選び方ぶろぐ

年間50泊キャンプを楽しんでいます

レビュー!ストーブファンは本当に必要で効果はあるの?使い方も詳しくブログで紹介。

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もすると、ほぼ毎週がキャンプ」

 

キャンプで過ごす時間が増えれば増える程、快適に過ごしたいと思います。

 

 

 

 

「春や秋のキャンプは寒暖差で、昼間は気温が上がりますが朝晩が冷え込みます」

 

冬キャンプは、1日を通して寒いまま。

 

夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプに寒さ対策は必要です。

 

 

 

 

「特に気温が下がる冬キャンプは、しっかりとした寒さ対策をしないと快適には過ごせません」

 



 

「キャンプの寒さ対策は、石油ストーブ・湯たんぽ・電気毛布・ホットカーペットなど、他にもいろいろとあります」

 

いろいろある寒さ対策の中で、最も必要なのが石油ストーブだと思います。

 

石油ストーブは、電源がないサイトでも使用することが可能。

 

 

 

 

「キャンプで人気の石油ストーブといえば、レインボーストーブ・フジカハイペット・アルパカストーブ・パセコストーブ・コロナ対流型ストーブ・トヨトミKS-67Hなどがあります」

 

上記の石油ストーブは、対流式ストーブになっています。

 

対流式ストーブの特徴は、天井付近に熱が溜まりやすいこと。

 

 

 

 

「ストーブファンを使用することで、幕内の隅々まで暖かい空気が循環して、温度上昇に繋がります」

 

 

 

 

今回はストーブファンは本当に必要か?いらないか?効果と使い方についても詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

*タイトル
レビュー!ストーブファンは本当に必要で効果はあるの?使い方も詳しくブログで紹介

 

 

 

 

ストーブファンの仕組み
 

 

「ストーブファンは電池やコンセントを使用せず、ストーブの熱を利用して発電します」

 

発電することでファンを回転させて、暖かい空気を循環させます。

 

ストーブファンを使用することで暖かい空気が循環し、温度上昇する効果があります。

 



 

ストーブファンの効果
 

 

「石油ストーブや薪ストーブは、天井付近に熱が滞留しがち」

 

ストーブファンを使用することで、暖かい空気を下まで送ることができ、足元がかなり暖まりやすくなります。

 

 

 

 

「暖かい空気を循環させる効果もあり、隅々まで暖かさが広がり部屋の温度上昇に繋がります」

 

ストーブファンを使用することで幕内が、より暖かくなるのでおすすめ。

 

 

 

 

電源が必要なし
 

 

「ストーブファンはストーブの熱で発電する為、電源も必要なく省エネ」

 

設置はストーブの上に置くだけでOK。

 

温度が上がる程、ファンが高速回転します。

 



 

危ない
 

 

「ストーブファンは、それ程強力に回るものではないので、羽根に触れても怪我はしません」

 

気をつけてほしいのが、熱で温めらたストーブファンが、かなり熱くなっていること。

 

ストーブファンの使用直後は高温になっており、素手で触ると火傷など怪我をしてしまうので、革手袋などを必ず使用して移動させて下さい。

 



 

足元
 

 

「石油ストーブや薪ストーブは、天井付近に熱が滞留しがちです」

 

ストーブファンを使用することで、暖かい空気を下に送ることができます。

 

部屋の温度が上がり、足元まで暖かくなるのでストーブファンの効果は絶大です。

 

 

 

 

暖かくはないの?
 

 

「薪ストーブや石油ストーブにストーブファンを使用すると、暖かい空気が下までいくので足元が暖かく、室内の温度も上がります」

 

実際にストーブファンの前に手をかざしてみると、ファンの力で暖かい空気が送られてくるのがわかります。

 



 

「ストーブファンは電気で動いているのでななく、ストーブの熱を利用してファンを回転させます」

 

温度によってストーブファンの回転数も変化します。

 

 

 

 

「ストーブの温度が上がる程、ストーブファンは高速回転します」

 

ストーブファンを使用すると、かなり暖かくなるのでおすすめ。

 



 

耐熱温度
 

 

「ストーブファンは、各メーカーによって耐熱温度は違います」

 

一般的なストーブファンの耐熱温度は、350℃ぐらいになっています。

 

石油ストーブの天板の温度が300℃程なので、使用して全く問題はありません。

 

 

 

 

「気をつけてほしいのが薪ストーブ」

 

薪ストーブの適切な本体の表面温度が250℃〜300℃。

 

薪をどんどん入れて燃やし続けると、薪ストーブ本体の温度も上がっていきます。

 

 

 

 

「薪ストーブの本体温度が350℃を超えてしまうと、ファンや発電ユニットが破損してしまう可能性があります」

 

ストーブファンを薪ストーブで使用される場合、温度が上昇し続けないように気をつけて下さい。

 

薪ストーブにストーブファンを置く場合、煙突の近くの高温エリアに設置するのではなく、隅にある比較的温度の低い場所に置いて下さい。

 

 

 

 

「ストーブファンの長時間の使用は避けて、2〜3時間使って一度冷ましてやると、故障するリスクが低くなります」

 

 

 

 

使い方
 

 

「ストーブファンは電池やコンセントを使用せず、ストーブの熱を利用して発電します」

 

発電することでファンを回転させます。

 

電池やコンセントを使わないので省エネ。

 

 

 

 

「薪ストーブや石油ストーブに、ストーブファンを置きます」

 

ストーブの熱が上がると、自動的にストーブファンが回転するので何もする必要がありません。

 

温度によってファンの回転数が上がり高速回転します。

 

 

 

 

ストーブに設置
 

 

「我が家はレインボーストーブ・フジカハイペット・コロナ対流型ストーブに、ストーブファンを使用しています」

 

ストーブファンの効果は絶大で、特に冬キャンプは重宝します。

 

テント内が暖かくなるのでストーブファンはおすすめ。

 

 

 

 

ストーブファンは必要か?
 

 

「我が家がストーブを使う時に、必ず使用するのがストーブファン」

 

ストーブファンを使うと空気の循環ができるので、室内の隅々まで暖かい空気が行き渡り温度上昇する効果があり、足元も暖かくなります。

 

ストーブを使うならストーブファンは、必要だと思っています。

 

 

 

 

おすすめストーブファン

 



 

FOX-FAN
 

 

「我が家はFUTUREのFOXのFOX-FANを使用」

 

FOX-FANは、安心の日本製のストーブファン。

 

しっかりとしていて丈夫なつくり。

 

 

 

 

「見た目がおしゃれなのもFOX-FANの良い所」

 

 

 

 

「FOX-FANの口コミと評判は、下記のような感じ」

 

 

●いい買い物をしました。見た目もいいし、心地よい熱風がくるので良かったです。
 
●扇風機をつける手間がなくなったのでもっと早く買えばよかったです。
 
●デザインはいいです。前に座るととても暖かい風がきます。
 
●音もなく暖房効果が格段に良くなりました。
 
●シンプルで洗練されたデザイン、円形の台座も良い感じ!ロゴも可愛いです。

 

 


 

 

 

 

 

フィールドアのストーブファン
 

 

「フィールドアのストーブファン羽根ガード付きの特徴は、羽根部分にメッシュのガードが付いていること」

 

羽根部分にメッシュのガードが備えつけられている為、小さなお子さんやペットがいても危なくはなく安全で安心。

 



 

「ストーブファンに羽根ガードがあるので、何かの拍子で落としても羽根が割れることがありません」

 

危なくはなく安全で安心して使えるのが、フィールドアのストーブファン羽根ガード付きの良い所。

 



 

「フィールドアのストーブファン羽根ガード付きの騒音レベルは約25dB」

 

25dBはどのくらいの騒音かというと、鉛筆の筆記音や木の葉の触れあう音に近くとても静かです。

 

使用しても静かなので、我が家的には騒音は全く気にならないです。

 

 

 

 

「本体上部には、格納てきるハンドルが付いています」

 

ハンドルを引っ張り上げてつまんで持つと、簡単に移動することが可能。

 



 

「フィールドアのストーブファン羽根ガード付きは5枚羽になっており、しっかりと風を送れます」

 

5枚羽で部屋全体に効率よく、暖かい空気を循環させることができます。

 



 

「ゼーベック効果で、ストーブの温度に合わせて羽根の回るスピードが変わります」

 

高温になればなるほど、回転スピードが上がります。

 



 

「背面にはモーター部分を守る丈夫なカバーを装備」

 



 

「本体が熱くなり過ぎた時に、モーターのオーバーヒートを防ぐためのバイメタルの加熱保護を搭載」

 

バイメタルの加熱保護を搭載しているので、安心して使用できます。

 



 

「フィールドアのストーブファン羽根ガード付きは、値段が手軽な割にはしっかりとつくられているストーブファン」

 

見た目や触った感じも安っぽさが全くありません。

 

持つとずっしりと重く、高級感がある方だと思います。

 



 

「我が家は、フジカハイペット・トヨトミレインボーストーブ・コロナ対流型ストーブに使用してますが、それ以外の石油ストーブにもおすすめ」

 

 

 

 

 

 

「フィールドアのストーブファン羽根ガード付きの口コミと評判は、下記のような感じ」

 

●火力をかなり絞った状態でも実用的な風量で回ります。静かですし、暖かい風が吹いてくるのは良い感じです。
 
●保護カバーのないストーブファンは結構多いが、これは、保護カバーがある。そのため、当たっても心配ないので安心して使える。
 
●小さい子どもがいるので保護カバー付きを探していました。安心して使えています。
 
●耐熱性能もバッチリで、しっかり活用できました。
 
●問題無く使用できました。値段も安いのでお勧めです。カバーがついてて安心ですね。

 

 


 

 

 

 

 

「首振りタイプのフィールドアのストーブファンも発売されています」

 




 

 

 

 

 

signstekエコストーブファン
 

 

「Amazonで圧倒的な人気のあるのが、signstekエコストーブファン」

 

他のストーブファンより静かで、風速もあります。

 

大きさもコンパクトで、持ち運びやすいのが特徴。

 



 

「signstekエコストーブファンの口コミと評判は、下記のような感じ」

 

 

●このファンを上に乗せるとファンヒーター程ではないが暖かい空気を横に流してくれるので、つけてすぐ暖かさを感じられるようになった。電源もいらないのでどこにでも置けるし、かなりおすすめです。
 
●ファンの音は静か。石油ストーブをつけて上に乗せたらすぐに回り出しました。
 
●6枚羽なので送風力が強いかもしれない。室温が4℃以上上昇しました。
 
●結構回って風はくる。買ってよかったです。
 
●コンパクトで作動音も気になりません。

 

 


 

 

sumeriyストーブファン
 

 

「sumeriyストーブファンは、Amazonで人気の商品」

 

回転もスムーズで、とても静かで安定しています。

 

付属の温度計は便利でわかりやすく、とても重宝します。

 

 

 


「sumeriyストーブファンの口コミと評判は、下記のような感じ」

 

●ファンがよく回って空気の循環が出来ました。
 
●音も静かで、部屋全体が温まります。乗せるだけなのでラクなのと、電源を使わないのが良いです。
 
●テント内部上下の温度差が軽減されているのが実感できる。
 
●風力のわりに音が静かでよかった。
 
●薪ストーブと石油ストーブにて使用。小さいのに中々な勢いで回ります。テント内、部屋がすぐ暖まるのでおすすめ。

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

今回は、ストーブファンは本当に必要か?効果と使い方も紹介しました。

 

ストーブファンがあるのとないのとでは、暖かさがかなり違います。

 

石油ストーブや薪ストーブを使用の際は、ストーブファンも一緒に選ばれることをおすすめします。

 

ストーブファンは、電池やコンセントを使用せずに、ストーブの熱を利用して発電します。

 

発電することで、ファンを回転させて暖かい空気を循環させます。

 

ストーブの上に置くだけで暖かい空気を循環させられるので、とても簡単で手軽。

 

ストーブファンは、ストーブの熱で発電する為、電源がいらずエコなつくり。

 

ファンが回転することで、天井付近にある熱を低い場所に送り込み、全体を暖めて温度上昇します。

 

ストーブファンを使用することで、足元も暖かくなるので、より快適に暖かく過ごせます。

 

以上、「レビュー!ストーブファンは本当に必要で効果はあるの?使い方も詳しくブログで紹介」でした

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!