

グランドシート

 

 

 

 

グランドシートの役目
 

 

「インナーテントの下にグランドシートを敷く理由は、テントの底面の保護と、湿気や雨からテントの床が濡れるのを防ぐ役割があります」

 

キャンプサイトの地面は、コンディションの良い芝サイトだけではありません。

 

コンディションの悪い砂利や、石ころの混じった土サイトなどもあります。

 

 

 

 

「グランドシートを敷かずそのままテントを敷いてしまうと、テントの床がダメージになったり、最悪破れてしまうのでグランドシートはとても大事」

 

我が家もテントを設営した際は、必ずグランドシートを敷いています。

 

 

 

 

シルバーシート
 

 

「我が家がテントを設営する際、必ずグランドシート代用として使用しているのがシルバーシート」

 

我が家がシルバーシートを使う理由は、自分好みの長さにカットできるから。

 

 

 

 

「シルバーシートをハサミで切ってもほつれることがないので、必要な長さに切ることができます」

 

 

 

 

「ハサミでカットするのが大変だと思われる方は、下記のように織り込んで下さい」

 

我が家はシルバーシートを織り込んで使用しています。

 

シルバーシートを織り込むことで、いろいろなテントのグランドシートとして使っています。

 

 

 

 

「シルバーシートを大き目サイズにカットしておくと、いろいろなテントのグランドシートとして代用もできます」

 

 

 

 

「シルバーシートは、市販されているグランドシートより厚みがあるので、よりテントの床部分を保護してくれます」

 

我が家的には、高価なグランドシートを購入するより、シルバーシートで十分に代用できると思います。

 

 

 

 

「エントリー2ルームエルフィールドのインナーサイズは、305×230cmになっています」

 

グランドシートの長さがテントより大きいと、ボトムとグランドシートの間に雨水が入り込んでしまいます。

 

テントのボトムよりグランドシートを小さくすることで、雨水の侵入を防ぎます。

 

 

 

 

「エントリー2ルームエルフィールドは305×230cmのサイズなので、グランドシートは295×220cmぐらいが理想サイズ」

 

 

エルフィールドグランドシートサイズ

295×220cm

 

 

 

「エントリー2ルームエルフィールドは、下記のように台形の形になっており、カットするのが難しいと思うので、織り込む方が簡単」

 

我が家もシルバーシートを織り込んでいて、少し深めに織り込むと外からシルバーシートは見えません。

 

 

 


 
 
 
 
 
GEERTOPのグランドシート
 

 

「320×220cmのサイズがあるGEERTOPのグランドシートは、台形型に織り込む必要がありますが、エントリー2ルームエルフィールドのインナーサイズに近い寸法になります」

 

防水性が高いので、地面からの湿気をシャットアウトしてくれます。

 

つくりや防水性がしっかりしているので、痛むことがなく長く使用できるのがメリット。

 

 

 

 

「Geertopグランドシートの口コミと評判は、下記のような感じ」

 

 

●スノーピーク エルフィールドのインナーテント下に使用。サイズは横幅が少し足りないくらい(10cmくらい)で、ほぼぴったりサイズでした。雨の中で使用しましたが、インナーテントの底は全く濡れることなく快適に過ごせました。
 
●スノーピーク エルフィールドのインナーテントの下に敷くグランドシートとして購入しました。
 
●グランドシートとして、防水性もしっかりあり湿気も防いでくれました。
 
●製品には満足しています。テントの下に敷きましたが、地面からの湿気をしっかり遮断しておりました。
 
●スノーピークのテントに使ってます、このサイズがなかなかないので、助かりました。

 

 


 

 

 

 

 

エルフィールドマットシートセット

 

トレファク

 

 

「スノーピークから純正のグランドシートとフロアマットのセットが発売されています」

 

エルフィールドマットセットは、グランドシート・インナーマット・マット収納ケース・シート専用ケースがセットになっています。

 

純正だけに値段は高価ですが、サイズがぴったりなので見た目も良いです。

 

トレファク

 


 

 

 

 

 

コールマン2ルームハウス用テントシートセット

 

canvas

 

 

「コールマン2ルームハウス用テントシートセットは、ほぼ台形の形をしており、サイズ的にもエントリー2ルームエルフィールドに合わせやすいです」

 

純正ではないので、ぴったりサイズではないですが、使用されている方が多いです。

 

グランドシート・インナーマット・収納ケースがセットになっていて、割と手軽に購入できるのでおすすめ。

 

 

 

 

コールマン2ルームハウス用テントシートセットの口コミと評判は、下記のような感じ

 

 

●まあジャストフィットまでは行きませんがインナーの両サイドを少し折り込みフィット出来ました。
 
●スノーピークエルフィールド2ルーム用に買いました。
 
●エルフィールドの純正品のグランドシート、インナーマットが高すぎるので代替え品として購入。サイズはピッタリです。
 
●エルフィールドにミラクルフィットします。
 
●インナーシートはクッション性があり、小石等も気になりません。

 

 


 

 

 

 

 

インナーマット

 



 

インフレーターマット
 

 

「エントリー2ルームエルフィールドのインナーサイズは230×315cmになっており、インフレーターマットなら3枚並べることができます」

 

3人家族で使用されるなら、インフレーターマットがおすすめ。

 



 

「インフレーターマットは、空気で自動に膨らむアウトドア用のマットレス」

 

厚みがかなりあるので、地面のゴツゴツ感や硬さを吸収し、地面からの冷気をシャットアウトしてくれます。

 



 

WAQインフレータブル式マット
 

 

「我が家は、WAQのインフレータブル式マットを使用」

 

WAQのインフレータブル式マットは、キャンプで使うインフレーターマットで人気の商品。

 

累計販売個数12万5千個を突破した脅威のインフレーターマット。

 

 

 

 

「WAQのインフレータブル式マットの人気があり売れている理由は、使い勝手の良い所と圧倒的な寝心地の良さ」

 

我が家は、年間50泊のキャンプで必ずWAQのインフレータブル式マットを使用していて、朝まで快適に就寝しています。

 

夫婦共に使っていて、とても気に入っています。

 



 

「マット部分には、ひし形ウレタンフォームを採用」

 

ウレタンフォームの真ん中をひし形に打ち抜くことで、程よい沈み込みを実現。

 

エアーマットのような体の浮く感じや、低反発マットのように体が沈み込むこともありません。

 



 

「厚みが8cmあるので、地面のゴツゴツ感や硬さを吸収し、地面からの冷気もシャットアウト」

 

 

 

 

「特大バルブを2つ搭載しており、バルブを開いて3分で設置が可能」

 

自動で膨らむので、全く手間がいりません。

 

 

 

 

 

「収納は、バルブを開いて空気を抜きながら巻いていきます」

 

巻き終えたらバルブを閉じ、収納袋に入れて完了。

 

 

 

 

 

 

 

「裏面はマットが滑らない滑り止め加工」

 



 

「両サイドには連結用のボタンがあり、複数繋げることも可能」

 



 

「カラーは、ネイビー・タン・オリーブ・ブラックの4色もあるので、自分好みの色がチョイスできます」

 

https://waq-online.com/

 

 

「我が家は年間50泊のキャンプに、WAQのインフレータブル式マットを使用しています」

 

夫婦共に使っていて、朝まで快適に就寝できるのでとても気に入っています。

 

 

 


 

 

 

 

 

銀マットを重ねる
 

 

「エントリー2ルームエルフィールドのインナーマットは、台形の形をしていてぴったりなサイズのものは難しいです」

 

銀マットを使用される場合は、織り込むかカットするかして、インナーテントサイズに近い大きさに自作して下さい。

 

 

 

エルフィールドインナーマットサイズ

305×230cm

 

 

 

「インフレーターマットを使用せず、割と快適に就寝できるのが分厚い銀マットの2枚重ね」

 

 

 

 

「8mm厚の銀マットを重ねることで、クッション性がアップします」

 

クッション性がアップするので、地面からのゴツゴツ感や硬さを吸収。

 

地面からの冷気を遮断してくれます。

 

 

 

 

「8mm厚の分厚い銀マットを2枚重ねにし、その上にシュラフを敷くと割りと快適に就寝ができます」

 

 

 


 

 

 

 

 

「15mm厚の極厚銀マットでもOK」

 

 

 


 

 

 

 

 

「エントリー2ルームエルフィールドは、スノーピークのテントの中でも手軽に購入でき、家族で使用するのにベストサイズ」

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

今回は、エントリー2ルームエルフィールドのグランドシート代用とインナーマット代用を紹介しました。

 

スノーピークから純正のグランドシート&インナーマットが発売されていますが結構高額。

 

コールマン2ルームハウス用テントシートセットなら、スノーピークの純正の商品より手軽に購入ができます。

 

最も値段を安く抑えるなら、シルバーシートと分厚い銀マットの組み合わせ。

 

皆さんそれぞれに好みは違うと思うので、自分に合ったグランドシートとインナーマットを選んで下さい。

 

以上、「エルフィールドのグランシート代用とインナーマット代用を詳しくブログでレビュー」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!