年間50泊キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

レビュー!レインボーストーブでサーカスTCやランドロックは寒いの?2ルームテント・ワンポールテントの使用感を紹介。



 

「年間50泊程、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もキャンプをすると、過ごしやすい季節と過ごしにくい季節がわかります」

 

1年で最も過ごしにくいのが、夏キャンプ。

 

平地だと昼間は高温になり、夜は熱帯夜になることもあります。

 

 

 

 

「夏キャンプは、標高の高いキャンプ場がおすすめ」

 

標高が100m上がると、気温が0.6度下がります。

 

標高が高ければ高い程、涼しく快適に過ごせます。

 

 

 

 

「1年で最も過ごしやすいのが、春や秋のキャンプ」

 

真冬程冷え込まず真夏程暑くならないので、重装備でキャンプをしなくても大丈夫。

 

焚き火だけで暖が取れ、焚き火が最も楽しめる季節。

 

 

 

 

「真冬のキャンプは、しっかりとした装着を選択すれば、自宅で過ごすより暖かく快適に過ごせます」

 

道具選びが難しいのが、冬キャンプの特徴。

 

 

 

 

「夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプに寒さ対策は必要です」

 

その季節にあった寒さ対策をしなければ、快適には過ごせません。

 

 

 

 

「キャンプの寒さ対策は、ホットカーペット・電気毛布・湯たんぽ・石油ストーブなど、他にもいろいろとあります」

 

いろいろある寒さ対策の中で、最も必要なキャンプアイテムが石油ストーブ。

 

 

 

 

「我が家は、キャンプで使う石油ストーブを3台保有しています」

 

フジカハイペット・トヨトミレインボーストーブ・コロナ対流型ストーブを使用してますが、季節やテントの大きさで、どの石油ストーブを使うか決めています。

 

 

 

 

 

 

その3台の石油ストーブの中から、今回はトヨトミレインボーストーブについて詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

*タイトル
レビュー!レインボーストーブでサーカスTCやランドロックは寒いの?2ルームテント・ワンポールテントの使用感を紹介

 



 

対流式ストーブ
 

 

「トヨトミレインボーストーブは、対流式ストーブになっています」

 

 

対流式石油ストーブの特徴

熱によって発生した暖かい空気は上昇し、対流することで全体を暖めます。

 

 

 

「トヨトミレインボーストーブの側面は、あまり暖かくはなく、暖かく感じるのは天井付近のみ」

 

幕内でトヨトミレインボーストーブを付けると、じんわりと暖かくなります。

 

 

 

 

ストーブファン
 

 

「トヨトミレインボーを購入したら一緒に選んでほしいのがストーブファン」

 

ストーブファンは、電池やコンセントを使用せずに、ストーブの熱を利用して発電します。

 

ファンを回転させて暖かい空気を循環させられるので、ストーブファンはとても便利。

 

 

 

 

「トヨトミレインボーストーブは特に、天井付近に熱が溜まるので、ストーブファンを置くことで、暖かい空気が下に行きます」

 

ストーブファンを設置すると、足元が暖かくなるのでおすすめ。

 

 

 

 

「我が家は、FUTURE FOXのFOX-FANを使用しています」

 

FOX-FANは、見た目がおしゃれでしっかりとしたつくり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「フィールドアのストーブファンは、今人気の商品」

 

値段が安く手軽に購入できるのも、フィールドアのストーブファンの良い所。

 

FIELDOOR

 

 

 

 

 

 

 

「首振りタイプのストーブファンもフィールドアから発売されています」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サーカスTC・ランドロック・2ルームテント
 

 

「我が家は実際にサーカスで使用しましたが、春や秋のキャンプでは十分にトヨトミレインボーストーブ1台で、幕内を暖めてくれました」

 

 

スノーピークのランドロックやエルフィールド・コールマンのタフスクリーン2ルームハウスやタフスクリーン2ルームエアーなど、2ルームテントの場合、それ程気温が下がらない春や秋のキャンプなら、トヨトミレインボーストーブ1台で、十分に暖かいです。

 

 

 

「サーカスTCなどのワンポールテントやランドロックなどの2テントなど、真冬のキャンプだとレインボーストーブ1台ではパワー不足」

 

真冬のキャンプでトヨトミレインボーストーブ1台で暖まるのは、ソロテントや2〜3人で使うようなこじんまりしたサイズのテント。

 

 

 

 

「春や秋のキャンプなら、トヨトミレインボーストーブ1台で、サーカスTCやランドロックなどの2ルームテントでも暖かいです」

 

 

 

 

「冬キャンプだと、トヨトミレインボーストーブ1台だけでは役不足」

 

冬場に、サーカスTCやランドロックなどの2ルームテントを暖めるのは、コロナ対流型ストーブがおすすめ。

 

 

 

 

「テントの暖かさを知るのに、暖房出力という数字があります」

 

トヨトミレインボーストーブの暖房出力が2.5kwに対して、コロナ対流型ストーブの暖房出力は6.59kw。

 

 

暖房出力

トヨトミレインボーストーブ:2.5kw

コロナ対流型ストーブ:6.59kw

 

 

 

「トヨトミレインボーストーブの2倍以上の暖房出力があるコロナ対流型ストーブは、とても暖かいです」

 

サーカスTCなどのワンポールテントや、ランドロックなどの2ルームテントでも、コロナ対流型ストーブが1台あれば、真冬のキャンプでも幕内を暖められます。

 

ワンポールテントやランドロックなどで、キャンプをされるならコロナ対流型ストーブがおすすめ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「トヨトミKS-67Hも暖房出力が6.66kwあり、コロナ対流型ストーブと変わらない程の暖かさ」

 

こちらも、ワンポールテントや2ルームテントで真冬にキャンプをしても、幕内が暖められます。

 

アマゾン

 

 

 

 

 

 

 

燃費の良さ
 

 

「トヨトミレインボーストーブの特徴は、脅威的な燃費の良さ」

 

下記がキャンプで使う人気の石油ストーブ。

 

トヨトミレインボーストーブと、フジカハイペット・パセコストーブ・アルパカストーブを比べてみました。

 

アルパカ ストーブ

 

トヨトミレインボーストーブ

タンク容量:4.9L

連続燃焼時間:20時間

 

フジカハイペット

タンク容量:3.6L

連続燃焼時間:10時間

 

パセコストーブ

タンク容量:5.3L

連続燃焼時間:18時間

 

アルパカストーブ

タンク容量:3.7L

連続燃焼時間:10時間

 

 

 

「トヨトミレインボーストーブは、ハイパワーで使用しても、20時間も使用できる圧倒的な燃費の良さ」

 

炎の強さをセーブすると、40時間も使用することができます。

 

1泊2日のキャンプなら、自宅で灯油を満タンにしておけば給油の必要はありません。

 

 

 

 

「給油の必要がないので、補給するポリタンクがいらず荷物の削減にもなります」

 

 

 

 

2泊3日のキャンプ
 

 

「燃費の良さで、1泊2日なら給油用のポリタンクは必要ないですが、連泊となると灯油がいります」

 

我が家は、ヒューナースドルフの燃料タンク10Lと5Lを使用しています。

 

 

 

 

 

「ヒューナースドルフの燃料タンクはドイツのブランドで、安全性や使い勝手が良いのが特徴」

 

見た目がかっこ良くおしゃれなので、今大人気のポリタンク。

 

 

 

 

「ヒューナースドルフの燃料タンクは、側面にノズルが付いています」

 

ノズルを装着し灯油を注ぐと、本体とノズルの接続部分から漏れてしまいます。

 

 

 

 

 

「我が家は付属のノズルを使用せずに、ダイソーで購入した灯油ポンプを使用しています」

 

ノズルを使えないのが唯一のデメリットですが、灯油ポンプを使うと問題はないです。

 

 

 

 

「トヨトミレインボーストーブのタンク容量は、4.9Lなので5Lサイズのヒューナースドルフの燃料タンクで十分」

 

見た目がかっこ良くおしゃれなのが、ヒューナースドルフの燃料タンクの特徴。

 



 

 

 

 

 

 

トヨトミレインボーストーブの特徴
 

 

「トヨトミレインボーストーブは、ガラスに特殊なレインボー加工をしている為、炎が7色に光ります」

 

燃焼中は40wの明るさがあるので、優しく包み込むような光を実現。

 

炎が7色に光って優しい明るさで、トヨトミレインボーストーブを見ているだけで嫌されます。

 

 

 

 

「とてもきれいな炎と光なので、とても良い雰囲気」

 

 

 

 

 

 

 

 

「トヨトミレインボーストーブを使用すると、必ず一酸化炭素が発生します」

 

幕内で使われる場合は、換気をして一酸化炭素警報機を設置されることをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 



 

今回は、サーカスTCなどのワンポールテントや、ランドロックなどの2ルームテントで、トヨトミレインボーストーブを使用すると暖かいのかを記事にしました。

 

春や秋のキャンプだとトヨトミレインボーストーブ1台で、サーカスTCやランドロックは暖まります。

 

気温が下がる季節は、トヨトミレインボーストーブ1台では無理。

 

冬キャンプでおすすめは、キャンプで使う石油ストーブで最強と言われているコロナ対流型ストーブかトヨトミKS-67H。

 

コロナ対流型ストーブは、我が家も使用しており暖かいです。

 

以上、「レビュー!レインボーストーブでサーカスTCやランドロックは寒いの?2ルームテント・ワンポールテントの使用感を紹介」でした。

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!