年間50泊キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

夏キャンプで最強の虫対策!蚊に刺されなくなります!蚊はいつまで?季節は?詳しくブログで紹介。



 

「年間50泊程、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もキャンプをしていると、過ごしやすい季節と過ごしにくい季節がわかります」

 

1年で最も過ごしやすいのが、春や秋のキャンプ。

 

真夏程暑くはなく真冬程寒くならないので、重装備でなくてもキャンプができます。

 

 

 

 

「焚き火だけでも暖が取れ、焚き火を最も楽しめるのが春や秋のキャンプ」

 

 

 

 

「冬キャンプは、過ごしにくいと思われがちですが、しっかりとした装備をすれば快適に過ごせます」

 

装備選びに気をつけなければいけないのが、冬キャンプの特徴。

 

 

 

 

「1年で最も過ごしにくいのが、夏のキャンプ」

 

平地だと昼間は高温になり、夜は熱帯夜になることもあります。

 

 

 

 

「夏のキャンプは、標高の高いキャンプ場がおすすめ」

 

標高が100m上がると気温が0.6℃下がると言われていて、標高が高ければ高い程、涼しく過ごせます。

 

昼間は温度が上がりますが、夜が涼しく過ごせるのが、標高の高いキャンプ場の特徴。

 

 

 

 

「我が家も夏のキャンプは、標高の高いキャンプ場をよく利用します」

 

 

 

 

「夏キャンプが過ごしにくいと言われているもうひとつの理由に、虫の存在があります」

 

特に夏場は、寒い季節とは違いオープンタープやシェルターなどをオープンにして、外で過ごすことが増えます。

 

林間サイトや草地でキャンプをすると、必ずといっていい程、蚊が現れます。

 

 

 

 

「暑い時期にキャンプをするなら、蚊の対策は絶対に必要」

 

 

 

 

「水がきれいな清流の近くにキャンプに行くと、ブヨの発生もあります」

 

 

 

 

今回は、年間50泊キャンプに行く我が家が、蚊とブヨ対策を詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

*タイトル
夏キャンプで最強の虫対策!蚊に刺されなくなります!蚊はいつまで?季節は?詳しくブログで紹介

 

 

 

 

蚊に刺されなくする為の対策

 

 

 

 

蚊の発生する季節
 

 

「蚊が発生する季節は、6月〜8月頃あたりをイメージしますが、場所によっては4月や11月も蚊がいることもあります」

 

4月〜11月まで蚊が発生するとなると、半年以上もキャンプで蚊の対策は必要になります。

 

蚊の発生する時期は4月〜11月頃までですが、特に夏場の6月〜9月ぐらいは、蚊の発生が一番多い時期。

 

 

 

 

「蚊は、25℃〜30℃ぐらいまでが、一番活発に活動する温度で、30℃を超えると反対に活動が鈍くなります」

 

夏キャンプの場合、昼間は気温が30℃を超えることが多いので、昼間はそれ程蚊に神経質にならなくでも大丈夫。

 

蚊に注意する時間帯は、夕方から朝にかけてになります。

 

 

 

 

 

標高の高いキャンプ場
 

 

「標高が1000mを超えると、蚊が生息するのが難しいと言われています」

 

実際に我が家も夏場は、標高の高いキャンプ場をよく利用します。

 

標高700mぐらいのキャンプ場によく行きますが、蚊に刺されることはありません。

 

 

 

 

「特に夏場の6月〜9月ぐらいまでは、蚊の発生が一番多い時期ですが、標高の高いキャンプ場を利用すると、蚊に気を使わずキャンプができます」

 

 

 

 

 

蚊の対策
 

 

「蚊は、25℃〜30℃ぐらいまでが、一番活発に活動する温度で、30℃を超えると反対に活動が鈍くなります」

 

夏場は、昼間より夕方〜夜の時間帯を、より蚊の対策をおこなって下さい。

 

 

 

 

「扇風機を使用すると、蚊は寄ってきません」

 

蚊は体重が2mgと非常に軽くて、弱い風でも飛ばされます。

 

扇風機の風を活用することで、蚊が近寄ってきにくくなります。

 

 

 

 

「涼しさもアップし蚊も寄ってこないので、夏キャンプに扇風機はおすすめ」

 



 

「我が家はキャンプで、ルーメナーの扇風機を使用」

 

ルーメナーの扇風機は、強力なDCモーターを採用。

 

 

 

 

「自動首振り機能・高さ調整・リモコンなどが搭載している優れもの」

 

 

 

 

 

 

「フル充電で、30時間も使うことができます」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「キャンプで一番売れていて流行っているのが、クレイモアの扇風機」

 

クレイモアの扇風機は、DCモーターでパラフルに稼働。

 

専用の三脚以外にも、カメラの三脚や天井からぶら下げることも可能。

 

 

CLAYMORE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「蚊の最強対策は、やはり長袖長ズボンだと思います。肌の露出がなければ、蚊に刺されることがありません」

 

我が家は夏場、昼間は半袖半ズボンでも、夜は長ズボンを履くことが多いです。

 

キャンプでは、椅子に座ることがほとんどなので、足首がどうしても刺されやすいです。

 

 

 

 

「夜は半袖で過ごすことがあっても、長ズボンを履くだけで、蚊に刺されるリスクが減ります」

 

 

 

 

「虫除けスプレーは、噴霧するだけではなく、手のひらで塗り込んで下さい」

 

塗り込むことで、虫除けスプレーの効果が最大に効いて、長時間持続します。

 

 

 

 

 

虫除けスプレーの塗り方
 

 

「蚊に刺されない為の対策として一番有効なのが、虫除けスプレーだと思います」

 

虫除けスプレーは、噴霧するだけでは駄目。

 

蚊に効果的な虫除けスプレーのやり方は、塗り込むこと。

 

 
虫除けスプレーを噴霧した後は、手のひらでまんべんなく塗り広げて下さい

 

 

 

「蚊に最も刺されやすいのが足首なので、足首を重ね塗りをすると効果的」

 

化粧水などを塗り広げる感覚で、OKだと思います。

 

塗り込むことで、虫除けスプレーの効果が最大に効いて、長時間持続します。

 

 

 

日焼け止めを塗られる場合は、日焼け止め→虫除けスプレーの順番で塗って下さい。

 

 

 

「我が家は、フマキラー スキンベープを使用」

 

肌に優しく、しっかりと虫除けをするのでおすすめ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鍛造ペグ&蚊取り線香

 

 

 

 

「虫刺されを防止する手段で、よくキャンプで使われるのが蚊取り線香」

 

蚊取り線香の配置が適当だと、蚊に刺されるリスクが増えます。

 

キャンプでは椅子に座ることが多いので、足首が最も蚊に刺されやすいです。

 

 

 

 

「1人1個の蚊取り線香で、蚊をシャットアウト」

 

蚊取り線香を1人1個、足首に置くだけで蚊に刺されなくなります。

 

 

 

 

「我が家は、蚊取り線香を1人1個足首に置く為に、鍛造ペグを使用」

 

鍛造ペグがあると、1人1個の蚊取り線香スタンドの出来上がり。

 

ペグの蚊取り線香スタンドは、2種類のやり方があります。

 

 

 

 

 

地面と平行にする方法
 

 

①蚊取り線香を地面に置いて、中心をペグダウンします。

 

 

 

 

 

②蚊取り線香を持ち上げて、少し回して固定します。

 

 

 



 

 

地面と垂直にする方法
 

 

①鍛造ペグをペグダウンをし、ペグの穴に蚊取り線香を通します。

 

 

 



 

「我が家は鍛造ペグに、スノーピークのソリッドステーク30を使用」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「村の鍛冶屋のエリッゼステーク28cmは、スノーピーク製より手軽に購入できます」

 

我が家もエリッゼステーク28cmを使っています。

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「我が家は蚊取り線香に、フマキラーの虫除けアロマ線香を使用」

 

有効成分を増量し、3倍の虫除け効果を実現。

 

7時間効き目が続く優れもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「我が家は、蚊取り線香の火をつけるのに、SOTOから発売されているスライドガストーチを使用」

 

 

 

 

「スライドガストーチは、1300℃の強力耐風バーナーで、ターボ状の強い炎が出て、強風時でも炎が消えません」

 

火口が最大75mmまで伸縮するので、とても便利。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「我が家は、c&c.p.h equipementのレザーカバーを使用」

 

レザーカバーを付けると、とてもおしゃれですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブヨに刺されなくする為の対策

 

 

 

 

 

ブヨの発生時期
 

 

「ブヨは、体長1〜5mm程の丸みを帯びたコバエのような体つきをしています」

 



 

「ブヨは、コバエより小さいですが目で見えます」

 

体にまとわりついてくるので、ブヨが近づいてくると何となくわかります。

 

ブヨの発生時期は3月〜10月頃で、活発になるのが6月〜9月頃にかけてなので、夏のキャンプにブヨ対策は必要。

 



 

 

ブヨの発生場所と時間
 

 

「ブヨは、虫のきれいな清流に必ずといっていい程発生します」

 

水のきれいな清流の近くに、キャンプに行かれる場合は、ブヨに気をつけてキャンプをする必要があります。

 

 

 

 

「ブヨが最も活動するのは、20℃前後の時」

 

夏場の昼間は温度が高くなるので、ブヨの活動は鈍くなります。

 

夜もブヨはあまり見かけなくなるので、ブヨ対策をするのは早朝と夕方。早朝と夕方は、特にブヨに気をつけて下さい。

 



 

「我が家もキャンプを始めた頃は、よくブヨに刺されました」

 

早朝と夕方に、長袖長ズボンを着用することで、最近はブヨに刺されにくくなりました。

 

 

 

 

 

ブヨ対策
 

 

「ブヨ対策の一番の方法は、長袖長ズボンを着て、肌の露出を控えること」

 

我が家は、ブヨが活発になる早朝と夕方の時間帯だけ、長袖長ズボンを着用しています。

 

昼間はブヨの活動が少ないので、半袖半ズボンでキャンプをします。

 

 

 

 

「気をつけてほしいのが、足首の部分」

 

ブヨは小さいので、靴下を履かないと足首が刺されるリスクがあります。

 

長袖長ズボンを着用するなら、靴下も履くことをおすすめします。

 

 

 

 

 

虫除けスプレー
 

 

「虫除けスプレーを選ぶ時、裏面にある効能という記載部分を確認して下さい」

 

裏面の効能部分に、ブヨと記載されていれば、ブヨに効果がある虫除けスプレーです。

 

 

 

 

「ハッカ油を自作される方もおられますが、ハッカの匂いがけっこう強力なので、我が家は使いません」

 

嫌な匂いがない虫除けスプレーで、ブヨ対策に十分効果が得られます。

 

 

 

 

「虫除けスプレーは、噴霧するだけでは駄目」

 

ブヨに効果的な虫除けスプレーのやり方は、塗り込むこと。

 

 

 

 

「化粧水などを塗り広げる感覚で、OKだと思います」

 

塗り込むことで、虫除けスプレーの効果が最大に効いて、長時間持続します。

 

何度か重ね塗りをすることで、より虫除けスプレーでブヨ対策になります。

 

 

虫除けスプレーを噴霧した後は、手のひらでまんべんなく塗り広げて下さい。

 

 

 

「我が家は、フマキラー スキンベープを使用」

 

肌に優しく、しっかりと虫除けをするのでおすすめ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ポイズンリムーバーは、ブヨに刺された時にあると安心」

 

ブヨに刺された患部に、ポイズンリムーバーを使ってブヨ毒吸い上げることで、腫れとかゆみを軽減します。

 

夏場に清流が近くにあるキャンプ場に行かれるなら、ポイズンリムーバーは必要。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

今回は、夏キャンプの虫対策について紹介しました。

 

夏キャンプは、蚊対策が最も必要です。

 

清流は、ブヨ対策も必要になってきます。

 

蚊やブヨに刺されない最も効果的な方法は、長袖長ズボン。

 

長袖長ズボンを着用すると、蚊やブヨに刺されるリスクが低くなります。

 

夏場は暑いので、どうしても半袖や半ズボンになることが多いです。

 

長袖長ズボンになると夏場は暑いですが、蚊やブヨが発生する時間帯だけに着用すると、暑さも軽減されます。

 

以上、「夏キャンプで最強の虫対策!蚊に刺されなくなります!蚊はいつまで?季節は?詳しくブログで紹介」でした。

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!