選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【検証】キャンプでこたつの熱源を紹介!湯たんぽ・電気毛布・ホットカーペットがおすすめ

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もすると、ほぼ毎週がキャンプ」

 

キャンプに行く時間が長ければ長いほど、快適に過ごしたいと思います。

 

 

 

 

「春や秋は寒暖差で、昼間は気温が上がりますが朝晩が冷え込みます」

 

冬キャンプは1日を通して寒いまま。

 

夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプに寒さ対策は必要です。

 

 

 

 

「特に気温が下がる冬キャンプは、しっかりとした寒さ対策が不可欠」

 



 

今回は気温が下がる季節におすすめの寒さ対策、こたつについて熱源はどうしたらいいのかなど、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 

*タイトル
【検証】キャンプでこたつの熱源を紹介!湯たんぽ・電気毛布・ホットカーペットがおすすめ

 



 

こたつの熱源

 

 

 

 

「こたつの熱源は、電源サイトと電源なしサイトでは変わってきます」

 



 

電源サイトならホットカーペット
 

 

「電源サイトの場合、ホットカーペットがおすすめ」

 

ホットカーペットがあれば、かなり暖かいこたつが出来上がります。

 

 

 

 

「熱量の高いホットカーペットは、敷布団の下に敷いても十分に暖かいです」

 

 

 

 

「自宅でホットカーペットを使用されている方は、自宅用のホットカーペットを使って下さい」

 

ホットカーペットがない方は、事前に用意しておくと、こたつで快適に過ごせます。

 

寒い季節に電源サイトを利用される場合、ホットカーペットは必ず使うので、1枚あると重宝します。

 

 

 

 

「ホットカーペットのサイズは、メーカーによっても異なります」

 

一辺の長さが違ったり、長方形や正方形など形もさまざま。

 

一般的なホットカーペットのサイズは、下記のような感じ。

 

 

1畳から4畳までのホットカーペットのサイズ

1畳用:88×176cm

1.5畳用:125×180cm

2畳用:176×176cm

3畳用:195×235cm

4畳用:200×310cm

 

 

 

「ホットカーペットを選ぶ目安として2〜3人用のテントだと2畳用」

 

4人用のテントだと3畳用のサイズを選んで下さい。

 

今回我が家はこたつをするのに、2畳用のホットカーペットを使用しました。

 

 

 


 

 

 

 

 

ポータブル電源があれば電気毛布
 

 

「ポータブル電源があれば電気毛布がおすすめ」

 

値段が高いポータブル電源は、こたつで電気毛布使う為に購入する必要はないと思います。

 

ポータブル電源があれば、こたつの熱源に電気毛布を使用して下さい。

 



 

「湯たんぽでもこたつの熱源はつくれます」

 



 

「電気毛布をポータブル電源につなぎ、中以上の温度設定にします」

 

中以上の温度設定にすると、座っていてじんわりと暖かいです。

 

電気毛布はそれ程暖房能力が高くないので、敷布団の上に直接当たるように敷いて下さい。

 



 

「下記のように、敷布団の上に電気毛布を敷くと、座っていてじんわりと暖かさが伝わってきます」

 

 

 


 

 

 

 

 

湯たんぽ
 

 

「電源サイトではなく、ポータブル電源も保有されていない方は湯たんぽがおすすめ」

 

湯たんぽをこたつの中に入れておくと、じんわりと暖かくなります。

 

1個より2個使うと、より暖かく快適。

 

 

 

 

「湯たんぽは、こたつの敷布団の上に置いて下さい」

 

 

 

 

「湯たんぽがあると、こたつだけではなく就寝する時のシュラフの中にも入れられます」

 

かなりシュラフの中が暖かくなるので、寒い季節に重宝します。

 

 

 

 

「湯たんぽは、陶器製・プラスチック製・ゴム製など、他にもいろいろな種類があります」

 

いろいろある湯たんぽの中で、おすすめは金属製のマルカ湯たんぽ。

 

 

 

 

「マルカ株式会社は、1923年創業の兵庫県尼崎市に製造拠点を置く湯たんぽメーカー」

 

湯たんぽを100年以上も作り続けてきた長い歴史があります。

 

100年以上培われてきた実績と信用があるので、安心して選ぶことができます。

 

マルカ株式会社

 

 

「マルカの湯たんぽの一番の特徴は、直火ができること」

 

直火ができるマルカの湯たんぽは、水を入れてカセットコンロでそのまま温めることができます。

 

 

 

 

 

「ケトルなどを使って沸かし、移しかえる手間がないのでかなり楽」

 

家族分の湯たんぽも、あっという間に温められます。

 

 

 

 

「石油ストーブの上にのせて、温めることも可能」

 

 

 

 

「マルカの湯たんぽは、2.5Lと3.5Lサイズがあります」

 

我が家は2.5Lのマルカ湯たんぽを使っています。

 

2.5Lサイズでも夜にお湯をセットしておくと、朝まで暖かさが続きます。

 

 

 

 

「マルカの湯たんぽをシュラフの中に入れると、シュラフ全体が暖かくなるのでおすすめ」

 

寒い季節でも、かなり快適に就寝することができます。

 

 

 


 

 

 

 

 

こたつの作り方

 

 

 

 

「こたつを作るのに必要なのは、封筒型シュラフ2枚とテーブル2つ」

 

 

 

 

「シュラフは、マミー型より封筒型を用意して下さい」

 

封筒型のサイドにあるジッパー開けて、こたつ布団代用として使います。

 

分厚い封筒型シュラフより、夏用の薄いシュラフの方がごわつかないので扱いやすいです。

 



 

「折りたたみのテーブル2つは、本体と天板に使います」

 



 

封筒型シュラフ1枚を敷布団代用として敷きます

 



 

折りたたみテーブルをのせる

 

 

 

 

テーブルの上に封筒型シュラフを掛け布団代用としてかける

 

 

 

 

見た目アップと汚れ防止に、ペンドルトンタオルブランケットを布団カバー代用として使用

 



 

折りたたみテーブルの天板のみをのせて完成

 

 

 

 

「熱源は、ホットカーペット・電気毛布・湯たんぽを使って下さい」

 



 

「電源サイトだとホットカーペット」

 

 

 

 


 

 

 

 

 

「ポータブル電源があれば電気毛布」

 

 

 


 

 

 

 

 

「電源サイトを利用せず、ポータブル電源を保有されていない方は湯たんぽ」

 

 

 


 

 

 

 

 

ペンドルトンのタオルブランケット

 



 

「掛け布団代用のシュラフの上にペンドルトンのタオルブランケットを敷くことで、汚れ防止と見た目がアップします」

 

我が家は小さなテーブルを使用したので1枚でしたが、大きなテーブルを使ってこたつを作られる場合は、ペンドルトンのタオルブランケットを2枚用意して下さい。

 



 

「こたつの上で飲食をすると、こぼしてしまう可能性があります」

 

シュラフの上にこぼしてしまうと、ふき取るのが大変。

 

ペンドルトンのタオルブランケットを敷いておくと、シュラフが汚れないので安心。

 



 

「ペンドルトンのタオルブランケットは、キャンプで使うブランケットで人気の商品」

 

1909年にアメリカオレゴン州で創業したペンドルトン社は、100年以上も続く歴史あるブランド。

 



 

「素材にコットン100%の生地を使っており、ふんわりと柔らかい肌触りのブランケット」

 

ふんわりと柔らかなブランケットなので、触るととても気持ちがいいです。

 

 

 

 

「素材にコットンを使用しているので、洗濯機で丸洗いすることができます」

 



 

「気温の下がる季節は、シュラフの中にペンドルトンのタオルブランケットを毛布代わりに使用しています」

 



 

「暑い季節は、タオルケットにもなる優れもの」

 

 

 

 

「ペンドルトンのタオルブランケットがあれば、キャンプのいろいろな場面で活躍します」

 



 

「カラーと柄が豊富にあるので、自分好みのものを選びやすいです」

 

 

 

 

 

「ペンドルトンのタオルブランケットは、見た目がよくおしゃれで使い勝手もいいので1枚あれば、キャンプでかなり重宝します」

 

口コミと評判は、下記のような感じ。

 

 

●厚み密度があり、しっかりしています。
 
●寒さ対策として購入しましたが、コットやインナーマットの上に敷いたら見栄えが良くなったので、追加購入しちゃいました。
 
●ちゃんと厚みがあっていいと思います。
 
●肌触りも良く見た目も可愛い!!買ってよかったと思える一品でした。
 
●キャンプ用に購入しましたが、常時車に置いてひざ掛けや枕にしたり使ってます。
 
●とても柄もキレイで厚みもあり、肌触りも気持ちいいです。
 
●デザインがよく、質感もソフトで使いやすかったです。
 
●キャンプでマットの上に敷いたり、肩からかけて防寒にしたりと思い購入しました。通常のバスタオルよりも大きい、身長よりも長い大きさなのでとても良いです。また、普段使いとしてもちょっとした肘掛けやタオルケットにもなります。
 
●生地もデザインも納得です。キャンプ、自宅、どちらでも使えると思います。
 
●肌触りが思っていた以上に良かった!サイズ感もピッタリ。買って良かったです。

 

 


 

 


 

 


 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

こたつの熱源は、電源サイトと電源なしサイトでは変わってきます。

 

電源サイトの場合、ホットカーペットがおすすめ。

 

ホットカーペットがあれば、かなり暖かいこたつが出来上がります。

 

ポータブル電源があれば電気毛布がおすすめ。

 

中以上の温度設定にすると、座っていてじんわりと暖かいです。

 

電気毛布はそれ程暖房能力が高くないので、敷布団の上に直接当たるように敷いて下さい。

 

敷布団の上に電気毛布を敷くと、座っていてじんわりと暖かさが伝わってきます。

 

電源サイトではなく、ポータブル電源も保有されていない方は湯たんぽがおすすめ。

 

湯たんぽをこたつの中に入れておくと、じんわりと暖かくなります。

 

1個より2個使うと、より暖かく快適。

 

以上、「【キャンプでこたつ】熱源は何を使うといいのか?湯たんぽ・電気毛布・ホットカーペットがおすすめ」でした。

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!