年間50泊キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

レビュー!キャンプで湯たんぽ!いらない?いる?寝袋の中に入れると寒さ対策になる。

 

 

 

「年間50泊程、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もキャンプに行っていると、ほぼ毎週がキャンプ」

 

キャンプの時間が増えると、より快適に過ごしたいといつも思います。

 

 

 

 

「春や秋のキャンプは、昼間は気温が上がっても朝晩が冷え込みます」

 

 

 

 

「冬のキャンプは、1日を通して気温が下がったまま」

 

寒さ対策は、夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプに必要。

 

 

 

 

「寒さ対策は、電源があるサイトと電源がないサイトでは、装備も変わってきます」

 

電源があるサイトでは、ホットカーペットがおすすめ。

 

 

 

 

「ホットカーペットは、キャンプで使う最強の暖房器具と言われていて、就寝する時、高価なダウンシュラフは必要ありません」

 

真冬のキャンプでもホットカーペットを敷けば、化繊のシュラフで十分に暖かく就寝できます。

 

 

 

 

「電源がないサイトでは、ポータブル電源&電気毛布という寒さ対策もありますが、多くの方が使っているのは湯たんぽ」

 

多くの方が、電源がないサイトの寒さ対策として、寝袋の中に湯たんぽを入れています。

 

 

 

 

今回は、湯たんぽって本当にキャンプで必要?いらない?詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

*タイトル
レビュー!キャンプで湯たんぽ!いらない?いる?寝袋の中に入れると寒さ対策になる

 



 

「春や秋のキャンプは、昼間は気温が上がりますが、朝晩が冷え込みます」

 

冬のキャンプは、1日を通して気温が下がったまま。

 

夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプに、寒さ対策は必要になってきます。

 

 

 

 

「寒さ対策は、電源サイトと電源がないサイトでは異なってきます」

 

電源サイトの寒さ対策は、ホットカーペットがおすすめ。

 

 

 

 

「ホットカーペットは、キャンプで使う最強の暖房器具と言われていて、ホットカーペットがあれば就寝する時、高価なダウンシュラフは必要ありません」

 

真冬のキャンプでも、化繊のシュラフで十分に暖かいです。

 

 

 

 

「ホットカーペットのサイズは、1辺の長さが違ったり、正方形や長方形の形もあります」

 

一般的なホットカーペットのサイズは、下記の通り。

 

 

 

1畳から4畳までのホットカーペットのサイズ

1畳用:88×176cm

1.5畳用:125×180cm

2畳用:176×176cm

3畳用:195×235cm

4畳用:200×310cm

 

 

 

「ホットカーペットの選び方は、2〜3人用のテントだと2畳用、4人用のテントの場合は3畳用のホットカーペットを選んで下さい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湯たんぽは必要か
 

 

「寒い季節、快適に寝れない理由のひとつに、足元の冷たさがあります」

 

就寝する時、ダウンを着たり暖パンを履いたりなど、暖かくされて就寝されると思います。

 

以外と気が付かず、気にしないのが足元。

 

 

 

 

「特に女性の方は冷え性で、足元が冷たくなる方が多く、足元が冷えると熟睡ができません」

 

湯たんぽをシュラフに入れることで、足元を中心にシュラフの中全体が暖かくなります。

 

我が家は寒い季節、就寝する時に湯たんぽを寝袋の中に入れることが多いです。

 

 

 

 

「湯たんぽを使うのと使わないとでは、快適さがかなり変わってきます」

 

湯たんぽは、ないよりある方が暖かく就寝できます。

 

 

 

 

 

湯たんぽorポータブル電源&電気毛布
 

 

「電源がないサイトで、湯たんぽ以外の暖房器具といえば、ポータブル電源&電気毛布」

 

 

 

 

「我が家はキャンプで、湯たんぽとポータブル電源&電気毛布の、どちら共に使用しています」

 

どちら共に使っている我が家ですが、圧倒的に使用頻度が高いのが湯たんぽ。

 

 

 

 

「電気毛布の暖かさを強くすると、消費電力が高くなります」

 

ポータブル電源との兼ね合いで、あまり電気毛布の暖かさを強くしてしまうと、ポータブル電源の容量を超えしまいます。

 

必然的に、電気毛布の暖かさの調整は控えめにしてしまいます。

 

 

 

 

「電気毛布の暖かさを控えめにすると、湯たんぽを使っている方が暖かいですね」

 

電気毛布より湯たんぽの方が暖かいということで、キャンプでは湯たんぽを使う頻度が、我が家は増えます。

 

 

 

 

 

湯たんぽの種類

 



 

「キャンプで使える湯たんぽの種類は、数種類あります」

 

その数種類の中で、代表的な湯たんぽが下記のような感じ。

 

 

 

 

陶器製の湯たんぽ
 

 

「陶器製の湯たんぽは、見た目に高級感があり、じんわりと暖かさが続くのが特徴」

 

ただ、陶器製ゆえに重たく、強い衝撃が加わると割れるリスクがあるので、持ち運びには注意が必要。

 

【楽天市場】

 

 

プラスチック製湯たんぽ
 

 

「プラスチック製湯たんぽは、湯たんぽの中で一番の主流。湯たんぽといえば、プラスチック製と想像される方が多いと思います」

 

プラスチック製の湯たんぽは、我が家もキャンプで使用したことがありますが、素材がプラスチックなので、保温性が低いのが欠点。

 

朝まで暖かさが、続きにくいです。

 

 

 

 

ゴム製の湯たんぽ
 

 

「ゴム製の湯たんぽは、昔ながらの懐かしい種類」

 

形が変わるゴム製なので、使い勝手は良いです。

 

ただ、熱湯が入れられないので、暖かさが十分でないと感じられる方が多いです。

 

【楽天市場】

 

 

充電式の湯たんぽ
 

 

「充電式の湯たんぽは、お湯がいらないので手軽」

 

じんわりと暖かいのが特徴で、シュラフ全体を温める力はありません。

 

【楽天市場】

 

 

金属製の湯たんぽ
 

 

「キャンプに行くほとんど方が使用しているのが、金属製の湯たんぽ」

 

金属製の湯たんぽは、直火ができるので、そのまま火にかけられます。

 

我が家は、マルカの湯たんぽを使用。

 

 

 

 

「マルカの湯たんぽも金属製になっていて、直火が可能になっています」

 

本体に水を入れて、カセットコンロやシングルバーナーで温めるだけ。

 

 

 

 

 

「石油ストーブの上でも、温められますよ」

 

 

 

 

「プラスチック製湯たんぽみたいに、ケトルなどでわざわざ沸かして入れる作業がいらないので、かなり楽」

 

我が家はマルカの湯たんぽ2.5Lを、使用しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルカの湯たんぽ
 

 

「マルカ株式会社は、1923年に創業した兵庫県尼崎市にある湯たんぽの総合ブランド」

 

100年以上も続いている歴史ある企業。

 

湯たんぽを作り続けて100年の実績があるので、安心して購入ができます。

 

マルカ株式会社

 

 

「マルカの湯たんぽの特徴は、金属器なので直火ができること」

 

本体に水を入れて、シングルバーナーやカセットコンロで温めるだけ。

 

 

 

 

 

「石油ストーブでも温めることができますよ」

 



 

「プラスチック製の湯たんぽみたいに、ケトルなどで沸かして移しかえる作業がいらないので楽」

 

 

 

 

「マルカの湯たんぽの表面は、波形をしています」

 

表面が波形をしているのは、表面を少しでも広くすることで、暖かくなる面積を増やす為。

 

波形にすることで、強度もアップしています。

 

 

 

 

「マルカの湯たんぽの内側には、支柱が入っていて、温度が下がった時に、ヘコみにくくなっています」

 

 

 

 

「底が平らなので、使い勝手も良いです」

 

 

 

 

「保温性が高く、朝まで暖かさが続くのが、マルカの湯たんぽの特徴」

 

電気毛布より暖かいので、我が家は寒さ対策によく使用しています。

 

 

 

 

「金属製の湯たんぽを直火する際は、蓋を必ず外して下さい」

 

蓋を付けて温めてしまうと、お湯が吹き出してしまいます。

 

 

 

 

「湯たんぽが熱々の状態で寝袋に入れると、低温やけどのリスクがあるので、肌から少し離して使うのがポイント」

 

 

 

 

「マルカの湯たんぽは、2.5Lと3.5Lがあります」

 

 

 

 

 

「我が家は両方使用してましたが、最近は2.5Lばかり」

 

真冬のキャンプでも2.5Lあれば、朝まで暖かさが続きます。

 

マルカの湯たんぽは2.5Lでも、十分に朝まで暖かいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 



 

今回は、寒い季節に湯たんぽが必要かどうかを記事にしました。

 

寒い季節、湯たんぽがある方が暖かく就寝できます。

 

特に女性は冷え性の方が多く、足元を温めることで快適に就寝できます。

 

湯たんぽを寝袋に入れると、足元を中心に寝袋全体を温めてくれます。

 

我が家は、マルカの湯たんぽを使用。

 

マルカの湯たんぽは、金属製になっていて、直火することが可能。

 

直火ができるので、ケトルで沸かして移し替える手間がいらないので楽。

 

本体に水入れ、カセットコンロで温めるだけ。

 

石油ストーブでも温めることができますよ。

 

以上、「レビュー!キャンプで湯たんぽ!いらない?いる?寝袋の中に入れると寒さ対策になる」でした。

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!