選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

3月キャンプは寒い?最強のストーブと寝袋があれば寒いことはない!



 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もすると、ほぼ毎週がキャンプ」

 

キャンプをする時間が増えれば増える程、快適に過ごしたいと思います。

 

 

 

 

「春や秋は寒暖差で、昼間は気温が上がりますが、朝晩が冷え込みます」

 

冬キャンプは、1日を遠して寒いまま。

 

夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプに寒さ対策は必要です。

 



 

「その季節にあった寒さ対策をしないと、快適には過ごせません」

 

 

 

 

今回は3月キャンプの寒さ対策、寝袋&ストーブについて詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

*タイトル
3月キャンプは寒い?最強のストーブと寝袋があれば寒いことはない

 

 

 

 

ストーブ

 



 

「3月は真冬ほどの寒さはありませんが、まだまだ冷え込むので、しっかりとしたストーブが必要」

 

冷え込む日も多いので、カセットガスストーブ1台では幕内を暖めるのは無理。

 

電源がないサイトでキャンプをされるなら、石油ストーブの購入をおすすめします。

 



 

「石油ストーブが1台あれば、想定外に気温が下がっても安心」

 

我が家は、季節や幕の大きさによって、3台の石油ストーブを使い分けています。

 

 

 



 

レインボーストーブ
 

 

「我が家が春と秋キャンプにメインで使用しているのが、レインボーストーブ」

 

こじんまりしたテントなら、3月でもレインボーストーブで十分に暖が取れます。

 

 

 

 

「我が家がレインボーストーブをおすすめする理由は、圧倒的な燃費の良さ」

 

連続燃焼時間が20時間あり、灯油を満タンにしてフルパワーで使用しても20時間使えます。

 



 

「レインボーストーブは20時間使えるので、1泊2日のキャンプなら自宅で灯油を満タンにすると、補給用のポリタンクは必要ありません」

 

補給用のポリタンクが必要ないので、荷物の削減にもなります。

 

 

 

 

「レインボーストーブは、ガラスに特殊なレインボー加工が施されていて、炎が7色に輝きます」

 

燃焼中は40wの明るさがあるので、優しく包み込むように照らしてくれます。

 

7色の炎の輝きと40wの優しい光が、見ていてとても癒されます。

 

 

 

 

「優しい光と圧倒的な燃費の良さが、レインボーストーブをおすすめする理由」

 

 

 

 

「我が家は、春や秋キャンプにメインで使うレインボーストーブを、購入して良かったと思っています」

 

レインボーストーブは、とても使い勝手の良い石油ストーブ。

 

 

トヨトミレインボーストーブ

暖房出力:2.50kw

タンク容量:4.9L

連続燃焼時間:20時間

高さ474.5×幅388×奥行き388mm

 

 


 

 

 

 

 

パセコストーブ
 

 

「キャンプで使う石油ストーブで、一番人気があり売れているのがパセコストーブ」

 

パセコストーブの人気がある理由は、手軽に購入できる値段の安さ。

 

osakacampal

 

アルパカストーブの暖房出力3.0kw

パセコストーブの暖房出力3.0kw

 

 

 

「パセコストーブは、アルパカストーブと同じ暖房出力と暖かさ」

 

暖かくて値段が安く手軽に購入できるので、パセコストーブはおすすめ。

 

https://aporito-online.com/

 

 

「暖房出力が3.0kwあるので、春キャンプだけではなく冬キャンプでも使用できます」

 

3月のキャンプなら、パセコストーブ1台で大型2ルームテントでも十分に暖が取れます。

 

YKNOT 

 

パセコストーブ

暖房出力:3.00kw

タンク容量:5.3L

連続燃焼時間:18時間

Φ325×441mm

 

 


 

 

 

 

 

アルパカストーブ
 

 

「アルパカストーブは、PSCマークに加えJHIAマークを所得」

 

日本の厳しい安全基準をクリアしているので、日本の石油ストーブと同様に安心して使用できます。

 

アルパカ ストーブ

 

 

「アルパカストーブは、パセコストーブと同じ3.0kwの暖かさ」

 

パセコストーブより値段はしますが、日本の厳しい安全基準をクリアしているので安心。

 

アルパカ ストーブ

 

 

「アルパカストーブは、暖房出力が3.0kwあるので、春キャンプだけではなく冬キャンプでも使用できます」

 

3月のキャンプならアルパカストーブ1台で、大型2ルームテントでも十分に暖めることができます。

 

アルパカ ストーブ

 

アルパカストーブ

暖房出力:3.00kw

タンク容量:3.7L

連続燃焼時間:10時間

高さ350×幅350×奥行き405mm

 

 


 

 

 

 

 

グローストーブ
 

 

「グローストーブは、スノーピーク製で人気がある石油ストーブ」

 

トヨトミのOEM製品ですが、トヨトミレインボーストーブとは全く異なります。

 

アルペンくずはモール店

 

 

「トヨトミレインボーストーブとは違い、側面から熱が出ているので暖かいです」

 

輻射熱効果が高いグローストーブは、冬キャンプで十分に使用できます。

 

アルペンアウトドアーズ 札幌発寒店

 

 

「3月のキャンプなら、グローストーブ1台で大型2ルームテントでも十分に暖められます」

 

 

グローストーブ

暖房出力:2.54kw

タンク容量:4.9L

連続燃焼時間:20時間

高さ474×幅388×奥行き388mm

 

 


 

 

 

 

 

「石油ストーブは、一酸化炭素が発生するリスクがあります」

 

一酸化炭素警報機があれば、安心して使用できます。

 

 

 


 

 

 

 

 

シュラフ

 

 

 

 

「3月のキャンプは気温が下がる日もあるので、冬キャンプでも使えるような暖かいシュラフが必要」

 

シュラフが貧弱だと、寒くて寝れないことがあります。

 

我が家は3月のキャンプに、ふわ暖EXを使用。

 

 

 

 

「ふわ暖EXは、使用限界温度が−32℃となっていて、3月キャンプなら十分に暖かいです」

 

3月は、まだまだ冷え込むことがあるので、ふわ暖EXくらいの暖かさのシュラフは必要です。

 

 

 

 

「ふわ暖シリーズは、化繊のシュラフで一番売れていて人気の商品」

 

いろいろあるふわ暖シリーズのシュラフの中で、一番暖かいのがふわ暖EXになります。

 



 

「我が家が、ふわ暖EXをおすすめする理由は、最高の寝心地だから」

 

布団のようにふかふかで暖かいのが、ふわ暖EXの特徴。

 

ふっくらとふかふかで布団のように暖かく、肌触りも最高で、朝まで暖かさが続きます。

 

 

 

 

「我が家の使用しているマミー型は、包み込まれるみたいに、ふんわりと暖かいです」

 

 

 

 

「マミー型のシュラフですが、足元がゆったりとしており窮屈感は全くありません」

 

窮屈感がないので寝返りがうちやすく、中に毛布やブランケットを入れることができます。

 

 

 

 

 

「ふわ暖EXは化繊のシュラフなので、ダウンシュラフより収納が大きいです」

 

ただ、収納袋が圧縮できるので、小さくはできます。

 

 

 

 

「3月のキャンプなら気温も下がるので、ふわ暖EXがあれば、かなり暖かく就寝することができます」

 

 

 


 

 

 

 

 

「ふわ暖EXには、封筒型のシュラフもあります」

 

封筒型シュラフは、ファスナーを取ると布団にすることも可能。

 

Bears Rock

 


 

 

 

 

 

「センタージップのふわ暖EXも発売しています」

 

ジッパーが真ん中にあるので、出入りがしやすいです。

 

Bears Rock

 


 

 

 

 

 

湯たんぽ

 

 

 

 

「使用しているシュラフで、3月のキャンプは寒いと感じたら湯たんぽがおすすめ」

 

シュラフの中に湯たんぽを入れると、足元を中心にシュラフの中全体が暖まります。

 

 

 

 

「湯たんぽは、ゴム製・プラスチック製・金属製・陶器製・充電式などがあります」

 

一般的に使われている湯たんぽは、プラスチック製だと思います。

 

我が家もプラスチック製の湯たんぽを、2個保有しています。

 

 

 

 

「キャンプではプラスチック製ではなく、金属製のマルカの湯たんぽがおすすめ」

 

 

 

 

「金属製のマルカの湯たんぽは、直火することができます」

 

本体に水を入れ、カセットコンロで直接温められます。

 

ケトルなどでお湯を沸かし、入れ替える作業がないのでとても楽。

 

 

 

 

 

「石油ストーブで温めることもできるので、とても便利」

 



 

「マルカの湯たんぽの表面は、波形をしています」

 

波形にすることで表面積が大きくなり、暖房面積が広がって強度も増します。

 

 

 

 

「マルカの湯たんぽの内部には支柱が入っていて、温度が下がってもへこみにくくなっています」

 

 

 

 

「直火ができて使い勝手が良いのが、マルカの湯たんぽの特徴」

 

我が家は、2.5Lのマルカの湯たんぽを使用しています。

 

2.5Lあれば夜セットして、朝まで暖かいです。

 

 

 

 

「我が家は寒い季節、マルカの湯たんぽを夫婦で使っていて、朝まで快適に就寝しています」

 

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

今回は3月の寒さ対策について、寝袋とストーブを紹介しました。

 

我が家は3月のキャンプに、ふわ暖EXを使用しています。

 

ふわ暖EXは、使用限界温度が−32度になっていて、3月のキャンプなら十分に朝まで暖かく就寝ができます。

 

3月は、まだまだ冷え込むことが多いので、冬キャンプでも使用できるふわ暖EXがおすすめ。

 

幕内の暖房器具は、石油ストーブが暖かいです。

 

こじんまりしたテントならレインボーストーブ。

 

大型幕ならパセコストーブ・アルパカストーブ・グローストーブが使いやすく暖かいです。

 

パセコストーブ・アルパカストーブ・グローストーブは、春のキャンプだけではなく、冬キャンプにも使用できる暖かさがあります。

 

3月のキャンプは、想定外に気温が下がることもあるので、石油ストーブがあると安心。

 

以上、「3月キャンプは寒い?最強のストーブと寝袋があれば寒いことはない」でした。

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!