年間50泊キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

7年使用レビュー!アスガルドのサイズ・大きさ・ペグの本数!アスガルド7.1・12.6・19.6を詳しくブログで紹介。



 

「年間50泊程、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなブランドからテントが発売されています」

 

いざ購入しようと思ってもたくさんあり過ぎて、どのブランドのテントを選んだらいいか迷います。

 

購入に迷ったら、ロングヒット商品を選ぶのもひとつの方法。

 

 

 

 

「ロングヒット商品は、流行り廃りがなくいつ使用しても古臭さを感じないこと」

 

今回紹介するアスガルドも、昔から今も人気のあるロングヒット商品。

 

いつ使用しても古臭さを感じず、おしゃれなのがアスガルドの特徴。

 



 

「幕質は分厚く、しっかりとしたつくり」

 

アスガルドは古臭さを感じず、しっかりとしたつくりなので、長く使用できます。

 

 

 

 

「我が家は、アスガルド7.1を7年間使用しています」

 

アスガルドを購入すると長く使えるのが、我が家がアスガルドをおすすめする一番の理由。

 

 

 

 

今回は、我が家のお気に入りのテント、アスガルドについて、サイズ・大きさ・ペグの本数など、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

*タイトル
7年使用レビュー!アスガルドのサイズ・大きさ・ペグの本数!アスガルド7.1・12.6・19.6を詳しくブログで紹介

 

 

 

 

「キャンプブームということで、最近はいろいろなテントが各ブランドから発売されています」

 

最近のテントの特徴は、売れなくなるとすぐに廃盤になること。

 

テントの価格も上がり、10万円を超えるテントが増えてきました。

 

 

 

 

「せっかく購入した高価なテントが廃盤になってしまうと、もったいような気がします」

 

廃盤になったテントは、やはり古臭さを感じて徐々に使う頻度が減り、最後は使わなくなってしまいます。

 

我が家は、せっかく購入したテントが廃盤にならないように、長く使う為にノルディスクのテントを選んでいます。

 

 

 

 

「我が家はアスガルド7.1の他、アルフェイム19.6・ユドゥンを保有しています」

 

 

 

 

 

 

「ノルディスクのテントは、廃盤になるリスクが極めて少ないので、購入すると自分に飽きがこない限り、10年は使用できます」

 

我が家は、アスガルドを7年間使用してますが、カビ・痛み・大きなダメージなどはありません。

 

最低10年は使う目的で、我が家はノルディスクのテントを購入しています。

 

 

 

 

サイズと大きさ
 

 

「アスガルドの特徴は、サイドが立ち上がっているので、他の同じサイズのテントより広く使えること」

 

アスガルド全て立って移動でき、立って着替えることが可能。

 

 

最大高が、7.1は200cm・12.6は250cm・19.6は300cmあります

 

 

 

「サイドが立っていて高さがある分、同じノルディスクブランドのアルフェイムより広く使えます」

 

圧迫感がなく広く使えるのが、アスガルドの特徴。

 

 

 

 

 

アスガルドを選ぶポイント

 

 

 

 

「ソロやデュオキャンプで使用されるならアスガルド7.1」

 

家族で使用されるならアスガルド12.6。

 

ゆったりと家族で、おこもりスタイルをされるならアスガルド19.6。

 

楽天市場

 

 

アスガルド7.1
 

 

「アスガルド7.1は、ソロやデュオで荷物を入れてゆったりサイズ」

 

子供2人で大人2人の4人家族でも、就寝はできます。

 

 

アスガルド7.1

サイズ:300 x 265 x 200cm

重量:15.5kg

耐水圧:フライシート350mm・フロア100%

材質:

フライシート(コットン35%・ポリエステル65%)

フロア(ターポリン)

付属品:

スチール V型ペグ・スチールポール・収納袋

 

 

 

 

 

 

 

 

アスガルド12.6
 

 

「アスガルド12.6は、4人家族で荷物をテント内に入れてベストサイズ」

 

サイズもそれ程大きくはないので、扱いやすいです。

 

一番使いやすいサイズなので、購入しても後悔しないのがアスガルド12.6。

 

楽天市場

 

 

「7.1・12.6・19.6の中で、一番人気のあるサイズが12.6になっています」

 

楽天市場

 

アスガルド12.6

サイズ:400 x 375 x 250cm

重量:16kg+8.9kg

耐水圧:フライシート350mm・フロア100%

材質:

フライシート(コットン35%・ポリエステル65%)

フロア(ターポリン)

付属品:

スチール V型ペグ・スチールポール・収納袋

 

 

 

 

 

 

 

 

アスガルド19.6
 

 

「アスガルド19.6は、子供2人・大人2人の4人家族で使用しても、かなりの広さがありゆったりとできます。広すぎるので、冬場の暖房器具の選択が難しくなってきます」

 

サイズが大きいので、区画サイトを選ばないと、タープと一緒の設営は難しくなります。

 

大人6人で使用しても、ゆったりなサイズ。

 

楽天市場

 

アスガルド19.6

サイズ:500 x 470 x 300cm

重量:20kg+13.2kg

耐水圧:フライシート350mm・フロア100%

材質:

フライシート(コットン35%・ポリエステル65%)

フロア(ターポリン)

付属品:

スチール V型ペグ・スチールポール・収納袋

 

 

 

 

 

 

 

 

ジップインフロア
 

 

「アスガルド7.1は、フロアと壁がくっついている構造なので、ジップインフロアを購入する必要はありません」

 

ジップインフロアを購入するのは、アスガルド12.6と19.6になります。

 

ジップインフロアは、本体と別売りになっていますが、本体と一緒に購入することをおすすめします。

 

楽天市場

 

 

「ジップインフロアがないと、靴を脱いでお座敷スタイルにすることが難しくなります」

 

地面が汚れている場合、靴を履いての出入りだと、幕が汚れてしまいます。

 

色が白いだけに、汚れがひどくなると目立つことになるので、テントを汚さないようにジップインフロアは必要。

 

楽天市場

 

 

「ジップインフロアで、お座敷スタイルでアスガルドを使用した方が広く使えます」

 

一緒に購入すると値段は高くなりますが、使い勝手がよくなりダメージがなく使用できます。

 

ジップインフロアは、かなり丈夫で分厚く破れることはありません。

 

 

 

 

「丈夫で分厚いジップインフロアですが、汚れ防止にグランドシートは必要」

 

我が家は、アスガルドのグランドシートにシルバーシートを使用しています。

 

シルバーシートを使用するメリットは、自分の必要サイズにできること。

 

 

 

 

「ハサミで切ってもほつれることがないので、自分好みのサイズにカットできます」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏冬キャンプ
 

 

「夏場涼しいテントの特徴は、風通しが良いか悪いかで決まります」

 

風通しが良い程、涼しくなります。

 

アスガルドは、メッシュになる出入り口が1ヶ所。メッシュになる窓が小さく、数も少ないです。

 

 

 

 

 

「窓や出入り口の数が少なくて小さいので、風通しがあまりよくありません」

 

風通しがよくないので、どちらかというと夏キャンプには不向き。

 

アスガルドは夏を除く、春・秋・冬キャンプにおすすめ。

 

 

 

 

「春や秋は、寒暖差で昼間は気温が上がりますが、朝晩が冷え込みます」

 

冬キャンプは、1日を通して寒いまま。

 

春・秋・冬キャンプは、寒さ対策が必要になります。

 

 

 

 

「アスガルドは、幕質がポリコットン素材で分厚いのが特徴」

 

生地が分厚いので、暖房器具で暖めた空気を外に逃しません。

 



 

「ジップインフロアを購入すると、隙間風が入ってこないので暖か」

 

フルクローズができるので、冬場も暖かく過ごせます。

 

ポリコットン素材なので、結露が少ないのもアスガルドを選ぶポイント。

 

 

 

 

 

アスガルドのペグ

 



 

「ノルディスクの付属のペグは、スチール製のVペグになっています」

 

 

 

 

「キャンプ場の地面は、コンディションの良い芝サイトだけではありません」

 

コンディションの悪い砂利や、石の混じった土サイトもあります。

 

 

 

 

「砂利や石の混じった土サイトで、ノルディスクのペグを使用すると曲がってしまいます」

 

簡単に曲がってしまうので、ノルディスク付属ペグはおすすめできません。

 

 

 

 

「アスガルドに入っていて使用するペグの本数は、下記の通り」

 

 

アスガルドのペグ本数

アスガルド7.1:17本

アスガルド12.6:25本

アスガルド19.6:25本

 

 

 

「キャンプで使う最強のペグが、鍛造ペグになっています」

 

鍛造ペグがあると、地面が砂利や石混じりの所でもしっかりと入っていき、曲がることがありません。

 

 

 

 

「鍛造ペグで一番有名なのが、スノーピークから発売されているソリッドステーク30」

 

ソリッドステーク30があれば、地面が固い所でもガンガン入っていきます。

 

我が家もソリッドステーク30cmを保有しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「村の鍛冶屋のエリッゼステークは、スノーピークのソリッドステークより値段が手軽なのが特徴」

 

強度もスノーピーク製と、それ程代わりません。

 

我が家もエリッゼステーク28cmを使用しています。

 

 



 

 

 

 

 

 

アスガルド
 

 

「アスガルドは、我が家が長年使用しているテント」

 

生地が分厚くしっかりとしているので、痛むことなく、これからも長く使用できると思います。

 

アスガルドには、7.1・12.6・19.6の3種類のサイズがあります。

 

楽天市場

 

 

「アスガルド7.1は、3人までで使用できる大きさ」

 

300×265cmで、高さ200cmのアスガルド7.1のサイズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「アスガルド12.6は、4人家族までで使用できる大きさ」

 

400×375cmで、高さ250cmのアスガルド12.6のサイズ。

 

楽天市場

 

 

 

 

 

 

 

「アスガルド19.6は、5人家族までで使用できる大きさ」

 

500×470cmで、高さ300cmのアスガルド19.6のサイズ。

 

楽天市場

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

今回は、アスガルドのサイズ・大きさ・ペグについて詳しくブログで紹介しました。

 

アスガルドの使用人数は、3人までで使用するならアスガルド7.1。

 

アスガルド7.1は、寝るだけなら大人2人で子供2人の4人家族でも就寝が可能。

 

アスガルド12.6は、4人家族でゆったり使用できます。

 

アスガルド19.6は、大人6人でもゆったりできるスペースを確保できます。

 

我が家は、奥さんと2人で使用するのにアスガルド7.1を購入しました。

 

ソロやデュオで使用されるならアスガルド7.1。

 

家族で使用されるならアスガルド12.6がおすすめ。

 

アスガルド19.6のサイズになると、かなり広いです。

 

我が家は、 アルフェイム19.6を使用していて、アスガルド19.6とよく似たサイズ。

 

アスガルド19.6は広く使える代わりに、サイズが大きいので設営が大変。

 

区画サイトだと、場所選びに気をつけなければいけません。

 

真冬のキャンプだと、暖房器具選びに悩みます。

 

アスガルド19.6を選ぶメリットは、圧迫感が全くなく広くゆったりと使えること。

 

サイズが大きいので迫力があり、見た目がかっこいいです。

 

アスガルドの中で一番人気があるのが、12.6サイズ。

 

アスガルド12.6が、一番バランスが取れていて、扱いやすい感じがします。

 

以上、「7年使用レビュー!アスガルドのサイズ・大きさ・ペグの本数!アスガルド7.1・12.6・19.6を詳しくブログで紹介」でした。

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!