選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

エルフィールドは夏暑い?冬寒い?スカートは?ストーブは?詳しくブログでレビュー!

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もすると、ほぼ毎週がキャンプ」

 

キャンプに行く時間が多ければ多い程、快適に過ごしたいと思います。

 

 

 

 

「春や秋は寒暖差で、昼間は気温が上がりますが、朝晩が冷え込みます」

 

冬キャンプは1日を通して寒いまま。

 

春・秋・冬キャンプは寒さ対策が必要です。

 

 

 

 

「夏キャンプは他の季節と違い、暑さ対策が重要になってきます」

 

 

 

 

「その季節にあった寒さ対策や暑さ対策をおこわないと、キャンプでは快適に過ごせません」

 

我が家は春夏秋冬、いろいろなテントを使用して快適なスタイルでキャンプをしています。

 



 

「今回我が家が紹介するのが、スノーピークから発売されているエントリー2ルームエルフィールド」

 

エントリー2ルームエルフィールドは、スノーピークのエントリーモデルになっていて、手軽に購入できるのがメリット。

 

 

 

 

「ランドロックの値段が20万円程に対して、エントリー2ルームエルフィールドは10万円程で購入できるのでほぼ半額」

 

エントリー2ルームエルフィールドは、ランドロックのほぼ半額で購入できると思ったらお得感があります。

 

 

 

 

今回は、エントリー2ルームエルフィールドは春夏秋冬使用して快適か?詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
 
*タイトル
エルフィールドは夏暑い?冬寒い?スカートは?ストーブは?詳しくブログでレビュー

 

 

 

 

リビングスペース
 

 

「リビングスペースは380×370cmのサイズがあるので、4人用のテーブル・イス・クーラボックス・収納ボックスなどを入れたらちょうどいいサイズ」

 

エントリー2ルームエルフィールドのリビングは、大人2人・子供1人の3人家族で使用すると余裕の広さ。

 

大人2人・子供2人の4人家族で、ちょうどいいリビングサイズになっています。

 



 

「高さが200cmあるので、立って移動しても頭が当たることがありません」

 

背が高い分、圧迫感や窮屈さもないのが特徴。

 



 

雨は大丈夫?
 

 

「エントリー2ルームエルフィールドの本体・ルーフシールド・ボトムの耐水圧は1800mmになっています」

 

ちなみにランドロックは、壁面の耐水圧が1800mmで天井部の耐水圧が3000mm。

 

エントリー2ルームエルフィールドは、天井部の耐水圧がランドロックよりも劣りますが、全体に1800mmあるので耐水性に関しは全く問題なし。

 

スノーピークストア  西宮今津店

 

 

「雨の日にクローズすると、上部にベンチレーションがない分、湿気がこもりやすいかもしれません」

 



 

強風は大丈夫?
 

 

「エントリー2ルームエルフィールドが、他のトンネル型とテントと違う所は、天井部分にリッジポールが1本入っていること」

 

リッジポールが入っている為、他のトンネル型テントより風に強くなっています。

 

ガイロープと本体をしっかりとペグダウンすると、風に関しては問題がないと思います。

 



 

ペグの本数
 

 

「エントリー2ルームエルフィールドは、ジュラルミンペグ21cmが22本入っています」

 



 

「キャンプ場の地面は、コンディションの良い芝サイトだけではありません」

 

コンディションの悪い砂利や、石ころの混じった土サイトなどもあります。

 

付属のジュラルミンペグだと、コンディションの悪い地面で思うように中まで入っていかないので鍛造ペグがおすすめ。

 

 

 

 

「鍛造ペグはキャンプで使う最強のペグと言われていて、砂利や石ころの混じった土サイトなどでもガンガン中に入っていきます」

 

エントリー2ルームエルフィールドをしっかりとペグダウンするなら、鍛造ペグが必要になります。

 

 

 

 

「ペグの本数は22本必要ですが、22本もペグを揃えるのが難しい方は、本体にペグダウンする12本あると安心」

 

本体にペグダウンする12本の他、インナーテントの固定に2本と張り綱に8本となっています。

 

 

必要なペグの本数

本体:12本

インナーテント:2本

張り綱:8本

 

 

 

「我が家は、鍛造ペグで一番売れているソリッドステーク30を使用」

 

 

 


 

 

 

 

 

「村の鍛冶屋から発売されているエリッゼステーク28cmは、スノーピーク製のペグと同じ強度で値段が安いです」

 

エリッゼステーク28cmは、我が家も使用しています。

 

 



 

 

 

 

「我が家はペグとペグハンマーを、トラスコのツールボックスに入れています」

 

鍛造ペグが30本以上とペグハンマーも一緒に入るので便利。

 

 



 

「いろいろなカラーが豊富にあるので、自分好みの色を見つけやすいです」

 

Neue web store

 


 

 

 

 

 

寝室は狭い?
 

 

「230×315cmのインナーテントのサイズ」

 

実際にシュラフを敷いてみましたが、下記のようにシュラフ3個がゆったりと置けます。

 



 

「インナーテントは、大人2人・子供1人の3人家族ならゆったりと使えるサイズ」

 

着替えなどの荷物を置くこともできます。

 

 

 

 

「大人2人・子供2人の4人家族で就寝される場合はジャストサイズ」

 



 

「高さが175cmなので、立ち上がると頭に当たる場合もあります」

 



 

夏は暑い?
 

 

「2ルームテント全てにいえることですが、真夏の使用は熱がこもるので暑いです」

 

スノーピークストア金沢鞍月店

 

 

「我が家も真夏は、オープンタープにインナーテントのみでキャンプをしています」

 

インナーテントの上に、オープンタープをかぶせることで雨が降っても濡れません。

 

雨が降っても濡れないので、フライシートをかける必要もないです。

 

 

 

 

「フライシートをかけないメリットは、風通しがよくすること」

 

風通しがよくなるので、他のテントより涼しくキャンプができます。

 

真夏に他のテントより涼しくキャンプをされるなら、我が家みたいにオープンタープとインナーテントの組み合わせがおすすめ。

 

 

 

 

 

「エントリー2ルームエルフィールドは、窓が左右1ヶ所ずつしかないので、熱がこもりやすいです」

 

尚且つ後ろのパネルが張り出すことができないので、雨の日に困ります。

 

楽天市場

 

 

「同ブランドのランドロックと比べても、窓の個数が少なくなっています」

 

インナーテントの高さが175cmと低いので、夏場は熱がこもりやすくなります。

 



 

「エントリー2ルームエルフィールドは、ルームシールドが付属されていて、天井が2重構造になっており、夏の強い日差しを軽減してくれますが、風通しはそれ程よくはありません」

 

真夏のキャンプは風通しが良くない為、より暑く感じてしまいます。

 

スノーピークストア金沢鞍月店

 

 

「真夏以外は、エントリー2ルームエルフィールドでも快適にキャンプができると思います」

 

楽天市場

 


 

 

 

 

 

スカートがないので冬は寒い?

 

 

 

 

「エントリー2ルームエルフィールドの一番のデメリットが、寝室部分にスカートが付いていないこと」

 

リビング側にはスカートが付いていますが、寝室側にはスカートがありません。

 



 

「寝室側にスカートがない為、冷たい隙間風と冷気が入ってきます」

 

幕内を締め切っても風の強い日は冷たい隙間風が入ってくるので、より寒く感じてしまいます。

 



 

石油ストーブ
 

 

「暖房出力の高いパワーのある石油ストーブをリビング内で使うと、寝室側から冷たい隙間風が少々入ってきても暖かく過ごせます」

 

逆に寝室側がスカートがない分換気がしやすく、一酸化炭素中毒になるリスクを減らすことができます。

 

エントリー2ルームエルフィールドを寒い季節に使用される場合は、暖房出力の高い石油ストーブを選んで下さい。

 



 

「キャンプで使う石油ストーブで最強と言われているのがコロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67H」

 

コロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67Hがあれば、スカートが全周ないエントリー2ルームエルフィールドでも暖かく過ごせます。

 

スノーピークストア金沢鞍月店

 

 

「キャンプで使う最強の石油ストーブと言われているのが、トヨトミKS-67Hとコロナ対流型ストーブの2種類」

 

2種類の石油ストーブは、他の石油ストーブに比べて暖房出力が圧倒的に上回っています。

 

 

暖房出力

暖房出力はkwで表示されており、数字が高ければ高いほど暖房能力が高い石油ストーブ

 
 

 

「コロナ対流型ストーブの暖房出力は6.59kw」

 

 

 

 

「トヨトミKS-67Hは6.66kwの暖房出力」

 

 

 

 

「例えばレインボーストーブの暖房出力が2.50kw」

 

比べるとコロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67Hの暖房出力の高さがわかります。

 

 

 

 

「トヨトミKS-67Hは、シリーズ化されて販売しており、いろいろなカラーがあります」

 

丸みの帯びた形が特徴で、キャンプ最強の石油ストーブと言われるだけありとても暖かいです。

 

 

 


 

 

 

 

 

「我が家はノルディスクのアルフェイム19.6で、コロナ対流型ストーブを真冬のキャンプで使用しています」

 

アルフェイム19.6は、500×500×350cmある大型幕。

 

 

 

 

「大型幕で使える暖かさがあるので、エントリー2ルームエルフィールドなら十分に幕内が暖かくなります」

 

 

 


 

 

 

 

 

生地の厚み
 

 

「ランドロックとエントリー2ルームエルフィールドが横並びに展示されていたので、生地とポールの太さを確かめてきました」

 

ランドロックの方が生地が分厚く、ポールの太さもありました。

 

 

 

 

 

 

「アメニティドームの生地とも比べてきましたが、エントリー2ルームエルフィールドはアメニティドームの生地よりやや分厚いといった感じ」

 



 

「生地はランドロックより若干劣りますが、しっかりとしていて丈夫なつくり」

 

エントリー2ルームエルフィールドは、スノーピークのエントリーモデルになっていて、手軽に購入できるのがメリット。

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

今回は、スノーピークから発売されているエントリー2ルームエルフィールドは、夏使用して暑いのか?冬場は寒くないのか?など詳しくブログで紹介しました。

 

暖房出力の高い石油ストーブを使用すると、真冬のキャンプでもリビング内で暖かく過ごせます。

 

パワーのある石油ストーブを使うと、エントリー2ルームエルフィールドで冬キャンプができます。

 

エントリー2ルームエルフィールドは窓が少ないので風通しが問題で、インナーテントの高さもないので真夏のキャンプは厳しいです。

 

梅雨明けからお盆過ぎの夏の一番暑い時期に使用するのは、少々きつい所があります。

 

以上、「エルフィールドは夏暑い?冬寒い?スカートは?ストーブは?詳しくブログでレビュー!」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!