年間50泊キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

7年間使用レビュー!アスガルドは夏冬使って快適?石油ストーブも詳しくブログで紹介!アスガルド7.1・12.6・19.6を徹底解説。

 

 

 

「年間50泊程、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 



 

「年間50泊もキャンプをすると、過ごしやすい季節と過ごしにくい季節がわかります」

 

 

 

 

「1年で最も過ごしにくいのが、夏のキャンプ」

 

平地だと昼間は高温になり、夜は熱帯夜になることもあります。

 

 

 

 

「夏のキャンプは、標高の高いキャンプ場がおすすめ」

 

標高が100m上がれば、気温が0.6℃下がると言われています。

 

標高が上がる程、涼しく夏キャンプができます。

 

 

 

 

「我が家も夏場は、標高の高いキャンプ場をよく利用します」

 

標高の高いキャンプ場は、昼間は温度が上がりますが、朝晩が涼しいです。

 

場所によっては、朝晩が想定外に冷え込むことがあるので注意して下さい。

 

 

 

 

「1年で最も過ごしやすいのが、春や秋のキャンプ」

 

真夏程気温が上がらず真冬程寒くならないので、重装備でなくでもキャンプができます。

 



 

「焚き火だけでも暖が取れ、焚き火が最も楽しめる季節」

 

 

 

 

「冬キャンプは、しっかりとした装備を選べば、自宅に居るより快適」

 

装備選びが難しいのが、冬キャンプの特徴。

 

 

 

 

「春夏秋冬快適にキャンプをするには、テント選びもとても重要」

 

最近はキャンプブームということで、いろいろなブランドからテントが発売されています。

 

いざ購入しようと思ってもたくさんあり過ぎて、どのブランドのテントを選んだらいいか迷います。

 

FIELDOOR

 

 

「購入に迷ったら、ロングヒット商品を選ぶのもひとつの方法」

 

今回紹介するノルディスクのアスガルドは、昔から人気のあるロングヒット商品。

 

 

 

 

「ロングヒット商品の特徴は、流行り廃りがないので、いつ使用しても古臭さを感じません」

 

生地が分厚くしっかりとしていて流行り廃りがなく、古臭さを感じないアスガルドは長く使用できます。

 

 

 

 

今回は、ロングヒット商品のアスガルドが、夏冬キャンプで快適に過ごせるのか、おすすめ石油ストーブについても、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

*タイトル
7年間使用レビュー!アスガルドは夏冬使って快適?石油ストーブも詳しくブログで紹介!アスガルド7.1・12.6・19.6を徹底解説

 

 

 

 

夏キャンプ
 

 

「夏涼しいテントの条件は、風通しが良いか悪いかで決まります」

 

メッシュになる出入り口や窓が、大きくてたくさんあるテントが、夏涼しいテントの条件に当てはまります。

 

アスガルドは、メッシュになる窓が小さくて少なく、メッシュになる出入り口が1ヶ所しかありません。

 

 

 

 

「メッシュになる部分が少ないので、アスガルドは風通しがよくありません」

 

必然的に、アスガルドは夏におすすめできないテントになります。

 

我が家も夏キャンプに、アスガルドを使ったことは1度もありません。

 



 

春・秋・冬キャンプ
 

 

「風通しがよくないアスガルドですが、夏キャンプを除く春・秋・冬キャンプにおすすめ」

 

春や秋のキャンプは、昼間は気温が上がりますが、朝晩が冷え込みます。

 

冬キャンプは、1日を通して気温が下がったまま。

 

 

 

 

「寒い季節におすすめなのがアスガルド」

 

アスガルドの素材は、ポリコットン素材になっており、生地が分厚いのが特徴。

 

分厚いポリコットン生地は、暖房器具で暖めた空気を外に逃しません。

 



 

「ジップインフロアを購入すると、フロアと壁に隙間がなくなくなりフルクローズでき、隙間風が入ってこないので暖か」

 

ポリコットン生地は結露も少ないので、寒い季節におすすめ。

 

楽天市場

 

 

「夏キャンプを除く、春・秋・冬のキャンプにアスガルドはおすすめ」

 

他のテントより、冬場も暖かく過ごせます。

 

 

 

 

 

おすすめ石油ストーブ

 

 

 

 

トヨトミレインボーストーブ
 

 

「トヨトミレインボーストーブは、側面が熱くならず上部からしか熱が出ないのでパワー不足」

 

パワー不足のレインボーストーブですが、アスガルド7.1はこじんまりしたサイズのテントなので、レインボーストーブのみでも冬キャンプを快適に過ごせます。

 

 

 

 

「我が家もアスガルド7.1を使用する場合、レインボーストーブを使っています」

 

レインボーストーブでも、アスガルド7.1なら十分に暖かいです。

 

 

 

 

「我が家が、レインボーストーブを購入しキャンプで使用している訳は、かなりの燃費の良さだから」

 

レインボーストーブは、火力をハイパワーにしても連続使用時間が20時間あります。

 

他の石油ストーブにはない、脅威の燃費の良さがレインボーストーブにはあります。

 

 

 

 

「連続使用時間が20時間もあるので、1泊2日のキャンプなら、本体に満タン灯油を入れておけば、給油をする必要はありません」

 

給油のポリタンクが必要ないので、荷物の削減にもなります。

 

 

 

 

「給油口の蓋のパッキンがしっかりとしているので、灯油を入れて車で運んでも漏れません」

 

 

 

 

「トヨトミレインボーストーブは、ガラスに特殊なレインボー加工がされている為、7色に光る炎を実現」

 

燃焼時は40wの明るさがあるので、テント内を優しく包み込むように照らしてくれます。

 

 

 

 

「アスガルド7.1を保有されている方は、レインボーストーブがおすすめ」

 



 

 

 

 

 

パセコストーブ
 

 

「キャンプで一番売れている石油ストーブが、パセコストーブ」

 

パセコストーブは、キャンプの石油ストーブで一番売れていて人気の石油ストーブ。

 

https://aporito-online.com/

 

 

「パセコは、韓国で1974年創業の50年続く歴史あるブランド」

 

27国を超える国に輸出しており、中東ではナンバーワンのシェアを確立。

 

コスダックにも上場しているブランドなので、安心して購入ができます。

 

https://aporito-online.com/

 

 

「石油ストーブの暖かさを表すのに、暖房出力という数字があります」

 

パセコストーブは、暖房出力が3.0kwとなっていて、アルパカストーブと同じ暖かさになっています。

 

同じ暖かさのアルパカストーブですが、パセコストーブの方が人気。

 

https://aporito-online.com/

 

 

「パセコストーブの人気がある理由は、値段の安さ」

 

1万円台で、お手軽に購入できるのが、パセコストーブのおすすめする所

 

パセコストーブは、アスガルド7.1とアスガルド12.6におすすめ。

 

BURN FREELY

 

 

「気温の下がる真冬のキャンプでも、アスガルド7.1内でパセコストーブを付けるとかなり暖かくなります」

 

アスガルド12.6の場合、パセコストーブだけだと少し寒い日もあるかもしれないので、カセットストーブなどを併用すると完璧。

 

我が家は、暖房出力のよく似たフジカハイペットで石油ストーブとカセットストーブを併用しています。

 

 

 


「アスガルド7.1でフジカハイペットを使用してますが、かなり暖かいですよ」

 

 

 

 

「パセコストーブは、現在キャンプで一番人気があり、売れている石油ストーブ」

 

osakacampal

 

 

 

 

 

 

 

コロナ対流型ストーブorトヨトミKS-67H
 

 

「キャンプの石油ストーブで最強と言われているのが、コロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67H」

 

石油ストーブの暖かさを測るのに、暖房出力という数字があります。

 

 

 

 

「キャンプで有名なアルパカストーブの暖房出力は3.0kw」

 

アルパカ ストーブ

 

 

「コロナ対流型ストーブの暖房は6.59kwあり、アルパカストーブの2倍以上の暖かさ」

 

大型2ルームテントのランドロックでも、コロナ対流型ストーブ1台で、真冬のキャンプが暖かいです。

 

我が家は、ノルディスクのアルフェイム19.6にコロナ対流型ストーブを使用しています。

 

 

 

 

 

「アルフェイム19.6のサイズは、アスガルド19.6の大きさとよく似ています」

 

コロナ対流型ストーブは、アスガルド12.6とアスガルド19.6におすすめ。

 

サイズは大きいですが、かなり暖かいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「トヨトミKS-67Hの暖房出力も6.66kwあり、こちらも大型2ルームテントのランドロックでもこれ1台で、真冬のキャンプが暖かく過ごせます」

 

アスガルド12.6とアスガルド19.6に、トヨトミKS-67Hはおすすめ。

 

アマゾン

 

 

 

 

 

 

 

「石油ストーブを付けると必ず発生するのが、一酸化炭素」

 

一酸化炭素の濃度が上がったらアラームが鳴る、一酸化炭素警報機があると安心。

 

警報機があると、一酸化炭素中毒になるリスクがかなり減ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「我が家は、FUTURE FOXのストーブファン、FOX-FANを使用しています」

 

FOX-FANは、電池やコンセントを使わずに、ストーブの熱でファンを回転させます。

 

ストーブの上部から出る熱を、ファンを使って循環させるので、FOX-FANがあるとテント内がかなり暖かいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「フィールドアのストーブファンは、ストーブファンで人気の商品」

 

値段も手頃なので、おすすめします。

 

FIELDOOR

 

 

 

 

 

 

 

「首振りタイプのストーブファンもフィールドアから発売されています」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アスガルド
 

 

「アスガルドは、我が家が長年使用しているテント」

 

生地が分厚くしっかりとしているので、痛むことなく、これからも長く使用できると思います。

 

アスガルドには、7.1・12.6・19.6の3種類のサイズがあります。

 

楽天市場

 

 

「アスガルド7.1は、3人までで使用できる大きさ」

 

300×265cmで、高さ200cmのアスガルド7.1のサイズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「アスガルド12.6は、4人家族までで使用できる大きさ」

 

400×375cmで、高さ250cmのアスガルド12.6のサイズ。

 

楽天市場

 

 

 

 

 

 

 

「アスガルド19.6は、5人家族までで使用できる大きさ」

 

500×470cmで、高さ300cmのアスガルド19.6のサイズ。

 

楽天市場

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

今回は、アスガルドは夏涼しいのか?冬場は暖かいのか?おすすめの石油ストーブも紹介しました。

 

アスガルドは、メッシュになる窓や出入り口が多くないので、風通しがあまりよくありません。

 

夏場涼しいテントの条件は、風通しが良いか悪いかで決まります。

 

風通しのよくないアスガルドは、夏場は涼しくありません。

 

アスガルドは、ポリコットン生地が分厚いので、暖房器具で温めた空気が外に逃げにくいです。

 

冬場は、他のテントより暖かく過ごせます。

 

アスガルドは、夏キャンプを除く春・秋・冬キャンプにおすすめ。

 

以上、「7年間使用レビュー!アスガルドは夏冬使って快適?石油ストーブも詳しくブログで紹介!アスガルド7.1・12.6・19.6を徹底解説」でした。

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!