選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【3台保有】小型でコンパクトな石油ストーブ!キャンプでおすすめ



 

「年間50泊程、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊していると、ほぼ毎週がキャンプ」

 

キャンプに行く時間が長ければ長いほど、快適に過ごしたいと思います。

 

 

 

 

「春や秋は寒暖差で、昼間は気温が上がりますが朝晩が冷え込みます」

 

冬キャンプは、1日を通して寒いまま。

 

夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプに寒さ対策は必要です。

 

 

 

 

「特に冬キャンプは、しっかりとした寒さ対策が不可欠」

 

 

 

 

「キャンプの寒さ対策は、いろいろとあります」

 

例えば、地面からの冷気対策やテント選びなど、他にもたくさんあると思います。

 

 

 

 

「いろいろある寒さ対策の中で、今回は石油ストーブについて」

 

寒い季節にキャンプをするなら石油ストーブがあった方が暖かく過ごせます。

 



 

今回は、小型でコンパクトな石油ストーブを詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 


 

 
 
*タイトル
【3台保有】小型でコンパクトな石油ストーブ!キャンプでおすすめ

 

 

 

 

 

ストーブファン

 

「ストーブファンは、電池やコンセントを使用せずに、ストーブ熱を利用して発電します」

 

発電したストーブ熱で、ファンを回転させて暖かい空気を循環させる装置。

 

 

 

 

「薪ストーブや石油ストーブは、天井付近に熱が対流しがちで、足元が温まりにくいです」

 

ストーブファンを使うと、暖かい空気を下まで送ることが可能。

 

 

 

 

「空気を循環させることで、暖かい空気が隅々まで広がり、幕内の温度を上昇させる役割があります」

 



 

「我が家は、フィールドアのストーブファンを使用」

 

フィールドアのストーブファンは、5枚の羽でしっかりと風を送ります。

 



 

「ストーブの温度に合わせ高温になるほど、早く回転速度が変わります」

 



 

「移動時に便利なハンドルが付いているので、持ち運びに便利」

 


 

 

「フィールドアのストーブファンの一番の特徴は、カバーが付いていること」

 

カバーが付いているので、安全で安心して使用できます。

 

 

 

 

「ストーブファンがあるのと無いのとでは、幕内の暖かさがかなり変わってきます」

 

 

 

 

「冬キャンプで暖かく過ごすには、カバーが付いているフィールドアのストーブファンがおすすめ」

 

 

 


 

 

 

 

 

「首振り機能が付いているフィールドアのストーブファンもあります」

 

 

 


 

 

 

 

 

キャンプでおすすめストーブ

 



 

「現在人気があり、ランキング上位のコンパクト石油ストーブは、フジカハイペット・レインボーストーブ・パセコストーブ・アルパカストーブ・グローストーブの5種類」

 

石油ストーブを購入されるなら、5種類の石油ストーブの中から選ばれることをおすすめします。

 



 

「5種類の石油ストーブは、キャンプで多くの方が使用されていて、安心して使えるブランドです」

 

 

 

 

「我が家が現在キャンプで使っている石油ストーブは、フジカハイペット・レインボーストーブ・コロナ対流型ストーブの3種類」

 

その3種類は、季節や使うテントの大きさで決めています。

 

 

 

 

 

 

「フジカハイペットは、中型幕で冬キャンプをする時に使っています」

 



 

「冬キャンプで大型幕を設営する時は、キャンプで使う石油ストーブの中でも一番暖かいとされているコロナ対流型ストーブを使用」

 



 

「春や秋キャンプにメインで使っているのが、トヨトミレインボーストーブ」

 

2〜3人用のテントだと、冬キャンプでも使用できます。

 

 

 

 

反射式石油ストーブ

 



 

「石油ストーブは、対流式と反射式の2種類があります」

 

我が家は対流式の石油ストーブを3台、反射式の石油ストーブを1台保有しています。

 

 

 

 

 

 

 

「反射式の石油ストーブは、持ち運びが大変ということで、キャンプではあまり使用していません」

 

数回キャンプで使用しましたが、かなり不便に感じてしまいました。

 



 

「キャンプで持ち運びと運搬が大変なので、これから反射式の石油ストーブを購入する予定のある方はおすすめしません」

 



 

「車で持ち運びされるなら、タンク一体型の対流式石油ストーブをおすすめします」

 

 

 

 

「反射式石油ストーブは、後方に反射板が備え付けてあり、燃焼された熱が反射板に反射し、ストーブ正面に熱を集中させます」

 

ストーブで燃焼した空気が上昇し、対流することで全体を暖める対流式石油ストーブとは全く違う構造。

 

キャンプでは石油ストーブの近くにいることが多いので、どちらかというと反射式石油ストーブの方が輻射熱効果で暖かいです。

 



 

「使用して暖かい反射式石油ストーブですが、キャンプではおすすめしません」

 

反射式石油ストーブの多くは、タンクが別になっており、車で運ぶ場合タンクの中にある灯油を全て抜かないと燃料漏れを起こしてしまいます。

 



 

対流式石油ストーブ

 



 

「対流式石油ストーブは、石油ストーブ本体と石油タンクが一体式になっています」

 

石油ストーブ本体と石油タンクが一体式になっている為、車で運んでも灯油漏れを起こしません。

 



 

 

レインボーストーブ

 

「レインボーストーブは、気温が下がる冬キャンプより、春や秋のキャンプに使いやすい石油ストーブ」

 

2〜3人用のテントなら幕内がそれ程広くはないので、冬キャンプでも使用できます。

 

こじんまりしたテントを使っている方にも、レインボーストーブはおすすめです。

 



 

「レインボーストーブの人気がある理由は、圧倒的な燃費の良さ」

 

灯油を満タンに入れてハイパワーにしても、20時間使える燃費の良さがあります。

 

他の石油ストーブと比べて、燃費に優れているのがレインボーストーブの特徴。

 

 

 

 

「我が家は使い勝手と燃費の良さで、レインボーストーブを選びました」

 

 

 

 

「連続燃焼時間が20時間あるレインボーストーブは、自宅で灯油を満タンにすれば、補給用のポリタンクは必要ありません」

 

補給用のポリタンクを持っていく必要がないので、荷物の削減にもなります。

 

 

 

 

「レインボーストーブは、ガラスに特殊なレインボー加工を施しています」

 

燃焼中は40wの明るさで7色に輝き、優しく包み込まれるように照してくれます。

 

 

 

 

 

「レインボーストーブは、圧倒的な燃費と使い勝手の良さ、7色に輝く炎ががとてもきれいです」

 

 

トヨトミレインボーストーブ

暖房出力:2.50kw

タンク容量:4.9L

連続燃焼時間:20時間

高さ474.5×幅388×奥行き388mm

 

 


 

 

 

 

 

 

フジカハイペット

 

「フジカハイペットは、燃料タンクに灯油を満タンに入れて10時間〜12時間使用することができます」

 

高度3000mにおける燃焼が確認済み。

 

どんな厳しい環境でも使用できる耐久性があります。

 

 

 

 

「日本の他、中国・韓国・アメリカ・ヨルダン・ブラジルなどで販売されていて、商標登録もされています」

 



 

 

「特別設計の燃焼筒により、点火時や消火時にも炎が大きくなったり、黒い煤が出たりするのが軽減されています」

 

フジカハイペットが倒れても灯油が漏れにくい特殊構造の燃料タンク。

 

自動消火装置も搭載されているので、火災のリスクが軽減されます。

 

 

 

 

「日本製で安心して使えるのがフジカハイペットの良さ」

 

我が家は、購入して良かったと思っています

 

 

フジカハイペット

暖房出力:2.5kw

タンク容量:3.6L

連続燃焼時間:10時間

高さ432×幅310×奥行き310mm

 

 

 


 

 

 

 

 

 

パセコストーブ

 

「パセコストーブが、今人気で売れている理由は、おしゃれなデザインと値段の安さ」

 

見た目がアルパカストーブと似ていて、値段はアルパカストーブの半額程とお手軽。

 

 

 

 

「石油ストーブの暖かさを知るのに、暖房出力という数字があります」

 

暖房出力の高い石油ストーブ程、暖かくなっています。

 

アルパカストーブが3.0kwの暖房出力に対して、パセコストーブも同じ3.0kw。

 



 

「パセコストーブは、アルパカストーブと同じ暖かさで、2万円までで購入できるので、かなりコスパに優れています」

 



 

「パセコストーブは、給油口のパッキンもしっかりとしているので、灯油を入れて持ち運んでも灯油漏れを起こしません」

 



 

「パセコは、アジア・中東・北米・南米・ヨーロッパ・アフリカなどの27を超える国々に輸出」

 

中東においては、市場No.1のシェアを獲得。

 

韓国では、コスダックにも上場している企業なので、安心して購入できます。

 



 

「おしゃれで、今流行りの大人気の石油ストーブはパセコストーブ」

 

 

パセコストーブ

暖房出力:3.00kw

タンク容量:5.3L

連続燃焼時間:18時間

Φ325×441mm

 

 


 

 

 

 

 

 

アルパカストーブ

 

「アルパカストーブは、韓国製の石油ストーブながら日本の厳しい安全基準をクリアしているので、安心して使用できます」

 



 

「暖房出力が3.0kwあるので、冬キャンプでも使える暖かさ」

 



 

「安全で尚且つ、冬キャンプでも使える暖かさのあるのがアルパカストーブ」

 

 

アルパカストーブ

暖房出力:3.00kw

タンク容量:3.7L

連続燃焼時間:10時間

高さ420×幅350×奥行き350mm

 

 


 

 

 

 

 

 

グローストーブ

 

「グローストーブは、スノーピークから発売されている石油ストーブ」

 

 

 

 

「トヨトミのOEM製品ですが、レインボーストーブとは全く異なっています」

 

レインボーストーブは、側面から出る熱量が弱く輻射熱効果が低い石油ストーブ。

 

それに対してグローストーブは、天井部分も含めて、側面からも熱が出ます。

 

ヒマラヤ

 

 

「側面から熱が出るので、輻射熱が高く暖かいです」

 

暖房出力が2.54kwあるので、冬キャンプでも使用可能。

 

アルペンアウトドアーズ 札幌発寒店

 

 

「グローストーブは、スタイリッシュな雰囲気とおしゃれなデザインで、置いておくだけだけでもインテリアになります」

 

カラーのブラック色が、とてもかっこいいです。

 

 

グローストーブ

暖房出力:2.54kw

タンク容量:4.9L

連続燃焼時間:20時間

高さ474×幅388×奥行き388mm

 

 


 

 

 

 

 

 

トヨトミKR-47A

 

「トヨトミKR-47Aはふたつの燃焼方式で、良いトコどり」

 



 

「1段目の赤熱式は、通常の反射形ストーブでよく使われている燃焼方式で、赤外線が発生しじんわりとした暖かさが広がります」

 

2段目の白光炎式は、対流形石油ストーブに使われている燃焼方式で、遠赤外線が発生する特殊コーティングを採用。

 

ダブル燃焼方式で、遠赤外線を発生させる為、体の芯までポカポカになります。

 



 

「匂いの元を燃やし切るので、トヨトミ石油ストーブにおいて消臭ナンバーワンの商品」

 

トヨトミKR-47Aは暖房出力が4.7kwあるので、アルパカストーブやパセコストーブの3.0kwよりかなり暖かいです。

 

 

トヨトミKR-47A

燃焼継続時間:15時間

暖房出力:4.7kW

寸法:560X474X474(h)

質量(Kg): 12

 



 

 


 

 

 

 

 

どの石油ストーブが暖かい?

 



 

「石油ストーブの暖かさを知る上で、調べておきたいのが暖房出力」

 

暖房出力が大きいほど、暖房力が高くなります。

 

 

石油ストーブの暖房出力とは

石油ストーブが発する熱量をkw単位で表したもの

 

 

 

「キャンプで使うコンパクトな石油ストーブで、一番暖かいのが、暖房出力が3.0kwあるパセコストーブとアルパカストーブ」

 

下記の表を見ると、パセコストーブとアルパカストーブが暖かいということがわかります。

 

 

レインボーストーブ

暖房出力2.5kw

タンク容量4.9L

連続燃焼時間20時間

フジカハイペット

暖房出力2.56kw

タンク容量3.6L

連続燃焼時間10時間

パセコストーブ

暖房出力3.0kw

タンク容量5.3L

連続燃焼時間18時間

アルパカストーブ

暖房出力3.0kw

タンク容量3.7L

連続燃焼時間10時間

グローストーブ

暖房出力2.54kw

タンク容量4.9L

連続燃焼時間20時間

 

 

 

「コンパクト石油ストーブの中でも暖かい石油ストーブを探しておられる方は、パセコストーブかアルパカストーブがおすすめ」

 



 

「パセコストーブは暖房出力が3.0kwあり、冬キャンプでも使える暖かさ」

 

手頃な値段で購入できるのもパセコストーブの人気がある理由。

 

 

パセコストーブ

暖房出力:3.00kw

タンク容量:5.3L

連続燃焼時間:18時間

Φ325×441mm

 

 


 

 

 

 

 

「アルパカストーブは、韓国製の石油ストーブながら、日本の厳しい安全基準をクリアしているので、安心して使用できます」

 

暖房出力が3.0kwあり、冬キャンプでも使うことができます。

 

 

アルパカストーブ

暖房出力:3.00kw

タンク容量:3.7L

連続燃焼時間:10時間

高さ420×幅350×奥行き350mm

 

 


 

 

 

 

 

人気ランキングのトップは?

 



 

「コンパクトな石油ストーブで、一番人気があり売れているのがパセコストーブ」

 

パセコストーブの人気があり売れている理由は、手頃な値段で購入できる石油ストーブだから。

 



 

「尚且つ暖房出力が3.0kwあるので、冬キャンプでも使える暖かさがあります」

 

パセコストーブは、暖かくて値段が安いということで、人気がありかなり売れています。

 

 

パセコストーブ

暖房出力:3.00kw

タンク容量:5.3L

連続燃焼時間:18時間

Φ325×441mm

 

 


 

 

 

 

 

燃費が良いのは?

 



 

「キャンプで使うコンパクト石油ストーブで、燃費が良いのはレインボーストーブとグローストーブ」

 

両方ともにタンク容量が4.9Lあり、連続燃焼時間が20時間あります。

 

 

レインボーストーブ

タンク容量4.9L

連続燃焼時間20時間

フジカハイペット

タンク容量3.6L

連続燃焼時間10時間

パセコストーブ

タンク容量5.3L

連続燃焼時間18時間

アルパカストーブ

タンク容量3.7L

連続燃焼時間10時間

グローストーブ

タンク容量4.9L

連続燃焼時間20時間

 

 

 

「レインボーストーブは、ハイパワーで使用しても連続燃焼時間が20時間使えます」

 

火力をセーブすると、40時間の連続燃焼時間があります。

 

 

 

 

「1泊2日のキャンプなら自宅で灯油を満タンにして行けば、途中で給油する必要はありません」

 

途中の給油が必要ないので、補給用のポリタンクを持って行かなくても大丈夫。

 

補給用のポリタンクが必要ないので、荷物の削減にもなります。

 

 

 

 

「燃費が良いコンパクト石油ストーブを探しておられる方は、レインボーストーブがおすすめ」

 

 

トヨトミレインボーストーブ

暖房出力:2.50kw

タンク容量:4.9L

連続燃焼時間:20時間

高さ474.5×幅388×奥行き388mm

 

 


 

 

 

 

 

「グローストーブも連続燃焼時間が20時間ある燃費が良いコンパクト石油ストーブ」

 

スノーピーク製品で、見た目がおしゃれなのが特徴。

 

 

グローストーブ

暖房出力:2.54kw

タンク容量:4.9L

連続燃焼時間:20時間

高さ474×幅388×奥行き388mm

 

 


 

 

 

 

 

春秋キャンプがメイン

 



 

「冬キャンプはせず、春や秋のキャンプがメインの方は、レインボーストーブがおすすめ」

 

2〜3人用のテントなら冬キャンプでも暖かいです。

 



 

「レインボーストーブは、ハイパワーで使って連続燃焼時間が20時間」

 

炎をセーブすると、40時間も使える燃費の良さがあります。

 

燃費が良いので、キャンプでかなり重宝します。

 

 

トヨトミレインボーストーブ

暖房出力:2.50kw

タンク容量:4.9L

連続燃焼時間:20時間

高さ474.5×幅388×奥行き388mm

 

 


 

 

 

 

 

冬キャンプで暖かい

 



 

「冬キャンプにメイン石油ストーブとして使用するならパセコストーブかアルパカストーブ」

 

パセコストーブとアルパカストーブは、暖房出力が両方ともに3.0kwあり暖かいです。

 



 

「手頃な値段で購入でき暖かいのがパセコストーブ」

 

 

パセコストーブ

暖房出力:3.00kw

タンク容量:5.3L

連続燃焼時間:18時間

Φ325×441mm

 

 


 

 

 

 

 

「アルパカストーブは、韓国製の石油ストーブながら、日本の厳しい安全基準をクリアしているので、安心して使用できます」

 

暖房出力が3.0kwあり、冬キャンプでも使うことができます。

 

 

アルパカストーブ

暖房出力:3.00kw

タンク容量:3.7L

連続燃焼時間:10時間

高さ420×幅350×奥行き350mm

 

 


 

 

 

 

 

ヒューナースドルフの燃料タンク

 

 

 

 

「石油ストーブをキャンプで長く使うと、補給用のポリタンクが必要です」

 

我が家は、ヒューナースドルフの燃料タンクを使用。

 

 

 

 

「ヒューナースドルフの燃料タンクの人気があり売れている理由は、ミリタリーカラーでかっこよくおしゃれな所」

 

国連の認証を受けたヒューナースドルフの燃料タンクは、安全性や信頼性があります。

 

 

 

 

「蓋はチャイルドロック式になっていて、高い気密性があり、灯油漏れを起こしません」

 

 

 

 

「実際に我が家も灯油を入れて車で持ち運びしてますが、今まで灯油漏れを起こしたことはないです」

 

 

 

 

「ヒューナースドルフの燃料タンクは、5Lと10Lサイズがあります」

 

トヨトミレインボー・フジカハイペット・パセコストーブ・アルパカストーブ・グローストーブなどの小型石油ストーブは、ヒューナースドルフの燃料タンク5Lがおすすめ。

 

 

 


 

 

 

 

 

「幕内で石油ストーブを使用される場合は、必ず換気をし、一酸化炭素警報機を設置して下さい」

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

今回は、キャンプで使うコンパクトな石油ストーブを紹介しました。

 

現在人気があり、ランキング上位のコンパクトな石油ストーブは、フジカハイペット・レインボーストーブ・パセコストーブ・アルパカストーブ・グローストーブの5種類。

 

石油ストーブを購入されるなら、5種類の石油ストーブの中から選ばれることをおすすめします。

 

その5種類の石油ストーブは、キャンプで多くの方が使用されていて、安心して使えるブランドです。

 

我が家は、フジカハイペット・レインボーストーブ・コロナ対流型ストーブを保有し使用しています。

 

その3種類は、季節や使うテントの大きさで決めています。

 

フジカハイペットは、中型幕で冬キャンプをする時に使っています。

 

冬キャンプで大型幕を設営する時は、キャンプで使う石油ストーブの中でも一番暖かいとされているコロナ対流型ストーブを使用。

 

春や秋キャンプにメインで使っているのが、トヨトミレインボーストーブ。

 

以上、「【3台保有】小型でコンパクトな石油ストーブ!キャンプでおすすめ」でした。

 

 

 

 

     

【ナチュラム】セール開催中