選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【検証】キャンプでお座敷スタイルはデメリットがあるの?必要なものと寒さ対策も紹介



 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 



 

「年間50泊もすると、ほぼ毎週がキャンプ」

 

キャンプに行く時間が長ければ長いほど、快適に過ごしたいと思います。

 



 

「我が家はキャンプに行くと、よくお座敷スタイルにします」

 

キャンプでお座敷スタイルにするメリットは、幕内をくつろげることができ、広く使うこともできます。

 

ゆったりできるお座敷スタイルは、我が家にとって最高のスタイルです。

 

 

 

 

今回はお座敷スタイルのデメリット・必要なもの・寒さ対策などお座敷スタイルの作り方も含めて、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 

*タイトル
【検証】キャンプでお座敷スタイルはデメリットがあるの?必要なものと寒さ対策も紹介

 



 

お座敷スタイルのデメリット

 



 

荷物が増える
 

 

「キャンプでお座敷スタイルにする場合、グランドシート・ラグ・マットなどの敷物が必要になります」

 

背もたれを使う場合は、座椅子も用意しなければいけません。

 

イスを使ってキャンプをするより、荷物が増えてしまいます。

 



 

結露する
 

 

「地面の上にグランドシートを敷くお座敷スタイルは、地面からの冷気や湿気でグランドシートが濡れて汚れてしまいます」

 

お座敷スタイルにすると、濡れたグランドシートを乾かす必要があります。

 

 

 

 

セッティングが大変
 

 

「お座敷スタイルは、シート・マット・ラグなどを使い作りあげていきます」

 

イスを使ったスタイルと比べて、シート・マット・ラグなど、バランスよく設置する手間が必要。

 



 

雨が入りやすい
 

 

「キャンプは外でするものですから、天気がよくても急に雨が降る可能性もあります」

 

雨が降っても濡れないように、最低限の雨対策を行う必要があります。

 

 

 

 

砂が入りやすい
 

 

「土や砂などが多いサイトは、靴を脱ぎ履きすると、マットやラグの中に砂が入り込みます」

 

マットやラグに砂がつくと、後片付けに時間がかかってしまいます。

 



 

寒さ対策が必要
 

 

「気温が下がると必ず発生するのが地面からの冷気」

 

地面を手で触ると冷たいの冷気で、お座敷スタイルにする場合、地面からの冷気対策が必要になります。

 

 

 

 

「我が家は、地面からの冷気対策に8mm厚の分厚い銀マットを使っています」

 

分厚い銀マットを敷くことで、地面からの冷気と寒さ対策にもなります。

 

 

 


 

 

 

 

 

靴の脱ぎ履きが大変
 

 

「お座敷スタイルにすると、靴の脱ぎ履きが必要になります」

 

靴紐をほどいたり結んだりしないと脱ぎ履きできない靴は大変です。

 

頻繁に靴を脱ぎ履きされる方は、サンダルがあると便利。

 

 

 

 

虫が侵入する
 

 

「虫の活動が活発になる夏場は特に、お座敷スタイル内に虫が侵入してくる場合もあります」

 

虫除けスプレーや縁の立ち上がるグランドシートを使い、虫対策を行って下さい。

 

 

 

 

「我が家が思うお座敷スタイルのデメリットは、荷物が増える・結露する・セッティングが大変・雨が入りやすい・砂が入りやすい・寒さ対策が必要・靴の脱ぎ履きが大変・虫が侵入する」

 

 

お座敷スタイルのデメリット

荷物が増える

結露する

セッティングが大変

雨が入りやすい

砂が入りやすい

寒さ対策が必要

靴の脱ぎ履きが大変

虫が侵入する

 

 

 

ラグを使うお座敷スタイルの作り方

 



 

ニュアンスカラーブルーシート
 

 

「地面の上にニュアンスカラーブルーシートを敷きます」

 

ニュアンスカラーブルーシートを地面に敷くことで、ラグやマットが汚れません。

 



 

「我が家はお座敷スタイルをするシートとしてニュアンスカラーブルーシートを使用」

 



 

「ニュアンスカラーブルーシートは、ブルーシートの国内生産量No. 1の岡山県に拠点を置くブルーシート生産工場の直販店が販売」

 

ありそうでなかった自然色のブルーシートでとてもおしゃれ。

 



 

「カラーは、ノーブルウッド・オータムリーフ・ミスティフォレスト・スプリングハーブの4種類の色があります」

 

4種類の色があるので、自分好みのカラーをチョイスできます。

 



 

「我が家は、お座敷スタイルをする際のシートとして使用」

 

 

 

 

「テント下のグランドシートとしても使えます」

 

 



 

「ニュアンスカラーブルーシートの特徴は、銀イオン抗菌で目に見えない細菌の繁殖を抑制」

 

シートの表面に、銀系抗菌剤を織り込んだ防菌加工が施してあります。

 



 

「銀イオンによって目に見えない細菌の発生や増殖を抑え、シート表面を衛生的に保ちます」

 

抗菌効果があるので、安全で安心して使用できます。

 

 

 

 

「シート隅にはハトメがあり、鍛造ペグで固定することも可能」

 

 



 

「生地は#3000で約0.25mmの厚みがあり、強度もあります」

 

シルバーシートのような分厚さはありませんが、しっかりとつくられているので長く使用できます。

 

 

 

 

「ニュアンスカラーブルーシートをおすすめする理由は、サイズが15種類もあること」

 

サイズが15種類とたくさんあるので、必要とする長さが見つけやすいです。

 

 

 

 

「ニュアンスカラーブルーシートが1枚あれば、いろいろな場面で活躍するのでおすすめ」

 

 

 

 


 

 

 

 

分厚い銀マット
 

 

「ニュアンスカラーブルーシートの上に、8mm厚の分厚い銀マットを敷きます」

 

分厚い銀マットを敷くことで、地面からの冷気を遮断します。

 



 

「クッション性も上がるので、分厚い銀マットはおすすめ」

 

 

 


 

 

 

 

 

エルパソサドルブランケット
 

 

「分厚い銀マットの上に、エルパソサドルブランケットを敷きます」

 



 

「エルパソサドルブランケットは、昔から今も人気のあるラグ」

 

いろいろなカラーバリエーションがあり、見た目がおしゃれなのがエルパソサドルブランケットの特徴。

 

 

 

 

「生地は厚めで、しっかりとした織りと固めの素材感で丈夫」

 

丈夫でしっかりとした素材感で、痛むことがなく長く使えます。

 

 

 


 

 


 

 

 

 

 

ユージャックの厚手レジャーシート
 

 

「最近、テントやお座敷スタイルで敷くラグで人気があり売れているのが、ユージャックから発売されている厚手レジャーシート」

 

https://ujack.co.jp/

 

 

「表面は肌触りの良いフリース素材でありながら、裏面は防水性の高いPVCを採用」

 

汚れてしまっても固く絞った雑巾などで拭くと、簡単に汚れが取れます。

 

https://ujack.co.jp/

 

 

「縦横に付いたマジックテープを連結すれば、複数繋げることも可能」

 

手軽な値段の割には、シートに厚みもあり丈夫。

 

https://ujack.co.jp/

 

 

「サイズは200×150cmで、エジプト柄とナバホ柄の2種類があります」

 

口コミと評判は、下記のような感じ。

 

 

●軽量ですし使い勝手抜群です
 
●肌さわりもよく快適です。なんといってもお気に入りは柄です。複数枚購入してテント内に敷き詰め、気分が上がりました。
 
●価格、大きさ、軽さ、デザイン、機能面など、全て気に入っています。キャンプの必須アイテムとなりました
 
●ちょうど良いやや大きめのサイズ感、裏側が防水に長けたPVCということで購入に至った。
 
●キャンプで使用してます。思ったより厚めでしっかりしてました。畳み方も難しくないです。

 

 


 

 

 

 

 

マットやラグを使わないお座敷スタイル作り方

 

 

 

 

「マットやラグを使わずにお座敷スタイルはできます」

 

 

 

 

「夏場は虫の活動が活発になります」

 

ラグやマットを使うと、ラグやマットの表面に虫がついたり、毛の間にも虫が入り込む場合があります。

 

虫が毛の中に入り込んでしまうと、虫ごと自宅に持ち帰ってしまう可能性もあります。

 

 

 

 

「虫が多い季節は、シート&クローズドセルマットの組み合わせがおすすめ」

 

 

 

 

「シートやクローズドセルマットは、表面がツルッとした素材なので虫が毛の中まで入り込みません」

 

 

 

 

「クローズドセルマットは、そのまま長く使ってマット代わりにしたり、折りたたむと座布団代用としても使えます」

 

クローズドセルマットを敷けば、マットは必要ありません。

 

 

 

 

「お座敷スタイルの時は座布団代用として使え、就寝する時は寝袋の下に敷くマットになるので便利」

 

 

 

 

「座布団代用と寝袋の下に敷くマットになるので、荷物の削減にもなります」

 

 

 

 

「シートを広げて、その上にクローズドセルマットを敷くだけでお座敷スタイルが出来上がるので簡単」

 

手早くお座敷スタイルを作りたい場合は、シート&クローズドセルマットの組み合わせがおすすめ。

 

 

 

 

モザンビークのキャンプマット
 

 

「最近はキャンプ人気が落ち着いてきましたが、それでもいろいろなブランドからクローズドセルマットが発売されています」

 

いろいろあるクローズドセルマットの中で、人気があり売れているのがモザンビークのキャンプマット。

 

モザンビークのキャンプマットは、楽天・Amazonでベストセラー2冠を達成した高評価のクローズドセルマット。

 



 

「値段の安いクローズドセルマットは、表面にアルミ加工が施されていません」

 

アルミ加工がされていないクローズドセルマットは、体温が反射されず保温性が低いので暖かくないです。

 



 

「モザンビークのキャンプマット特徴は、最高品質のアルミ加工を施していること」

 

アルミ加工で、高断熱と高性能を実現。

 

 



「寒い時期はアルミ加工されている面を上にして下さい」

 

アルミ面を上にすることで、地面からの冷気を遮断し、体温を反射させることで熱を閉じ込め暖かいです。

 



 

「暖かい時期は、アルミ加工されている面を下にして下さい」

 

アルミ面を下にすることで、地面からの熱を遮断でき暑さによる寝苦しさを軽減。

 



 

「ツルッとした素材なので、夏場に使用していてもベタつくことがありません」

 



 

「厚みが2cmあるので、地面からのゴツゴツ感や硬さを吸収」

 



 

「生地は丈夫でしっかりとしているので、長年使用することができます」

 



 

「我が家は、コットの上のマットとしてもモザンビークのキャンプマットを使用しています」

 



 

「サイズが56×183cmあるので、大柄な方でも快適に就寝できます」

 



 

「我が家は、夫婦でモザンビークのキャンプマットを使用しています」

 



 

「収納袋も付属されているので、持ち運びする時に便利」

 



 

「インフレーターマットよりクッション性は落ちますが、手軽に寝床を作りたい時に使用しています」

 

パッと出してすぐに寝床ができるのでとても楽。

 



 

「モザンビークのキャンプマットは、我が家のお気に入りのクローズドセルマット」

 




 

 

 

 

 

バスタブ型でおすすめのグランドシート

 

 

 

 

「雨や虫の侵入を防ぎたい時は、バスタブ型のグランドシートがおすすめ」

 

バスタブ型のグランドシートで人気があり売れているのが、ラーテルワークスから発売されているリビングシートフロアマット付き。

 

 

 

 

「ラーテルワークスのリビングシートフロアマット付きは、4つの辺全てが地面から立ち上がり、砂・小石・泥・水・虫などの侵入をシャットアウト」

 

地面から立ち上がる縁の高さは、12.5cmでしっかりとシート内を守ります。

 

 

 

 

「リビングシート四隅には、アジャスターが付いており、縁をきれいに立ち上げることが可能」

 

 

 

 

「生地は丈夫な168Dポリエステルを採用」

 

表面はPVC加工が施されており、フロアマット単体でも使用できます。

 



 

「ペグ4本・リビングシート・フロアマット・収納袋がセットになっているのでとてもお得」

 



 

「サイズがW280×D190㎝あるので、ゆったりと使えます」

 

 

 

 

「ラーテルワークスのリビングシートフロアマット付きの口コミと評判は、下記のような感じ」

 

 

●我が家は5人家族なので、これくらいの広さがあるとアウトドアに幅が出せる上に生地もしっかり作られているので長期的に使えると思います。リビングシートをお探しの方は、本当に購入おすすめ商品ですよ。
 
●オールインワンでとても購入者目線に立った製品だと感じております。
 
●タープ下のお座敷リビングのために購入しました。フロアマットがしっかりしていてとても良いお品だと思います。
 
●普通のレジャーシートとは違い、虫などが入り込まないシート四方の跳ね上げはもちろん、しっかりした作りのフロアマット付きという他では無いサービス。ラーテルワークスさんの利用者の事を考えた心遣いが商品に表れていてとてもお得感のあるシートでした。大事に使いたいと思います。
 
●フロアーマットが分厚くとてもしっかりとしています。

 

 


 

 

 

 

 

お座敷スタイルで必要なもの

 



 

「お座敷スタイルを作るのに必要なものは、マット・ラグ・シートなど、敷物を用意して下さい」

 

腰痛がある方は、座椅子などがあると楽に長時間座ることができます。

 

お座敷スタイルに使うテーブルは、普段キャンプで使用しているローテーブルでOKです。

 

 

お座敷スタイルで必要なもの

ニュアンスカラーブルーシート

分厚い銀マット

エルパソサドルブランケット

ユージャックの厚手レジャーシート

モザンビークのキャンプマット

ラーテルワークスのリビングシートフロアマット付き

 

 

 

まとめ

 



 

キャンプでお座敷スタイルにする場合、グランドシート・ラグ・マットなどの敷物が必要になります。

 

背もたれを使う場合は、座椅子も用意しなければいけません。

 

イスを使ってキャンプをするより、荷物が増えてしまいます。

 

地面の上にグランドシートを敷くお座敷スタイルは、地面からの冷気や湿気でグランドシートが濡れて汚れてしまいます。

 

お座敷スタイルにすると、濡れたグランドシートを乾かす必要があります。

 

お座敷スタイルは、シート・マット・ラグなどを使い作りあげます。

 

イスを使ったスタイルと比べて、シート・マット・ラグなど、バランスよく設置する手間が必要。

 

キャンプは外でするものですから、天気がよくても急に雨が降る可能性もあります。

 

雨が降っても濡れないように、最低限の雨対策を行って下さい。

 

土や砂などが多いサイトは、靴を脱ぎ履きすると、マットやラグの中に砂が入り込みます。

 

マットやラグに砂が入ってしまうと、後片付けに時間がかかってしまいます。

 

気温が下がると必ず発生するのが地面からの冷気。

 

地面を手で触ると冷たいの冷気で、お座敷スタイルにする場合、地面からの冷気対策が必要になります。

 

我が家は、地面からの冷気対策に8mm厚の分厚い銀マットを使っています。

 

分厚い銀マットを敷くことで、地面からの冷気と寒さ対策にもなります。

 

お座敷スタイルにすると、靴の脱ぎ履きが必要になります。

 

靴紐をほどいたり結んだりしないと脱ぎ履きできない靴は大変です。

 

頻繁に靴を脱ぎ履きされる方は、サンダルがおすすめ。

 

虫の活動が活発になる夏場は特に、お座敷スタイル内に虫が侵入してくる場合もあります。

 

虫除けスプレーや縁の立ち上がるグランドシートを使い、虫対策を行って下さい。

 

以上、「【検証】キャンプでお座敷スタイルはデメリットがあるの?必要なものと寒さ対策も紹介」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!