年間50泊キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

レビュー!キャンプで湯たんぽ!最強の使い方と効果を詳しくブログで紹介。

 

 

 

「年間50泊程、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もキャンプをすると、過ごしやすい季節と過ごしにくい季節がわかります」

 

 

 

 

「1年で最も過ごしにくいのが、夏のキャンプ」

 

平地だと昼間は高温で、夜は熱帯夜になることもあります。

 

キャンプをしていて不快に感じることもあるのが、夏のキャンプ。

 

 

 

 

「1年で最も過ごしやすいのが、春や秋のキャンプ」

 

真夏程気温が上がらず、真冬程寒くならないので、重装備でなくてもキャンプができます。

 

 

 

 

「焚き火だけでも暖がとれ、焚き火が最も楽しめる季節」

 

 

 

 

「冬キャンプは、しっかりとした装備をすれば、自宅に居るより快適に過ごせます」

 

他の季節より、寒さ対策をするアイテム選びがとても重要。

 

 

 

 

「春や秋のキャンプは寒暖差があり、昼間は気温が上がっても朝晩が冷え込みます」

 

冬のキャンプは、1日を遠して気温が下がったまま。

 

夏を除く、春・秋・冬キャンプに寒さ対策は必要。

 

 

 

 

「寒さ対策は、電源があるサイトと電源がないサイトで違ってきます」

 

電源があるサイトは、ホットカーペットが使えます。

 

 

 

 

「ホットカーペットは、キャンプで使う暖房器具で最強といわれており、就寝する時、高価なダウンシュラフは必要ありません」

 

真冬のキャンプでもホットカーペットがあれば、化繊のシュラフで十分に暖かく就寝ができます。

 

 

 

 

「電源がないサイトで、よく使われているのが湯たんぽ」

 

湯たんぽがあれば、電源がないサイトで暖かく就寝することができます。

 

電源がないサイトで湯たんぽは、寒い季節の必需品。

 



 

今回は、キャンプで湯たんぽの使い方と効果を、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

*タイトル
レビュー!キャンプで湯たんぽ!最強の使い方と効果を詳しくブログで紹介

 

 

 

 

「春や秋のキャンプは、寒暖差で昼間は気温が上がりますが、朝晩が冷え込みます」

 

冬のキャンプは、1日を通して気温が下がったまま。

 

夏を除く、春・秋・冬のキャンプに、寒さ対策は必要です。

 

 

 

 

「寒さ対策は、電源サイトと電源がないサイトでは、使用するアイテムが異なってきます」

 

電気サイトの場合、ホットカーペットが使用できます。

 

 

 

 

「ホットカーペットは、キャンプで使う最強の暖房器具と言われていて、就寝する時、高価なダウンシュラフは必要ありません」

 

真冬のキャンプでもホットカーペットを敷くと、化繊のシュラフで十分に暖かく就寝ができます。

 



 

「ホットカーペットのサイズは、1辺の長さが違ったり、正方形や長方形の形がありさまざま」

 

一般的なホットカーペットのサイズが、下記の通り。

 

 

 

1畳から4畳までのホットカーペットのサイズ

1畳用:88×176cm

1.5畳用:125×180cm

2畳用:176×176cm

3畳用:195×235cm

4畳用:200×310cm

 

 

 

「ホットカーペットの選び方は、2〜3人用のテントは2畳用、4人用のテントは3畳用を選ぶと確実」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電気毛布か湯たんぽどっち
 

 

「寒い季節、電源がないサイトで就寝する時に使うアイテムは、電気毛布か湯たんぽになります」

 

ポータブル電源を使用するので、電源がないサイトでも電気毛布は使えます。

 

電気毛布は温度を上げて使用すると、消費電力が上がってしまいます。

 

 

 

 

「ポータブル電源は、使用できるバッテリー容量が決まっているので、電気毛布との消費電力の兼ね合いで、どうしても電気毛布は控えめの温度設定になってしまいます」

 

電気毛布を控えめの温度設定にしてしまうと、湯たんぽより暖かさがおちます。

 

 

 

 

「我が家は寒い季節、電気毛布や湯たんぽも使いますが、湯たんぽを使用する頻度は高め」

 

 

 

 

 

湯たんぽの使い方
 

 

「湯たんぽは、毛布に包んで膝の上に置くなどすると暖かく、寒い季節の必需品」

 

寒い季節、湯たんぽの一番使い方は、やはりシュラフの中に入れての寒さ対策。

 

湯たんぽをシュラフの中に入れて就寝すると、足元を中心に、シュラフ全体を温めてくれます。

 

 

 

 

「金属製の湯たんぽを使用すると、朝まで暖かさが続くので、快適に就寝することができますよ」

 

湯たんぽがあるのとないのとでは、居心地が全く違ってきます。

 

 

 

 

 

湯たんぽの種類

 



 

陶器製の湯たんぽ
 

 

「陶器製の湯たんぽは、じんわりと暖かいですが、素材が陶器ゆえに、重たくて強い衝撃で割れるリスクがあります」

 

キャンプで使用される場合、慎重に持ち運ばなければいけません。

 

【楽天市場】

 

 

プラスチック製の湯たんぽ
 

 

「プラスチック製の湯たんぽは、湯たんぽの種類の中で一番の主流」

 

湯たんぽといえば、プラスチック製を想像される方が多いと思います。

 

我が家も使用してましたが、素材にプラスチックが使われている為、保温性が低く朝まで暖かさが続きにくいです。

 

 

 

 

ゴム製の湯たんぽ
 

 

「ゴム製の湯たんぽは、昔からある種類で懐かしい形」

 

形が変わるゴム製なので、使い勝手は良いです。

 

熱湯が入らないということがデメリットで、暖かさが物足りないと思われる方が多いです。

 

【楽天市場】

 

 

充電式湯たんぽ
 

 

「充電式の湯たんぽは、じんわりと暖かいのが特徴」

 

じんわりと暖かいので、シュラフ全体を暖かくするのは難しいです。

 

【楽天市場】

 

 

金属製の湯たんぽ
 

 

「キャンプで多くの方が使っているのが、金属製の湯たんぽ」

 

金属製の湯たんぽは、直火ができるのでとても便利。

 

我が家は、マルカの湯たんぽを使用。

 

 

 

 

「マルカの湯たんぽは金属製になっており、カセットコンロで直接温めることができます」

 

 

 

 

「石油ストーブでも温めることができるので、とても便利ですよ」

 

 

 

 

 

マルカの湯たんぽ

 

 

 

 

「マルカ株式会社は、1923年創業の兵庫県尼崎市にある湯たんぽの総合メーカー」

 

100年以上も続く歴史あるブランド。

 

湯たんぽを100年以上も作り続けているので、安心して購入ができます。

 

マルカ株式会社

 

 

「マルカの湯たんぽの特徴は、金属製になっているので直火ができること」

 

本体に水を入れて、カセットコンロで温めることができます。

 

 

 

 

 

「石油ストーブでも温めることができるので便利」

 

 

 

 

「プラスチック製の湯たんぽみたいに、ケトルなどで沸かして、お湯を入れ替える作業をしなくてもいいので楽」

 

 

 

 

「マルカの湯たんぽの表面は、波形になっています」

 

表面を波形にすることで、表面積が広くなり暖かい面積が増えます。

 

波形にすると、強度もアップします。

 

 

 

 

「マルカの湯たんぽの内部は支柱が入っており、温度が下がってもヘコみにくいつくりになっています」

 

 

 

 

「底が平らなので、使用するのに便利」

 

 

 

 

「保温性が高く、朝まで暖かさが続くのが、マルカの湯たんぽの特徴」

 

電気毛布より暖かいので、寒い季節重宝します。

 

 

 

 

「金属製の湯たんぽは、蓋を付けたまま直火をすると危険」

 

蓋を付けたまま直火すると、お湯が吹き出すので注意して下さい。

 



 

「温めてすぐは、湯たんぽが熱くなっているので、シュラフに入れた時、少し肌から離して下さい」

 

低温火傷には、注意してくださいね。

 

 

 

 

「マルカの湯たんぽは、2.5Lと3.5Lがあります」

 

 

 

 

 

「我が家は、2.5Lと3.5Lを保有してますが、使うのは2.5Lばかり」

 

真冬のキャンプでも2.5Lで、十分に暖かさは朝まで続きます。

 

購入されるなら、マルカの湯たんぽの2.5Lがおすすめ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 



 

今回は、湯たんぽの使い方と効果を紹介しました。

 

湯たんぽは、いろいろな種類がありますが、キャンプでよく使われているのが金属製の湯たんぽ。

 

金属製の湯たんぽの中でも、マルカの湯たんぽが圧倒的なシェア。

 

マルカの湯たんぽの特徴は、朝まで暖かいこと。

 

朝まで暖かいので、快適に就寝ができます。

 

湯たんぽの一番の使い方は、シュラフに入れて暖かくして就寝することだと思います。

 

湯たんぽをシュラフに入れると、足元を中心にシュラフ全体に暖かさが広がります。

 

寒い季節、湯たんぽがあるのとないのとでは、快適さが変わってきます。

 

我が家は、家族で1人1個の湯たんぽを保有しています。

 

ぜひ購入されるなら、1人1個の湯たんぽを用意されることをおすすめします。

 

以上、「レビュー!キャンプで湯たんぽ!最強の使い方と効果を詳しくブログで紹介」でした。

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!