選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【我が家の本音】キャンプや庭で燻製するのは迷惑なのか?詳しく紹介

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「我が家は、キャンプで燻製をすることが多いです」

 

今まで、いろいろな燻製を作ってきました。 

 

 

 

 

「燻製を頻繁に作る理由は、お酒を美味しくいただきたいから」

 

我が家はキャンプで、いろいろな料理やおつまみを作ってきましたが、お酒と最も合うのは燻製だと思っています。

 

 

 

 

今回は、キャンプで頻繁に燻製を作ってきた我が家が、燻製をして迷惑なのか?詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
*タイトル
【我が家の本音】キャンプや庭で燻製するのは迷惑なのか?詳しく紹介

 

 

 

 

キャンプや庭で燻製をして迷惑なのか?

 

 

 

 

「我が家は実際に、キャンプや自宅の庭で燻製をしますが、近所に迷惑になると思って注意はしています」

 

燻製をすると発生するのが匂いと煙。

 

 

 

 

「燻製は煙を出して燻すことで、食材に匂いをつけます」

 

近所に迷惑だと感じるのは燻製の煙と匂い。

 

 

 

 

「燻製は樹木を燃やしたときに出る燻煙で匂いが独特」

 

匂いが独特なので、燻製の匂いが苦手という方もおられます。

 

自宅の庭で燻製をする場合、ご近所に匂いが行かないか心配になります。

 

 

 

 

「燻製をする日は晴れた日が多いですから、窓を開けているご家庭は、煙が家の中まで入っていく場合もあります」

 

洗濯物を干している家は、洗濯物に匂いがついてしまいます。

 

 

 

 

「キャンプ場で燻製をする場合、テントが密集した所で行うと風向きによっては隣サイトまで、煙や匂いが流れてしまい迷惑になるかもしれません」

 

 

 

 

「燻製には冷燻・温燻・熱燻の3種類があります」

 

冷燻は長期間かけて行う上級者向けの燻製で、庭やキャンプでするのには向きません。

 

 

 

 

「庭やキャンプで燻製をする場合、温燻か熱燻のどちらかになります」

 

 

 

 

庭やキャンプで燻製する場合は熱燻がおすすめ
 

 

「温燻で燻製をするには、1時間〜6時間ほどかかってしまいます」

 

燻製をするのに1時間〜6時間かかってしまうので、風向きが悪いと隣サイトやご近所まで、長時間燻製の匂いや煙が流れてしまいます。

 

庭やキャンプ場で燻製をする際、長時間燻製の煙や匂いを発生させると迷惑になります。

 

 

 

 

「我が家は、ご近所に迷惑がかからないように、熱燻で燻製をしています」

 

庭やキャンプで燻製をして迷惑がかかるのではないか?と思われる方は温燻より熱燻で燻製をして下さい。

 

 

 

 

「熱燻は80℃〜140℃の高温で、食材を一気に燻す方法」

 

10分ほどで出来上がるので、気軽に燻製ができます。

 

 

 

 

「我が家も周りに気を使う方なので、庭やキャンプで燻製をする際は、短時間で作れる熱燻で燻製をしています」

 

燻製をして迷惑になるかもと考えておられる方は、短時間で作れる熱燻がおすすめ。

 

 

燻製は迷惑?

燻製の匂いが苦手という方もおられます

燻製が迷惑と感じられる方は、10分で作れる熱燻がおすすめ

 

 

 

熱燻をするのに必要な道具

 

 

 

 

「燻製は難しいし大変と思われがちですが、燻製器+燻製チップ+カセットコンロがあれば簡単に作れます」

 

熱燻は10分ほどで燻製が作れるので、匂いや煙に関してもそれ程気にしなくても大丈夫。

 

短時間で美味しく作れるのでおすすめします。

 

 

 

 

キャメロンズミニスモーカー

 

 

 

 

「熱燻で作る燻製でおすすめなのが、キャメロンズミニスモーカー」

 

 

 

 

「最近はキャンプ人気が落ち着いてきましたが、それでもいろいろなブランドから燻製器が発売されています」

 

いざ購入しようと思ってもたくさんあり過ぎて、どの燻製器を選んだらいいか迷います。

 

我が家は、キャメロンズから発売されているキャメロンズミニスモーカーを使用。

 

 

 

 

「キャメロンズミニスモーカーは、燻製器で人気のかなり売れている商品」

 

人気があり売れている理由は、見た目がおしゃれで、しっかりとした丈夫なつくりだから。

 



 

「素材はステンレス製になっており、分厚くて丈夫」

 

分厚くて丈夫なつくりなので、痛むことがなく長く使用できます。

 



 

「ステンレス製なので、手入れも簡単で清潔に保てます」

 



 

「ガス・IH・炭火・オーブンと、マルチに対応できる燻製器」

 



 

「ハンドルが折りたためるので、コンパクトに収納が可能」

 

 



 

「見た目がおしゃれなのも、キャメロンズミニスモーカーをおすすめする理由です」

 



 

「キャメロンズは、アメリカ発の25年以上にわたるスモーク料理のリーディングカンパニー」

 

一流レストランも愛用するスモーカーで、これから燻製を始められ方にもおすすめの燻製器。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マフまる
 

 

 

 

「庭やキャンプで燻製をする場合、風に注意する必要があります」

 

風の影響を受けると煙の発生が弱くなり、しっかり食材に燻製の香りがつきません。

 

燻製を上手に作るには、風に強いカセットコンロがおすすめ。

 

 

 

 

「我が家は庭やキャンプで燻製を作るのに、イワタニから発売されているタフまるを使用」

 



 

「タフまるは、タフまるJr.の一回り大きなサイズ」

 

 

 

 

「タフまるJr.で使うことができなかった大きな鍋やフライパンを使用することができます」

 

サイズの大きな鍋やフライパンを使う時は、タフまるJr.よりタフまるがおすすめ。

 



 

「タフまるは、風防が2重になっているダブル風防ユニットを搭載し風の影響を軽減」

 

ダブル風防ユニット搭載で、外で使いやすくなっています。

 

 

 

 

「炎長が短く風の影響で炎が消えにくい多孔式バーナー」

 

 

 

 

「専用ケースも付属されており、持ち運びに便利」

 

 

 

 

「耐火荷重は20kgあり、ダッチオーブンものせることが可能」

 

 

 

 

「見た目がおしゃれなので、置いておくだけでインテリアにもなります」

 

 

 

 

「使い勝手がよくおしゃれなタフまるは、キャンプでおすすめのカセットコンロ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熱燻で燻製のやり方

 

 

 

 

「今回は、熱燻で作る手羽先の燻製を詳しく紹介したいと思います」

 

熱燻で簡単に作れるのでおすすめ。

 



 

①手羽先の水分をキッチンペーパーで拭き取る

 



 

「手羽先は冷蔵保存が必要で、長時間外で乾燥させると鮮度が落ちてしまいます」

 

手羽先に限っては、キッチンペーパーでしっかりと拭き取るだけでOK。

 

気温が低い場合のみ、鮮度が落ちないように30分ほど日陰で乾燥させます。

 

 

 

 

「指で手羽先を触ってみて、水分を感じなければOK」

 



 

スモーカーにアルミホイルを敷く

 



 

「スモーカーにアルミホイルを敷くことで、使用後の燻製チップをそのまま丸めて捨てることができます」

 



 

アルミホイルの上にひと握りの燻製チップをのせる

 



 

「我が家はロゴスの燻製チップ桜を使用」

 

ロゴスの燻製チップ桜は香りが強いので、食材にしっかりと香りがつきます。

 

手頃な値段で購入できるのもロゴスの燻製チップ桜のおすすめな理由。

 



 

 

 

 

 

 

網の上に乾燥させた手羽先をのせて蓋をする

 

 

 

 

火加減を中火にし、煙が出てきたら弱火にします

 



 

弱火で15分間燻製をする

 



 

15分経ったら蓋を開け、下記のように手羽先が茶色になっていたら燻製の出来上がり

 

 

 

注意すること

燻製中に蓋を開けて食材に水分が付着していないか確認する

食材に水分が付着している場合はキッチンペーパーで拭き取る

 

 

 

「手羽先を燻製にすることで、燻製の良い香りがして、外はパリッと中はジューシー」

 

フライパンで焼くより、断然美味しくなります。

 



 

「手羽先を燻製にすると、お酒と最高に合うおつまみになるので、ぜひ試してみて下さい」

 



 

まとめ

 

 

 

 

我が家は実際に、キャンプや自宅の庭で燻製をしますが、近所に迷惑になると思って注意はしています。

 

燻製をすると発生するのが匂いと煙。

 

燻製は煙を出して燻すことで、食材に匂いをつけます。

 

近所に迷惑だと感じるのは燻製の煙と匂い。

 

燻製は樹木を燃やしたときに出る燻煙で匂いが独特。

 

匂いが独特なので、燻製の匂いが苦手という方もおられます。

 

自宅の庭で燻製をする場合、ご近所に匂いが行かないか心配になります。

 

燻製をする日は晴れた日が多いですから、窓を開けているご家庭は、煙が家の中まで入っていく場合もあります。

 

洗濯物を干している家は、洗濯物に匂いがついてしまいます。

 

キャンプ場で燻製をする場合、テントが密集した所で行うと風向きによっては隣サイトまで、煙や匂いが流れてしまい迷惑になるかもしれません。

 

燻製には冷燻・温燻・熱燻の3種類があります。

 

冷燻は長期間かけて行う上級者向けの燻製で、庭やキャンプでするのには向きません。

 

庭やキャンプで燻製をする場合、温燻か熱燻のどちらかになります。

 

温燻で燻製をするには、1時間〜6時間ほどかかってしまいます。

 

燻製をするのに1時間〜6時間かかってしまうので、風向きが悪いと隣サイトやご近所まで長時間燻製の匂いや煙が流れてしまいます。

 

庭やキャンプ場で燻製をする際、長時間燻製の煙や匂いが発生してしまうと、迷惑になるかもしれません。

 

我が家は、ご近所に迷惑がかからないように、熱燻で燻製をしています。

 

庭やキャンプで燻製をして迷惑がかかるのではないか?と思われる方は温燻より熱燻で燻製をして下さい。

 

熱燻は80℃〜140℃の高温で、食材を一気に燻す方法。

 

10分ほどで出来上がるので、気軽に燻製ができます。

 

我が家も周りに気を使う方なので、庭やキャンプで燻製をする際は、短時間で作れる熱燻で燻製をしています。

 

燻製をして迷惑になるかもと考えておられる方は、短時間で作れる熱燻がおすすめ。

 

以上、「【我が家の本音】キャンプや庭で燻製するのは迷惑なのか?詳しく紹介」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!