選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

ローストビーフの下味は絶対ほりにしが合う!市販のスパイスでおいしくなる

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプに行く我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「我が家のキャンプの楽しみは、ゆったりと過ごすこと」

 

キャンプでは夫婦で、ゆったりとお酒を飲みながら過ごしています。

 

 

 

 

「今回はお酒を、より美味しくいただきたいと思いキャンプでローストビーフを作ってみました」

 

ローストビーフ作りは難しいと思われがちですが、購入してきた牛肉を焼き、湯煎するだけで出来上がります。

 



 

「キャンプで簡単にできるので、お酒のおつまみにぜひ作ってみて下さい」

 

ローストビーフはワインを含めて、どんなお酒とも合いますよ。

 

 

 

 

今回は、簡単にできるローストビーフの作り方を、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
 
*タイトル
ローストビーフの下味は絶対ほりにしが合う!市販のスパイスでおいしくなる

 

 

 

 

「ほりにしは2019年4月に、和歌山県にあるアウトドアショップのオレンジが開発したスパイス」

 

テレビやSNSなどで広まり、爆発的なヒットになりました。

 

 



「ほりにしはキャンパーを中心に、キャンプをされない方でも使われていて人気のスパイス」

 

 

 

 

「ほりにしは、20種類のスパイスや調味料をブレンド」

 

風味豊なガーリックがアクセントで、肉・魚・野菜など、どんな食材でも合うオールマイティーなスパイス。

 

 

原材料名:

食塩、ガーリック、黒コショウ、レッドベルペッパー、粉末醤油、ミルポアパウダー、コリアンダー、植物油脂、チキン調味料、パセリ、パプリカ、オニオン、赤唐辛子、陳皮、ジンジャー、バジル、オレガノ、マジョラム、ローズマリー、ローレル、セロリシード/調味料(アミノ酸等)、リン酸Ca

保存方法:

直射日光、高温多湿を避けて保存

内容量:100g

熱量:206kcal

 

 

 

「ほりにしは、他のスパイスと違いガーリックがよく効いています」

 

にんにくベースで、特に肉類と相性の良いスパイス。

 

パンチがあり、にんにく好きな方におすすめ。

 



 

「醤油粉末も入っており、醤油の旨み成分でまろやかな味もします」

 



 

「スパイスがよく効いているので、少しの量でもしっかりと味付けできます」

 

濃い味付けが好みの方には良いと思います。

 



 

「ほりにしがあると、ほりにし1本で料理が完成するので、味付けに困ることはないです」

 

肉料理に限らず魚や野菜など、いろいろ使えて便利。

 

食材にパンチを効かせたい時など重宝します。

 



 

「我が家は肉料理に限らず、いろいろな食材にほりにしを振りかけています」

 

 



 

「ほりにしは、特ににんにくが好きな方には、やみつきになるスパイス」

 

 



 

 

 

 

 

ローストビーフの材料

 



 

「キャンプでぜひ作ってもらいたいのがローストビーフ」

 

ローストビーフは、作るのが面倒と思われる方もおられますが、焼いて湯煎するだけなのでとても簡単。

 

あっという間に美味しく仕上がります。

 



 

「キャンプでローストビーフを簡単に作る為に、用意していただきたいのがジップロック」

 

焼いた牛肉をジップロックに入れて湯煎するので必要です。

 



 

「下味にほりにしを使うので、あるとローストビーフが美味しく仕上がります」

 



 

「今回、我が家が使用したローストビーフの材料は下記の通り」

 

 

材料

牛肉(モモ)250g

ほりにし

ベビーリーフ

ジップロック

 

 

 

ローストビーフの下ごしらえ

 



 

肉を常温にし調理前に余分な水分を拭き取ります

 



 

肉の各面にたっぷりとほりにしを擦り込みます

 



 

たっぷりとほりにしを擦り込んだ牛肉をしばらく寝かせる

 



 

ほりにし
 

 

「ほりにしは、キャンプで一番売れていて人気のスパイス」

 



 

「ほりにしは、和歌山県の有名アウトドアショップが開発した万能調味料」

 

ガーリックや粉末醤油も含め、全20種類のスパイスが配合されています。

 

ニンニクの風味が強くガツンとくる味で、肉が美味しくなります。

 

 



 

 

 

 

 

ローストビーフの作り方

 



 

鉄板(フライパン)を熱します

 



 

熱したら牛肉の各表面に強火で一気に焼き目をつける

 

 

 



 

ローストビーフを湯煎
 

 

各表面を焼き上げた牛肉をラップで二重に包みます

 

 

 



 

 

ジップロックに入れ空気を抜いて閉じる

 



 

鍋にお湯を沸かし沸騰したら3分茹で15分放置

 



 

湯煎が終わったら鍋から取り出しそのまま冷めるまで置いておく

 

 



 

冷めたらジップロックから取り出しオピネルナイフでスライスをして出来上がり

 

 

 

 

 

ローストビーフのソースにキッコーマンのステーキしょうゆをかけていただきます

 



 

「我が家は今回紹介した作り方で、自宅やキャンプでもよくローストビーフを作ります」

 

とても美味しく出来上がるので、ぜひ試してみて下さい。

 



 

ローストビーフのソース
 

 

「我が家がいつもローストビーフを食べる時に使っているソースは、キッコーマンのステーキしょうゆオニオン&ガーリック」

 

ステーキしょうゆオニオン&ガーリックと、ローストビーフはかなり相性が良いです。

 



 

「3種類の醤油をブレンドしたコクがありまろやかな味わいをベースに、オニオンの旨みと甘味、ガーリックの風味を効かせたソース」

 

ステーキはもちろん、ローストビーフにもかなり合います。

 

 

 


 

 

 

 

 

注意すること

 



 

「ローストビーフのように牛ブロックを使う場合、細菌が付いているのは肉の表面」

 

肉の各表面は、焼き色がつくまでしっかりと焼いて下さい。

 

食中毒を防ぐ為、牛肉の各表面をしっかりと焼くことが大事。

 



 

「きっちりと調理加工したローストビーフは、中心が赤くても食中毒の心配はありません」

 



 

「生焼けの肉の状態を避ける為、牛肉は必ず常温に戻して調理して下さい」

 



 

イワタニの鉄板焼プレート

 

 

 

 

「今回ローストビーフに使った鉄板は、イワタニから発売されている鉄板焼プレート」

 

 

 

 

「イワタニ鉄板焼プレートは、タフまるにぴったりな鉄板」

 

 

 

 

「タフまるとぴったりと合う鉄板なので、タフまるを使っている方にもおすすめ」

 

見た目もよくとても相性が良いです。

 

 

 

 

「イワタニの鉄板焼プレートは、イワタニのカセットコンロだけではなく、イワタニ以外のカセットコンロにも合います」

 

 

 

 

「脚に窪みがあるので、カセットコンロの五徳にセットすると、しっかりと固定されます」

 

しっかりと固定される為、調理中にひっくり返すことがないので安心。

 



 

「320cm×290cmのイワタニ鉄板焼プレートのサイズ」

 

 

 

 

「我が家はイワタニ鉄板焼プレートで、焼きそば・お好み焼き・焼肉・焼き鳥・ペッパーライス・チヂミなど、いろいろなキャンプ飯を作ってきました」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「鉄板はフッ素加工されており、食材がくっつくことがありません」

 

 

 

 

「イワタニ鉄板焼プレートがあれば、カセットコンロを使いキャンプで手軽に鉄板焼きができます」

 

3千円までで販売されており、手軽に購入できるのもイワタニ鉄板焼プレートの良さ。

 

 

 

 

「イワタニ製のカセットコンロで、専用の鉄板だけあって使いやすいです」

 

 

 


 

 

 

 

 

タフまる

 

 

 

 

「今回ローストビーフを作るのに、イワタニから発売されているタフまるを使用」

 



 

「タフまるは、タフまるJr.の一回り大きなサイズ」

 

 

 

 

「タフまるJr.で使うことができなかった大きな鍋やフライパンを使用することができます」

 

サイズの大きな鍋やフライパンを使う時は、タフまるJr.よりタフまるがおすすめ。

 



 

「タフまるは、風防が2重になっているダブル風防ユニットを搭載し風の影響を軽減」

 

ダブル風防ユニット搭載で、外で使いやすくなっています。

 

 

 

 

「炎長が短く風の影響で炎が消えにくい多孔式バーナー」

 

 

 

 

「専用ケースも付属されており、持ち運びに便利」

 

 

 

 

「耐火荷重は20kgあり、ダッチオーブンものせることが可能」

 

 

 

 

「見た目がおしゃれなので、置いておくだけでインテリアにもなります」

 

 

 

 

「使い勝手がよくおしゃれなタフまるは、キャンプでおすすめのカセットコンロ」

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

キャンプでぜひ作ってもらいたいのがローストビーフ。

 

ローストビーフは、作るのが面倒と思われる方もおられますが、焼いて湯煎するだけなのでとても簡単。

 

あっという間に美味しく仕上がります。

 

キャンプでローストビーフを簡単に作る為に、用意していただきたいのがジップロック。

 

焼いた牛肉をジップロックに入れて湯煎するので必要です。

 

下味にほりにしを使うので、あるとローストビーフが美味しく仕上がります。

 

以上、「ローストビーフの下味は絶対ほりにしが合う!市販のスパイスでおいしくなる」でした。

 

 

 

 

 

初回限定:お野菜定期セットの購入