選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【絶対おすすめ】冬キャンプで銀マットの向きと効果!テントが快適

 

 

 

「年間50泊程、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 「一年の中で最も快適に過ごせるのが、春や秋キャンプ」

 

真夏程気温が上がらず、真冬程寒くならないので、重装備でなくてもキャンプができます。

 

それ程気温も下がらないので焚き火だけでも暖が取れ、最も焚き火を楽しめる季節。

 

 

 

 

「冬キャンプは、寒いし過ごしにくいと思われがちですが、しっかりとした装備をすれば、自宅で過ごすような快適さがあります」

 



 

「冬キャンプで気を付けてほしいのが、地面からの冷気」

 

銀マットがあれば、地面からの冷気対策ができます。

 



 

今回は、冬キャンプに銀マットをおすすめする理由を、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 


 

 
 
*タイトル
【絶対おすすめ】冬キャンプで銀マットの向きと効果!テントが快適

 

 

 

 

 

銀マットをおすすめする理由

 

「気温が下がると、必ず発生するのが地面からの冷気」

 

手で地面を触ると冷たく感じるのが冷気で、テントの床からも発生します。

 

寒い季節、テントの床に何も敷かず寝転がってみると、冷たく感じるのが冷気。

 

 

 

 

「銀マットの上に直接寝転がってみると、暖かいと感じることがあります」

 

銀マットは体温を反射させて、保温性を高める効果があります。

 



 

「地面からの冷気を遮断し体温を反射させる銀マットは、冬キャンプに必要なアイテム」 

 

 

 

 

 

銀マットの向き

 

「銀マットには、銀の面とそうではない面の裏表があり、冬キャンプと夏キャンプでは敷き方が変わってきます」

 

 

 

 「寒い季節は、銀マットの銀の面を上にしてください」 

 

銀マットの銀の面を上にすることで、体温を反射させ保温性を高めます。

 

 

 

 

 「地面からの冷気も遮断するので、銀マットを敷くとかなり快適になります。

 

 

 

 

 「夏場は、銀マットの銀の面を下にしてください」 

 

銀の面を下にすることで、体温を反射させません。

 

 

 

 

「温かくなった地面の熱も、銀マットが遮断してくれます」 

 

 

銀マットの向き
冬キャンプは銀の面が上
夏キャンプは銀の面が下

 

 

 

 

 

銀マットの厚み

 

「テントの床に、よく敷かれている銀マットの厚みは8mm」 

 

我が家も8mm厚の銀マットを使用しています。

 

 

 

 

「キャンプサイトは、芝サイトみたいなコンディションの良いサイトだけではありません」 

 

砂利サイトや土サイトみたいな、ゴツゴツして固い場所もあります。

 



 

 「芝サイトは、芝がクッション代わりになるので、8mm厚の銀マット1枚で十分」

 

8mm厚の銀マットが、地面からの冷気も遮断してくれます。

 



 

 「砂利サイトや土サイトなど、ゴツゴツして硬い地面は、8mm厚の銀マットを2枚重ねにして下さい」

 

8mm厚の銀マットを2枚重ねにすることで、ゴツゴツした固い地面を吸収してくれます。

 

 

 


 

 


 

 


 

 


 

 

 

 

 

「15mm厚の銀マット1枚だと重ねなくてOK」

 

 

 


 

 


 

 

 

 

 

銀マットとプラスアルファ

 

 

 

 

「より快適に過ごすには、銀マットとプラスアルファがおすすめ」

 

銀マットとプラスアルファを敷くことで、よりテント内で快適。

 

我が家は銀マットの他、オールウェザーブランケットとエルパソサドルブランケットを使用しています。

 

 

 

 

敷く順番

オールウェザーブランケット

分厚い銀マット

エルパソサドルブランケット

 

 

 

 

オールウェザーブランケット

 

「テントの床にオールウェザーブランケットを敷きます」

 

 

 

 

「オールウェザーブランケットは、ポリエチレンシート・ポリエチレンフィルム・ポリエステルメッシュシート・ポリエチレンフィルム・アルミ蒸着PETフィルムからなる5層構造」

 

独自の5層構造と高純度アルミにより、非常に高い熱反射性を実現。

 

 

 

 

「体温の最大80%を反射し、体温の低下を防止」

 

命を驚かす低体温症の予防に有効。

 

 

 

 

「18ヶ月に及ぶ開発期間を経て、ついに誕生した最強のブランケット」

 

 

 

 

「オールウェザーブランケットは、アメリカ軍をはじめ世界中の軍隊で使用され、防衛省・地方公共団体・学校・企業等で採用」

 

防災安全協会の推奨品マーク所得済み。

 

 

 

 

「オールウェザーブランケットは、防水・防風・保温性に大変すぐれています」

 

オールシーズン使えて全天候対応型の多機能ブランケット。

 

 

 

 

「オールウェザーブランケットを敷くことで、冬場は地面からの冷気、夏場は地面からの地熱をシャットアウト」

 

 

 

 

「2〜3人用テントのグランドシートにもなる優れもの」

 

 

 

 

 

 

「4隅に両面補強されたハトメがあり、ペグで固定することも可能」

 

 

 

 

 

「我が家は、荷物を置くシートとしても使用しています」

 

 

 

 

「収納ケースも付いているので持ち運びに便利」

 

 

 

 

「防水性が高いので、雨の日でも安心」

 

 

 

 

「年間50泊キャンプに行く我が家にとって、オールウェザーブランケットはなくてはならないもの」

 

 

 


 

 

 

 

 

 

分厚い銀マット

 

「オールウェザーブランケットの上には、分厚い銀マット」

 

 

 

 

「分厚い銀マットを敷くことで、地面からの冷気を完全にシャットアウト」

 

クッション性もアップし、居住性もよくなります。

 

 

 

 

「我が家は、地面が芝などのコンディションの良いサイトだと、8mm厚の銀マット1枚敷いています」

 

芝がクッション代わりになるので、8mm厚の銀マットだけでも痛くありません。

 

 

 

 

「地面が砂利や土などのコンディションの悪いサイトだと、クッション性を上げる為に、8mmの銀マットを2枚重ねています」

 

8mm厚の銀マットを2枚重ねて敷くことで、クッション性がかなりアップします。

 

 

 


 

 


 

 


 

 


 

 

 

 

 

「重ねたくない方は、15mm厚の銀マット1枚でもOK」

 

 

 


 

 


 

 

 

 

 

 

エルパソサドルブランケット

 

「銀マットの上にはエルパソサドルブランケットを敷いています」

 

 

 

 

「1970年創業のアメリカテキサス州に本社を置くエルパソサドルブランケット社は、50年以上も続く歴史あるブランド」

 

エルパソサドルブランケット社のラグが、エルパソサドルブランケット。

 

 

 

 

「しっかりとした織りと固めの素材感で丈夫」

 

生地がしっかりとしていて丈夫なので、痛むことがなく長く使用できます。

 

 

 

 

「いろいろな柄とカラーがあるので、自分好みのものを選びやすいです」

 

楽天市場

 

 

「150×250cmサイズで、ゆったりと使うことが可能」

 

見た目がおしゃれで、丈夫なラグを探しておられる方におすすめ。

 

 

 


 

 


 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

おすすめマット&ラグ

 

 

 

 

 

ユージャック厚手レジャーシート

 

「最近、テントの中やお座敷スタイルで敷くラグで人気があり売れているのが、ユージャックから発売されている厚手レジャーシート」

 

UJack

 

 

「表面は肌触りの良いフリース素材でありながら、裏面は防水性の高いPVCを採用」

 

汚れてしまっても固く絞った雑巾などで拭くと、簡単に汚れが取れます。

 

https://ujack.co.jp/

 

 

「縦横に付いたマジックテープを連結すれば、複数繋げることも可能」

 

手軽な値段の割には、シートに厚みもあり丈夫。

 

https://ujack.co.jp/

 

 

「サイズは200×150cmで、エジプト柄とナバホ柄の2種類があります」

 

口コミと評判は、下記のような感じ。

 

 

●キャンプで使用しています。秋冬キャンプではテント内に敷いてお座敷スタイルにしてもいい感じです。
 
●しつかりしたマットの為使いやすいのと防寒にも最適。
 
●肌触り良し。適度な厚み良し。大きさ良し。お値段良し。裏の銀のアルミホイルみたいのもしっかりしてます。
 
●サイズが割と大きくとても使い勝手がいいです。気に入ってます。
 
●本当に軽くて素敵な色合いでとても買って良かったと思う商品です。
 
●軽くてコンパクトで畳むと持ち手も付いているので、持ち運びも良かったです。
 
●厚みがあるので小砂利のサイトでも砂利を感じずに使えます。
 
●しっかり厚手で冷気も通しにくいです。デザインも気に入りました。
 
●裏面が銀シートみたいになっていて、温かいです。
 
●キャンプ用に買いましたがサイズも丁度よく、暖かいし下からの冷気も軽減されてとても良かったです。

 

 


 

 

 

 

 

 

ジーメンスのテントシート

 

「ジーメンステントシートは200×200cmサイズで、使いやすい大きさ」

 



 

「地面と接する裏面にアルミフィルムを採用している為、防水性・断熱性・耐久性に優れています」

 

地面からの冷気や湿気もシャットアウト。

 



 

「中綿には、ポリエステル綿が詰まっており、軽度のクッション性もあります」

 



 

「表面はポリエステル生地を採用し、サラサラした肌触り」

 

撥水加工も施しており、水分も弾きます。

 



 

「ジーメンスのテントシートの口コミと評判は、下記のような感じ」

 

 

●すごく使いやすかったです。生地が柔らかくてよい。
 
●サイズも表示通りでコンパクトに収納出来る。バンドと袋付き。
 
●キルト生地は可愛くて、断熱性があるのはgood。
 
●大きくて、はみ出すことなく寝そべれる。フカフカだし超使ってる。
 
●洗えるのがとても便利です。コンパクトなのに大きいし、持ち運びも便利です。
 
●コンパクトに畳めて洗えるのがいい。
 
●テント内での使用です。生地自体はしっかりしています。
 
●テント内のインナーマットとして使用。
 
●真冬のテントシートとして使いましたが快適でした。値段も手ごろで良い買い物をしました。
 
●テントのインナーシートに適しています。少しお高いですが、見た目が良いので相応の価値はあるかなと思います。

 

 


 

 

 

 

 

 

キャプテンスタッグのキャンピングフロアマット

 

「キャプテンスタッグのキャンピングフロアマットは、260×260cmサイズで大判のマット」

 

表面にはポリエチレン、裏面には柔らかく弾力性のある発泡ポリエチレンを採用。

 

裏面には保温性を高め、冷気をシャットアウトするアルミを使用しています。

 

 

 

 

「キャプテンスタッグのキャンピングフロアマットの口コミと評判は、下記のような感じ」

 

 

●思っていた以上にしっかりした作りで購入して正解でした。
 
●テントで一番下に敷くマット。下からの冷気をやや遮断してくれて、冬キャンでも使い勝手が良い。
 
●サイズ感は270×270テントにピッタリ。厚さは程よく敷きやすい。
 
●スノーピークのアメニティドームMに。スノーピークのものは高いので安くてサイズもぴったりなこちらを買いました。
 
●寒い冬でも底冷えしない。クッション性もあって良好な使い心地。
 
●下からの冷気をやや遮断してくれて、冬キャンでも使い勝手が良い。
 
●思っていた以上にしっかりした作りで購入して正解でした。
 
●地面からの熱もうまく遮蔽してくれます。
 
●テントの中に敷くインナーシートとして購入しました。
 
●軽くて持ち運びも楽です。耐水性も良いです。

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

今回は、冬キャンプに銀マットがおすすめな理由を記事にしてみました。

 

寒い季節、気温が下がると必ず発生するのが地面からの冷気。

 

手で地面を触ると冷たいのが冷気で、テントの床部分からも発生します。

 

銀マットを敷くことで、地面から発生する冷気を遮断してくれます。

 

銀マットは、銀の面と銀ではない面の裏表あります。

 

冬キャンプは、銀の面を上にして下さい。

 

銀の面を上にすることで冷気を遮断し、尚且つ体温を反射させ保温性をアップさせます。

 

銀マットの上に寝転がってみると、暖かいと感じます。

 

手軽な値段で販売されているので、気兼ねなく使用できます。

 

銀マットがあれば、春夏秋冬使えるのでとても便利。

 

以上、「冬キャンプに銀マットが絶対おすすめ!テントが超快適になる!」でした。

 

 

 

     

【ナチュラム】セール開催中