年間50泊キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

レビュー!キャンプでホットカーペット!結露はするの?寝る時は?シュラフは?テント内が快適になる。

 

 

 

「年間50泊程、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もキャンプをしていると、過ごしやすい季節と過ごしにくい季節がわかります」

 

1年の中で、最も過ごしにくいのが夏のキャンプ。

 

平地だと昼間は高温になり、夜は熱帯夜になることもあります。

 

 

 

 

「夏のキャンプは、標高の高いキャンプ場がおすすめ」

 

標高が100m上がると、気温が0.6度下がります。

 

夏のキャンプは、標高が高ければ高いほど、涼しくキャンプができます。

 

 

 

 

「1年で最も過ごしやすいのが、春や秋のキャンプ」

 

真夏ほど気温が上がらず真冬ほど寒くならないので、重装備でなくてもキャンプができます。

 

 

 

 

「焚き火だけでも暖が取れるのが、春や秋のキャンプの特徴」

 



 

「冬キャンプは、寒くて過ごしにくいと思われがちですが、しっかりとした装備を使えば自宅に居るより快適に過ごせます」

 

 

 

 

「春や秋のキャンプは寒暖の差があり、昼間は気温が上がりますが、朝晩が冷え込みます」

 

冬のキャンプは、1日を通して気温が下がったまま。

 

夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプに寒さ対策は必要です。

 

 

 

 

「キャンプの寒さ対策はいろいろとありますが、今回我が家が紹介するのがホットカーペット」

 

我が家は、寒い季節に電源サイトを利用する場合、ホットカーペットを必ず使用します。

 

 

 

 

「ホットカーペットは、キャンプで使う最強の暖房器具と言われていて、ホットカーペットがあれば高価なダウンシュラフは必要ありません」

 

真冬のキャンプでもホットカーペットを敷くと、化繊のシュラフでも暖かくて快適に就寝ができます。

 

 

 

 

今回は、ホットカーペットを使う時の疑問、結露は?寝る時は?シュラフは?など、ホットカーペットを使う時の注意点なども、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

*タイトル
レビュー!キャンプでホットカーペット!結露はするの?寝る時は?シュラフは?テント内が快適になる

 

 

 

 

「ホットカーペットは、キャンプで使う最強の暖房器具と言われていて、ホットカーペットを敷くと、高価なダウンシュラフは必要ありません」

 

真冬のキャンプでも、化繊のシュラフで十分に暖かいです。

 

 

 

 

「寒い季節、電源サイトを利用される場合は、ホットカーペットを使用されることをおすすめします」

 

我が家も寒い季節に電源サイトを利用する場合は、必ずホットカーペットを使っています。

 

ホットカーペットを敷くとかなり暖かいので、テント内で快適に過ごせます。

 

 

 

 

 

結露
 

 

「我が家はテントの床に、オールウェザーブランケット→銀マット→ホットカーペット→エルパソサドルブランケットの順番で敷いていますが、冬場でも全く床は結露しません」

 

結露は、テント内の温度と外気温の差によって発生します。

 

テントの床より、壁や天井に結露は発生します。

 

 

 

 

「ホットカーペットを敷いても、結露はしにくいですが、心配なら我が家みたいに、オールウェザーブランケット&銀マットを、テントの床に敷いて下さい」

 

 

 

 

 

ホットカーペットの敷き方

 



 

オールウェザーブランケット
 

 

「テントの床に、オールウェザーブランケットを敷きます」

 

 

 

 

「オールウェザーブランケットは、プラスチックフィルム・アルミニウム・ポリエチレン繊維、そしてプラスチックフィルムという4層からなる構造」

 

NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・防風・保温性に大変すぐれています。

 

 

 

 

「保温性の高いオールウェザーブランケットを敷いておくと、地面からの冷気を遮断するので、結露になるリスクを減らせます」

 

 

 

 

「防水性の高いオールウェザーブランケットを敷けば、何かのアクシデントで雨水が浸水してきてもシャットアウトしてくれます」

 

オールウェザーブランケットを敷くと、ホットカーペットが雨水で濡れることもありません。

 

 

 

 

「2〜3人用のテントだと、グランドシート代わりにもなります」

 

 

 

 

 

「四隅にハトメが付いているので、ペクで固定ができます」

 

 

 

 

「我が家は便利過ぎて、オールウェザーブランケットを4枚保有しています」

 

 

 

 

「オールウェザーブランケットがあれば、キャンプでいろいろな場面で活躍するので便利」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分厚い銀マット
 

 

「オールウェザーブランケットの上には、分厚い銀マットを敷きます」

 

分厚い銀マットを敷くと、地面からの冷気の遮断とクッション性をアップ。

 

銀マットの銀の部分を上にすることで、ホットカーペットの熱を反射させます。

 



 

「銀マットの上にホットカーペットを敷くと、ホットカーペットの熱を地面に伝えません」

 

 

 

 

「銀マットがホットカーペットの熱をシャットアウトすることで、地面からの結露の発生を防ぎます」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホットカーペット
 

 

「銀マットの上には、ホットカーペットを敷きます」

 

 

 

 

「銀マットの上にホットカーペットを敷くことで、ホットカーペットの熱を反射させて、より暖かくなります」

 

 

 

 

「ホットカーペットは、メーカーによってサイズもさまざま」

 

1辺の長さが違ったり、形が正方形や長方形のものもあります。

 

下記が、一般的なホットカーペットのサイズ。

 

 

 

1畳から4畳までのホットカーペットのサイズ

1畳用:88×176cm

1.5畳用:125×180cm

2畳用:176×176cm

3畳用:195×235cm

4畳用:200×310cm

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エルパソサドルブランケット
 

 

「ホットカーペットの上には、エルパソサドルブランケットを敷きます」

 

 

 

 

「エルパソサドルブランケット社は、1970年アメリカのテキサス州に創業」

 

1970年創業ですから、50年以上も続く歴史あるブランド。

 

 

 

 

「しっかりとした織りと、固めの素材感で丈夫」

 

生地が分厚くしっかりとしたつくりなので、痛むことなく長く使用できます。

 

 

 

 

「エルパソサドルブランケットは、キャンプで使うラグで、人気があり一番売れている商品」

 

一時期人気があり売れ過ぎて、供給が追いつかず、購入できない時がありました。

 

現在は落ち着いていて、Amazon・楽天・ヤフーからも購入ができます。

 

 

 

 

「見た目がおしゃれなので、敷くだけでサイトがカッコ良くなりますよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寝る時

 

 

 

 

「メーカーにもよりますが、ホットカーペットの一般的な温度は下記の通り」

 

 

 

弱:25℃

中:35℃

強:45℃

 

 

 

「低温やけどになるリスクがあるのは、45℃以上なので、長時間・強の状態で使用すると、低温やけどや脱水症状になるリスクがあります」

 

我が家みたいに、ホットカーペットの上にラグを敷くことで、低温やけどや脱水症状になるリスクを減らします。

 

 

 

 

シュラフ
 

 

「我が家は、シュラフの下にインフレーターマットやエアーマットを敷かず、就寝しています」

 

シュラフの下に、インフレーターマットやエアーマットを敷いてしまうと、ホットカーペットの暖かさが伝わってきません。

 

ホットカーペットの下に敷く銀マットを分厚いものにすることで、地面のゴツゴツ感や硬さを吸収してくれます。

 

 

 

8mm厚の銀マットを2枚重ねにするが、15mm厚の銀マットを敷いて下さい。

 

 

 

「我が家はシュラフに、ベアーズロックのふわ暖EXを使用」

 

ベアーズロックのふわ暖シリーズは、化繊のシュラフで一番売れている商品。

 

ふわ暖シリーズで一番暖かいのが、我が家も使用するふわ暖EX。

 

 

 

 

「ふわ暖EXは、使用限界温度が−32度になっていて、かなり暖かいシュラフ」

 

 

 

 

「我が家が、ふわ暖EXを購入した理由は、布団のようにふかふかで暖かいから」

 

肌触りが良く、朝まで暖かさがずっと続きます。

 

包み込まれるように、ふんわりと暖かいです。

 

 

 

 

「ふわ暖EXは、マミー型のシュラフですが、全長が長めで足元もゆったりとしています」

 

ゆったりとしたシュラフなので、大柄な男性でも広々。

 

窮屈さが全くなく、寝返りもうつことができます。

 

 

 

 

「ゆったりサイズなので、中に毛布なども入れることも可能」

 

 

 

 

 

「ふわ暖EXは、ダウンシュラフではないので、かさばります」

 

ただ、収納袋が圧縮できるので、小さくすることはできます。

 

 

 

 

「ふわ暖EXは、布団のようにふかふかで、かなり暖かいですよ」

 

冬キャンプをされる方に、ふわ暖EXがおすすめ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「春や秋キャンプには、ふわ暖がおすすめ」

 

ふわ暖は、使用限界温度が−15度になっていて、春や秋のキャンプなら問題なし。

 

Bears Rock

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

今回は、ホットカーペットを使う時の結露・寝る時・シュラフについて、詳しくブログで紹介しました。

 

ホットカーペットの床に結露することは、あまり少ないですが、気になる方は、我が家みたいに敷き物をテントの床に敷いて下さい。

 

我が家は、オールウェザーブランケット→分厚い銀マット→ホットカーペット→エルパソサドルブランケットの順番で、テント内に敷いています。

 

敷き物をテントに敷くことで、結露の心配は全くなし。

 

ホットカーペットを付けて寝る時は、脱水症状や低温やけどにも気をつけて下さいね。

 

以上、「レビュー!キャンプでホットカーペット!結露はするの?寝る時は?シュラフは?テント内が快適になる」でした。

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!