選び方ぶろぐ

年間50泊キャンプを楽しんでいます

レビュー!キャンプで必要な灯油タンクの容量は?灯油の使用量は?何リットル?詳しくブログで紹介。

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もすると、ほぼ毎週がキャンプ」

 

キャンプに行く時間が増えれば増える程、快適に過ごしたいと思います。

 

 

 

 

「春や秋のキャンプは寒暖差で、昼間は気温が上がりますが朝晩が冷え込みます」

 

冬キャンプは1日を通して寒いまま。

 

夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプに寒さ対策は必要です。

 



 

「季節にあった寒さ対策をおこなわないと、快適には過ごせません」

 

 

 

 

「気温が下がる季節、寒さ対策によく使われるのが石油ストーブ」

 

石油ストーブは燃料に灯油を使用している為、手軽に使用することができます。

 

しっかりと換気をし一酸化炭素に気を付けていれば、幕内で使うことも可能。

 

 

 

 

「キャンプで石油ストーブを使用すると必要なのが、補給用の灯油ポリタンク」

 

 

 

 

今回は、補給用の灯油ポリタンクの容量は何リットル必要か?使用量はどれくらいか?詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 

*タイトル
レビュー!キャンプで必要な灯油タンクの容量は?灯油の使用量は?何リットル?詳しくブログで紹介

 

 

 

 

灯油について
 

 

「寒い季節、石油ストーブやファンヒーターなどで手軽に灯油を扱っている為、身近なものと考えてしまいます」

 

身近なものとして考えている灯油ですが、保管や取り扱いを間違えてしまうと危険。

 

灯油は消防法において危険物に指定されており、取り扱いや保管をしっかりとする必要があります。

 

 

性質:

引火点は40℃以上

無色の液体

危険性:

液温が40℃以上になると加熱性蒸気が発生し、危険性はガソリンとほぼ同じになります

直射日光の下や風通しの悪い倉庫など、高温になる場所に保管すると危険。

容器を激しく揺らすと、静電気が発生しやすい。

 

 

 

灯油の保管方法
 

 

「保管の方法を間違えたり灯油を長期間放置すると、灯油は劣化し変質します」

 

正常な灯油は無色ですが、変質した灯油はうす黄色くなり酸っぱい匂いがします。

 

 

灯油の保管方法:

昨シーズンより灯油を持ち越さない

温度の高い場所で保管しない

日光の当たる所はさける

適切な容器で保管する

容器の蓋をきっちりとする

 

 

 

「灯油の保管は直射日光の下や風通しの悪い倉庫など、高温になる場所を避けて下さい」

 

昨シーズンの灯油は持ち越さず使い切ることが大事。

 

 

 

 

灯油ポリタンク
 

 

「灯油は静電気が蓄積しやすい液体です」

 

ペットボトル・ビン・ウォータージャグなどに灯油を入れることは、消防法令で禁止されていて危険。

 

灯油は消防法令で定められた容器に入れて、保管や運搬をして下さい。

 

 

 

 

「灯油用のポリタンクは、赤・青・緑に着色されています」

 

着色されている理由は、紫外線を遮断し灯油の変質を防ぐ為。

 

ポリタンク自身も、着色によっての劣化を防止しています。

 

 

 

 

灯油の使用量とタンク容量

 



 

灯油バーナーやランタンの灯油使用量
 

 

「キャンプで灯油を必要とするのは、大まかにいうと灯油バーナー・ランタン・石油ストーブ」

 

石油ストーブはある程度灯油が必要ですが、灯油バーナーやランタンに関してはそれ程灯油の量もいりません。

 

灯油バーナーやランタンだと、1泊2日のキャンプで灯油の量は500mlもあれば十分。

 

 

 

 

「灯油のボトルがあれば、持ち運びに便利でかなり重宝します」

 

 

 

 

「我が家は灯油を入れるボトルに、トランギアから発売されているフューエルボトルを使用」

 

トランギアのフューエルボトルは、ナチュラルカラーでおしゃれなデザインの燃料ボトル。

 

アルコール燃料や灯油を入れることができます。

 

 

 

 

「灯油を入れるボトルは、なかなかおしゃれなものが発売されていません」

 

トランギアのフューエルボトルは、おしゃれなデザインで使い勝手が良いのが特徴。

 

 

 

 

「燃料ボトルとしては、値段がそれ程安くはありませんが、おしゃれなデザインと使い勝手の良さで購入する価値はあると思います」

 

 

 

 

「トランギアのフューエルボトルは、セーフティーバルブを搭載しており、キャップを取り外すことなくボタンを押すだけで燃料が入ります」

 

ストレスなく燃料が入れられるので、かなり便利で楽。

 

 

 

 

 

「セーフティーバルブを搭載したトランギアのフューエルボトルは、ボトルが倒れても燃料漏れを起しません」

 

燃料漏れを起こさないので、安心して使用できます。

 

 

 

 

「我が家はトランギアのフューエルボトルに、ダイソーで購入した灯油ポンプで入れています」

 

口径が広いので、灯油ポンプも入れることができます。

 

 

 

 

「トランギアのフューエルボトルには、300ml・500ml・1000mlの3種類の容量があります」

 

カラーもレッドとオリーブから選ぶことができます。

 

osakacampal

 

 

「我が家はオリーブ色の500mlを使用しています」

 

ランタンなどで灯油を使うなら1泊2日のキャンプで300mlか500mlで十分。

 

見た目がおしゃれで使い勝手の良いのが、トランギアのフューエルボトルの特徴。

 

 

 

 


 

 


 

 

 

 

 

石油ストーブの使用量
 

 

「我が家は、レインボーストーブ・フジカハイペット・コロナ対流型ストーブの3台の石油ストーブを保有しています」

 

 

 

 

 

 

「石油ストーブの燃焼タンクのサイズで、我が家はポリタンクの容量を変えています」

 

下記がキャンプで人気の小型石油ストーブのタンク容量。

 

 

タンク容量:

レインボーストーブ:4.9L

フジカハイペット:3.6L

パセコストーブ:5.3L

アルパカストーブ:3.7L

グローストーブ:4.9L

 

 

 

「レインボーストーブ・フジカハイペット・パセコストーブ・アルパカストーブ・グローストーブの燃料タンクは5Lほど」

 

1回に入れる灯油の量は、5Lまでぐらいなので、1泊2日のキャンプなら灯油ポリタンクは、5Lで十分だと思います。

 

 

 

 

「我が家は、レインボーストーブやフジカハイペットの小型石油ストーブをキャンプに持って行く時は、石油ストーブ本体に灯油を満タン入れます」

 

灯油を満タン入れて、補給用の灯油ポリタンク5Lを持っていきます。

 

 

 

 

「下記がキャンプで人気の小型石油ストーブの連続燃焼時間になっています」

 

 

連続燃焼時間:

レインボーストーブ:20時間

フジカハイペット:10時間

パセコストーブ:18時間

アルパカストーブ:10時間

グローストーブ:20時間

 

 

 

「小型石油ストーブは割と燃費がいいので、自宅で本体に灯油を満タンにしておけば、5Lの灯油タンクで十分です」

 

 

 


 

 

 

 

 

「我が家は、コロナ対流型ストーブをキャンプに持って行く場合、10Lの灯油タンクを持っていきます」

 

下記がキャンプで人気の大型石油ストーブのタンク容量になります。

 

 

タンク容量:

コロナ対流型ストーブ:7L

トヨトミKS-67H:6.3L

 

 

 

「コロナ対流型ストーブやトヨトミKS-67Hは、タンク容量が7L程入るので10Lの灯油タンクが必要」

 

下記がコロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67Hの燃費になっています。

 

 

連続燃焼時間:

コロナ対流型ストーブ:10.9時間

トヨトミKS-67H:9.7時間

 

 

 

「コロナ対流型ストーブやトヨトミKS-67Hは、連続燃焼時間が10時間程なので、自宅で本体に灯油を満タンにしたら補給用の灯油ポリタンクは10L必要」

 

我が家もコロナ対流型ストーブをキャンプに持って行く時は、本体に灯油を満タンにして、10Lの灯油タンクを持っていきます。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

「必要な灯油タンクの容量は、小型石油ストーブなら5Lの灯油タンク」

 

大型石油ストーブに関しては、10Lの灯油タンクがいります。

 

 

 

 

ヒューナースドルフの燃料タンク

 

 

 

 

「キャンプで使う灯油タンクで人気があり売れているのが、ヒューナースドルフの燃料タンク」

 

ヒューナースドルフの燃料タンクは、ミリタリーカラーでかっこ良く、おしゃれなのが特徴。

 

 

 

 

「国連の認証を受けたヒューナースドルフの燃料タンクは安全で安心」

 

 

 

 

「キャップにはロック機能が付いていて、高い機密性があり車で持ち運んでも漏れることがありません」

 

 

 

 

「我が家は、ヒューナースドルフの燃料タンクの5Lと10Lを保有しています」

 

見た目がおしゃれで使い勝手が良いので、とても気に入っています。

 

 

 

 

「レインボーストーブやフジカハイペットのような小型石油ストーブは、ヒューナースドルフの燃料タンクの5Lをキャンプに持っていきます」

 

 

 


 

 

 

 

 

「コロナ対流型ストーブのような大型石油ストーブは、ヒューナースドルフの燃料タンクの10Lをキャンプに持っていきます」

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

ペットボトル・ビン・ウォータージャグなどに、灯油を入れることは、消防法令で禁止されていて危険。

 

灯油は消防法令で定められた容器に入れて、保管と運搬をして下さい。

 

レインボーストーブ・フジカハイペット・パセコストーブ・アルパカストーブ・グローストーブのような小型石油ストーブは、灯油タンク5Lがおすすめ。

 

コロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67Hのような大型石油ストーブは、灯油タンク10Lを使用して下さい。

 

我が家もレインボーストーブやフジカハイペットを使用する場合、ヒューナースドルフの燃料タンク5L。

 

コロナ対流型ストーブの場合は、ヒューナースドルフの燃料タンク10Lをキャンプに持っていきます。

 

以上、「レビュー!キャンプで必要な灯油タンクの容量は?灯油の使用量は?何リットル?詳しくブログで紹介」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!