選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【検証】6月キャンプで寝る時は?寝袋は?寒いのか?詳しくブログで紹介

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もすると、ほぼ毎週がキャンプ」

 

キャンプの時間が増えれば増える程、快適に過ごしたいと思います。

 

 

 

 

「春や秋は寒暖差で、昼間は気温が上がりますが朝晩が冷え込みます」

 

冬キャンプは、1日を通して寒いまま。

 

夏キャンプ以外は、寒さ対策が必要になります。

 

 

 

 

今回は6月キャンプは寒いのか?寝る時やシュラフ、注意点を詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
*タイトル
【検証】6月キャンプで寝る時は?寝袋は?寒いのか?詳しくブログで紹介

 

 

 

 

インフレーターマット

 

 

 

 

「キャンプ場の地面は、コンディションの良い芝サイトだけではありません

 

砂利や石ころが混じった土サイトなどもあります。

 

特に雨が多い梅雨時期は、水はけの良い砂利サイトを我が家は選びます。

 

 

 

 

「砂利や石ころの混じったサイトでも、快適に就寝できるのがインフレーターマット」

 

インフレーターマットは、内部にウレタン素材などのクッション材が入っており、空気を充填して使用します。

 

厚みがあるので、砂利や石ころのサイトでも、地面のゴツゴツ感や硬さを吸収してくれます。

 

 

 

 

「インフレーターマットはコットにも使用でき、コットの上に敷いて寝ると、よりクッション性がアップし快適に就寝できます」

 

マットの上やコットの上にも敷けるのが、インフレーターマットの良い所。

 

 

 

 

WAQのインフレータブル式マット
 

 

「我が家は、WAQのインフレータブル式マットを使用」

 

 

 

 

「WAQのインフレータブル式マットは、キャンプで使うインフレーターマットで人気の商品」

 

累計販売個数12万5千個を突破した脅威のインフレーターマット。

 

 

 

 

「WAQのインフレータブル式マットの人気があり売れている理由は、寝心地と使い勝手の良さ」

 

我が家は夫婦で使用しており、朝まで快適に就寝しています。

 

 

 

 

「マット部分には、ひし形ウレタンフォームを採用」

 

 

 

 

「ウレタンフォームの真ん中をひし形に打ち抜くことで、程よい寝心地を実現」

 

エアーベッドのように体が浮く感じや、低反発マットのように体が沈み込むことがありません。

 

 

 

 

「厚みが8cmあるので、地面のゴツゴツ感や硬さを吸収」

 

 

 

 

「WAQのインフレータブル式マットは、R値が6あるので地面からの冷気を遮断」

 

 

 

 

「R値はどのくらい熱を逃がさないか、断熱力を評価する指数」

 

指数が高ければ高いほど、断熱力が高く暖かいマットということになります。

 

 

R値

R値が高いほど冷気が伝わりにくく断熱性が高いマット

 

 

 

「春や秋はR値が2.1以上、冬場はR値が3.3以上」

 

厳冬期ならR値が5以上あれば、快適に過ごせます。

 

WAQのインフレータブルマットは、R値が6あるので、真冬の寒い時期でも暖かく就寝することが可能です。

 

 

 

 

「WAQのインフレータブル式マットは、特大バルブを2つ搭載」

 

バルブを開いて3分で設置ができます。

 

自動で膨らむので手間が全くかかりません。

 

 

 

 

 

「収納は、バルブを開いて空気を抜きながら巻いていきます」

 

巻き終えたら付属の収納袋に入れて完了。

 

収納もとても簡単にできます。

 

 

 

 

 

 

 

「裏面はマットが滑らない滑り止め加工」

 

 

 

 

「両サイドには連結用のボタンがあり、複数繋げることが可能」

 

 

 

 

「カラーは、ネイビー・タン・オリーブ・ブラックの4色があるので、自分好みの色をチョイスできます」

 

https://waq-online.com/

 

 

「我が家は、夫婦2人でWAQのインフレータブル式マットを使用していて、朝まで快適に就寝しています」

 

 

 

 

「最近は、いろいろなアウトドアブランドからインフレーターマットが発売されていますが、我が家はWAQのインフレータブル式マットがおすすめ」

 

WAQのインフレータブル式マットは、年間50泊のキャンプになくてはならないキャンプギア。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シュラフ
 

 

「6月は、だんだんと最低気温が上がっていきますが、6月初めと6月の終わりとでは、気温さがあります」

 

場所にもよりますが、我が家のよく行くキャンプ場では6月初めの最低気温が10℃ぐらい。

 

6月終わりの最低気温は15℃ぐらいになっています。

 

 

 

 

「最低気温が10℃と15℃では、かなり体感温度が変わってきます」

 

場所や日によっても最低気温が変わってくるので、寒い時も想定しある程度暖かさのあるシュラフを選ぶべきです。

 

6月キャンプは、寝る前が暖かくても朝方が冷え込む時があるので注意して下さい。

 

 

 

 

「我が家のおすすめは、化繊のシュラフで最も売れているベアーズロックのふわ暖シリーズ」

 

ふわ暖シリーズで一番暖かい、ふわ暖EXを我が家は使用。

 

我が家が使用しているふわ暖EXは、使用限界温度が−32℃になっている為、冬用のシュラフになっています。

 

 

 

 

「ふわ暖シリーズの特徴は、布団のように肌触りがよくふかふかなこと」

 

朝まで暖かさが続き、快適に就寝できます。

 

 

 

 

「今回紹介するのが、ふわ暖EXライト」

 

ふわ暖EXライトは、使用限界温度が−6℃になっており、5月6月のキャンプなら十分に暖かいです。

 

少し着込めば4月キャンプでも使えるので、春や秋のキャンプをメインで行かれる方にもおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月キャンプの注意点

 

 

 

 

「6月は梅雨時期になり、1年で最も雨が多い季節」

 

電気予報に雨マークがなくても、急に雨が降ることもあるので注意が必要。

 

雨が降ると、地面がぬかるんでしまいます。

 

 

 

 

「6月キャンプは雨のことも想定し、キャンプ場選びは土サイトを避けて下さい」

 

地面が硬いのでマット類は必要ですが、雨の日は砂利サイトがおすすめ。

 

 

サイトの選び方

土サイト×

芝サイト○

砂利サイト◎

 

 

 

「6月キャンプは雨の日が多くなるので、河原にあるキャンプ場は危険」

 

川が増水するリスクもあるので、気をつけて下さい。

 

 

 

 

「雨が降っている時は蚊が発生しませんが、雨上がりは特に蚊が一斉に活動します」

 

草や芝が刈り込んでいない場所や、サイトの近くに池などがあると、蚊が大量に発生することもあるので注意して下さい。

 

 

 

 

「6月キャンプは林間サイトで、尚且つ草が少ない砂利サイトがおすすめ」

 

下記のようなキャンプ場が、一番おすすめです。

 

 

 

 

2ルームテント

 

 

 

 

「雨の日が多い6月キャンプは、下記のようなオープンタープだと雨風が強い場合、タープ下に雨が入って荷物までびっしょりということもあります」

 

特に家族でキャンプをされる場合、雨がタープ下まで入ってくると、よりタープ下で過ごすスペースが減ります。

 



 

「雨が多い6月キャンプは、壁があって横からの雨を遮断できる2ルームテントがおすすめ」

 

 

 

 

エントリー2ルームエルフィールド
 

 

「コールマンのタフスクリーン2ルームシリーズと並んで人気がある2ルームテントは、エントリー2ルームエルフィールド」

 

エントリー2ルームエルフィールドは、スノーピークから発売されているエントリーモデル。

 

 

 

 

「エントリーモデルの為、スノーピークの代表的な2ルームテントのランドロックと比べて半額程で購入できます」

 

ランドロックより半額で購入できるということで、かなり人気があります。

 

スノーピークストア  西宮今津店

 

 

「サイズが600×380cmなので、オートサイトで車を入れても問題ない大きさ」

 

スノーピークストア金沢鞍月店

 

エルフィールドのサイズ

600×380×210cm

 

 

 

「寝室は230×315cmで高さが175cm」

 

封筒型のシュラフをきっちりと3枚しか敷けないサイズですが、家族4人でも就寝はできます。

 



 

「寝室は、大人2人・子供1人の3人家族でゆったり」

 

大人2人・子供2人の4人家族でぴったりサイズ。

 



 

「リビングは380×370cmで、高さが200cmあります」

 

前室が380×370cmもあるので、4人用のテーブルとイス、クーラーボックスや収納ボックスなどを入れられるサイズ。

 



 

「リビングも大人2人・子供1人の3人家族でゆったり」

 

大人2人・子供2人の4人家族でぴったりサイズ。

 



 

「エントリー2ルームエルフィールドは、家族でキャンプを過ごしやすくする為に作られた2ルームテント」

 

スノーピークで人気があり売れている商品。

 

雨が多い6月キャンプは、エントリー2ルームエルフィールドみたいな2ルームテントを選ぶのもひとつの方法。

 

スノーピークストア  西宮今津店

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 



 

今回は、6月キャンプで寝る時・シュラフ・注意点と、おすすめするテントも紹介しました。

 

1年の内で、最も雨が多いのが6月のキャンプ。

 

梅雨時期に入るので、大雨になることもあり、しっかりとした雨対策が必要。

 

朝夜は、場所や日によって寒いと感じることがあるので、シュラフ選びに気をつけて下さい。

 

天気が悪い日は、雨風がひどくなることもあり、オープンタープより2ルームテントの方がよいです。

 

エントリー2ルームエルフィールドは、スノーピーク製のテントなので、かなりしっかりとしたつくりでおすすめします。

 

以上、「【検証】6月キャンプで寝る時は?寝袋は?寒いのか?詳しくブログで紹介」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!