年間50泊キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

どっちがいいの?コロナ対流型石油ストーブかトヨトミKS-67H!燃費・サイズ・容量を紹介!キャンプで便利。

 

 

 

「年間50泊程、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

年間50泊もキャンプをしていると、キャンプでは快適に過ごしたいといつも思っています。

 

 

 

 

「春や秋のキャンプは、寒暖差で昼間は気温が上がりますが、朝晩が冷え込みます」

 

冬キャンプは、1日を通して寒いまま。

 

夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプに寒さ対策は必要です。

 

 

 

 

「寒さ対策をしなければ、キャンプで快適には過ごせません」

 

 

 

 

「キャンプの寒さ対策は、石油ストーブ・湯たんぽ・電気毛布・ホットカーペットなど、他にもいろいろとあります」

 

いろいろある寒さ対策の中で、最も必要なのが石油ストーブだと思います。

 

我が家は、レインボーストーブ・フジカハイペット・コロナ対流型ストーブの3台を保有しています。

 

 

 




石油ストーブを3台保有している我が家が、コロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67Hを購入するならどっちがいいのか?レインボーストーブも含めて詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

*タイトル
どっちがいいの?コロナ対流型石油ストーブかトヨトミKS-67H!燃費・サイズ・容量を紹介!キャンプで便利

 

 

 

 

「キャンプで最強の石油ストーブと言われているのが、コロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67H」

 

暖かさがほぼ同じの2種類のストーブですが、購入するならどちらが良いのか迷われると思います。

 

今回は、コロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67Hだけではなく、サイズ・容量・燃費がわかりやすいように、レインボーストーブも含めて紹介したいと思います。

 

Yahoo!ショッピング 

 

 



 

サイズ
 

 

「トヨトミKS-67Hとコロナ対流型ストーブは、サイズがほぼ同じ」

 

下記のサイズを見てもらうと、ほぼ同じサイズですが、若干コロナ対流型ストーブの方がコンパクト

 

 

コロナ対流型ストーブ

高さ598×幅460×奥行き460cm

 

トヨトミKS-67H

高さ583×幅482×幅482cm

 

レインボーストーブ

高さ474.5×幅388×奥行き388

 

 

 

「レインボーストーブのサイズも参考に表記してみましたが、いかにコロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67Hが大きいのがわかります」

 

サイズの大きな石油ストーブなので、購入される前に一度どれぐらいの大きさか、メジャーなどで確認されたら良いと思います。

 

コロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67Hを比べてみると、若干ですがコロナ対流型ストーブの方がコンパクト。

 

 

 

 

暖かさ
 

 

「トヨトミKS-67Hとコロナ対流型ストーブの暖房出力は下記の通り」

 

石油ストーブの暖かさを表すのに、暖房出力という数字があります。

 

暖房出力が高い程、暖かい石油ストーブになります。

 

 

Yahoo!ショッピング 

 

 

コロナ対流型ストーブ:6.59kw

トヨトミKS-67H:6.66kw

レインボーストー:2.50kw

 

 

 

「コロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67Hと、レインボーストーブを比べてみると、倍以上の暖かさの違いがあります」

 

コロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67Hが、いかに暖かいかが分かります。

 

 

 

 

「我が家はノルディスクのワンポールテント、アルフェイム19.6を使用しています」

 

アルフェイム19.6のサイズは、500×500cmで高さ350cmとなっており、大型幕の部類に入ります。

 

我が家は真冬のキャンプに、アルフェイム19.6の暖房器具としてコロナ対流型ストーブを使用しています。

 

 

 

 

 

「真冬のキャンプに、コロナ対流型ストーブをアルフェイム19.6で使った感想は、めちゃくちゃな暖かさは感じられませんが、まぁまぁ厚着をすれば大丈夫な範囲」

 

 

 

 

「500×500×350cmの大型ワンポールテントでも、真冬のキャンプでまぁまぁ暖が取れるので、例えばスノーピークのランドロックやコールマンの2ルームテントなら全く問題はないと思います」

 

トヨトミKS-67Hとコロナ対流型ストーブは、それ程暖かさの違いはありません。

 

 

 

 

タンク容量
 

 

「トヨトミKS-67Hとコロナ対流型ストーブのタンク容量は下記の通り」

 

 

コロナ対流型ストーブ

タンク容量:7L

 

トヨトミKS-67H

タンク容量:6.3L

 

レインボーストーブ

タンク容量:4.9L

 

 

 

「トヨトミKS-67Hより若干コロナ対流型ストーブの方が、灯油が入ります」

 

7Lと6.3Lの違いなので、それ程変わらない感じがします。

 

レインボーストーブの4.9Lと比べてみると、コロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67Hが、たくさん灯油が入るということが分かります。

 

 

 

 

「コロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67Hは、燃費がそれ程よくないので、1泊2日のキャンプでも灯油の補給が必要でポリタンクがいります」

 

我が家は、今大人気のヒューナースドルフの燃料タンクを使用しています。

 

ヒューナースドルフの燃料タンクは、ドイツ製になっており、安全性や使い勝手が良いのが特徴。

 

 

 

 

「見た目がおしゃれでかっこ良く、我が家はとても気に入っているアイテム」

 

 

 

 

「残念なところは、付属のノズルが燃料漏れを起こすこと」

 

我が家は、ノズルを使用していません。

 

 

 

 

 

「代わりに、ダイソーで購入した灯油ポンプで、給油しています」

 

灯油ポンプで給油をすると、漏れは全く問題はなし。

 

 

 

 

「ヒューナースドルフの燃料タンクに灯油を入れて車で持ち運びをしますが、本体は全く灯油漏れを起こしません」

 

我が家は、5Lと10Lのヒューナースドルフの燃料タンクを保有しています。

 

 



 

「コロナ対流型ストーブのタンク容量は7Lで、トヨトミKS-67Hのタンク容量は6.3L」

 

燃料タンクが、共に5L以上もあるのでヒューナースドルフの燃料タンクは10Lがおすすめ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

燃費
 

 

「トヨトミKS-67Hとコロナ対流型ストーブのタンク容量は、0.7L程違っています」

 

それに伴い、連続燃焼時間も変わってきます。

 

アマゾン

 

コロナ対流型ストーブ

タンク容量7L

連続燃焼時間10.9時間

 

トヨトミKS-67H

タンク容量6.3L

連続燃焼時間9.7時間

 

 

 

「トヨトミKS-67Hに比べて、コロナ対流型ストーブの方が連続燃焼時間が多いですが、タンク容量が違います」

 

コロナ対流型ストーブの容量が7Lで、トヨトミKS-67Hのが6.3L。

 

タンク容量が多い分、コロナ対流型ストーブの方が連続燃焼時間が長くなっています。

 

 

 

 

「実際に使用してみると、それ程燃費に関しては違いはないと思います」

 

 

 

 

重さ
 

 

「重量は、トヨトミKS-67Hとコロナ対流型ストーブも、それ程変わりはないです」

 

Yahoo!ショッピング 

 

コロナ対流型ストーブ:11.2kg

 

トヨトミKS-67H:11kg

 

レインボーストーブ:6.2kg

 

 

 

「レインボーストーブが6.2kgに対して、コロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67Hは11kg」

 

コロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67Hが、いかに重量があるのかがわかります。

 

重量は、コロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67Hも、それ程変わりはないです。

 



 

価格
 

 

「トヨトミKS-67Hとコロナ対流型ストーブのちょっとした違いは価格」

 

 

コロナ対流型ストーブ:2万円

 

トヨトミKS-67H:2万4千円

 

レインボーストーブ:2万1千円

 

 

 

「トヨトミKS-67Hとコロナ対流型ストーブの価格は、多少の金額の上下はありますが、基本コロナ対流型ストーブの方が安いです」

 

値段が若干安いのがコロナ対流型ストーブ。

 



 

対流式ストーブ
 

 

「トヨトミKS-67Hとコロナ対流型ストーブは、対流式ストーブになっています」

 

 

対流式ストーブ

石油ストーブの熱によって発生した暖かい空気は、上昇して対流することで、全体を暖めます。

 

 

 

「トヨトミKS-67Hとコロナ対流型ストーブを幕内で使用すると、じんわりと幕全体が暖かくなります」

 

対流式ストーブのコロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67Hは、天井付近に熱が溜まりやすく、ストーブファンを使用することで暖かい空気が下方面にいきます

 

 

 

 

「ストーブファンを使用すると、暖かい空気が下に行くので、足元がかなり暖まりますよ」

 

電池やコンセントを使わずに、ストーブの熱を利用して発電し、ファンを回転させることで、幕内が循環します。

 

 

 

 

「トヨトミKS-67Hとコロナ対流型ストーの使用時に、ストーブファンを使うと、より幕内が暖かくなるのでおすすめ」

 

 

 

 

「我が家は、FUTURE FOXのFOX-FANを使用しています」

 

見た目がおしゃれで高級感があり、しっかりとつくられているのがFOX-FAN。

 

 

 

 

 

 

 

 

「フィールドアのストーブファンは、今人気の商品」

 

手頃な値段で販売されているのもフィールドアのストーブファンの良い所。

 

FIELDOOR

 

 

 

 

 

 

 

「首振りタイプのストーブファンもフィールドアから発売されています」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どっちを選ぶ
 

 

「トヨトミKS-67Hとコロナ対流型ストーブ共に、大きな違いはないのですが、サイズが若干小さく値段が少し安いコロナ対流型ストーブの方が、我が家は良い感じがします」

 



 

「後は、2つの石油ストーブの見た目も大事」

 

我が家は、コロナ対流型ストーブの方が好みで購入しました。

 

使用してみて、とても重宝しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「丸型の石油ストーブが好みという方は、トヨトミKS-67Hがおすすめ」

 

アマゾン

 

 

 

 

 

 

 

「トヨトミKS-67Hとコロナ対流型ストーブの使用時は、一酸化炭素が発生するリスクがあります」

 

幕内で使われる場合は、必ず換気をして下さい。

 

一酸化炭素警報機があれば、一酸化炭素中毒になるリスクが下がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

今回は、トヨトミKS-67Hとコロナ対流型ストーブのサイズ・重さ・暖かさ・タンク容量・燃費なとを紹介しました。

 

トヨトミKS-67Hとコロナ対流型ストーブの大きな違いはありません。

 

違いがないということは、後は見た目になります。

 

我が家もコロナ対流型ストーブを購入する時に、かなり迷いました。

 

我が家的には、トヨトミKS-67Hよりコロナ対流型ストーブのスタイルを気に入って選びました。

 

コロナ対流型ストーブを使用してみて、特に不満なことはありません。

 

コロナ対流型ストーブ1台で、幕内が暖まるのでとても重宝しています。

 

我が家的には、コロナ対流型ストーブを選んでよかったと思います。

 

以上、「どっちがいいの?コロナ対流型石油ストーブかトヨトミKS-67H!燃費・サイズ・容量を紹介!キャンプで便利」でした。

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!