選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

レビュー!キャンプでストーブに使う灯油の持ち運びは絶対この容器

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「春や秋は寒暖差で、昼間は気温が上がりますが朝晩が冷え込みます」

 

冬キャンプは、1日を通して寒いまま。

 

夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプに寒さ対策は必要です。

 

 

 

 

「特に気温が下がる冬場は、しっかりとした寒さ対策が不可欠」

 

 

 

 

「最近は寒い季節にキャンプをされる方も増え、それに伴いいろいろな寒さ対策ギアが発売されています」

 

いろいろある寒さ対策ギアの中で、手軽に使えるのが石油ストーブ。

 



 

「石油ストーブは燃料に灯油を使用している為、電源がないサイトでも使えます」

 

しっかりと換気をし、一酸化炭素に気をつけていれば幕内でも使うことが可能。

 

石油ストーブは、寒い季節になくてはならないキャンプの必需品です。

 



 

「石油ストーブをキャンプで使うと、必要なのが灯油タンク」

 

灯油タンクは車で持ち運びする為、灯油漏れを起こさないものが必要になります。

 

尚且つ見た目がおしゃれな方が、長く使うことができます。

 

 

 

 

「我が家は、ヒューナースドルフの燃料タンクを使用しています」

 

ヒューナースドルフの燃料タンクは、ロック機能付きのキャップを採用しており、密閉性が高いのが特徴。

 

万が一倒れても液体が漏れる心配もありません。

 



 

「見た目がおしゃれで無骨さもあり、置いておくだけでもインテリアになります」

 

 

 

 

今回は、我が家がおすすめのヒューナースドルフの燃料タンクを、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 

*タイトル
レビュー!キャンプでストーブに使う灯油の持ち運びは絶対この容器

 



 

灯油について
 

 

「寒い季節、灯油はファンヒーターや石油ストーブなどで使う為、生活の中で身近な燃料」

 

生活で身近に感じられる灯油ですが、消防法においては危険物とされています。

 

火災や事故を発生させない為に、保管や取り扱いはしっかりと行う必要があります。

 

 

灯油

引火点40℃以上

無色の液体

液温が引火点以上になると可燃性蒸気が発生し危険性はガソリンとほぼ同様

容器を激しく揺らすと静電気が発生しやすい

 

 

 

灯油の運搬
 

 

「灯油は静電気が蓄積しやすい液体の為、貯蔵や取り扱う容器は消防法により定められています」

 

一定の強度がある容器で、材質によっても容量が制限されています。

 



 

「水を入れるポリタンクなどに、灯油を入れることは禁止されています」

 

ペットボトルや瓶などの飲料水を入れる容器などに、灯油を入れることもできません。

 

 

 

 

「灯油の貯蔵や取り扱う容器は、灯油用として検査を合格したものに限ります」

 



 

ヒューナースドルフの燃料タンク

 



 

「我が家は、灯油の持ち運びにヒューナースドルフの燃料タンクを使用」

 

ヒューナースドルフの燃料タンクは、キャンプで使う灯油タンクで、人気があり売れている商品。

 



 

「ヒューナースドルフの燃料タンクは、ドイツのTUF規格認証と国連の認証も受けており、最高水準の安全性と信頼性があります」

 

ドイツや国連の認証を受けた燃料タンクなので、安心して灯油の保管と運搬ができます。

 

 

 

 

「ヒューナースドルフの燃料タンクは、車で持ち運びしても灯油漏れを起しません」

 

車で運んでも灯油漏れを起こさない理由は、燃料タンクを閉めるキャップに秘密があります。

 

キャップにはロック機能を採用。

 



 

「キャップにロック機能が付いている為、密閉性が高く、万が一倒れても灯油が漏れることがありません」

 

 

 

 

「ロック機能が付いたキャップは、普通に開けると空回りしてしまいます」

 

キャップを上から指で押しつけながら回すことで、キャップの開閉が可能。

 

それによって、キャップが奥までしっかり閉まっていなかったなどのアクシデントを防げます。

 



 

「ヒューナースドルフの燃料タンクは、ドイツや国連の認証を受けた灯油タンク」

 

ロック機能が付いたキャップを採用している為、容器が倒れても灯油がこぼれません。

 

安全で安心して灯油の運搬と保管ができます。

 

 

 

 

「おしゃれな見た目と無骨さがあるのも、ヒューナースドルフの燃料タンクの人気がある理由」

 

 

 

 

5Lか10Lどっち?
 

 

「ヒューナースドルフの燃料タンクを選ぶ際、どのサイズを選んだらいいか迷います」

 

サイズを選ぶ時に参考にしてほしいのが、自身が使っている石油ストーブのタンク容量。

 

石油ストーブは、自宅で灯油を満タンにして持っていけば、1泊2日のキャンプなら補給は1回で済みます。

 

 

 

 

「ヒューナースドルフの燃料タンクの5Lか10Lのどちらがいいか迷っておられる方は、自身の石油ストーブのタンク容量で決めて下さい」

 

 

 

 

「レインボーストーブ・アルパカストーブ・パセコストーブ・フジカハイペット・グローストーブなどは、タンク容量が5Lほどなので、燃料タンク5Lサイズで十分」

 

 

 

タンク容量

レインボーストーブ:4.9L

フジカハイペット:3.6L

パセコストーブ:5.3L

アルパカストーブ:3.7L

グローストーブ:4.9L

 

 

 

「我が家は、レインボーストーブとフジカハイペットを使っており、ヒューナースドルフの燃料タンク5Lに灯油を満タンにしてキャンプに持って行きます」

 

 

 


 

 

 

 

 

「コロナ対流型ストーブやトヨトミKS-67Hなどの大型石油ストーブは、タンク容量が7Lほど」

 

キャンプで1回給油をすると考えて、燃料タンク10Lサイズがあると安心。

 

 

タンク容量

コロナ対流型ストーブ:7L

トヨトミKS-67H:6.3L

 

 

 

「我が家は、コロナ対流型ストーブをキャンプで使う場合、ヒューナースドルフの燃料タンク10Lを使用しています」

 

 

 


 

 

 

 

 

フューエルボトル

 

 

 

 

「石油ストーブを使わない時期に、灯油をポリタンクに入れて持ち運ぶと荷物になります」

 



 

「ペットボトルに灯油を入れることは、消防法令上できません」

 

灯油を入れて保管すると、変形・亀裂・漏れを起こす場合があります。

 

長期間灯油をペットボトルで保管すると、紫外線を防ぐことができず、灯油の劣化や変質にも繋がります。

 



 

「我が家は少量の灯油の持ち運びに、トランギアのフューエルボトルを使用」

 

トランギアのフューエルボトルは、燃料ボトルになっておりアルコールや灯油を入れることができます。

 

 

 

 

「おしゃれなカラーリングが特徴で、我が家はとても気に入っているキャンプギア」

 

 

 

 

「トランギアのフューエルボトルは、セーフティーバルブを採用しており、キャップを取り外すことがなくボタンを押すだけで燃料を入れることができます」

 

 

 

 

「手も汚れることがなく、スムーズに燃料が入ります」

 

 

 

 

「セーフティーバルブを搭載したトランギアのフューエルボトルは、ボトルが倒れても燃料漏れを起しません」

 

燃料漏れを起こさないので、安心して使用できます。

 

 

 

 

「サイズは、300ml・500ml・1000mlの3種類のサイズがあります」

 

カラーは、オリーブとレッドの2種類。

 

 

 

 

「我が家は500mlのオリーブ色を使用」

 

ランタンなどに使うなら500mlサイズで大丈夫。

 

 

 


 

 


 

 

 

 

 

「小型石油ストーブならヒューナースドルフの燃料タンク5L」

 

 

 


 

 

 

 

 

「大型石油ストーブならヒューナースドルフの燃料タンク10Lがおすすめ」

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

灯油は静電気が蓄積しやすい液体の為、貯蔵や取り扱う容器は消防法により定められています。

 

一定の強度がある容器で、材質によっても容量が制限されています。

 

水を入れるポリタンクなどに、灯油を入れることは禁止されています。

 

ペットボトルや瓶などの飲料水を入れる容器などに、灯油を入れることはできません。

 

灯油の貯蔵や取り扱う容器は、灯油用として検査を合格したものに限ります。

 

我が家は、灯油の持ち運びにヒューナースドルフの燃料タンクを使用。

 

ヒューナースドルフの燃料タンクは、キャンプで使う灯油タンクで、人気があり売れている商品。

 

ヒューナースドルフの燃料タンクは、ドイツのTUF規格認証と国連の認証も受けており、最高水準の安全性と信頼性があります。

 

ドイツや国連の認証を受けた燃料タンクなので、安心して灯油の保管と運搬ができます。

 

以上、「レビュー!キャンプでストーブに使う灯油の持ち運びは絶対この容器」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!