選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【絶対おすすめ】キャンプでお座敷スタイルのラグを紹介



 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 



 

「年間50泊もキャンプをしていると、ほぼ毎週がキャンプ」

 

キャンプに行く時間が長ければ長いほど、快適に過ごしたいと思います。

 

 

 

 

「今回紹介するのが、我が家のお座敷スタイルのやり方」

 

お座敷スタイルは、地面に直接マットやラグを敷くスタイル。

 

お座敷スタイルにすることで、足を伸ばしたり寝転んだりできて、ゆったり過ごすことが可能です。

 



 

「我が家は夏を除く、春・秋・冬キャンプによくキャンプでお座敷スタイルをします」

 

夏場は虫が多い為、なかなかお座敷スタイルがやりにくい季節。

 

 

 

 

今回は、お座敷スタイルのシート・マット・ラグについておすすめを、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
 
*タイトル
【絶対おすすめ】キャンプでお座敷スタイルのラグを紹介

 



 

「キャンプでお座敷スタイルにする為には、地面に敷くシートが必要になってきます」

 



 

「我が家は、立ち上がっていないものを敷いていますが、バスタブ型の立ち上がっているリビングシートを選ぶと、砂・枯葉・雨水などの侵入を防いでくれます」

 

バスタブ型の立ち上がっているリビングシートは、220cm・250cm・300cmなど、いろいろなサイズがあります。

 



 

バスタブ型の立ち上がりリビングシート&グランドシート

 



 

「ブルーシートやシルバーシートなどをお座敷スタイルのシートとして使用すると、中に虫・雨水・砂などが入りやすくなります」

 

虫・雨水・砂などの対策に、縁の立ち上がっているリビングシートがおすすめ。

 

縁の立ち上がっているリビングシートを使うことで、虫・雨水・砂などの侵入を防ぎます。

 

 

 

 

ラーテルワークスのリビングシートフロアマット付き
 

 

「バスタブ型のグランドシートで人気があり売れているのが、ラーテルワークスから発売されているリビングシートフロアマット付き」

 

 

 

 

「ラーテルワークスのリビングシートフロアマット付きは、4つの辺全てが地面から立ち上がり、砂・小石・泥・水・虫などの侵入をシャットアウト」

 

地面から立ち上がる縁の高さは、12.5cmでしっかりとシート内を守ります。

 

 

 

 

「リビングシート四隅には、アジャスターが付いており、縁をきれいに立ち上げることが可能」

 

 

 

 

「生地は丈夫な168Dポリエステルを採用」

 

表面はPVC加工が施されており、フロアマット単体でも使用できます。

 



 

「ペグ4本・リビングシート・フロアマット・収納袋がセットになっているのでとてもお得」

 



 

「サイズがW280×D190㎝あるので、ゆったりと使えます」

 

 

 

 

「ラーテルワークスのリビングシートフロアマット付きの口コミと評判は、下記のような感じ」

 

 

●我が家は5人家族なので、これくらいの広さがあるとアウトドアに幅が出せる上に生地もしっかり作られているので長期的に使えると思います。リビングシートをお探しの方は、本当に購入おすすめ商品ですよ。
 
●オールインワンでとても購入者目線に立った製品だと感じております。
 
●タープ下のお座敷リビングのために購入しました。フロアマットがしっかりしていてとても良いお品だと思います。
 
●普通のレジャーシートとは違い、虫などが入り込まないシート四方の跳ね上げはもちろん、しっかりした作りのフロアマット付きという他では無いサービス。ラーテルワークスさんの利用者の事を考えた心遣いが商品に表れていてとてもお得感のあるシートでした。大事に使いたいと思います。
 
●フロアーマットが分厚くとてもしっかりとしています。

 

 


 

 

 

 

 

コールマンのリビングシート/300W
 

 

「コールマンのリビングシート/300Wは、周囲の立ち上がりで砂や虫が入りにくいお座敷スタイル専用のシート」

 

2ルームテントやシェルターなどのリビング部分に、お座敷スタイルを作ることができます。

 



 

「コールマンのリビングシート/300Wの特徴は、リビングに合わせてサイズ調整ができること」

 

300×300cmのサイズですが、折り込みながら面ファスナーテープとバックルで固定することで、300×230cmにすることが可能。

 



 

「コールマンのリビングシート/300Wの口コミと評判は、下記のような感じ」

 

 

●使用している2ルームにピッタリなのでお座敷スタイルには凄くいいです。
 
●縁が自立するので砂も入りにくく快適です。
 
●雪中キャンプでお座敷スタイルにしたくて購入しました。耐水は2泊3日ずつと雪の上でしたが、水が滲みてくるなどはありませんでした。重くはないですが、軽くもないです。車で行くので気にはなりません。大きさも、収納袋がついていて、コンパクトです。
 
●雨の日にも使いましたが特に水が染みる事も無く使えました。
 
●収納した状態だと思ったよりもコンパクトになってグット。

 

 


 

 

 

 

 

ネームレスエイジのレジャーシート
 

 

「ネームレスエイジのレジャーシートは、シート4つ角のスナップを留めることで縁が自立するバスタブ型のシート」

 

縁が自立することで、砂・虫・枯葉などの侵入を防ぎます。

 

厚手のキルティングシートで、手洗いすることが可能。

 



 

「縫い穴のない高周波キルティング素材で丈夫」

 

専用ペグが4本付属されており、四辺立てた状態でもペグダウンすることができます。

 

丸めてベルトを通すだけで持ち運びができ便利。

 



 

「250×150cm・200×200cmの2種類のサイズがあります」

 

ネームレスエイジのレジャーシートの口コミと評判は、下記のような感じ。

 

 

●おしゃれ。防水性あり。ボタンもしっかりとめられて、アリよけになる。
 
●シート自体は厚地で、しっかりした素材です。
 
●4人で座っても余裕ある広さ。
 
●厚みがあって、カーラー・柄も気に入っています。コンパクトになるのもとても良いです。
 
●思っていた以上に広かったです!キャンプでリビングシートとして購入しました。

 

 


 

 

 

 

 

OUTDOOR MANのウォールアップレジャーシート
 

 

「OUTDOOR MANのウォールアップレジャーシートは、厚手のシートを採用することで、テント内のマットとしても使える優れもの」

 

厚手のシートを採用することで、クッション性をアップ。

 

ゴツゴツした硬い地面でも、座った時の不快感を軽減することができます。

 

 

 

 

「サイドと真ん中のスナップボタンで、立ち上げることが可能」

 

4つ角にビス留めして固定できるループ付きで、真ん中部分もスナップボタンがある為、しっかりと固定できます。

 



 

「両面撥水仕様になっており、水を弾くので雨が降っても安心」

 

200×200cmサイズで、大人でも寝転ぶことが可能です。

 



 

「OUTDOOR MANのウォールアップレジャーシートの口コミと評判は、下記のような感じ」

 

 

●厚みはもちろん、手触りや質感も大変良い商品です。他社のものよりキルト縫いのデザインが良かったのとロゴもついているのでかっこいいです。
 
●冬キャンプで、インナーテントの床の冷え対策で購入しました。5℃ぐらいの環境ではあまり冷えを感じず、期待通りの快適さでした。
 
●レジャーシートに中々ない、モノトーンでシンプルな無地デザインというだけで私としては星5つです。
 
●クッション性があるので昼寝が快適。
 
●思ったより生地もしっかりしていて、かなり満足しています。これからお座敷キャンプを始めたいと思っているので、使ってみるのが楽しみです。

 

 


 

 

 

 

 

Farflyのリビングシート立ち上が
 

 

「Farflyのリビングシート立ち上がりは、縁が立ち上がるので、シート内に砂や虫が入ってくるのを防ぎます」

 

12cmの立ち上がりは、地面からの雨水の侵入を防ぐ、快適なリビング空間を確保できます。

 



 

「生地は210Dオックスフォード素材で作られており、耐水圧は3000mm」

 

縫い目はシーム処理されていて、防水性に優れています。

 

縁が立ち上がっているので、雨の日は浸水することなく使用できます。

 



 

「300㎝・270㎝・240cm・220㎝と、たくさんのサイズがあるので、必要とする大きさを見つけやすいです」

 

Farflyのリビングシート立ち上がりの口コミと評判は、下記のような感じ。

 

 

●雨に降られましたがしっかり役目を果たし、インナーの底面は濡れませんでした。
 
●雨や風を防ぎ、しかも軽くコンパクトなので重宝しています。
 
●スクリーンタープの床にリビングシートを敷き、その上にカーペットを敷いて2泊3日のキャンプを過ごしたのですが快適に過ごすことができ、何よりも雨水等を気にせず汚したくない荷物を床に置くことができました。
 
●グランドシートとして地面からの湿気や浸水を防げる上に緊急的にタープでも使える丈夫で便利なシートです。
 
●汚れも付きにくいし雑巾でササっときれいになる。もちろんそのままレジャーシートとしても使える。

 

 


 

 

 

 

 

我が家のお座敷スタイルの作り方

 



 

「我が家のお座敷スタイルにするメインのマットは、分厚い銀マット」

 

分厚い銀マットはクッション性があり、地面からの冷気を遮断してくれます。

 

手頃な値段で購入できるのも分厚い銀マットをおすすめする理由。

 

 

お座敷スタイルのやり方

ニュアンスカラーブルーシート→分厚い銀マット→エルパソサドルブランケット 

 

 

 

ニュアンスカラーブルーシート
 

 

「我が家はお座敷スタイルに、ニュアンスカラーブルーシートを敷いています」

 

お座敷スタイルにニュアンスカラーブルーシートを使用する理由は、おしゃれなデザインと15種類のサイズがあるので選びやすいです。

 

値段が安く手頃な値段で購入できるのもニュアンスカラーブルーシートの良い所。

 

 

 

 

「ニュアンスカラーブルーシートは、ブルーシートの国内生産量No. 1の岡山県に拠点を置くブルーシート生産工場の直販店が販売」

 

ありそうでなかった自然色のブルーシートでとてもおしゃれ。

 



 

「カラーは、ノーブルウッド・オータムリーフ・ミスティフォレスト・スプリングハーブの4種類の色があります」

 

4種類の色があるので、自分好みのカラーをチョイスできます。

 



 

「我が家は、お座敷スタイルをする際のシートとして使用」

 

 

 

 

「テント下のグランドシートとしても使えます」

 

 



 

「ニュアンスカラーブルーシートの特徴は、銀イオン抗菌で目に見えない細菌の繁殖を抑制」

 

シートの表面に、銀系抗菌剤を織り込んだ防菌加工が施してあります。

 



 

「銀イオンによって目に見えない細菌の発生や増殖を抑え、シート表面を衛生的に保ちます」

 

抗菌効果があるので、安全で安心して使用できます。

 

 

 

 

「シート隅にはハトメがあり、鍛造ペグで固定することも可能」

 

 



 

「生地は#3000で約0.25mmの厚みがあり、強度もあります」

 

シルバーシートのような分厚さはありませんが、しっかりとつくられているので長く使用できます。

 

 

 

 

「ニュアンスカラーブルーシートをおすすめする理由は、サイズが15種類もあること」

 

サイズが15種類とたくさんあるので、必要とする長さが見つけやすいです。

 

 

 

 

「ニュアンスカラーブルーシートが1枚あれば、いろいろな場面で活躍するのでおすすめ」

 

 

 

 


 

 

 

 

 

分厚い銀マット
 

 

「ニュアンスカラーブルーシートの上には、分厚い銀マットを敷きます」

 

分厚い銀マットを敷くことで、地面からの冷気を遮断してクッション性を高めます。

 



 

「高価なマットを買わなくても分厚い銀マットを敷くだけで、十分快適に過ごせます」

 

我が家は、8mm厚の銀マットを敷いています。

 

 

 


 

 

 

 

 

エルパソサドルブランケット
 

 

「銀マットの上にはエルパソサドルブランケットを敷きます」

 

 

 

 

「1970年創業のアメリカテキサス州に本社を置くエルパソサドルブランケット社は、50年以上も続く歴史あるブランド」

 

エルパソサドルブランケット社のラグが、エルパソサドルブランケット。

 

 

 

 

「しっかりとした織りと固めの素材感で丈夫」

 

生地がしっかりとしていて丈夫なので、痛むことがなく長く使用できます。

 

 

 

 

「いろいろな柄とカラーがあるので、自分好みのものを選びやすいです」

 

楽天市場

 

 

「150×250cmサイズで、ゆったりと使うことが可能」

 

見た目がおしゃれで、丈夫なラグを探しておられる方におすすめ。

 

 

 


 

 


 

 

 

 

 

 ユージャック厚手レジャーシート
 

 

「最近、テントの中やお座敷スタイルで敷くラグで人気があり売れているのが、ユージャックから発売されている厚手レジャーシート」

 

https://ujack.co.jp/

 

 

「表面は肌触りの良いフリース素材でありながら、裏面は防水性の高いPVCを採用」

 

汚れてしまっても固く絞った雑巾などで拭くと、簡単に汚れが取れます。

 

https://ujack.co.jp/

 

 

「縦横に付いたマジックテープを連結すれば、複数繋げることも可能」

 

手軽な値段の割には、シートに厚みもあり丈夫。

 

https://ujack.co.jp/

 

 

「サイズは200×150cmで、エジプト柄とナバホ柄の2種類があります」

 

口コミと評判は、下記のような感じ。

 

 

●キャンプで使用しています。秋冬キャンプではテント内に敷いてお座敷スタイルにしてもいい感じです。
 
●しつかりしたマットの為使いやすいのと防寒にも最適。
 
●肌触り良し。適度な厚み良し。大きさ良し。お値段良し。裏の銀のアルミホイルみたいのもしっかりしてます。
 
●サイズが割と大きくとても使い勝手がいいです。気に入ってます。
 
●本当に軽くて素敵な色合いでとても買って良かったと思う商品です。

 

 


 

 

 

 

 

クローズドセルマット

 

 

 

 

「お座敷スタイルは、マットやラグがなくてもクローズドセルマットがあればできます」

 

我が家は、ニュアンスカラーブルーシートとクローズドセルマットで、お座敷スタイルをすることもあります。

 



 

「クローズドセルマットをお座敷スタイルにすると、マットやラグが必要ないので、荷物の削減になります」

 



 

「シートをパッと広げて、その上にクローズドセルマットを敷くだけでお座敷スタイルが完了」

 

クローズドセルマットを敷くとお座敷スタイルがすぐにできあがるので、とても簡単で楽です。

 

簡単で楽にお座敷スタイルをするならクローズドセルマットがおすすめ。

 



 

「クローズドセルマットを敷くことで、地面からの冷気を遮断しクッション性を高めます」

 

クッション性があるので、座布団代用としても使えます。

 



 

「我が家は、ニュアンスカラーブルーシートの上に、モザンビークのキャンプマットを敷いています」

 

 

お座敷スタイルのやり方

ニュアンスカラーブルーシート→モザンビークのキャンプマット

 

 

 

モザンビークのキャンプマット
 

 

「最近はいろいろなブランドからクローズドセルマットが発売されていますが、我が家のおすすめはモザンビークのキャンプマット」

 

モザンビークのキャンプマットは、楽天・Amazonでベストセラー2冠を達成した高評価のクローズドセルマット。

 



 

「値段の安いクローズドセルマットは、表面にアルミ加工が施されていません」

 

アルミ加工がされていないクローズドセルマットは、体温が反射されず保温性が低いので暖かくないです。

 



 

「モザンビークのキャンプマット特徴は、最高品質のアルミ加工を施していること」

 

アルミ加工で、高断熱と高性能を実現。

 

 



「寒い時期はアルミ加工されている面を上にして下さい」

 

アルミ面を上にすることで、地面からの冷気を遮断し、体温を反射させることで熱を閉じ込め暖かいです。

 



 

「暖かい時期は、アルミ加工されている面を下にして下さい」

 

アルミ面を下にすることで、地面からの熱を遮断でき暑さによる寝苦しさを軽減。

 



 

「ツルッとした素材なので、夏場に使用していてもベタつくことがありません」

 



 

「厚みが2cmあるので、地面からのゴツゴツ感や硬さを吸収」

 



 

「生地は丈夫でしっかりとしているので、長年使用することができます」

 



 

「我が家は、コットの上のマットとしてもモザンビークのキャンプマットを使用しています」

 



 

「サイズが56×183cmあるので、大柄な方でも快適に就寝できます」

 



 

「我が家は、夫婦でモザンビークのキャンプマットを使用しています」

 



 

「収納袋も付属されているので、持ち運びする時に便利」

 



 

「インフレーターマットよりクッション性は落ちますが、手軽に寝床を作りたい時に使用しています」

 

パッと出してすぐに寝床ができるのでとても楽。

 



 

「モザンビークのキャンプマットは、我が家のお気に入りのクローズドセルマット」

 




 

 

 

 

 

ホットカーペット

 



 

「お座敷スタイルでホットカーペットを使う方は、銀マットの上にホットカーペットを敷いて下さい」

 

我が家は、ニュアンスカラーブルーシート→分厚い銀マット→ホットカーペット→エルパソサドルブランケットの順番で敷いています。

 

 

ホットカーペットの敷き方

ニュアンスカラーブルーシート→分厚い銀マット→ホットカーペット→エルパソサドルブランケット

 

 

 

「ホットカーペットの上に厚手のラグを敷くことで、肌にホットカーペットが直接触れないので、低温やけどになるリスクを減らせます」

 



 

「ホットカーペットのサイズは、メーカーによっても異なります」

 



 

「畳数が同じでも1辺の長さが違ったり、正方形や長方形などサイズもさまざま」

 

下記が一般的なホットカーペットのサイズ。

 

 

ホットカーペットのサイズ

1畳用:88×176cm

2畳用:125×180cm

3畳用:195×235cm

4畳用:210×310cm

 

 

 

「ホットカーペットは、お座敷スタイルだけではなく、テントの中にも敷かれると思います」

 



 

「テントに敷くホットカーペットの目安サイズとして、2〜3人用のテントだと2畳用」

 

4人用のテントだと、ホットカーペットの3畳用を選んで下さい。

 



 

「我が家は、夫婦2人でキャンプに行くことが多いので、2畳用のホットカーペットを使用しています」

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

夏場虫が多いと、地面に直接マットを敷くお座敷スタイルがやりにくくなります。

 

我が家は、虫が比較的少ない10月〜5月にかけて、よくお座敷スタイルをします。

 

お座敷スタイルにするからといって、高価なシートやマットを購入する必要はありません。

 

お座敷スタイルにするメインのマットは、分厚い銀マットがおすすめ。

 

分厚い銀マットはクッション性があり、地面からの冷気を遮断してくれます。

 

手頃な値段で購入できるのも分厚い銀マットをおすすめする理由。

 

我が家はお座敷スタイルに、ニュアンスカラーブルーシート→分厚い銀マット→エルパソサドルブランケットを敷いています。

 

以上、「【絶対おすすめ】キャンプでお座敷スタイルのラグを紹介」でした。

 

 

 

 

 

 

 

累計50万本の大ヒット【光武酒造場】