選び方ぶろぐ

年間50泊キャンプに行っています

夏は暑いの?タフスクリーン2ルームエアー/MDX+と/LDX+を実際に見て触れてきた感想を詳しくブログで紹介!



 

「最近は以前に比べて、さまざまなテントの種類が発売されています」

 

ワンポールテント・2ルームテント・パップテント・ロッジ型テント・ワンタッチテント・ポップアップテントなど、他にもたくさんの種類があります。

 

 

 

 

「たくさんあるテントの種類の中で、昔から今も人気のあるのが2ルームテント」

 

2ルームテントは、家族が使いやすいように、家族の為につくられたテントだと思います。

 



 

「2ルームテントを使用するメリットは、リビングと寝室が繋がっている為、一度に設営と撤収ができること」

 

出入り口を解放して開ければタープ代わりになり、寒い季節は締め切るとシェルター代わりにもなります。

 

2ルームテントは、暑い時期から寒い季節まで、オールマイティーに使用できる万能なテント。

 

 

 

 

「最近は、キャンプブームということもあり、さまざまなブランドから2ルームテントが発売されています」

 

そのたくさんある中で、昔から今も売れ続けているのが、コールマンから発売されているタフスクリーン2ルームシリーズ。

 

タフスクリーン2ルームシリーズは、大きなフルモデルチェンジはありませんが、数年に1回、小さなマイナーチェンジを繰り返しています。

 



 

「2022年に登場したのが、タフスクリーン2ルームエアーシリーズ」

 

タフスクリーン2ルームエアーには、形は同じですが、サイズの違うMDX+とLDX+の2種類があります。

 

MDX+の一回り大きなサイズが、LDX+になります。

 



 

「タフスクリーン2ルームエアーの大きな特徴は、名前にエアーが付いている通り、テント内の空気の循環にこだわったこと」

 

5種類の涼しくなる機能が備え付けられているので、他の2ルームテントより夏場、圧倒的に快適に過ごせると思います。

 

 

 

 

今回は、タフスクリーン2ルームエアー/MDX+と/LDX+は、夏場に使用して暑いのか?

 

実際に見て触れてきた感想を、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 




お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram


 

*タイトル
夏は暑いの?タフスクリーン2ルームエアー/MDX+と/LDX+

 

 

 

 

「2022年にコールマンから新しく発売されたのが、タフスクリーン2ルームエアー/MDX+と/LDX+」

 

MDX+の一回り大きなサイズが、LDX+になります。

 

MDX+とLDX+の違いは、形は同じですがサイズが違います。

 

 

 

 

MDX+の一回り大きなサイズがLDX+

 

610×365×220(h)cmのLDX+の本体サイズ。

300×250×185(h)cmのLDX+のインナーサイズ。

 

560×340×215(h)cmのMDX+の本体サイズ。

300×250×175(h)cmのMDX+のインナーサイズ。

 

 

 

「MDX+とLDX+のどちらかを選ぶポイントとして、3人までで使用されるならMDX+」

 

4人以上で使用されるならLDX+を選ばれたら良いと思います。

 

 

 

 

「暑い季節は、キャノピーを最大3面開くことができるのでより広く使えます」

 

寒い季節は、幕内で閉じこもることを想定したら、4人家族でMDX+は少し窮屈な感じ。

 

4人家族で使用されるなら、LDX+の方がゆったりと過ごせます。

 

 

 

 

「2022年に発売されたタフスクリーン2ルームエアー/MDX+と/LDX+は、5つの涼しくなる機能と、リビングと寝室の高さがある為、夏場使用しても熱がこもりにくいのが特徴」

 

他のテントより、圧倒的に涼しく過ごせるのが、タフスクリーン2ルームエアーだと思います。

 



 

 

背が高い
 

 

MDX+の高さは、リビング部分が215cmで寝室部分が175cm。

 

LDX+の高さは、リビング部分が220cmで寝室部分が185cm。

 

 

 

「MDX+とLDX+共に背が高いので、実際に見て触れてきましたが、かなりの開放感がありました」

 

175cmの身長のわたしですが、手を伸ばさないと、天井につかないという圧倒的な背の高さ。

 



 

「スノーピークで有名なランドロックの高さが205cmなので、それよりタフスクリーン2ルームエアーの方が高いつくりになっています」

 

超大型2ルームテントのランドロックより背が高いということで、いかにタフスクリーン2ルームエアーが、開放感があるのかが分かると思います。

 

 



 

「タフスクリーン2ルームエアーは、出入り口の3面はメッシュになり、その3面がキャノピーになる優れもの」

 

出入り口3面は、かなり広くて大きいので、風通しが良いです。

 

背が高いので熱がこもらず、出入り口の3面が広く風通しがいいので、夏場でも割と快適。

 



 

「寝室部分は、出入り口2面と窓2面の4ヶ所がメッシュにでき開放できます」

 

 

 



 

「上部にはベンチレーションが2ヶ所あり、空気の循環を促します」

 



 

「出入り口2ヶ所と窓2ヶ所、ベンチレーションも開けると、かなり風通しがよくなり、夏場も他のテントより快適に就寝できます」

 



 

「タフスクリーン2ルームエアーは、他の2ルームテントより風通しがよく、熱がこもりにくいです」

 

他の2ルームテントより、涼しく過ごせるのがタフスクリーン2ルームエアーの良い所。

 

 

 

 

 

 サークルベンチレーションワイドエアシステム
 

 

「テントの下部から外部の空気を取り込み、上部に開いたベンチレーションから空気を逃すことにより、空気の循環ができます」

 

その循環によって、熱がこもりにくくなっています。

 

 

 

 

 

ワイドエアメッシュ
 

 

「新素材のワイドメッシュを採用することで、メッシュの網目を広くし通気性をアップ」

 

虫を通さず、通気性を全モデルより1.5倍向上させています。

 

 

 

 

「ワイドメッシュを採用したことで、就寝する時、より風通しがよくなります」

 

どうしてもメッシュにすると、思っているより風が入りにくくなります。

 

メッシュ部分に、ワイドメッシュを備え付けられたことにより、風通しがかなりよくなり、夏場に快適に就寝できます。

 



 

 

ダークルームルーフフライ

 

 

「ダークルームフライを採用したことで、天井部分が2重構造になり、夏場の強い日差しを軽減し、幕内の温度上昇を抑えます」

 

雨音を和らげて、結露対策にもなります。

 

 

 

 

 

ダークルームテクノロジー

 

 

「遮光性のある素材を加えることで、90%以上の光をブロックし、日光による温度上昇を軽減します」

 



 

「昼は日光を遮り涼しく、夜も快適に就寝できます」

 




 

「実際に、ダークルームテクノロジーの生地に触れましたが、分厚くかなりしっかりとした素材でした」

 

ノーマルのポリエステルの生地より丈夫ででしっかりとしているのが、ダークルームテクノロジーを採用したタフスクリーン2ルームエアーの良さ。

 

 

 

 

 

リバーシブルファンベンチレーション
 

 

「タフスクリーン2ルームエアーの寝室部分、インナーテントのベンチレーション付近に装着できるのが、リバーシブルファンベンチレーション」

 

リバーシブルファンベンチレーションは、別売りになっていて、本体とは別に購入する必要があります。

 

 

 

 

「リバーシブルファンベンチレーションを設置することで、外から空気を取り込み、こもった熱や湿気を排出する換気扇のような効果があります」

 

羽の回転を前後で選べ、風を外向きにすると、扇風機のようにも使えます。

 



 

「扇風機のように涼しくでき、換気扇のようにこもった熱と湿気を排出できる2WAY機能があるので、とても便利」

 

実際に扇風機として使いましたが、けっこう涼しかったです。

 

 

 


 

 

 

 

 

「タフスクリーン2ルームエアーは、背が高いので熱がこもりにくく、出入り口や窓が大きいので風通しがいいです」

 

ダークルームテクノロジーの効果もあり、他の2ルームテントより快適に過ごせます。

 

 

 

 

「タフスクリーン2ルームエアーには2種類のサイズがあります」

 

3人まででゆったりと過ごすならタフスクリーン2ルームエアー/MDX+。

 

 

 


 

 

 

 

 

「4人以上でゆったりとキャンプをされるならタフスクリーン2ルームエアー/LDX+がおすすめ」

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

今回は、タフスクリーン2ルームエアーを実際に見て触れてきた感想を詳しくブログで紹介しました。

 

実際に見て触れたみた感想は、背が高いので、かなりの解放感があり、圧迫感が全くありません。

 

出入り口の3ヶ所が大きくて広いので、暑い時期にキャンプをしても、風通しが良いリビングだと思います。

 

背が高いので熱がこもらず、風通しがいいので、夏場は他の2ルームテントよりも涼しく過ごせます。

 

寝室になるインナーテント部分は、2ヶ所の大型の出入り口と、大きくて広い窓が2ヶ所あるので、メッシュにするとかなり風通しがいいです。

 

インナーテントも背が高いので、熱がこもらないです。

 

タフスクリーン2ルームエアーは、圧倒的に他の2ルームテントに比べて涼しく過ごせると思いました。

 

タフスクリーン2ルームエアーは、年間50泊キャンプに行く我が家がおすすめする2ルームテント。

 

以上、「夏は暑いの?タフスクリーン2ルームエアー/MDX+と/LDX+を実際に見て触れてきた感想を詳しくブログで紹介」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラム
 
 

 

キャンプ用品セール(Amazon)
 
 

 

キャンプ用品セール(楽天)