選び方ぶろぐ

年間50泊キャンプに行っています

アメニティドームのレイアウト!アメニティドーム SとMにコットを入れたらどんな感じ?詳しくブログで紹介。



 

「最近は、キャンプブームということで、いろいろなブランドからテントが発売されています」

 

いざ購入しようと思ってもたくさんあり過ぎて、どのブランドのテントを選んだらいいか迷います。

 

昔に比べて最近はテントの種類も増え、選びやすくなったと思います。

 



 

「テントの種類は主に、ワンポールテント・2ルームテント・ドーム型テント・ポップアップテント・ワンタッチテント・パップテントなどがあり、まだ他にもいろいろな形のテントがあります」

 

テントの種類で、昔から今も人気のあるのが、ワンポールテントだと思います。

 

ワンポールテントは1本のポールを立ち上げ、幕の周り数ヶ所をペグダウンするだけなので、短時間で設営ができます。

 



 

「簡単で楽に設営できるのが、ワンポールテントの魅力」

 

後、ワンポールテントは、見た目もかっこいいです。

 



 

「最近、昔に比べて人気が下降気味なのが、ドーム型テント」

 

その下降気味の人気の中で、根強く売れ続けているのがアメニティドーム。

 



 

「アメニティドームは、昔から今も人気があるロングヒット商品」

 

ロングヒット商品のアメニティドームは、昔から今も形が変わっていません。

 

形が変わらず、今も昔も同じ形をしたアメニティドームは、流行り廃りがないのが特徴。

 

 

 

 

「流行り廃りがないので、飽きることなく長く使えるのが、アメニティドームを選ぶメリット」

 



 

「アメニティドームは、Sサイズ・Mサイズ・Lサイズの3種類があり、今回よく行くアウトドア用品店で、Sサイズ・Mサイズが展示されていたので、見て触れて確認してきました」

 

 

 

 

今回は、アメニティドームのSサイズとMサイズに入れるコットについて、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

*タイトル
アメニティドームのレイアウト

 

 

 

 

「アメニティドームには、Sサイズ・Mサイズ・Lサイズの3種類があり、一番人気のあるのがMサイズ」

 

 

505×280×高さ150cmのアメニティドームMの本体サイズ

 

 

 

「アメニティドームMは、それ程大きくもなく小さくもないので、家族で使いやすい大きさ」

 

区画サイトでも、タープと連結しやすいサイズなので、とても使い勝手がいいと思います。

 

アメニティドームMは、キャンプ場でもよく見かけ、今回もアウトドアショップで見て触れて確認してきましたが、とても良いサイズ感だったので、人気がある理由がわかります。

 

 

 

 

 

コットスタイル
 

 

「アメニティドームで就寝する際、どのようなスタイルで就寝されていますか?」

 

テントで寝る際、コットとマットの2種類の方法があります。

 

寒い季節、テントにコットを入れると、地面からの冷気対策になります。

 



 

「寒い季節、必ず発生するのが地面からの冷気」

 

手で触ると冷たいのが冷気で、テントの床部分からも冷気が発生します。

 

地面からの冷気対策をしないと、地面が冷たくて快適に就寝できません。

 

 

 

 

「テントの床部分にいろいろなマットを敷くことで、地面からの冷気対策ができます」

 

寒い季節、地面からの冷気対策には、いろいろなマットが必要。

 



 

「コットは、地面とコットの間にスペースができるので、冷気対策の必要はありません」

 

コットを使うだけで、地面からの冷気対策になるのでとても楽。

 



 

「コットを使うとマット類を使わないので、車に積載する荷物を削減できます」

 

寒い季節にコット寝はおすすめ。

 

 

 

 

 

アメニティドーム SとMにコットを入れる
 

 

「今回アウトドア用品店に展示されていたのが、アメニティドームのSサイズとMサイズ」

 



 

220×150cm×高さ120cmのアメニティドームSのインナーサイズ。

 

295×295×高さ165cmのアメニティドームMサイズのインナーサイズ。 

 

 

 

「アメニティドームSサイズのインナーテントは割と狭く、Sサイズには2つのコットしか入りません」

 

 

 


 

 

 

 

 

「アメニティドームMのインナーテントには、3つ分のコットしか入れることができません」

 

 

 


 

 

 

 

 

WAQのフォールディングコット
 

 

「我が家は就寝するのに、WAQのフォールディングコットを使用」

 

WAQのフォールディングコットは、楽天のアウトドア寝具コットランキングで、一番売れている商品。

 



 

「WAQのフォールディングコットが、人気があり売れている理由は、圧倒的な寝心地の良さ」

 

300Dナイロン製の生地を採用したことで、ベッドシートが程よく沈み込み最高の寝心地。

 



 

「シートは、張り過ぎると体が浮いてしまい、柔らかすぎると沈んでしまいます」

 

WAQのフォールディングコットの張り具合はちょうどよく、固すぎず程よい沈み込みで快適に就寝できます。

 



 

「WAQのフォールディングコットは、ポールのギシギシ音がしにくい」

 

ポールの塗装処理をツルツルした塗装から、少しザラつきのあるものへと見直すことで、生地とポールが擦れた際に発生するギシギシ音を軽減。

 

寝返りや体勢を変えた時の、嫌が音がしにくいです。

 

 

 

 

「フレームには、強度の高いA7075超々ジェラルミンを採用しており軽くて丈夫」

 



 

「耐荷重は、150kgと大柄な男性でも安心して使用できます」

 

WAQのフォールディングコットのサイズが、190×65cmで耐荷重は150kgあるので、大柄な男性でも安心して使用できます。

 

わたしが、身長175cmで体重が65kgで、下記のような感じ。

 



 

「付属のレッドポールを使うことで、ハイとローのどちらでも使用できます」

 

 

 

 

 

 

「組み立てはとても簡単で、慣れると5分程で設置と片付けができます」

 

ベッドシートにサイドフレームを通し、レッグフレームを取り付けたら完成。

 

簡単手軽に設置と片付けをできるのが、WAQのフォールディングコットの良い所。

 

 

 

 

 

 

 

 

「我が家は、年間50泊行くキャンプに、WAQのフォールディングコットを使用しています」

 

WAQのフォールディングコットは、楽天で一番売れていて、かなり使いやすいコットだと思います。

 

 

 


 

 

 

 

 

マット
 

 

「コットの上には、WAQのインフレーダブルマットを使用」

 

WAQのインフレーダブルマットは、楽天の寝具マットランキングで、人気ナンバーワンの商品。

 

 



 

「WAQのインフレーダブルマットが人気のある理由は、寝心地と使い勝手の良さ」

 



 

「素材に、弾力に優れたひし形ウレタンフォームを採用」

 

ウレタンフォームの真ん中部分をひし形に打ち抜くことで、程よい沈み込みを実現。

 

エアーベッドのように体が浮く感じや、低反発マットのような体が沈み込む感じがないので、朝までぐっすりと就寝が可能。

 



 

「WAQのインフレーダブルマットは、厚みが8cmもあるので、砂利サイトや土サイトのコンディションの悪いサイトでも、快適に就寝できます」

 



 

「特大バルブを2つ搭載している為、バルブを開いて3分で設置が可能」

 

WAQのインフレーダブルマットは、バルブをひねるだけで自動で空気が入っていくので、他に何もする必要はありません。

 

 




「収納は、バルブを開いて空気を抜きながら巻いていき、巻き終わったらバルブを閉じ、収納袋に片付けたら完了」

 

 

 



 

「設置と収納がとても楽なのが、WAQのインフレーダブルマットの良い所」

 

 

 

 

「マットがずれないように、裏面には滑り止め加工がされています」

 



 

「サイズが190×65cmあるので、大柄な男性でも大丈夫」

 

身長が175cmで、体重が65kgのわたしが、下記のような感じ。

 

 

 

 

「WAQのインフレーダブルマットは、年間50泊行くキャンプに必ず持って行くキャンプアイテム」

 

とても寝心地がいいので、おすすめできます。

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

今回は、アメニティドームSとアメニティドームMに入れるコットについて、詳しくブログで紹介しました。

 

アメニティドームSにはコットが2個、アメニティドームMはコットが3個しか入りません。

 

コットは幅があるので、その分アメニティドームに入るコット個数が減ってしまいます。

 

寒い季節にコットを使用するメリットは、地面からの冷気対策。

 

コットがあると、地面からの冷気対策は必要ありません。

 

地面対策に、マットなどが必要なくなるので、荷物の削減にもなります。

 

我が家は、コットにWAQのフォールディングコットを使用しています。

 

WAQのフォールディングコットは、楽天のアウトドア寝具コットランキングで、売り上げナンバーワンの商品。

 

固すぎず程よい寝心地で、快適に就寝できます。

 

マットもWAQ製のWAQのインフレーダブルマットを使用。

 

こちらも、楽天アウトドア寝具マットランキングで、1位の商品でかなり売れています。

 

かなり寝心地がいいので、我が家のお気に入りのマット。

 

以上、「アメニティドームのレイアウト!アメニティドーム SとMにコットを入れたらどんな感じ?詳しくブログで紹介」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラム
 
 

 

キャンプ用品セール(Amazon)
 
 

 

キャンプ用品セール(楽天)