選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【検証】ランドロックのレイアウト!夏暑い?冬キャンプは?詳しく紹介



 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「最近はキャンプ人気が落ち着いてきましたが、それでもいろいろなブランドからテントが発売されています」

 

いざ購入しようと思ってもたくさんあり過ぎて、どのブランドのテントを選んだらいいか迷います。

 

RATEL WORKS

 

 

「今回紹介するランドロックは、スノーピークから発売されている代表的な2ルームテント」

 

我が家がキャンプを始めたもっと前からあり、昔から今も人気のあるロングセラー商品。

 

小さなマイナーチェンジはありましたが、大きく形が変わるようなフルモデルチェンジはありません。

 

楽天市場

 

 

「フルモデルチェンジがなく形も大きく変わらないので、いつ使っても古臭さを感じません」

 



 

「スノーピークの製品全ては永久保証になっており、ランドロックも永久保証の対象になっています」

 

流行り廃りがなく影響保証のあるランドロックは、これからも長く使用することができます。

 



 

今回は、ランドロックは夏暑いのか?冬の寒さ対策など、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
*タイトル
【検証】ランドロックのレイアウト!夏暑い?冬キャンプは?詳しく紹介

 



 

夏暑い?

 

 

 

 

「ランドロックの最大の特徴は、大型の窓や出入り口が6ヶ所もあること」

 

大型の窓や出入り口を、フルオープンやメッシュにすることで風通しがよくなります。

 



 

「夏場涼しいテントの条件は、風通しが良いか悪いかで決まります」

 

ランドロックは風通しが良いので、他の2ルームテントより夏場涼しくキャンプができます。

 



 

「夏場最も涼しいのが、ポリコットンタープの下にインナーテントのみを張るスタイル」

 

フライシートを張らずインナーテントのみなので、熱がこもらず風通しが良くなりかなり涼しくキャンプができます。

 

 

 

 

「カンガルースタイルにしている為、フライシートの役目をタープがします」

 

雨が降ってもインナーテントが濡れることはありません。

 

 

 

 

「夏場、オープンタープで過ごすより涼しさは落ちますが、ランドロックでも夏場過ごせると思います」

 



 

「インナーテントがポリコットン素材ではなく、ポリエステル素材になっているので、夏は熱がこもりやすくなります」

 

2ヶ所のメッシュになる大型出入り口と、左右にあるメッシュ窓を常に開けておくことで、風通しがよくなります。

 



 

「2ルームテントは壁がある分、オープンタープより熱がこもりやすくなります」

 

ランドロックは、メッシュになる大型の窓と出入り口が6ヶ所もある為、風通しがよく他の2ルームテントより熱がこもるのを軽減できます。

 

前後のパネルを跳ね上げることで、雨の日でも風通しよくキャンプをすることが可能。

 



 

冬キャンプ

 

楽天市場

 

 

「ランドロックは全周にスカートがあり、フルクローズできる為、冬場も快適に過ごすことができます」

 

冬場もランドロックで、キャンプをすることが可能。

 



 

「スカートをペグで固定することができ、風が強い日でもペグで固定すれば隙間風を軽減できます」

 



 

おすすめ石油ストーブ
 

 

「ランドロックは大型2ルームテントの為、気温が下がる真冬のキャンプで、幕内を暖めることができる石油ストーブは限られています」

 

レインボーストーブ・フジカハイペット・グローストーブ・パセコストーブ・アルパカストーブなどで、幕内を暖めるのは無理。

 

小型石油ストーブ1台で真冬の時期、ランドロックの幕内を暖めるのは難しいです。

 

楽天市場

 

 

「我が家のおすすめは、コロナ対流型ストーブorトヨトミKS-67H」

 

コロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67Hは、大型石油ストーブの部類に入り、かなり暖かいです。

 

 

 

 

「石油ストーブの暖かさを表すのに、暖房出力という数字があります」

 

暖房出力が高い程、暖かい石油ストーブになります。

 

 

暖房出力

暖房出力はkwで表示されており、数字が高ければ高いほど暖房能力が高い石油ストーブ

 
 

 

「我が家の使用するレインボーストーブは、暖房出力が2.0kw」

 

 

 

 

「それに対してコロナ対流型ストーブの暖房出力は6.59kwで、トヨトミKS-67Hも6.66kw」

 

 

 

 

「コロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67Hは、レインボーストーブの倍以上の暖房出力と暖かさがあります」

 

 

 

 

「我が家は、冬キャンプにノルディスクのアルフェイム19.6の幕内で、コロナ対流型ストーブを使用しています」

 

500×500cmで高さ350cmあるアルフェイム19.6は、大型のワンポールテント。

 

冬キャンプでランドロックでも十分に使えると思います。

 

 

 

 

「トヨトミKS-67Hとコロナ対流型ストーブのサイズは大きいですが、暖かいのでおすすめします」

 

 

 

 

「コロナ対流型ストーブは6.59kwの暖房出力があり、キャンプ最強の石油ストーブと言われています」

 

 

 

コロナ対流型ストーブ

暖房出力:6.59kw

タンク容量:7L

連続燃焼時間:10.9時間

高さ598×幅460×奥行き460mm

 

 


 

 

 

 

 

「トヨトミKS-67Hの暖房出力も6.66kwあり、キャンプ最強の石油ストーブ」

 

アマゾン

 

トヨトミKS-67H

暖房出力:6.66kw

タンク容量:6.3L

連続燃焼時間:9.7時間

高さ583×幅482×奥行き482mm

 

 


 

 

 

 

 

ホットカーペット
 

 

「電源サイトで使う暖房器具で、最も暖かいとされているのがホットカーペット」

 

我が家もキャンプで電源サイトを利用する場合、必ずホットカーペットを使用します。

 

 

 

 

「ホットカーペットがあれば、真冬のキャンプでも高価なダウンシュラフは必要ありません」

 

化繊のシュラフで、十分に暖かく就寝することができます。

 

 

 

 

「ホットカーペットのサイズは、メーカーによって異なります」

 

1辺の長さが違ったり、正方形や長方形の形があります。

 

一般的なホットカーペットのサイズは下記の通り。

 

 

1畳から4畳までのホットカーペットのサイズ

1畳用:88×176cm

1.5畳用:125×180cm

2畳用:176×176cm

3畳用:195×235cm

4畳用:200×310cm

 

 

 

「2〜3人で就寝されるならホットカーペットの2畳サイズ」

 

4人で就寝されるならホットカーペットの3畳サイズを選んで下さい。

 

 

 


 

 

 

 

 

防雨延長コード
 

 

「キャンプでホットカーペットなど電化製品を使用する場合、テントの外にある電源ボックスから電気を引いてきます」

 

 

 

 

「電源ボックスから電気を引くのに、延長コードを使用されると思います」

 

 

 

 

「延長コードは屋内用と屋外用があり、自宅で使用されているのは屋内用」

 

 

 

 

「電源ボックスから電気を引く場合、延長コードは必ず外を通ります」

 

延長コードが濡れると、漏電による感電や火災になることもあり危険。

 

キャンプ場で延長コードを使用する場合、防水処理をしている防雨延長コードを使用して下さい。

 

 

 

 

 

「防雨延長コードは10mあれば、十分に足りる長さだと思います」

 

 

 


 

 

 

 

 

「ハタヤの延長コードは、差し込み口がスケルトンになっており、見た目がとてもおしゃれ」

 

3口使えるので、とても便利で使いやすいです。

 

 



 

 

 

 

 

雨の日
 

 

「ランドロックの耐水圧は、天井部分が3,000mm・壁面が1,800mmあります」

 

高い耐水圧があるので、テント内で雨漏りすることはありません。

 

ただ、気温が低いと幕内と外の寒暖差で結露が発生し、天井から水滴が落ちてきて、テントが雨漏りをしているみたいな現象になります。

 

楽天市場

 

 

「結露対策に、別売りのシールドルーフを選ばれることをおすすめします」

 

シールドルーフを付けることで、結露・暑さ・寒さを軽減できます。

 



 

「天井部分は紫外線が強力に当たり、それが蓄積され劣化の原因になります」

 

シールドルーフを装着することで、テントが長く使えて快適にキャンプができるのでおすすめ。

 

 

 


 

 

 

 

 

「ランドロックは値段は高いですが、永久保証なので長く使用できます」

 

寝室やリビングが広くて背が高く、家族4人でもゆったりと過ごすことが可能。

 

 

 


 

 

 

 

 

「ランドロックはキャンプ場でよく見かけるので、人とよくかぶってしまいます」

 

アイボリー色のランドロックを選ぶと、人とかぶらず見た目もおしゃれ。

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

今回は、スノーピークから発売されさいるランドロックについて、詳しくブログで紹介しました。

 

ランドロックは友人家族が使用しているのと、よく行くアウトドアショップで、必ず展示がされています。

 

我が家にとってランドロックは、身近な2ルームテント。

 

購入されるテントで悩んでおられる方は、スノーピークのランドロックがおすすめ。

 

値段は高いですが永久保証があるので、いつまでも長く使用することができます。

 

以上、「【検証】ランドロックのレイアウト!夏暑い?冬キャンプは?詳しく紹介」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!