選び方ぶろぐ

年間50泊キャンプを楽しんでいます

【レビュー】獺祭の三割九分と45はまずいのか?飲み方と評価も紹介

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「我が家のキャンプの楽しみは、ゆったりと過ごすこと」

 

キャンプでは夫婦で、ゆったりとお酒をいただきながら過ごしています。

 

 

 

 

「キャンプに行くと、必ず飲むのが日本酒」

 

日本酒はキャンプだけではなく、自宅でも毎日飲んでいます。

 



 

今回は日本酒を毎日いただいている我が家が、獺祭純米大吟醸の三割九分と45について、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
 
*タイトル
【レビュー】獺祭の三割九分と45はまずいのか?飲み方と評価も紹介

 

 

 

 

「獺祭を発売している旭酒造は、山口県岩倉市にある酒造ブランド」

 

"酔うため、売るための酒ではなく、味わう酒を求めて"というコンセプトをもとに、日本酒造りを行っています。

 

1984年に設立された旭酒造は、普段飲みを製造する小さな酒蔵でした。

 



 

「1984年に旭酒造の三代目当主が、山田錦100%で造られた獺祭ブランドを開発」

 

現在は日本だけにとどまらず、世界で人気の愛される獺祭をつくりあげました。

 



 

「獺祭純米大吟醸は、磨き二割三分・磨き三割九分・45があります」

 

 

 

 

純米大吟醸

 

 

 

 

「獺祭純米大吟醸を知る上で、わかっておきたいのが純米大吟醸」

 

 

 

 

「純米大吟醸は、米・米麹・水だけで造られた日本酒」

 

米・米麹・水だけで造られているので、醸造アルコールは一切入っていない純粋な日本酒になっています。

 

純米大吟醸は、精米歩合が50%以下と定められています。

 



 

「精米歩合が低いほどよく磨かれた日本酒で、一般的に雑味がなく透明感ある味わいと、華やかな香りに仕上がるとされています」

 

純米大吟醸を10〜15度に冷やしていただくことで、その特徴を最大限に引き出してくれます。

 

獺祭純米大吟醸を含め、純米大吟醸は熱燗で飲むより、冷酒の方が美味しくいただけます。

 



 

「純米大吟醸は、吟醸造りという製法で造られています」

 

吟醸造りは、よく磨いた米を10度前後の低温で、長時間かけて発酵させる方法。

 

低温で発酵させることで、果実のようなフルーティで華やかな香りになります。

 



 

獺祭純米大吟醸45

 



 

「獺祭純米大吟醸45は、磨き二割三分や磨き三割九分に比べて精米歩合は高いですが、甘くてフルーティーな日本酒」

 

甘さもちょうどよく、とても飲みやすくなっています。

 

磨き二割三分や磨き三割九分に比べて、値段も安くなっているので購入がしやすいです。

 



 

獺祭純米大吟醸45の成分
 

 

「獺祭純米大吟醸は純米酒となっており、米・米麹・水のみを原料として造られています」

 

醸造アルコールは、一切入っていない純粋な日本酒。

 

 

原材料

米麹

 

 

 

「獺祭純米大吟醸45のアルコール分は、16度となっています」

 

日本酒の平均的なアルコール度数は15度ぐらい。

 

獺祭純米大吟醸のアルコール分は16度なので、平均的なアルコール度数になっています。

 

 

獺祭純米大吟醸45

アルコール分16度

 

 

 

「獺祭純米大吟醸45の精米歩合は45%になっています」

 



 

「一般的に精米歩合が低いほど、米がよく磨かれた日本酒とされています」

 

雑味が少なくクリアで、すっきりとした味わい。

 

華やかな香り高い日本酒になっています。

 



 

「純米大吟醸は、精米歩合が50%以下と定められています」

 

獺祭純米大吟醸45は、精米歩合が45%になっています。

 

 

獺祭純米大吟醸45の精米歩合

45%

 



 

 

 

 

 

獺祭純米大吟醸45の評価
 

 

「獺祭純米大吟醸45は、甘い梨の匂いがするお酒」

 

飲んでみると甘くてフルーティー。

 

甘さもちょうどよく控えられています。

 



 

「最後に若干苦味がきますが、それ程気にならないレベル」

 

甘味と少しの苦味がうまく調和され、味のバランスがとても良い日本酒。

 



 

「フルーティーさだけではなく、米の味もしっかりと楽しめます」

 



 

「口当たりがよく芳醇で、飲みやすいのが特徴」

 

飲みやすいので、日本酒が初めての方にもおすすめ。

 



 

「獺祭純米大吟醸45をいただくと、フルーティーな香味が口いっぱいに広がります」

 

奥深い味で、日本酒を楽しみながらいただけるが獺祭純米大吟醸45。

 

フルーティなお酒が好みの方は、特に飲んでほしい日本酒。

 



 

「飲みやすくぐいぐいいけるので、飲み過ぎには注意」

 



 

「フルーティーで程よい甘味のある獺祭純米大吟醸45は、まずくはなくとても美味しいと感じました」

 

 



 

 

 

 

 

獺祭純米大吟醸45の口コミと評判
 

 

「獺祭純米大吟醸45の口コミと評判は、下記のようになっています」

 

全体的に高評価で、マイナスな口コミは少なかったです。

 

 

●何度飲んでも美味しい。飲みやすいので飲み過ぎ注意。

 

●日本酒なのにフルーティーな香りが良いです。

 

●値段安いのにかなり美味しい。

 

●口当たりが良くとても飲みやすいです。

 

●まろやかで口当たりの良い大変美味しいお酒でした。

 

●獺祭シリーズの45はコスパが良いので普段に飲んでます。売り切れてて他の同レベルの純米吟醸酒を購入したりするけど、他の酒も美味いんだが、獺祭45をあらためて購入して飲むと、やはりとにかくホントに美味い。日本酒飲むならこれでずうっと良いです。

 

●スッキリして飲みやすい日本酒と思います。甘くフルーティーな香りもご馳走です。またリピします。

 

●迷ったら買うべし。間違いない。

 

●素晴らしく香りのいい日本酒。この値段でこの味わい稀少。

 

●フルーティな香りがクセになる。個人的にはリピ確定。気分によって飲み分けてる人にはお勧め。

 



 

 

 

 

 

獺祭純米大吟醸45の飲み方
 

 

「フルーティーで華やかな香りの純米大吟醸を熱燗にしてしまうと、香りが飛んでしまい雑味が出てしまうことがあります」

 



 

「純米大吟醸を美味しくいただくには、熱燗にするより冷酒で飲むのがおすすめ」

 

獺祭純米大吟醸45は熱燗にするより、冷酒でいただいて下さい。

 

熱燗にすることはおすすめできません。

 



 

「今回は、獺祭純米大吟醸45をロックでもいただきました」

 



 

「津軽びいどろのロックグラスに、たっぷりと氷を入れます」

 

 



 

「獺祭純米大吟醸45をロックにすると、最後にくる苦味がなくなります」

 

苦味がなくなる為、より飲みやすくなります。

 



 

「フルーティーで甘味もちょうどよく、とても美味しいです」

 

獺祭純米大吟醸45は、日本酒の苦手な方や日本酒を飲むのが初めての方でも、ロックにすると飲みやすくなるのでおすすめ。

 

 

獺祭純米大吟醸45の飲み方

冷酒◎

常温◎

ぬる燗

熱燗

 



 

 

 

 

 

獺祭純米大吟醸三割九分

 

 

 

 

「純米大吟醸の精米歩合は、50%と定められています」

 

今回我が家がいただいた獺祭純米大吟醸三割九分は精米歩合が39%になっています。

 

純米大吟醸は50%の精米歩合が多い中、獺祭純米大吟醸三割九分は驚異の39%となっており、よく磨かれています。

 

 

 

 

「精米歩合が低いほど、米がよく磨かれている日本酒とされています」

 

雑味が少なくクリアですっきりとした味わいで、香り高い華やかな日本酒。

 

 

 

 

獺祭純米大吟醸三割九分の評価
 

 

「獺祭純米大吟醸三割九分は、精米歩合が39%とかなり磨かれています」

 

アルコール分は16度で、一般的な日本酒のアルコール度数。

 

純米大吟醸となっており、醸造アルコールは一切入っておらず、純粋な日本酒となっています。

 

 

 

 

「獺祭純米大吟醸三割九分は精米歩合が低い為、よく磨かれており苦味や渋みのような雑味は一切ありません」

 

 

 

 

「匂いは梨の香りがして、口に入れると少し甘酸っぱくフルーティー」

 

ふくよかなで、米の味もしっかりと楽しめます。

 

 

 

 

「雑味がなくフルーティーなので、どんどん飲めてしまえる日本酒」

 

飲みやすいけど味わい深く、味に重量感があります。

 

 

獺祭純米大吟醸三割九分

口に入れるとフルーティーな香味が楽しめる日本酒

 

 


 

 

 

 

 

獺祭純米大吟醸三割九分の口コミと評判
 

 

「獺祭純米大吟醸三割九分の口コミと評判は、下記のような感じ」

 

 

●とにかくフルーティで身体に染みる味です。万人向けでワイン好きにはたまらない日本酒です。これからもリピし続けること決定です。
 
●磨き3割9分だけあって雑味もなくおいしいです。
 
●以前にも飲み比べで購入した事があり飲みやすい為、再び購入しました。フルーティーさと、香りが気に入っています。
 
●美味しいので、いくらでも呑めて楽しめます。
 
●獺祭らしい華やかでフルーティな感じが味わえました。
 
●自分のご褒美に買いましたが美味くて、ついつい飲み過ぎてすぐ無くなりました。
 
●味と香りが最高!!安定の美味さです。
 
●獺祭はほどよく甘く飲みやすい日本酒です。高級感もあって贈り物にも最適です!リピして何度も飲んでいます。
 
●相変わらずこのフルーティー感は健在です。ありがとうございました。
 
●後味が残らず飲みやすいすごくいいお酒です。

 

 


 

 

 

 

 

獺祭純米大吟醸三割九分の飲み方
 

 

「純米大吟醸酒は、熱燗には向いていないとされています」

 

獺祭純米大吟醸三割九分を熱燗にすると、フルーティで華やかな梨の香りが消えます。

 

 

 

 

「熱燗にすることで飲みやすくはなりますが、純米大吟醸の深い味わいと旨みが消えてしまいます」

 

熱燗やぬる燗でいただくより、獺祭純米大吟醸三割九分は、10〜15度に冷やして飲むのがおすすめ。

 

 

獺祭純米大吟醸三割九分の飲み方

冷酒◎

常温◎

ぬる燗

熱燗

 

 


 

 

 

 

 

獺祭純米大吟醸を美味しく飲むなら津軽びいどろ

 

 

 

 

「津軽びいどろは、青森県津軽地方で生産されているガラス細工の伝統工芸品」

 

青森の自然を表現した美しさがあり、ガラス細工特有のきらびやかな印象があります。

 

津軽びいどろ

 

 

「津軽びいどろの魅力は色彩の美しさ」

 

キラキラ輝く宝石のようなガラス材には、100種類以上の着色が行われており、季節に合わせた商品も多数販売されています。

 

津軽びいどろ

 

 

「津軽びいどろの商品を使うと、美しい造りに魅了されます」

 

我が家は津軽びいどろのロックグラスを使用。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

獺祭純米大吟醸三割九分は、精米歩合が39%とかなり磨かれています。

 

アルコール分は16度で、一般的な日本酒のアルコール度数。

 

純米大吟醸となっており、醸造アルコールは一切入っておらず、純粋な日本酒となっています。

 

獺祭純米大吟醸三割九分は精米歩合が低い為、よく磨かれており苦味や渋みのような雑味は一切ありません。

 

匂いは梨の香りがして、口に入れると少し甘酸っぱくフルーティー。

 

ふくよかなで、米の味もしっかりと楽しめます。

 

雑味がなくフルーティーなので、どんどん飲めてしまえる日本酒。

 

飲みやすいけど味わい深く、味に重量感があります。

 

獺祭純米大吟醸45は、甘い梨の匂いがするお酒。

 

飲んでみると甘くてフルーティー。

 

甘さもちょうどよく控えられています。

 

最後に若干苦味がきますが、それ程気にならないレベル。

 

甘味と少しの苦味がうまく調和され、味のバランスがとても良い日本酒。

 

フルーティーさだけではなく、米の味もしっかりと楽しめます。

 

口当たりがよく芳醇で、飲みやすいのが特徴。

 

飲みやすいので、日本酒が初めての方にもおすすめ。

 

獺祭純米大吟醸45をいただくと、フルーティーな香味が口いっぱいに広がります。

 

奥深い味で、日本酒を楽しみながらいただけるが獺祭純米大吟醸45。

 

フルーティなお酒が好みの方は、特に飲んでほしい日本酒。

 

飲みやすくぐいぐいいけるので、飲み過ぎには注意。

 

フルーティーで程よい甘味のある獺祭純米大吟醸45は、まずくはなくとても美味しいと感じました。

 

以上、「【レビュー】獺祭の三割九分と45はまずいのか?飲み方と評価も紹介」でした。

 

 

 

 

 

 

 

プロ厳選のおすすめ日本酒「saketaku」