選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【検証】テント内で寝る時に石油ストーブはつけたまま消さないの?詳しく紹介

 

 

 

「年間50泊程、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もキャンプをしていると、ほぼ毎週がキャンプ」

 

キャンプに行く時間が長ければ長い程、快適に過ごしたいと思います。

 

 

 

 

「春や秋は寒暖差で、昼間は気温が上がりますが、朝晩が冷え込みます」

 

冬キャンプは、1日を通して寒いまま。

 

夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプに寒さ対策は必要です。

 

 

 

 

「特に冬キャンプは、氷点下まで気温が下がることもあるので、しっかりとした寒さ対策は不可欠」

 

 

 

 

「キャンプの寒さ対策はいろいろとありますが、今回は石油ストーブについて」

 



 

今回は就寝する際に、石油ストーブはつけたまま寝てもいいのか?消さないのか?など、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
 
*タイトル
【検証】テント内で寝る時に石油ストーブはつけたまま消さないの?詳しく紹介

 

 

 

 

「テント内で石油ストーブをつけたまま寝てもいいのか?を考える上で、確認しておきたいのがテント内での石油ストーブの使い方」

 

 

 

 

「テント内での石油ストーブの使用は、各石油ストーブメーカーが推奨していません」

 

石油ストーブをテント内で使う場合は、自己責任になります。

 

 

 

 

「各メーカーが石油ストーブを狭いテント内で使用することを推奨しない理由は、ストーブが不完全燃焼を起こすと、一酸化炭素中毒を発症させる原因となるから」

 

一酸化炭素中毒は、最悪死亡に繋がる場合があるので、注意する必要があります。

 

 

 

 

「石油ストーブは、テント内の空気を使って燃焼し、排気ガスを室内に出します」

 

換気しない場所で長時間使用すると、酸素濃度が低下して不完全燃焼が進み、一酸化炭素が増え中毒を起こしてしまいます。

 

 

 

 

一酸化炭素中毒
 

 

「石油ストーブが燃えると、通常は酸素が燃焼し二酸化炭素が発生します」

 

換気が不十分な場合、酸素が減り不完全燃焼を起こすと、二酸化炭素ではなく一酸化炭素が発生してしまいます。

 

発生した一酸化炭素を体に吸い込んでしまうと、一酸化炭素中毒になります。

 

 

 

 

「一酸化炭素は無味無臭で毒性の強い気体」

 

気づかない内に一酸化炭素中毒になる危険性があります。

 



 

「一酸化炭素は、薄い濃度でも体に影響を及ぼしてしまうので、テント内で石油ストーブを使う場合は注意する必要があります」

 

 

 

 

ストーブをつけて寝る

 

 

 

 

「テント内で石油ストーブをつけたまま寝ることは、おすすめしません」

 

寝ている間に一酸化炭素か発生すると危険です。

 

 

 

 

「石油ストーブをつけたままの就寝は、確実な安全性がない為、おすすめすることはできませんが、我が家はつけたまま寝ることがあります」

 

テント内で石油ストーブをつけたまま消さずに寝ることは、自己責任ということになります。

 

自己責任ということで、今回紹介させていただきます

 

 

 

 

フロアレステント
 

 

「テントには、フロアが壁にくっついているものと、フロアが無いフロアレステントがあります」

 

フロアが付いているテントは、下記のような感じ。

 

 

 

 

「フロアレステントは、下記のようなテントです」

 

 

 

 

「フロアレステントは、テントの底にフロアがない為、地面と幕の間から隙間風が入ってきます」

 

地面と幕の間から常に隙間風が入ってくる為、一酸化炭素中毒になるリスクが低いです。

 

 

 

 

「気をつけてほしいのが、フロアと壁がくっついているテント」

 

フロアがくっついている為、気密性が高くなっており、石油ストーブをつけたまま寝るのはリスクが高くなります。

 

 

 

 

「我が家が石油ストーブをつけたまま寝るのは、フロアレステントのみ」

 

テントの底から隙間風が入ってくるフロアレステントは、気密性が高くないので安心できます。

 



 

テント内の換気の仕方

 

 

 

 

「一酸化炭素は、燃焼する時に必要な酸素が不足し、灯油が不完全燃焼を起こすことで発生します」

 

テント内の換気をおこない、テント内の酸素量を保っていれば一酸化炭素中毒になることはありません。

 



 

「テント内の対面に位置する2ヶ所以上の窓や出入り口を開けることで、換気をおこなえます」

 

我が家は、テント内の対面30cm以上を2ヶ所開けています。

 

 



 

「30cm以上開けるのは、窓や出入り口のどちらでもOK」

 

心配なら30cm以上を3ヶ所開けて下さい。

 



 

「1時間に1回、テントの出入り口を大きく開放して換気をおこなうと、より一酸化炭素中毒になるリスクを減らします」

 



 

「一酸化炭素が発生すると、空気よりやや軽い為、テントの天井付近に溜まりやすいです」

 

ベンチレーションのあるテントは、必ずベンチレーションを開けて下さい。

 



 

「テント内で石油ストーブをつける際は、一酸化炭素中毒になるリスクをなくす為、必ず一酸化炭素警報器を設置して下さい」

 

 

 


 

 

 

 

 

風対策

 



 

「テント内で石油ストーブを使用する際、気をつけてほしいのが風対策」

 

石油ストーブをテント内で付けている時に、風でペグが抜けてしまいテントが崩壊してしまうと危険。

 

風が強い時も含め、石油ストーブを使う場合は、しっかりとしたペグが必要。

 



 

「キャンプ場の地面は、コンディションの良い芝サイトだけではありません」

 

砂利サイトや石が混じった土サイトなど、コンディションの悪いサイトもあります。

 



 

「利用したサイトが、コンディションの悪いサイトの場合、アルミやプラスチックペグだと、地面の中に入っていきません」

 



 

「ペグはスノーピークのソリッドステーク30か、エリッゼステーク28cmの鍛造ペグがおすすめ」

 

鍛造ペグは、地面の奥深くまで入るので抜けにくく、強風の時は特に重宝します。

 

プラペグやアルミペグは、強風の時に抜けるリスクが高いので、あまりおすすめできません。

 



 

「我が家は、スカート部分にはアルミペグを使用することもありますが、それ以外の場所は全て鍛造ペグを使っています」

 

我が家は、スノーピークから発売されているソリッドステーク30㎝を使用。

 

 

 


 

 

 

 

 

「村の鍛冶屋から発売されているエリッゼステーク28㎝は、ソリッドステークと同じ鍛造ペグで、値段が安いので手軽に購入できます」

 

 



 

 

 

 

 

「ペグハンマーは、スノーピーク製がおすすめ」

 

 

 


 

 

 

 

 

「我が家はペグとペグハンマーを、トラスコのツールボックスに入れています」

 

鍛造ペグが30本以上とペグハンマーも一緒に入るので便利。

 

 



 

「いろいろなカラーが豊富にあるので、自分好みの色を見つけやすいです」

 

Neue web store

 


 

 

 

 

 

「強風の時は、ペグを奥まできっちり打ち込むのが大事」

 

鍛造ペグでも中途半端にペグ打ちをすると、風の強い日は抜ける可能性があるので、奥深くペグダウンをして下さい。

 

 

 

 

ヒューナースドルフの燃料タンク

 

 

 

 

「我が家は石油ストーブを使う季節、補給用の灯油タンクも一緒に持ってキャンプに行きます」

 

ヒューナースドルフの燃料タンクは、キャンプで使う灯油タンクで一番人気で売れている商品。

 

ミリタリーカラーがかっこ良く、おしゃれな見た目。

 

 

 

 

「国連の認証を受けたヒューナースドルフ製の燃料タンクは、安全性や信頼性があります」

 

 

 

 

「蓋はチャイルドロック機能付きなので、高い密閉性があり車で運んでも燃料が漏れません」

 

 

 

 

「見た目がおしゃれでかっこいいので、置いておくだけでもインテリアになります」

 



 

「我が家は、ヒューナースドルフの燃料タンクの5Lと10Lを保有しています」

 

 

 

 

「レインボーストーブやフジカハイペットなど、小型石油ストーブには5L」

 

 

 


 

 

 

 

 

「コロナ対流型ストーブみたいな大型石油ストーブは10L」

 

 

 


 

 

 

 

 

「幕内で石油ストーブを使用される場合は、必ず換気をし、一酸化炭素警報機を設置して下さい」

 

 

 


 

 

 

 

 

「我が家は、テント内で石油ストーブをつけたまま寝ることがあります」

 

だからといって確実な安全性がない為、人におすすめするものではありません。

 

危険性を踏まえた上、自己責任でおこなって下さい。

 

 

 

 

まとめ

 



 

 

テント内で石油ストーブをつけたまま寝ることは、おすすめしません。

 

寝ている間に一酸化炭素か発生すると危険です。

 

石油ストーブをつけたままの就寝は、確実な安全性がない為、おすすめすることはできませんが、我が家はつけたまま寝ることがあります。

 

テント内で石油ストーブをつけたまま消さずに寝ることは、自己責任ということになります。

 

自己責任ということで、今回紹介させていただきました。

 

石油ストーブが燃えると、通常は酸素が燃焼し二酸化炭素が発生します。

 

換気が不十分な場合、酸素が減り不完全燃焼を起こすと、二酸化炭素ではなく一酸化炭素が発生してしまいます。

 

発生した一酸化炭素を体に吸い込んでしまうと、一酸化炭素中毒になります。

 

一酸化炭素は無味無臭で毒性の強い気体。

 

気づかない内に一酸化炭素中毒になる危険性があります。

 

一酸化炭素は、薄い濃度でも体に影響を及ぼしてしまうので、テント内で石油ストーブを使う場合は注意する必要があります。

 

以上、「【検証】テント内で寝る時に石油ストーブはつけたまま消さないの?詳しく紹介」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!