選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

レビュー!冬キャンプはコットだけでは寒い?インフレターマットが底冷え対策になる

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もすると、ほぼ毎週がキャンプ」

 

キャンプの時間が増えれば増える程、快適に過ごしたいと思います。

 

 

 

 

「春や秋は寒暖差で、昼間は気温が上がりますが朝晩が冷え込みます」

 

冬キャンプは1日を通して寒いまま。

 

夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプに寒さ対策は必要です。

 

 

 

 

「その季節にあった寒さ対策をしないと、快適には過ごせません」

 

特に冬キャンプは気温が下がるので、きっちりとした寒さ対策が不可欠。

 

 

 

 

今回は、冬キャンプのコット寝スタイルについて、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
 
*タイトル
レビュー!冬キャンプはコットだけでは寒い?インフレターマットが底冷え対策になる

 

 

 

 

フロアーレステントでコット寝スタイル
 

 

「冬の寒い季節は気温が下がるので、虫の発生が少なくなります」

 

虫の発生が少ないということで、フロアがないシェルターなどを使用する場合、我が家はよくコット寝スタイルにします。

 

虫が少ないので、コットでそのまま就寝することが可能。

 

 

 

 

「シェルターでコット寝スタイルにするメリットは、インナーテントを使用しなくてもいいこと」

 

虫の発生が少ないので、インナーテントを設置する必要はありません。

 

 

 

 

「インナーテントを使用しないので、結露で濡れたインナーテントを乾かす手間がいりません」

 

設営撤収するのにも、とても楽です。

 

インナーテントを使用しないということで、かなり設営と撤収が楽にできます。

 

 

 

 

テントでコット寝スタイル
 

 

「気温が下がると必ず発生するのが、地面からの冷気」

 

地面を手で触ると冷たいのが冷気で、テントの床部分からも冷気が発生します。

 

 

 

 

「気温が下がる季節、テントに何も敷かず寝転がってみると冷たく感じるのが冷気」

 



 

「特に気温が下がる冬キャンプは、地面からの冷気を遮断しないと、快適には過ごせません」

 

冷気を遮断するには、テントの床に冷気を通さない色々なマットを敷く必要があります。

 

 

 

 

コット寝スタイルのやり方
 

 

「気温が下がる冬場、コット寝で最も快適に就寝できるのが、コットの上にインフーターマットを敷いて就寝するスタイル」

 

 

コット→インフーターマット→シュラフ

 

 

 

「コットの上にインフーターマットを敷いて就寝されている方ならわかりますが、朝起きたらインフーターマットが濡れている場合があります」

 

インフレーターマットが濡れる理由は、寝ている間にインフーターマットに体温が伝わり暖かくなります。

 

コットは地面からの冷気で冷たくなっている為、温度差で結露が発生します。

 

 

 

 

「気温が下がると、コットのシートは冷たくなります」

 

コット上にそのままシュラフのせて就寝すると、地面からの冷気の影響で背中が冷たいです。

 

就寝する時、コットだけだと冷たいので、冷気を遮断するマットが必要。

 

 

 

 

「コットの上にクローズドセルマットを敷かれる方もいますが、春や秋のキャンプなら問題はないですが、冬キャンプは気温が下がるので、クローズドセルマットだと背中が冷たい時があります」

 

 

 

 

「インフーターマットは空気の層で、完全に地面からの冷気を遮断することが可能」

 

我が家は気温が下がる冬キャンプに、ウレタンマットを使わずインフーターマットをコットの上に敷きます。

 

 

 

 

「冬場、インフーターマットを使うと、寝転がった直後は冷たく感じます」

 

ただ、体温でだんだんインフレーターマットの空気の層が温まってくるので、少しすれば暖かく感じます。

 

 

 

 

「冬キャンプは、クローズドセルマットよりインフレーターマットがおすすめ」

 

クローズドセルマットよりインフレーターマットの方がクッション性も高いので、快適に就寝できます。

 

 

 

 

WAQのインフレータブル式マット
 

 

「キャンプで使うインフレーターマットで売れていて人気のあるのが、WAQから発売されているインフレータブル式マット」

 

累計販売個数12万5千個を突破した脅威のインフレーターマット。

 

 

 

 

「WAQのインフレータブル式マットの人気があり売れている理由は、寝心地がよく使い勝手がいいマットだから」

 

人気があり売れているのには、それだけの理由があります。

 

 

 

 

「マット部分には、ひし形ウレタンフォームを採用」

 

ウレタンフォームの真ん中をひし形に打ち抜くことで、程よい寝心地を実現。

 

 

 

 

「エアーマットのように体の浮く感じや、低反発マットのように体が沈み込む感じもありません」

 

ちょうどいい張り具合で、朝まで快適に就寝できます。

 

 

 

 

 

「キャンプ場の地面は、コンディションの良い芝サイトだけではありません」

 

コンディションの悪い砂利や、石の混じった土サイトなどもあります。

 

WAQのインフレータブル式マットは、厚みが8cmあるのでコンディションの悪い砂利や石の混じった土サイトでも快適。

 

 

 

 

「特大バルブを2つ搭載しており、3分程で設置が完了」

 

設置はバルブを緩めるだけで、自動で空気が入っていきます。

 

自動で膨らむので、手間が全くかかりません。

 

 

 

 

「収納はバルブを開いて空気を抜きながら巻いていきます」

 

巻き終えたらバルブを閉じ、付属の収納袋に入れたら完了。

 

収納も簡単で、全く手間がいりません。

 

 

 

 

 

 

 

「マットの裏面には、滑り止め加工」

 

 

 

 

「両サイドにはボタンがあり、連結することも可能」

 

カラーは、ネイビー・タン・オリーブ・ブラックの4色があるので、自分好みの色をチョイスできます。

 

https://waq-online.com/

 

 

「縦190×幅65cmのサイズがあり、大柄な男性でも大丈夫」

 



 

「我が家は夫婦2人で、WAQのインフレータブル式マットを使用し、朝まで快適に就寝しています」

 

年間50泊行くキャンプに、WAQのインフレータブル式マットは、なくてはならないギア。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

湯たんぽ
 

 

「冬キャンプで、より暖かく就寝するなら湯たんぽがおすすめ」

 

シュラフの中に湯たんぽを入れることで、足元を中心にシュラフ全体が暖かくなります。

 

湯たんぽを使用すると、寒い冬キャンプでも暖かく快適に就寝することが可能。

 

 

 

 

「湯たんぽは、ゴム製・プラスチック製・陶器製・充電式・金属製など、いろいろな種類があります」

 

一般的に自宅でもよく使われているのが、プラスチック製の湯たんぽだと思います。

 

我が家も、プラスチック製の湯たんぽを2個保有しています。

 

 

 

 

「キャンプで使用されるなら、金属製のマルカの湯たんぽがおすすめ」

 

 

 

 

「金属製のマルカの湯たんぽは、水を本体に入れてカセットコンロで直火することが可能」

 

ケトルなどで沸かして移しかえる必要がないので、全く手間がかかりません。

 

 

 

 

 

「石油ストーブでも温められるので、とても便利」

 

 

 

 

「マルカの湯たんぽの表面は、波形になっています」

 

波形にすることで、表面積を大きくして暖房面積を広くし、強度もアップしています。

 



 

「マルカの湯たんぽの内側には支柱が入っていて、温度が下がってもへこまないようになっています」

 

 

 

 

「使い勝手が良いのが、マルカの湯たんぽの特徴」

 



 

「我が家は、マルカの湯たんぽ2.5Lを使用」

 

2.5Lあれば夜にセットして、真冬のキャンプでも朝まで暖かいです。

 

我が家は、夫婦でマルカの湯たんぽ2.5Lを使用しています。 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

「コットの上には、WAQのインフレータブル式マットを敷いています」

 

WAQのインフレータブル式マットがあれば、朝まで快適に就寝できます。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

今回は、冬キャンプにコットだけだと寒いのかを、ブログで紹介しました。

 

冬キャンプは気温が下がるので、コットのみだと背中が冷たいです。

 

コットの上にクローズドセルマットを敷いて、よく寒さ対策をされますが、クローズドセルマットだと気温が下がり過ぎると、完全に冷気を遮断するのは無理。

 

冬キャンプで気温が下がっても、完全に冷気を遮断しクッション性をアップできるのがインフレーターマット。

 

コットの上に、インフレーターマットを使用すると底冷えはありません。

 

我が家はインフレーターマットに、WAQのインフレータブル式マットを使用。

 

WAQのインフレータブル式マットは、キャンプで使うインフレーターマットで一番売れていて人気の商品。

 

我が家も年間50泊行くキャンプに、WAQのインフレータブル式マットを使っています。

 

より快適に就寝するなら、湯たんぽを使用して下さい。

 

マルカの湯たんぽがあれば、簡単で楽に使うことができます。

 

以上、「レビュー!冬キャンプはコットだけでは寒い?インフレターマットが底冷え対策になる」でした

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!