年間50泊キャンプ

年間50泊キャンプ!日本酒を年間365日楽しんでいます

レビュー!冬キャンプは電気毛布だけ・湯たんぽだけでは寒い?使い方も詳しくブログで紹介!

 

 

 

「年間50泊程、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もすると、ほぼ毎週がキャンプ」

 

キャンプをする時間が増えれば増える程、快適に過ごしたいと思います。

 

 

 

 

「春や秋は寒暖差で、昼間は気温が上がりますが、朝晩が冷え込みます」

 

冬キャンプは、1日を通して寒いまま。

 

夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプに寒さ対策は必要です。

 

 

 

 

「その季節にあった寒さ対策をおこなわいと、キャンプで快適には過ごせません」

 

特に気温が下がる冬キャンプは、しっかりとした寒さ対策が必要です。

 

 

 

 

今回は、冬キャンプで快適に過ごすのに、湯たんぽや電気毛布だけでも大丈夫か?詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

*タイトル
レビュー!冬キャンプは電気毛布だけ・湯たんぽだけでは寒い?使い方も詳しくブログで紹介

 



 

湯たんぽだけでも暖かい

 

 

 

 

「冬キャンプで就寝する時、暖房器具は湯たんぽだけでも大丈夫です」

 

湯たんぽをシュラフに入れると、足元を中心にシュラフの中全体が暖かくなります。

 

特に冬キャンプは気温が下がるので、足元の暖かさは大事。

 

 

 

 

「就寝する時の服は気を使って分厚いものにしますが、足元は以外に忘れがち」

 

足元が冷たいと、快適には就寝できません。

 

冬キャンプで、足元の寒さ対策はとても大事。

 



 

「シュラフの中に湯たんぽを入れることで、シュラフの中全体が暖かくなるので、湯たんぽ以外の暖房器具は必要ありません」

 

冬キャンプで快適に暖かく就寝するには、湯たんぽだけでOKで、湯たんぽが必要。

 



 

「湯たんぽは、プラスチック製・ゴム製・金属製・陶器製・充電式などがあります」

 

一般的に自宅などで使用されているのは、プラスチック製の湯たんぽだと思います。

 

我が家もプラスチック製の湯たんぽを、2個保有しています。

 

 

 

 

「キャンプは、プラスチック製の湯たんぽではなく、金属製のマルカの湯たんぽがおすすめ」

 

金属製のマルカの湯たんぽは、直火することが可能。

 

 

 

 

「マルカの湯たんぽ本体に水を入れ、直接カセットコンロで温めることができます」

 

ケトルなどで温めて、お湯を湯たんぽに入れ替える作業がないのでとても楽。

 

 

 

 

 

「石油ストーブで、温めることもできますよ」

 

 

 

 

「マルカの湯たんぽの表面は、波形をしています」

 

波形にすることで表面積が広くなり、強度もアップします。

 

 

 

 

「マルカの湯たんぽの内部には支柱が入っていて、気温が下がった時にへこみにくくなっています」

 

 

 

 

「使い勝手がよく直火できるのが、マルカの湯たんぽの特徴」

 

 

 

 

「我が家は、マルカの湯たんぽの2.5Lを使用」

 

2.5Lあれば、夜セットとして朝まで暖かさが続きます。

 

 

 

 

「我が家は、夫婦でマルカの湯たんぽを使っていて、夫婦共に快適に暖かく就寝しています」

 

冬キャンプをされるなら、マルカの湯たんぽはなくてはならないアイテム。

 



 

「冬キャンプを含めどの季節も、寒い季節はマルカの湯たんぽだけで暖かいです」

 

マルカの湯たんぽがあれば、他の暖房器具は必要ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電気毛布だけでも暖かい

 

 

 

 

「冬キャンプは、電気毛布だけでも暖かいです」

 

電気毛布は、シュラフの中には入らないので、シュラフの下に敷きます。

 

湯たんぽとは違い、シュラフの下に敷くので、じんわりと暖かいといった感じです。

 

 

 

 

「電気毛布の暖かさは、中〜強にして下さい」

 

中以下だと、シュラフの下に敷くので、全く暖かくないです。

 



 

「電源サイトなら消費電力を気にせず使用できるのですが、電源なしサイトならポータブル電源が必要になります」

 

ポータブル電源を使うと、やはり消費電力が気になります。

 

 

 

 

「ポータブル電源を購入される際は、電気毛布を中の暖かさで使用する想定で、消費電力を計算して選んで下さい」

 

 

 

 

ポータブル電源
 

 

「電気毛布の消費電力は、下記の通りになっています」

 

 

電気毛布の消費電力

弱15wh・中30wh・強50wh

 

 

 

「電気毛布1枚を中の温かさで使用すると、30whが必要になります」

 

1泊2日で7時間電気毛布1枚を使用すると仮定して、210whの消費電力が必要。

 

 

1泊2日で7時間電気毛布を使用

●電気毛布1枚:210wh

●電気毛布2枚:420wh

●電気毛布3枚:630wh

●電気毛布4枚:840wh

 

 

 

「ジャグリのポータブル電源は、世界累計販売が200万台を突破」

 

サポート体制もしっかりとしているので、安心して購入ができます。

 

Jackery

 

 

「他のポータブル電源より軽くてコンパクトなので、持ち運びに便利」

 

見た目がおしゃれなのも、ジャグリのポータブル電源の良さ。

 

ジャグリのポータブル電源は、キャンプで使うポータブル電源で一番人気があり売れている商品。

 

Jackery

 

 

「電気毛布1〜2枚を1泊2日のキャンプで、7時間使用するならジャグリのポータブル電源400」

 

ジャグリのポータブル電源400は、バッテリー容量が400whあるので、電気毛布1〜2枚を7時間使用可能。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「電気毛布3枚を1泊2日のキャンプで、7時間使用するならジャグリのポータブル電源708」

 

ジャグリのポータブル電源708は、バッテリー容量が708whあるので、電気毛布3枚を7時間使用可能。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「電気毛布4枚を1泊2日のキャンプで、7時間使用するならジャグリのポータブル電源1000」

 

ジャグリのポータブル電1000は、バッテリー容量が1000whあるので、電気毛布3枚を7時間使用可能。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電気毛布の使い方
 

 

「電気毛布は、いろいろな使い方がありますが、冬キャンプで一番暖かい電気毛布の使い方は、ホットカーペットみたいに敷くスタイル」

 

2枚の電気毛布を、ホットカーペットみたいに並べます。

 

 

 

 

「電気毛布は、銀マットの上に敷くのがポイント」

 

銀マットは、銀の部分を必ず上にして敷きます。

 

銀の部分を上にすることで、電気毛布の熱が反射してかなり暖かいです。

 

 

 

 

「シュラフは、電気毛布の上に敷いて下さい」

 

 

銀マット→電気毛布→シュラフ

 

 

 

「我が家は、クッション性をアップする為に、8mm厚の分厚い銀マットを2枚重ねにしています」

 

分厚い銀マットを2枚重ねにすることで、地面からの硬さやゴツゴツ感を吸収します。

 

15mm厚の極厚銀マットでもOKですよ。

 

 

 

クッション性をアップする為に、どちらかを敷く

●8mm厚の銀マット2枚重ね

●15mm厚の極厚銀マット

 

 

 

 

 

 

 

 

「分厚い銀マットや極厚銀マットを敷くことで、クッション性がアップし、電気毛布の熱を反射させて暖かいです」

 

 

 

 

 

「インフレーターマットを使用される場合は、インフレーターマットの上に、電気毛布を敷いて下さい」

 

 

インフレーターマット→電気毛布→シュラフ

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 



 

今回は、冬キャンプに湯たんぽだけ・電気毛布だけでも大丈夫か?という記事を書きました。

 

湯たんぽをシュラフの中に入れると、足元を中心にシュラフの中全体が暖まります。

 

寒い季節、快適に就寝するには、足元がとても大事。

 

足元が冷たいと、より寒く感じてしまいます。

 

我が家は、マルカの湯たんぽを使用。

 

いろいろな種類の湯たんぽがある中で、金属製のマルカの湯たんぽは、直火することが可能。

 

マルカの湯たんぽ本体に水を入れ、直接カセットコンロで温められます。

 

石油ストーブでも温められるので、とても便利。

 

電気毛布は、いろいろな使い方がありますが、ホットカーペットスタイルが一番暖かいです。

 

2枚の電気毛布を、銀マットの上に敷いて下さい。

 

銀マットの上に電気毛布を敷くことで、電気毛布の熱が反射します。

 

電気毛布の熱を反射すると、より暖かく感じます。

 

我が家は、8mm厚の銀マットを2枚敷き、クッション性をアップしています。

 

15mm厚の極厚銀マットでもOK。

 

電気毛布を中〜強にすることで、背中がじんわりと暖かいですよ。

 

じんわりと暖かいので電気毛布を中〜強にするなら、冬キャンプに電気毛布だけでもOK。

 

冬キャンプで就寝する時、湯たんぽか電気毛布のどちらか1つあれば、暖かく就寝することが可能。

 

以上、「レビュー!冬キャンプは電気毛布だけ・湯たんぽだけでは寒い?使い方も詳しくブログで紹介」でした。

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!