選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

アルパカストーブは冬キャンプで使用して寒いのか?徹底的に詳しくブログで紹介



 

「年間50泊ほど、キャンプに行く我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「1年で最も過ごしにくいのが、夏のキャンプ」

 

平地だと夜も気温が下がらず、熱帯夜になることもあります。

 

 

 

 

「1年で最も過ごしやすいのが、春や秋のキャンプ」

 

真夏ほど気温は上がらず真冬ほど寒くならないので、重装備ではなくてもキャンプができます。

 

焚き火だけでも暖が取れ、焚き火が最も楽しめる季節。

 

 

 

 

「冬キャンプは寒くて過ごしにくいと思われがちですが、しっかりとした暖房器具と装備をすれば、自宅にいるより快適に過ごせます」

 

冬キャンプの暖房器具といえば、手軽に使える石油ストーブ。

 



 

「キャンプで使う石油ストーブで有名なのが、フジカハイペット・レインボーストーブ・パセコストーブ・アルパカストーブ・グローストーブ・コロナ対流型ストーブ・トヨトミKS-67Hなどがあります」

 



 

今回我が家が紹介するのが、冬キャンプでアルパカストーブだけで暖が取れるのか? 年間50泊キャンプに行く我が家が、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
 
*タイトル
アルパカストーブは冬キャンプで使用して寒いのか?徹底的に詳しくブログで紹介

 



 

「我が家が現在キャンプで使っている石油ストーブは、フジカハイペット・レインボーストーブ・コロナ対流型ストーブの3種類」

 

その3種類は、季節や使うテントの大きさで決めています。

 

 

 

 

 

 

「フジカハイペットは、中型幕で冬キャンプをする時に使っています」

 

 

 

 

「冬キャンプで大型幕を設営する時は、キャンプで使う石油ストーブの中でも一番暖かいとされているコロナ対流型ストーブを使用」

 

 

 

 

「春や秋キャンプにメインで使っているのが、トヨトミレインボーストーブ」

 

2〜3人用のテントだと、冬キャンプでも使用できます。

 

 

 

 

「冬キャンプの暖房で、手軽に暖を取れるのが石油ストーブ」

 

冬キャンプをされるなら、石油ストーブは絶対持っておきたいアイテム。

 

今回紹介するのが、キャンプで使う石油ストーブで有名なアルパカストーブ。

 



 

「冬のキャンプで、アルパカストーブ1台をテント内で使用してみて暖かいかどうか」

 

石油ストーブの暖かさを知るのに、暖房出力という数値があります。

 

暖房出力が高いほど、暖かい石油ストーブになります。

 

 

石油ストーブの暖房出力とは

石油ストーブが発する熱量をkw単位で表したもの

 

 

 

「下記が現在キャンプで、よく使われている石油ストーブ」

 

暖房出力を見ると、どの石油ストーブが暖かいかわかります。

 

 

暖房出力の順番

レインボーストーブ:2.50kw

グローストーブ:2.54kw

フジカハイペット:2.56kw

アルパカストーブ:3.0kw

パセコストーブ:3.0kw

トヨトミKR-47A:4.7kw

コロナ対流型ストーブ:6.59kw

トヨトミKS67H:6.66kw

 

 

 

「こじんまりしたテントならアルパカストーブ1台でも暖まりますが、大きなテントだと寒いです」

 



 

「人気の石油ストーブの中で、暖房出力の高い石油ストーブは、コロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67H」

 

冬キャンプで、より暖かく過ごすなら暖房出力の高いコロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67Hが、アルパカストーブよりおすすめ。

 



 

「キャンプで最強に暖かいとされているのが、コロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67H」

 

コロナ対流型ストーブの暖房出力は6.59kwあります。

 



 

「トヨトミKS-67Hの暖房出力は6.66kw」

 

 

石油ストーブの暖房出力とは

石油ストーブが発する熱量をkw単位で表したもの

 

 

 

「暖房出力が大きいほど、暖房力が高くなります」

 

 

 

 

「6.59kwの暖房出力があるコロナ対流型石油ストーブと、6.66kwあるトヨトミKS-67Hがどれだけの暖かさというと、他の石油ストーブと比べてみるとわかります」

 

 

コロナ対流型ストーブ

暖房出力6.59kw

トヨトミKS-67H

暖房出力6.66kw

レインボーストーブ

暖房出力2.50kw

フジカハイペット

暖房出力2.56kw

パセコストーブ

暖房出力3.0kw

アルパカストーブ

暖房出力3.0kw

 

 

 

「コロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67Hは、アルパカストーブやパセコストーブと比べて倍以上の暖房出力があります」

 

6.59kwのコロナ対流型ストーブに対し、3.0kwのアルパカストーブとパセコストーブ。

 



 

「暖房出力が高く暖かいということで、コロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67Hは、キャンプで使う最強の石油ストーブだと言われています」

 



 

 

コロナ対流型ストーブ

 

「コロナ対流型ストーブは、暖房出力が6.59kwあり、キャンプで使う石油ストーブで最強と言われています」

 

 

 

 

「我が家は、ノルディスクのアルフェイム19.6に使用」

 

500×500×350cmのノルディスクアルフェイム19.6のサイズ。

 



 

「冬キャンプに大型ワンポールテントで、コロナ対流型ストーブを使っています」

 

 

 

 

「冬キャンプに、大型幕を使用されるならコロナ対流型ストーブがおすすめ」

 

 

コロナ対流型石油ストーブ

燃焼継続時間:10.9時間

暖房出力:6.5kW

寸法:460X598X460(h)

質量(Kg): 11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トヨトミKS-67H

 

「トヨトミKS-67Hも暖房出力が6.66kwあり、キャンプで使う最強の石油ストーブと言われています」

 

こちらも真冬のキャンプに、大型幕を使用される方におすすめ。

 

キャンプ最強の石油ストーブと言われているだけあって、とても暖かいです。

 

 

トヨトミKSシリーズ

燃焼継続時間:10時間

暖房出力: 6.66kW

寸法:482X482×586(h)

質量(Kg): 11

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 



 

アルパカストーブは、キャンプで使用するストーブとして有名ですが、暖房出力がそれほど高くないので大型幕だと暖まらないです。

 

まだ石油ストーブを購入されていない方は、トヨトミKS-67Hかコロナ対流型ストーブがおすすめ。

 

サイズはアルパカストーブより一回り程大きいですが、1台で大型幕でも暖まるので逆に荷物の削減にもなります。

 

冬キャンプを快適に過ごすならアルパカストーブより、トヨトミKS-67Hかコロナ対流型ストーブの方が我が家はおすすめです。

 

以上、「アルパカストーブは冬キャンプで使用して寒いのか?徹底的に詳しくブログで紹介」でした。

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール

Check! 【楽天市場】

 

 

 

 

キャンプ用品セールCheck! 【ナチュラム】

 

 

 

 

キャンプ用品セール

Check! 【Amazon】