選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

焚き火で灰が飛ぶのはなぜ?飛ばない対策を徹底検証

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「キャンプの楽しみは、皆さんいろいろあると思います」

 

我が家のキャンプの楽しみは、ゆったりとお酒をいただくこと。

 

焚き火を囲みながら飲むお酒は最高です。

 

 

 

 

「キャンプに行くと毎回焚き火を楽しみたいのですが、雨の日や風が強い日などは、焚き火はしにくいです」

 

特に風が強い日は、焚き火の灰や火の粉が舞い上がってしまいます。

 



 

今回は、焚き火の灰が飛ぶ対策について、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
*タイトル
焚き火で灰が飛ぶのはなぜ?飛ばない対策を徹底検証

 



 

焚き火で灰が飛ぶ対策

 



 

「焚き火で灰が飛ぶ対策として、一番のおすすめが焚き火台の周りにリフレクターを設置すること」

 

焚き火台の周りにリフレクターを設置することで、風の影響を軽減できます。

 



 

「風の影響を軽減できるので、灰が舞い上がることが少なくなります」

 

 

 

 

「焚き火で灰が飛ぶようなら、焚き火台の周りにリフレクターを設置して下さい」

 

我が家も焚き火をする時は、風の影響を軽減し暖かく過ごす為に必ずリフレクターを使っています。

 

 

 

 

キャンプグリーブの大型風防板
 

 

「最近はキャンプ人気が落ち着いてきましたが、それでもいろいろなブランドから焚き火リフレクターが発売されています」

 

いざ購入しようと思ってもたくさんありすぎて、どのブランドの焚き火リフレクターを選んだらいいか迷います。

 

いろいろある焚き火リフレクターの中で、我が家がおすすめするのがキャンプグリーブの大型風防板。

 

 

 

 

「キャンプグリーブの大型風防板は、シリーズ累計販売台数が10万個売れた脅威の焚き火リフレクター」

 

キャンプグリーブの大型風防板の人気があり売れている理由は、使い勝手がよくしっかりとしたつくりだから。

 



 

「厚みがあり重みもあるので、ペグで固定するとしっかり安定します」

 

風がある日でもペグダウンすることで倒れません。

 

 

 

 

「最大8ヶ所にOリングが付いているので、鍛造ペグで固定することも可能」

 



 

「キャンプグリーブの大型風防板を設置すると、焚き火の炎を反射させる為、かなり暖かく過ごせます」

 



 

「炎が安定するので、灰や火の粉が飛ぶのをガード」

 

風の影響を軽減するので、薪も長持ちします。

 

 

 

 

「専用ケースも付属されていて、丈夫で裂けにくい厚手の600D生地を採用」

 

 

 

 

「キャンプグリーブの大型風防板があれば、真冬のキャンプでも暖かく過ごせます」

 

焚き火の火の粉で灰が飛ぶのも軽減できるのでおすすめ。

 

 

 


 

 

 

 

 

「内側がシルバーで外面がマットブラック塗装してあるキャンプグリーブの大型風防板も販売されています」

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

焚き火で灰が飛ぶ対策として、一番のおすすめが焚き火台の周りにリフレクターを設置すること。

 

焚き火台の周りにリフレクターを設置することで、風の影響を軽減できます。

 

風の影響を軽減できるので、灰が舞い上がることが少なくなります。

 

焚き火で灰が飛ぶようなら、焚き火台の周りにリフレクターを設置して下さい。

 

我が家も焚き火をする時は、風の影響を軽減し暖かく過ごす為に必ずリフレクターを使っています。

 

以上、「焚き火で灰が飛ぶのはなぜ?飛ばない対策を徹底検証」でした。

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!