年間50泊キャンプ

年間50泊キャンプ!日本酒を年間365日楽しんでいます

レビュー!冬キャンプにインナーテントはいらない!無しの方が快適。

 

 

 

「年間50泊程、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もすると、ほぼ毎週がキャンプ」

 

キャンプをする時間が増えれば増える程、快適に過ごしたいと思います。

 

 

 

 

「春や秋は寒暖差で、昼間は気温が上がりますが、朝晩が冷え込みます」

 

冬キャンプは、1日を通して寒いまま。

 

夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプに寒さ対策は必要です。

 

 

 

 

「季節によって寒さ対策のやり方を変えていかないと、快適にキャンプができません」

 

特に冬キャンプは気温が下がるので、しっかりとした寒さ対策が必要です。

 

 

 

 

今回は、冬キャンプにインナーなしでも大丈夫か?詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

*タイトル
レビュー!冬キャンプにインナーテントはいらない!無しの方が快適

 

 

 

 

「キャンプで就寝する方法は、大まかにいうと2種類あります」

 

コットを使用して寝るコット寝スタイルと、マットを使って寝るマット寝スタイル。

 

 

 

 

 

「コット寝スタイルの場合、インナーテントを使わなくても就寝ができます」

 

虫が少なくなる冬場は、インナーテントを使わずそのままコットを幕内に入れられます。

 

そのままコットで寝ても、虫に刺されることがありません。

 

 

 

 

「コット寝スタイルの大きなメリットは、インナーテントを使わないので、設営と撤収が簡単なこと」

 

冬場は温度差で、インナーテントが必ず結露を起こします。

 

撤収前に濡れたテントを乾かさなくてもいいので、とても楽。

 

 

 

 

「我が家も設営と撤収が楽ということで、インナーテントを使わず、コットをそのまま入れて寝るコット寝スタイルをよくします」

 

インナーテントを使わないので、シェルター内も広く使えます。

 

 

 

 

コット寝スタイルのデメリット
 

 

「インナーテントはフルクローズ出来るので、インナーテントを使って寝ると熱がこもります。」

 

冬場小さなテントに寝る程暖かいというのは、より熱がこもりやすいからです。

 

外からの隙間風や冷気も入ってこないので、インナーテントを使って寝ると割と快適。

 

 

 

 

「インナーテントを使わずコット寝スタイルで就寝すると、幕の裾から入る隙間風や冷気の影響を受けやすくなります」

 

インナーテントを使った時より、寒いと感じることがあると思います。

 

コット寝スタイル場合、よりしっかりとした装備で就寝して下さい。

 

 

 

 

湯たんぽ
 

 

「今使っているシュラフに、湯たんぽを入れることで、より暖かく就寝ができます」

 

湯たんぽをシュラフに入れると、足元を中心にシュラフの中全体が暖かくなります。

 

 

 

 

「電源がないサイトで電気毛布を使うと、ポータブル電源が必要になります」

 

湯たんぽは、湯たんぽのみで暖かくなるので、他に何も必要ありません。

 

手軽に暖かくなり、便利なのが湯たんぽ。

 

 

 

 

「湯たんぽは、金属製・ゴム製・陶器製・プラスチック製・充電式などがあります」

 

一般的によく使われているのは、プラスチック製の湯たんぽだと思います。

 

我が家もプラスチック製の湯たんぽを、2個保有しています。

 

 

 

 

「キャンプでは、プラスチック製の湯たんぽより、金属製のマルカの湯たんぽがおすすめ」

 

金属製のマルカの湯たんぽは、本体にそのまま水を入れて、カセットコンロで直火することが可能。

 

ケトルなどで水を沸かして、湯たんぽに入れ替える作業がないのでとても楽。

 

 

 

 

 

「石油ストーブで温めることもできます」

 



 

「マルカの湯たんぽの表面は、波形をしています」

 

表面が波形にすることで表面積が大きくなり、暖房面積が広くなって強度もアップ。

 

 

 

 

「マルカの湯たんぽの内部には支柱が入っていて、温度が下がってもへこみにくくなっています」

 

 

 

 

「直火ができ使い勝手がいいのが、マルカの湯たんぽ」

 

我が家は、マルカの湯たんぽ2.5Lを使用。

 

2.5Lあれば夜セットして、真冬のキャンプでも朝まで暖かいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

WAQのフォールディングコット
 

 

「インナーテントを使用しない場合、コットが必要になります」

 

最近は、キャンプブームということもあって、いろいろなブランドからコットが発売されています。

 

我が家のおすすめは、WAQのフォールディングコット。

 

 

 

 

「WAQのフォールディングコットは、キャンプで使うコットで、一番人気があり売れている商品」

 

楽天のアウトドア寝具ランキングで、常に上位のコット。

 

 

 

 

「WAQのフォールディングコットの人気がある理由は、組み立てが簡単で寝心地がよいこと」

 

300Dナイロンを使用したベッドシートが、固過ぎず程よい沈み込みの寝心地を実現。

 

 

 

 

「ポールの塗装処理を見直すことで、ギシギシ音を軽減」

 

強度の高い超々ジュラルミンを採用。

 

 

 

 

「フレームに超々ジュラルミンを採用し、各フレームのパイプの直径と板厚をこだわることで、150kgの重さを支えることが可能」

 

 

 

 

「組み立て方はとても簡単で、ベッドシートのスリーブにフレームを通し、レッグフレームを3ヶ所取り付けたら完成」

 

我が家は、5分ほどで組み立てをします。

 

 

 




「レッグポールを使用することで、ローからハイコットに切り替えが可能」

 

 

 

 

 

「190×65cmのサイズがあるので、大柄な男性でも問題はなし」

 

 

 

 

「WAQのフォールディングコットは、簡単に組み立てることができ、寝心地もいいのでおすすめします」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

WAQのインフレータブル式マット
 

 

「気温が下がる冬場は、地面からの冷気もあり、コットの上に何も敷かず寝ると、背中が冷たくなります」

 

冬場は特に気温も下がるので、コットの上に冷気対策として敷く必要があります。

 

我が家は、WAQのインフレータブル式マットを敷いています。

 

 

 

 

「厚さ8cmのWAQのインフレータブル式マットをコットに敷くことで、地面からの冷気を完全にシャットアウト」

 

クッション性もかなりアップするので、おすすめです。

 



 

「キャンプで使うインフレーターマットで、一番人気があり売れているのがWAQのインフレータブル式マット」

 

WAQのインフレータブル式マットは、楽天のアウトドア寝具ランキングで常に上位の商品。

 

 

 

 

「WAQのインフレータブル式マットの人気があり売れている理由は、使い勝手と寝心地の良さ」

 

 

 

 

「マットには、ひし形ウレタンフォームを採用」

 

ウレタンフォームの真ん中をひし形に打ち抜くことで、程よい沈み込みを実現。

 

エアーベッドのような体が浮く感じや、低反発マットのように体が沈み込むことがありません。

 

 

 

 

「キャンプ場の地面は、コンディションの良い芝サイトだけではありません」

 

砂利サイトや石ころが混ざっている土サイトなど、コンディションの悪いサイトもあります。

 

WAQのインフレータブル式マットは、厚さが8cmあるので、地面からのゴツゴツ感を全く感じません。

 

 

 

 

「特大バルブを2つ搭載しており、3分ほどで設置が完了」

 

バルブを開くと自動で膨らむので、何もする必要がなく楽。

 

 

 

 

 

 

「収納は、バルブを開いて空気を抜きながら丸めていきます」

 

丸め終わったら収納袋に入れて完了。

 

簡単に収納が出来るので、手間がいりません。

 

 

 

 

 

 

「裏面は、マットがずれない滑り止め加工」

 

 

 

 

「両サイドにはボタンがあり、連結して繋げることも可能」

 

 

 

 

「カラーは、ネイビー・タン・オリーブ・ブラックの4色があり、自分好みの色をチョイスできます」

 

https://waq-online.com/

 

 

「我が家は、WAQのインフレータブル式マットを、年間50泊のキャンプに使用しています」

 

夫婦でWAQのインフレータブル式マットを使っていて、夫婦共に朝まで快適。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

今回は、冬キャンプでインナーテントを使用せずに快適か?ということを記事にしました。

 

冬場は温度差で、インナーテントが結露するので使わない方が楽。

 

設営と撤収も簡単で楽にできます。

 

インナーテントを使用しない場合、コット寝スタイルにして下さい。

 

コットを幕内に入れることで、インナーテントが必要ありません。

 

コットは、インフレーターマットと組み合わせることで、暖かく快適に就寝できます。

 

おすすめは、WAQのフォールディングコットとWAQのインフレータブル式マット。

 

WAQのフォールディングコットと、WAQのインフレータブル式マットの組み合わせは最高で、我が家も使用しています。

 

以上、「レビュー!冬キャンプにインナーテントはいらない!無しの方が快適」でした。

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!