年間50泊キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

2023年最新版!キャンプの石油ストーブ!燃費・暖かさ・サイズ・人気を徹底レビュー!

 

 

 

「年間50泊程、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もすると、ほぼ毎週がキャンプ」

 

キャンプで過ごす時間が増えれば増える程、快適に過ごしたいと思います。

 

 

 

 

「春や秋のキャンプは、昼間は気温が上がりますが、朝晩が冷え込みます」

 

冬のキャンプは、1日を通して寒いまま。

 

夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプに寒さ対策は必要です。

 

 

 

 

「キャンプで快適に過ごすなら、寒さ対策はいろいろとありとても重要」

 

 

 

 

「例えば、石油ストーブ・湯たんぽ・ホットカーペット・電気毛布など、他にもたくさんあります」

 

たくさんある寒さ対策の中で、最も必要なアイテムが石油ストーブ。

 

 

 

 

「我が家は、フジカハイペット・レインボーストーブ・コロナ対流型ストーブの3台の石油ストーブを保有しています」

 

3台の石油ストーブは、季節や幕の大きさによって使い分けています。

 

 

 

 

 

「3台の石油ストーブを使い分けることで、春・秋・冬のキャンプを快適に過ごしています」

 

 

 

 

「現在、キャンプで使う石油ストーブでよく使われているのが、レインボーストーブ・フジカハイペット・パセコストーブ・アルパカストーブの4種類」

 

その4種類の石油ストーブ全て、今人気の商品。

 

アルパカ ストーブ

 

 

「キャンプで使う石油ストーブは、人それぞれにいろいろと、こだわりと選び方があると思います」

 



 

今回は、今人気で売れている4種類の石油ストーブを、キャンプで使用するのにどれが良いのか?

 

燃費・暖かさ・サイズも含めて、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

*タイトル
2023年最新版!キャンプの石油ストーブ!燃費・暖かさ・サイズ・人気を徹底レビュー

 

 

 

 

燃費
 

 

「レインボーストーブ・フジカハイペット・パセコストーブ・アルパカストーブの燃費は、下記の通り」

 

 

トヨトミレインボーストーブ

タンク容量:4.9L

連続燃焼時間:20時間

 

フジカハイペット

タンク容量:3.6L

連続燃焼時間:10時間

 

パセコストーブ

タンク容量:5.3L

連続燃焼時間:18時間

 

アルパカストーブ

タンク容量:3.7L

連続燃焼時間:10時間

 

 

 

「アルパカストーブは、連続燃焼時間が18時間ありますが、タンク容量が5.3Lと多め」

 

フジカハイペット・パセコストーブ・アルパカストーブの3種類の石油ストーブの燃費は、それ程変わりはないと思います。

 

圧倒的な燃費の良さは、トヨトミから発売されているレインボーストーブ。

 

 

 

 

「レインボーストーブの連続燃焼時間は、20時間もあります」

 

ハイパワーで使用しても20時間使える、脅威の燃費の良さ。

 

 

 

 

「連続燃焼時間が20時間のレインボーストーブは、自宅で灯油を満タンにしておけば、1泊2日のキャンプなら、補給のポリタンクは必要ありません」

 

補給のポリタンクが必要ないので、荷物の削減にもなります。

 

 

 

 

「我が家は、圧倒的な燃費の良さで、レインボーストーブを選んで購入を決めました」

 

燃費で選ばれるなら我が家も保有するレインボーストーブ。

 



 

 

 

 

 

暖かさ
 

 

「石油ストーブの暖かさを知るのに、暖房出力という数値があります」

 

暖房出力が高いほど、暖かい石油ストーブになります。

 

レインボーストーブ・フジカハイペット・パセコストーブ・アルパカストーブの暖房出力は、下記の通り。

 

アルパカ ストーブ

 

インボーストーブ

暖房出力:2.5kw

 

フジカハイペット

暖房出力:2.56kw

 

パセコストーブ

暖房出力:3.0kw

 

アルパカストーブ

暖房出力:3.0kw

 

 

 

「上記の暖房出力を見てもらうと、3.0kwの暖房出力をもつアルパカストーブとパセコストーブが、暖かいのがわかります」

 

暖かさで選ばれるなら、アルパカストーブとパセコストーブ。

 

アルパカ ストーブ

 

 

 

 

 

 

 

https://aporito-online.com/

 

 

 

 

 

 

 

サイズ
 

 

「レインボーストーブ・フジカハイペット・パセコストーブ・アルパカストーブのサイズは、下記の通り」

 

osakacampal

 

レインボーストーブ

高さ474.5×幅388×奥行き388mm

 

フジカハイペット

高さ310×幅310×奥行き432mm

 

パセコストーブ

Φ325×441mm

 

アルパカストーブ

高さ350×幅350×奥行き405mm

 

 

 

「キャンプで石油ストーブを使うには、車での持ち運びが必要」

 

寒い季節は荷物が増えるので、できるだけコンパクトな石油ストーブが重宝します。

 

レインボーストーブ・フジカハイペット・パセコストーブ・アルパカストーブの4種類の中で、コンパクトな石油ストーブがフジカハイペット。

 

 

 

 

「フジカハイペットの次にコンパクトな石油ストーブが、パセコストーブになっています」

 

コンパクトな石油ストーブを選ばれるなら、フジカハイペットかパセコストーブになります。

 

YKNOT 

 

 

 

 

 

 

 

人気
 

 

「レインボーストーブ・フジカハイペット・パセコストーブ・アルパカストーブのどれも人気の石油ストーブですが、より売れているのがパセコストーブ」

 

パセコストーブが人気で売れている理由は、手軽に購入できる値段の安さ。

 

アルパカストーブと同じ暖かさで、1万円台で買えるのですから人気がでない訳はありません。

 

YKNOT 

 

 

「人気で選ばれるならパセコストーブ」

 

https://aporito-online.com/

 

 

 

 

 

 

 

冬キャンプ
 

 

「冬キャンプは、より気温が下がるので、暖房出力が高く暖かい石油ストーブを選ばれた方が良いです」

 

石油ストーブの暖かさを知るのに、暖房出力という数字があります。

 

暖房出力が高い程、暖かい石油ストーブになります。

 



 

「下記が、レインボーストーブ・フジカハイペット・パセコストーブ・フジカハイペットの暖房出力」

 

https://aporito-online.com/

 

インボーストーブ

暖房出力:2.5kw

 

フジカハイペット

暖房出力:2.56kw

 

パセコストーブ

暖房出力:3.0kw

 

アルパカストーブ

暖房出力:3.0kw

 

 

 

「暖房出力が高いのは、パセコストーブ・アルパカストーブになります」

 

冬キャンプをされるなら、パセコストーブかアルパカストーブ。

 

アルパカ ストーブ

 

 

 

 

 

 

 

https://aporito-online.com/

 

 

 

 

 

 

 

春や秋のキャンプ
 

 

「春や秋は真冬程寒くならないので、重装備でなくてもキャンプができます」

 

キャンプを春や秋メインでされる方は、石油ストーブもそれ程暖房出力の高いものは必要ありません。

 

レインボーストーブで、十分に幕内で暖かく過ごせます。

 

 

 

 

「我が家が、レインボーストーブをおすすめする理由は、脅威の燃費の良さ」

 

ハイパワーで使用して20時間使えるので、1泊2日のキャンプなら補給のポリタンクが必要ありません。

 

補給用のポリタンクが必要ないので、荷物の削減になります。

 

 

 

 

「春や秋は、それ程重装備でなくてもキャンプができるので、燃費の良いレインボーストーブがおすすめ」

 

 

 

 

 

 

 

 

値段の安さ
 

 

「キャンプで使う石油ストーブを、値段の安さで選ばれる方もいます」

 

レインボーストーブ・フジカハイペット・パセコストーブ・アルパカストーブの、4種類の値段は下記の通り。

 

osakacampal

 

 

レインボーストーブ

値段:2万1千円

 

フジカハイペット

値段:3万円

 

パセコストーブ

値段:1万9千円

 

アルパカストーブ

値段:2万3千円

 

 

 

「パセコストーブが、他の4種類の石油ストーブより値段が安くなっています」

 

石油ストーブの値段は、日々上下してますが、変わらず値段が安いのがパセコストーブ。

 

値段の安さで選ばれるならパセコストーブがおすすめ。

 

YKNOT 

 

 

 

 

 

 

 

 対流式ストーブ
 

 

「レインボーストーブ・フジカハイペット・パセコストーブ・アルパカストーブの4種類共に、対流式ストーブになっています」

 

対流式ストーブは、石油ストーブの熱で発生した暖かい空気を上昇し対流することで、全体を暖めます。

 

天井付近に熱が溜まりやすい対流式ストーブは、ストーブファンを使用することで、暖かい空気が隅々まで行き渡ります。

 

 

 

 

「ストーブファンがあれば、足元がかなり暖かくなりますよ」

 



 

「ストーブファンは、電池やコンセントを使用せずに、ストーブの熱を利用して発電します」

 

発電したストーブファンは、ファンを回転させて幕内全体を循環させます。

 

循環させることで、幕内の温度が上昇。

 

 

 

 

「我が家は、FUTURE FOXのFOX-FANを使用」

 

FOX-FANは、しっかりとしていて丈夫なつくり。

 

見た目がおしゃれなので、インテリアにもなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「フィールドアのストーブファンは、今人気で売れている商品」

 

値段が安く手軽に購入できるのもフィールドアのストーブファンの良い所。

 

FIELDOOR

 

 

 

 

 

 

 

「首振りタイプのストーブファンも、フィールドアから発売されています」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポリタンク
 

 

「キャンプで使用するポリタンクで、一番売れていて人気のあるのが、ヒューナースドルフの燃料タンク」

 

ヒューナースドルフの燃料タンクはドイツ製で、安全性が高く使い勝手の良いのが特徴。

 

見た目がかっこ良くおしゃれなので、置いておくだけでインテリアにもなります。

 

 

 

 

「ヒューナースドルフの燃料タンクの唯一の欠点が、付属のノズルが使えないこと」

 

ノズルを付けて燃料を入れると、接続部分から漏れる場合があります。

 

 

 

 

 

「我が家は、ダイソーで購入した灯油ポンプで、灯油を入れています」

 

灯油ポンプで給油すると、全く問題はないです。

 

 

 

 

「灯油を満タンにして、車でヒューナースドルフの燃料タンクを運んでも灯油漏れは一切ありません」

 



 

「我が家は、ヒューナースドルフの燃料タンク5Lと10Lを保有」

 

 

 

 

 

「レインボーストーブ・フジカハイペット・パセコストーブ・アルパカストーブのタンク容量は下記の通り」

 

 

レインボーストーブ:4.9L

フジカハイペット:3.6L

パセコストーブ:5.3L

アルパカストーブ:3.7L

 

 

 

「タンク容量の一番多いパセコストーブでも5.3Lなので、ヒューナースドルフの燃料タンク5Lで十分」

 

見た目がかっこ良くおしゃれなのも、ヒューナースドルフのポリタンクの良い所。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どのストーブを選ぶ?

 

 

 

 

「燃費で選ばれるならレインボーストーブ」

 

 

トヨトミレインボーストーブ

暖房出力:2.50kw

タンク容量:4.9L

連続燃焼時間:20時間

高さ474.5×幅388×奥行き388mm

 

 

 

 

 

 

 

「暖かさで選ばれるならパセコストーブorアルパカストーブ」

 

https://aporito-online.com/

 

パセコストーブ

暖房出力:3.00kw

タンク容量:5.3L

連続燃焼時間:18時間

Φ325×441mm

 

 

 

 

 

 

 

 

アルパカ ストーブ

 

アルパカストーブ

暖房出力:3.00kw

タンク容量:3.7L

連続燃焼時間:10時間

高さ350×幅350×奥行き405mm

 

 

 

 

 

 

 

 

「サイズで選ばれるならフジカハイペットorパセコストーブ」

 

 

https://aporito-online.com/

 

パセコストーブ

暖房出力:3.00kw

タンク容量:5.3L

連続燃焼時間:18時間

Φ325×441mm

 

 

 

 

 

 

 

 

「人気で選ばれるならパセコストーブ」

 

YKNOT 

 

パセコストーブ

暖房出力:3.00kw

タンク容量:5.3L

連続燃焼時間:18時間

Φ325×441mm

 

 

 

 

 

 

 

 

「冬キャンプをされるならパセコストーブorアルパカストーブ」

 

https://aporito-online.com/

 

パセコストーブ

暖房出力:3.00kw

タンク容量:5.3L

連続燃焼時間:18時間

Φ325×441mm

 

 

 

 

 

 

 

 

アルパカ ストーブ

 

アルパカストーブ

暖房出力:3.00kw

タンク容量:3.7L

連続燃焼時間:10時間

高さ350×幅350×奥行き405mm

 

 

 

 

 

 

 

 

「春や秋キャンプをメインでされるならトヨトミレインボーストーブ」

 

 

トヨトミレインボーストーブ

暖房出力:2.50kw

タンク容量:4.9L

連続燃焼時間:20時間

高さ474.5×幅388×奥行き388mm

 

 

 

 

 

 

 

グローストーブ

 

ヒマラヤスポーツ岡山久米店 

 

 

「グローストーブは、スノーピークから発売されている石油ストーブ」

 

アルペンくずはモール店

 

 

「トヨトミのOEM製品ですが、レインボーストーブとは全く異なっています」

 

レインボーストーブは、側面から出る熱量が弱く輻射熱効果が低い石油ストーブ。

 

それに対してグローストーブは、天井部分も含めて、側面からも熱が出ます。

 

ヒマラヤ

 

 

「側面から熱が出るので、輻射熱が高く暖かいです」

 

暖房出力が2.54kwあるので、冬キャンプでも使用可能。

 

アルペンアウトドアーズ 札幌発寒店

 

 

「グローストーブは、スタイリッシュな雰囲気とおしゃれなデザインで、置いておくだけだけでもインテリアになります」

 

カラーのブラック色が、とてもかっこいいですね。

 

 

グローストーブ

暖房出力:2.54kw

タンク容量:4.9L

連続燃焼時間:20時間

高さ474×幅388×奥行き388mm

 

 

 

 

 

 

 

「石油ストーブを使用すると、必ず一酸化炭素が発生します」

 

一酸化炭素中毒になることを避ける為に、一酸化炭素警報機の設置をおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

今回は、レインボーストーブ・フジカハイペット・パセコストーブ・アルパカストーブの燃費・暖かさ・人気・サイズを紹介しました。

 

4種類の石油ストーブの中で、冬キャンプをされるならパセコストーブorアルパカストーブ。

 

春や秋のキャンプをメインでされるなら、レインボーストーブがおすすめ。

 

レインボーストーブは、ハイパワーで使用しても20時間の連続燃焼時間があります。

 

灯油を満タンにしておけば、1泊2日のキャンプなら補給のポリタンクが必要ありません。

 

燃費がかなり良いので、燃費で石油ストーブを選ばれるならトヨトミレインボーストーブ。

 

パセコストーブやアルパカストーブは暖かいので、冬キャンプをされる方は選ばれた方が良いと思います。

 

以上、「2023年最新版!キャンプの石油ストーブ!燃費・暖かさ・サイズ・人気を徹底レビュー」でした。

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!