選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【検証】キャンプでホットカーペット!最強の敷き方と敷く順番!テント内が超快適

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「キャンプの楽しみは、人それぞれにいろいろあると思います」

 

我が家のキャンプの楽しみは、ゆったり過ごすこと。

 

キャンプでは夫婦で、お酒をいただきながらゆったりと過ごしています。

 

 

 

 

「キャンプでゆったりと過ごすなら快適さも大事」

 

春や秋キャンプは寒暖の差があり、昼間は気温が上がっても朝晩が冷え込みます。

 

冬キャンプは一日を通して気温が下がったまま。

 

 

 

 

「夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプに寒さ対策が必要になってきます」

 

 

 

 

「電源サイトを利用される場合、ホットカーペットがおすすめ」

 

ホットカーペットは最強の暖房器具と言われていて、真冬のキャンプでもホットカーペットを敷くと高価なダウンシュラフは必要ありません。

 

少し分厚めの化繊のシュラフでも十分に暖かいです。

 

 

 

 

今回は、キャンプで使う暖房器具で最強と言われているホットカーペットの敷き方と、敷く順番を詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
*タイトル
【検証】キャンプでホットカーペット!最強の敷き方と敷く順番!テント内が超快適

 



 

「キャンプで快適に過ごすなら寒さ対策はとても重要」

 

春や秋キャンプは寒暖の差で、昼間は気温が上がっても朝晩が冷え込みます。

 

冬キャンプは1日を通して気温が下がったまま。

 

 

 

 

「夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプに寒さ対策は必要です」

 

寒い季節を快適に過ごすなら暖房器具選びはとても大事。

 

季節に合った暖房器具を選ばないと、寒くて快適には過ごせません。

 

 

 

 

「電源サイトを利用される場合、ホットカーペットを選んで下さい」

 

ホットカーペットは、キャンプで使う最強の暖房器具と言われていて、ホットカーペットがあれば、真冬のキャンプでも高価なダウンシュラフは必要ありません。

 

化繊の少し分厚いシュラフがあれば、真冬のキャンプを快適に暖かく過ごせます。

 



 

「寒くなると必ず発生するのが地面からの冷気」

 

地面を手で触ると冷たいのが冷気で、テントの床部分からも冷気が発生します。

 

テントの床に何も敷かず寝転がってみると、冷たく感じるのが冷気。

 

 

 

 

「テントの床にホットカーペットを敷くと冷気が遮断できるので、冷気対策は必要ありません」

 



 

ホットカーペットのサイズ
 

 

「テントに敷くホットカーペットのサイズは2〜3畳用がおすすめ」

 

それ以上のサイズになるとホットカーペットの値段も高くなり、サイズも大きくなるので持ち運びに不便。

 

 

キャンプで使うホットカーペットのサイズは2〜3畳用がベスト

 

 

 

「ホットカーペットは、メーカーによりサイズもさまざま」

 

1辺の長さが違ったり、形が正方形や長方形の場合もあります。

 

一般的なホットカーペットが下記のサイズ。

 

 

1畳から4畳までのホットカーペットのサイズ

1畳用:88×176cm

1.5畳用:125×180cm

2畳用:176×176cm

3畳用:195×235cm

4畳用:200×310cm

 

 


 

 

 

 

 

敷き方と敷く順番
 

 

「ホットカーペットの敷き方と敷く順番は下記の通り」

 

 

オールウェザーブランケット→分厚い銀マット→ホットカーペット→ラグ

 

 

 

オールウェザーブランケット
 

 

「テントの床にオールウェザーブランケットを敷きます」

 

 

 

 

「オールウェザーブランケットは、ポリエチレンシート・ポリエチレンフィルム・ポリエステルメッシュシート・ポリエチレンフィルム・アルミ蒸着PETフィルムからなる5層構造」

 

独自の5層構造と高純度アルミにより、非常に高い熱反射性を実現。

 

 

 

 

「体温の最大80%を反射し、体温の低下を防止」

 

命を驚かす低体温症の予防に有効。

 

 

 

 

「18ヶ月に及ぶ開発期間を経て、ついに誕生した最強のブランケット」

 

 

 

 

「オールウェザーブランケットは、アメリカ軍をはじめ世界中の軍隊で使用され、防衛省・地方公共団体・学校・企業等で採用」

 

防災安全協会の推奨品マーク所得済み。

 

 

 

 

「オールウェザーブランケットは、防水・防風・保温性に大変すぐれています」

 

オールシーズン使えて全天候対応型の多機能ブランケット。

 

 

 

 

「オールウェザーブランケットを敷くことで、冬場は地面からの冷気、夏場は地面からの地熱をシャットアウト」

 

 

 

 

「2〜3人用テントのグランドシートにもなる優れもの」

 

 

 

 

 

 

「4隅に両面補強されたハトメがあり、ペグで固定することも可能」

 

 

 

 

 

「我が家は、荷物を置くシートとしても使用しています」

 

 

 

 

「収納ケースも付いているので持ち運びに便利」

 

 

 

 

「防水性が高いので、雨の日でも安心」

 

 

 

 

「年間50泊キャンプに行く我が家にとって、オールウェザーブランケットはなくてはならないもの」

 

 

 


 

 

 

 

 

分厚い銀マット
 

 

「オールウェザーブランケットの上には、分厚い銀マット」

 

分厚い銀マットは、地面からの冷気を遮断し、クッション性をアップさせます。

 

 

 

 

「銀マットを敷く場合、必ず銀の部分を上にして下さい」

 

銀の部分を上にすることで、ホットカーペットの熱を反射させ、より暖かくなります。

 

 

 

 

「我が家はホットカーペットを敷く場合、インフレーターマットを使いません」

 

ホットカーペット+ラグの上に、直接シュラフを敷きます。

 

 

 

 

「ホットカーペット+ラグの上に直接シュラフを敷くことで、ダイレクトにホットカーペットの暖かさが伝わってきます」

 

 

 

 

「インフレーターマットを使わないということで、銀マットを分厚くする必要があります」

 

8mm厚サイズの銀マットを2枚使用されるか、15mm厚の銀マット1枚がおすすめ。

 

銀マットの厚みを上げることで、クッション性をアップします。

 

 

 

 

「コンディションの悪い砂利や土サイトの場合、快適に過ごすには銀マットを分厚くする必要があります」

 

 

 


 

 

 

 

 

「15mm厚の極厚銀マットでもOK」

 

 

 


 

 

 

 

 

ホットカーペット
 

 

「分厚い銀マット上にはホットカーペット」

 

ホットカーペットは、メーカーによりサイズもさまざま。

 

メーカーによって1辺の長さが違ったり、形が正方形や長方形の場合もあります。

 



 

「一般的なホットカーペットのサイズは、下記の通り」

 

 

1畳から4畳までのホットカーペットのサイズ

1畳用:88×176cm

1.5畳用:125×180cm

2畳用:176×176cm

3畳用:195×235cm

4畳用:200×310cm

 

 


 

 

 

 

 

エルパソサドルブランケット
 

 

「ホットカーペットの上には、エルパソサドルブランケット」

 

 

 

 

「エルパソサドルブランケット社は、1970創業のアメリカテキサス州のブランド」

 

1970年創業ですから50年を超える歴史があります。

 

エルパソサドルブランケット社のラグが、エルパソサドルブランケット。

 

 

 

 

「エルパソサドルブランケットは、しっかりとした織りと固めの素材感で丈夫」

 

生地は分厚くしっかりとしたつくりなので長く使用できます。

 

 

 

 

「エルパソサドルブランケットは、テントに敷くラグで人気があり売れている商品」

 

一時期人気があり売れ過ぎて供給が追いつかず、購入できない時がありました。

 

 

 

 

「エルパソサドルブランケットは、雰囲気がよくおしゃれな見た目」

 

年間50泊キャンプに行く我が家が、おすすめするブランケット。

 

 

 


 

 


 

 

 

 


 

 

 

 

 

 ユージャック厚手レジャーシート
 

 

「最近、テントの中やお座敷スタイルで敷くラグで人気があり売れているのが、ユージャックから発売されている厚手レジャーシート」

 

https://ujack.co.jp/

 

 

「表面は肌触りの良いフリース素材でありながら、裏面は防水性の高いPVCを採用」

 

汚れてしまっても固く絞った雑巾などで拭くと、簡単に汚れが取れます。

 

https://ujack.co.jp/

 

 

「縦横に付いたマジックテープを連結すれば、複数繋げることも可能」

 

手軽な値段の割には、シートに厚みもあり丈夫。

 

https://ujack.co.jp/

 

 

「サイズは200×150cmで、エジプト柄とナバホ柄の2種類があります」

 

口コミと評判は、下記のような感じ。

 

 

●キャンプで使用しています。秋冬キャンプではテント内に敷いてお座敷スタイルにしてもいい感じです。
 
●しつかりしたマットの為使いやすいのと防寒にも最適。
 
●肌触り良し。適度な厚み良し。大きさ良し。お値段良し。裏の銀のアルミホイルみたいのもしっかりしてます。
 
●サイズが割と大きくとても使い勝手がいいです。気に入ってます。
 
●本当に軽くて素敵な色合いでとても買って良かったと思う商品です。

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

今回は、テントの中にホットカーペットを敷く順番と敷き方を紹介しました。

 

ホットカーペットの敷く順番と敷き方は、オールウェザーブランケット→分厚い銀マット→ホットカーペット→ラグの順番。

 

ホットカーペットを使う時は、我が家はインフレーターマットを使用していません。

 

インフレーターマットを使用しないことで、ホットカーペットの暖かさがダイレクトに伝わります。

 

気をつけてほしいのがインフレーターマットを使用しないので、地面が砂利や土サイトの場合ゴツゴツして硬いです。

 

8mmの銀マットを重ねるか、15mmサイズの極厚の銀マットを1枚敷いて、地面の硬さ対策をして下さい。

 

8mm厚銀マット2枚or15mm厚サイズの銀マット1枚を敷くことで、硬くてゴツゴツした地面でも快適に就寝できます。

 

キャンプで使うホットカーペットのサイズは2〜3畳用がベスト。

 

ホットカーペットは、メーカーによりサイズもさまざま。

 

メーカーによって1辺の長さが違ったり、形が正方形や長方形の場合もあります。

 

ホットカーペット2畳用が176×176cmで、3畳用が195×235cm。

 

ホットカーペットは、テントに合ったサイズで選んでください。

 

以上、「【検証】キャンプでホットカーペット!最強の敷き方と敷く順番!テント内が超快適」でした。

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!