選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

レビュー!キャンプで焚き火の灰処理と後始末!持ち帰る方法を紹介。

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「キャンプの楽しみは、皆さんいろいろあると思います」

 

我が家のキャンプの楽しみは、ゆったりと過ごすこと。

 

キャンプでは夫婦で、お酒を飲みながらゆったりと過ごしています。

 

 

 

 

「焚き火をするのも、キャンプの楽しみ」

 

 

 

 

「焚き火をしながら飲むお酒は最高の贅沢」

 



 

「我が家は夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプは必ず焚き火をします」

 

 

 

 

「我が家みたいに、キャンプの楽しみは焚き火という方も多いはず」

 

焚き火をすると必ず発生するのが燃えカスや灰。

 



 

「有料のキャンプ場の多くは設備がきっちりとされていて、使用後の薪の処分ができるところが多いです」

 



 

「我が家が行く無料キャンプ場の多くは、薪の燃えカスや灰が捨てらません

 

燃えカスや灰が捨てられない場合、持ち帰る必要があります。

 

 

 

 

「一昔前は、燃えカスや灰を入れるのに火消し壺が主流でした」

 

現在は火消し壺より、火消し袋がよく使われています。

 

火消し壺より火消し袋をよく使われている理由は、小さく折りたためるので持ち運びや収納にコンパクトだから。

 



 

「我が家が使用するZEN Campsのアッシュキャリーは、折りたたむと手のひらサイズになる小ささ」

 

折りたたむと手のひらサイズになるので、我が家は車で常に保管しています。

 

必要な時にサッと出して使用しています。

 

 

 

 

「最近は、火消し壺から火消し袋に主流が移ってきたこともあり、いろいろなブランドから火消し袋が発売されています」

 

いろいろある火消し袋の中で、人気があり売れているのがZEN Campsのアッシュキャリー。

 

 

 

 

今回は、大人気て売れているZEN Campsのアッシュキャリーを、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
*タイトル
レビュー!キャンプで焚き火の灰処理と後始末!持ち帰る方法を紹介

 

 

 

 

「一昔前は、焚き火の燃えカスや灰を持ち帰るのに、使用されていたのが火消し壺」

 

火消し壺は、コンパクトにならないので、持ち運びと収納に不便。

 

最近はコンパクトに収納と持ち運びができるということで、火消し壺から火消し袋に主流が移ってきました。

 

 

 

 

「火消し袋を販売するブランドも増え、選択の幅が広がっています」

 

いろいろなブランドから発売されている火消し袋の中で、人気があり売れているのが、ZEN Campsのアッシュキャリー。

 

ZEN Campsのアッシュキャリーは、火消し袋の中で売れていて大人気の商品。

 



 

「ZEN Campsのアッシュキャリーが売れていて人気のある理由は、それだけの良さがあります」

 

 

 

 

コンパクト
 

 

「ZEN Campsのアッシュキャリーは、折りたたむと手のひらサイズになるすぐれもの」

 

折りたたむと手のひらサイズになるので、常に我が家は車に入れっぱなしにしています。

 

使いたい時にサッと出して使用しています。

 

 

 

 

水洗いができる
 

 

「ZEN Campsのアッシュキャリーの便利な所は、汚れたら水洗いができること」

 

我が家は汚れたら叩いて取ってますが、汚れがひどくなったら水洗いをしています。

 

水洗いができるので、常にきれいな状態が保てます。

 

 



 

入れやすい
 

 

「ZEN Campsのアッシュキャリーは、自立をさせることができるので、1人でも楽に燃えカスと灰が捨てられます」

 

 

 

 

「入り口も大きいので、燃えカスや灰が入れやすいです」

 

 

 

 

水を使わない
 

 

「ZEN Campsのアッシュキャリーは、袋を縛り空気を遮断させるので、完全に鎮火できます」

 

燃えカスや灰を入れて、5分くらいは熱いですが15分を過ぎると完全に鎮火します。

 

空気を遮断させて完全に鎮火させるので安全で安心。

 

 

 

 

しっかりとしたつくり
 

 

「素材が分厚くつくりもしっかりしているので耐久性があります」

 

触り心地にチクチク感がないので、質感がとても良いのが特徴。

 

素材が分厚くしっかりとした素材なので、痛むことなく長く使用できるのがZEN Campsのアッシュキャリーの良さ。

 

 

 

 

デザインがかっこいい
 

 

「ZEN Campsのアッシュキャリーは、カラーが黒色なのでスタイリッシュで見た目がかっこいいです」

 

ロゴのZEN Campsもとてもおしゃれ。

 

 

 

 

「ZEN Campsのアッシュキャリーは、火消し袋ですが置いておくだけでインテリアにもなります」

 

 

 

 

使用後の炭も入れられる
 

 

「ZEN Campsのアッシュキャリーは、炭の燃えカスや灰も入れられます」

 

バーベキューをされる方は、炭の燃えカスや灰にも困る時があります。

 

ZEN Campsのアッシュキャリーは、炭の燃えカスや灰が入れられるのでとても便利。

 

 

 

 

注意すること
 

 

「我が家は燃えカスや灰の温度が少し落ち着いたら、火消し袋に入れています」

 

5分程は熱いですが、15分程過ぎると完全に鎮火します。

 

 

 

 

 

鎮火のさせ方
 

 

「ZEN Campsのアッシュキャリーは、耐熱性の素材でつくられています」

 

熱をもった使用後の炭や薪の燃えカスを入れ、縛ることで空気を遮断し完全に鎮火させます。

 

空気を遮断し、完全に鎮火することができるので安全で安心。

 

 

 

 

使い方

 

 

 

 

ZEN Campsのアッシュキャリーを自立させます。

 

 

 

 

入り口を少し折り込むことで、燃えカスや灰が入れやすくなります。

 

 

 

 

燃えカスや灰の温度がある程度落ち着いたら、ZEN Campsのアッシュキャリーに入れます。

 

 

 

 

袋を2〜3回程折り曲げて紐で縛ります。

 

 

 

 

「付属のカラビナで固定することも可能」

 

 

 

 

5分程熱いですが、15分程すれば完全に鎮火させることができます。

 

空気を遮断させ、完全に鎮火させることができるかので安全で安心。

 

 

 

 

サイズ

 

Olive SENDAI WEST

 

 

「ZEN Campsのアッシュキャリーは、Sサイズ・Mサイズ・Lサイズの3種類の大きさがあります」

 

Olive SENDAI WEST

 

Sサイズ

幅24×高さ25cm

Mサイズ

幅29cm×高さ32cm

Lサイズ

幅34cm×高さ38cm

 

 

 

「Sサイズは、ソロ用の小さな焚き火台を使用している方におすすめ」

 

よりコンパクトに収納と持ち運びができます。

 

ZEN Camps

 


 

 

 

 

 

「Mサイズは3種類の中で、一番人気で売れているサイズ」

 

入り口が大きいので、燃えカスや灰を入れるのが楽です。

 

2回分の燃えカスや灰が入るので、連泊する時など便利。

 

 

 

 

「ソロキャンプをされる方で焚き火台のサイズが大きい方や、ファミリーキャンパーにもおすすめ」

 

 

 


 

 

 

 

 

「Lサイズは火消し袋の使い方だけではなく、焚き火シートにもなる優れもの」

 

入り口がかなり大きいので、燃えカスや灰が入れやすいです。

 

 

 

 

「薪や焚き火の小物類なども入れられるのでとても便利」

 

グループでよくキャンプをされる方にもおすすめ。

 

Olive SENDAI WEST

 


 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

今回は焚き火の灰の後始末について、詳しくブログで紹介しました。

 

有料のキャンプ場だと、ある程度は設備が整っているので、焚き火の灰の後始末は困りません。

 

我が家が困るのが、灰や燃えカスの処分ができない無料のキャンプ場。

 

灰や燃えカスを処分できない場合、持ち帰る必要があります。

 

一昔前は、灰や燃えカスを入れるのに火消し壺が使われていましたが、現在は火消し袋が主流。

 

火消し袋は、コンパクトに収納と持ち運びができるのでとても便利。

 

我が家の使用するZEN Campsのアッシュキャリーは、折り込むと手のひらサイズになる優れもの。

 

折りたたむと手のひらサイズになるので、我が家は車に常に入れています。

 

使いたい時にパッと出して使用しています。

 

最近は火消し袋が主流ということで、たくさんのブランドから火消し袋が発売されています。

 

いろいろある火消し袋の中で、ZEN Campsのアッシュキャリーが売れていて人気の商品。

 

ZEN Campsのアッシュキャリーが売れていて人気のある理由は、コンパクトさと使い勝手の良さ。

 

とても便利な火消し袋なので、年間50泊キャンプに行く我が家がおすすめします。

 

以上、「レビュー!キャンプで焚き火の灰処理と後始末!持ち帰る方法を紹介」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!