選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

レビュー!コールマンのタフワイドドームはダサいの?後悔する?詳しく紹介

 

 

 

「年間50泊ほどキャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「最近は、キャンプ人気が落ち着いてきましたが、それでもいろいろなブランドからテントが発売されています」

 

いざ購入しようと思ってもたくさんありすぎて、どのブランドのテントを選んだらいいか迷います。

 

RATEL WORKS

 

 

「最近のテントの流行りは、ドームシェルターや2ルームテント」

 

MINIMAL WORKS 

 

 

「今回紹介するタフワイドドームはドーム型テント」

 

ドーム型テントのタフワイドドームは、今のトレンドではないので、購入するのに悩みます。

 

 

 

 

タフワイドドームはダサいのか?購入して後悔するのか?今回はタフワイドドームの全てを、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
 
*タイトル
レビュー!コールマンのタフワイドドームはダサいの?後悔する?詳しく紹介

 



 

ダサい

 



 

「現在テントのトレンドは、ドームシェルターや2ルームテント」

 

MINIMAL WORKS 

 

 

「今回紹介するタフワイドドームはドーム型テント」

 

ドーム型テントのタフワイドドームは、今の人気の形ではない為、見た目がダサいと思われるかもしれません。

 

タフワイドドームがダサいと感じるのは、今のトレンドではない為。

 



 

「テントのトレンドは早く、今流行りのテントを購入しても、数年経つと古臭く感じたりダサいと思うかもしれません」

 

テントは流行り廃りではなく、自分の気に入ったものを購入するのが一番。

 

自分の気に入ったテントを購入すると、長く使うことができます。

 



 

「我が家もタフワイドドームを保有していて、長く使っています」

 

タフワイドドームは、今までカラーなどの小さな変更はありましたが、形が変わるような大きなモデルチェンジはありません。

 



 

「長く愛されてきたロングセラー商品」

 

今も昔も変わらぬ形で、定番のドーム型テント。

 

タフワイドドームは、定番のドーム型テントだけに、購入しても大きな失敗は少ないと思います。

 

 

 

 

「もしタフワイドドームをダサいと感じられるなら、ベージュ色を選ぶのではなく、今流行りのグレー色やブラック色を選んでみるのもひとつの方法」

 

 

タフワイドドームはダサい?

今流行りのカラーでグレー色やブラック色を選んでみる

 

 


 

 

 

 

 

後悔

 



 

「タフワイドドームのインナーサイズは300×300cmあるので、大人2人・子供2人の4人家族で就寝することができます」

 

高さも185cmあり、立って着替えることが可能。

 

背が高いので、窮屈さや圧迫感もありません。

 



 

「タフワイドドームは、家族4人で使いやすいテント」

 

我が家も子供が小さい頃は、タフワイドドームをよく使っていました。

 



 

「我が家はタフワイドドームを購入して、後悔はしていません」

 



 

「タフワイドドームは、定番のドーム型テント」

 

定番のドーム型テントだけに、購入して大きな失敗はありません。

 

今も昔も愛されてきたロングセラー商品。

 

 

 

 

「タフワイドドームの口コミと評判は、下記のような感じ」

 

 

●スゲ〜いいテントです。コスパはいいし立てるのカンタンだし高さがあって、テント内で立てるのが最高。
 
●ダブルのインフレーターマットを置いても半分あまる。広くて使いやすい。
 
●広い!設営は1人でも楽ちん。
 
●身長175㎝ですが、テント内で立っても余裕があります。大人5人が横になっても充分寝られるスペースです。
 
●フルオープン、フルクローズ、ベンチレーション、ベンチレーターなど充実の設備。流石コールマン。
 
●大きいのに組立やすくて重宝してます。
 
●かっこよくて耐久性もある。いい買い物でした。
 
●広くて通気性もいいのですごい気持ちよかった。
 
●子ども2人・大人2人でも十分な広さ。
 
●設営も撤収も簡単です。大人2人子ども2人で荷物置いても余裕があります。前室が大きすぎず便利に使えるサイズです。

 

 


 

 

 

 

 

タープは必要

 

 

 

 

「タフワイドドームは寝室として使う為、リビングスペースがありません」

 



 

「暖かい時は、外にリビングスペースを作れば問題はないのですが、気温が上がると日差しがきつくなります」

 

雨が急に降ることもあります。

 

外にリビングスペースを作る場合、タープ無しよりタープがある方が快適に過ごせます。

 



 

「我が家は、スクリーンタープを連結してリビング部分を作っていました」

 

 

 

 

「今はスクリーンタープやヘキサタープを連結するよりパーティーシェード」

 

タフワイドドームとパーティーシェードの組み合わせは、キャンプ場でもよく見かけます。

 



 

パーティーシェードライト/300
 

 

「パーティーシェードライト/300の特徴は、1人でも設営ができる自立式フレームを採用」

 

自立式フレームを採用することで、簡単に設営することが可能。

 



 

「脚のフレームにはアルミ素材を使用しており、軽さと剛性を実現」

 

曲げやねじりなどの力に対してゆがまない性質があります。

 

天井には大型のベンチレーションが付いていて、風をうまく逃すことができます。

 



 

「サイズが300×300×230(h)あるので、家族でゆったりと過ごせるスペースを確保できます」

 

高さは2段階に調整することが可能。

 



 

「耐水圧が1,000mmあるので、雨が降っても安心」

 

 

 

 

「同じコールマン製ということもあって、タフワイドドームと一緒に設営すると見た目がとてもきれい」

 

タフワイドドームと連結ができるタープを探しておられる方は、パーティーシェードライト/300がおすすめ。

 

 

 

 

「パーティーシェードライト/300の口コミと評判は、下記のような感じ」

 

 

●Colemanのテントを使っているので、一体感を持たせたくてこちらを購入しました。
 
●2ルームも魅力的ですが、我が家はパーティーシェードを買い足して臨機応変に設営できる環境にしたいと思ってます。
 
●組み立ても簡単で大きさも気に入りました。
 
●骨組みはしっかりしている。使い勝手が良い。
 
●どこでも自由に動かせるこの商品は素晴らしいです。買って良かった。
 
●1人でも簡単に組み立てられます。
 
●突然雨が降ってきましたが、しっかり雨よけしてくれました。買ってよかった。
 
●別サイトでウォール購入して使ってみました。基本的に大満足です。買っていいと思います。
 
●パーティシェード300とともにサイドウォールを購入しました。
 
●小さな区画サイトで使用するために新たに購入。スノーピークのエントリーパックTT付属のテント、ヴォールトと合わせて使用しています。

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

ドーム型テントのタフワイドドームは、今の人気の形ではない為、見た目がダサいと思われるかもしれません。

 

タフワイドドームがダサいと感じるのは、今のトレンドではない為。

 

テントのトレンドは早く、今流行りのテントを購入しても、数年経つと古臭さやダサいと感じるかもしれません。

 

テントは流行り廃りではなく、自分の気に入ったものを購入するのが一番。

 

自分の気に入ったテントを購入すると、長く使うことができます。

 

我が家もタフワイドドームを保有していて、長く使っています。

 

タフワイドドームは、今までカラーなどの小さな変更はありましたが、形が変わるような大きなモデルチェンジはありません。

 

長く愛されてきたロングセラー商品。

 

今も昔も変わらぬ形で、定番のドーム型テント。

 

タフワイドドームは、定番のドームテントだけに、購入しても大きな失敗は少ないと思います。

 

もしタフワイドドームをダサいと感じられるなら、ベージュ色を選ぶのではなく、今流行りのグレー色やブラック色を選んでみるのもひとつの方法。

 

我が家はタフワイドドームを購入して、後悔はしていません。

 

タフワイドドームは、定番のドーム型テント。

 

定番のドーム型テントだけに、購入して大きな失敗はありません。

 

今も昔も愛されてきたロングセラー商品。

 

以上、「レビュー!コールマンのタフワイドドームはダサいの?後悔する?詳しく紹介」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!