選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【検証】バーベキューで炭の後始末は絶対このやり方!詳しく紹介



 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「我が家のキャンプの楽しみは、ゆったりと過ごすこと」

 

キャンプでは夫婦で、お酒をいただきながらゆったりと過ごしています。

 

 

 

 

「お酒を美味しく飲むには、お酒に合う料理やおつまみが不可欠」

 

キャンプでは、お酒に合う料理やおつまみをいろいろと作ってきました。

 

 

 

 

「いろいろな料理やおつまみの中で、お酒と最高に合うのが焼肉だと思います」

 



 

「キンキンに冷えたビールと焼肉の相性は最強です」

 



 

「焼肉の一番美味しい食べ方は、炭火だと我が家は思います」

 

炭火はほとんど水分を含まない為、表面がパリッと中はふっくらと仕上がります。

 

落ちた肉汁が炭火にあたって煙が立ち上がり、燻すような風味も加わります。

 

 

 

 

「炭を使ってバーベキューをすると、必ず燃えかすや灰が発生します」

 

 

 

 

今回は、バーベキュー後の炭の後始末の仕方を、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
 
*タイトル
【検証】バーベキューで炭の後始末は絶対このやり方!詳しく紹介

 



 

「バーベキュー場に灰捨て場がある場合は、使用後の炭の後始末に困ることはありません」

 

 

 

 

「我が家がよく行く無料のキャンプ場は、使用後の炭を捨てる場所がありません」

 

炭を捨てる場所がなければ、自宅に持ち帰る必要があります。

 

 

 

 

「バーベキューで出た炭を持ち帰るのに、便利なのが火消し袋」

 

一昔前は、使用後の炭の持ち運びに、火消し壺がよく使われていましたが、現在は火消し袋が主流。

 

バーベキュー後の炭の持ち運びに、火消し袋がよく使われています。

 

 

 

 

ZEN Campsのアッシュキャリー

 

 

 

 

「最近はキャンプ人気が落ち着いてきましたが、それでもいろいろなブランドから火消し袋が発売されています」

 

いろいろある火消し袋の中で、人気があり売れているのがZEN Campsのアッシュキャリー。

 

ZEN Campsのアッシュキャリーが人気があり売れている理由は、下記のような感じ。

 

 

 

 

使用後の炭が入れやすい
 

 

「ZEN Campsのアッシュキャリーは自立する火消し袋なので、1人で使用後の炭を入れることができます」

 

入り口が広い為、使用後の炭が入れやすいです。

 

 

 

 

つくりがしっかり
 

 

「つくりがしっかりとしており厚みもあるので、耐久性が高くすぐに痛むことがないので長く使用できます」

 

使っていて、すぐに破れたということはありません。

 

チクチク感もなく、質感がとても良いのが特徴。

 

 

 

 

コンパクト
 

 

「折りたたむと手のひらサイズになり、持ち運びや収納にコンパクト」

 

我が家は常に車に入れていて、使用したい時にパッと出して使っています。

 

 

 

 

水を使わない
 

 

「ZEN Campsのアッシュキャリーは水を使うことがなく、空気を遮断し鎮火させます」

 

使用後の炭をZEN Campsのアッシュキャリーの中に入れ、袋の口を閉じて完全に鎮火させることができます。

 

 

 

 

水洗いができる
 

 

「汚れたら水を使って洗えるので、常にきれいな状態が保てます」

 

水洗いをしてきれいになるので、とても清潔感があります。

 

 

 

 

 

見た目が良い
 

 

「キャンプギアを長く使用するには、見た目の良さも大事」

 

ZEN Campsのアッシュキャリーは、ブラック色でとてもおしゃれ。

 

 

 

 

「ZEN Campsのロゴもかっこいいです」

 

 

 

 

ZEN Campsのアッシュキャリーの使い方

 

 

 

 

アッシュキャリーを自立させる

 

 

 

 

使用後の炭が入れやすいように、入り口を折り曲げます

 

 

 

 

ある程度温度が落ち着いた炭をアッシュキャリーの中に入れる

 

 

 

 

折り曲げて縛る

 

 

 

 

15分ほどしたら完全に鎮火できるので、そのまま持ち帰ることが可能

 

 

 

 

「アッシュキャリーは、折り曲げ空気を遮断させることで、完全に鎮火できます」

 

水を使わないので、汚れることもありません。

 

空気の遮断で鎮火できるアッシュキャリーは、安全で安心感もあります。

 

 

 

 

「汚れは叩くとある程度は取れますが、酷くなったら水洗いをして下さい」

 

 

 

 

 

ZEN Campsのアッシュキャリーのサイズ

 

Olive SENDAI WEST

 

 

「ZEN Campsのアッシュキャリーは、Sサイズ・Mサイズ・Lサイズの3種類があります」

 

Olive SENDAI WEST

 

Sサイズ

幅24×高さ25cm

Mサイズ

幅29cm×高さ32cm

Lサイズ

幅34cm×高さ38cm

 

 

 

Sサイズ
 

 

「Sサイズは、ソロなどで使う小さなバーベキューコンロを使用している方におすすめ」

 

サイズが小さいので、よりコンパクトに持ち運びできます。

 

ZEN Camps

 


 

 

 

 

 

Mサイズ
 

 

 

「Mサイズは、3種類あるアッシュキャリーの中で人気のサイズ」

 

入り口が大きいので、使用後の炭が入れやすいです。

 

2回分の炭を入れることが可能。

 

 

 

 

「中型のバーベキューコンロを使用されている方は、Mサイズがおすすめ」

 

 

 


 

 

 

 

 

Lサイズ
 

 

「Lサイズは、火消し袋の使い方だけではなく、焚き火シートとしても使用できます」

 

入り口がかなり大きい為、使用後の炭が入れやすいのが特徴。

 

バーベキューをする小物や炭なども入れられるので、とても便利。

 

Olive SENDAI WEST

 

 

「グループでよくバーベキューをされる方に、Lサイズがおすすめです」

 

Olive SENDAI WEST

 


 

 

 

 

 

自宅で炭の後始末の仕方

 



 

「バーベキュー場に灰捨て場がある場合は、現地で使用後の炭の後始末はできます」

 

 

 

 

「現地に灰捨て場がない時は、持ち帰り自宅で処分する必要があります」

 

自宅での炭の後始末の仕方は、下記のような感じ。

 

 

 

 

燃えカスや炭を埋める
 

 

「炭は炭素でできている為、土に埋めても自然分解されることがありません」

 

自宅の庭などに炭を埋めてしまうと、そのままの形で土の中に残ってしまいます。

 

 

 

 

川や海に燃えカスや炭を捨てる
 

 

「川や海に炭を捨てても自然に浄化されることがなく、そのままの形で残ります」

 

ゴミなどを川や海に捨てるのと同じ行為であり、炭を川や海に捨てることはやってはいけない行為。

 



 

ゴミに捨てる
 

 

「自宅で炭を処理するのにおすすめなのが、燃えるゴミとして捨てること」

 

使用後の炭を自宅で処分される場合は、燃えるゴミに出して下さい。

 

 

 

 

「しっかりと鎮火させた状態で、ゴミ袋に入れて出すことが大事」

 

鎮火させた状態で出さないと、火事になるリスクがあります。

 

 

 

 

「使用後の炭を持ち運びするには、アッシュキャリーがおすすめ」

 

ZEN Campsのアッシュキャリーは、売れていて人気の火消し袋。

 

Olive SENDAI WEST

 

 

「アッシュキャリーは、Sサイズ・Mサイズ・Lサイズの3種類があります」

 

Olive SENDAI WEST

 

 

「Sサイズは、ソロなどで使う小さなバーベキューコンロを使用している方におすすめ」

 

サイズが小さいので、よりコンパクトに持ち運びできます。

 

ZEN Camps

 


 

 

 

 

 

「Mサイズは、3種類あるアッシュキャリーの中で人気のサイズ」

 

入り口が大きいので、使用後の炭が入れやすいです。

 

2回分の炭を入れることが可能。

 

 

 

 

「中型のバーベキューコンロを使用されている方は、Mサイズがおすすめ」

 

 

 


 

 

 

 

 

「Lサイズは、火消し袋の使い方だけではなく、焚き火シートとしても使用できます」

 

入り口がかなり大きい為、使用後の炭が入れやすくなっています。

 

バーベキューをする小物や炭なども入れられるので、とても便利。

 

Olive SENDAI WEST

 

 

「グループでよくバーベキューをされる方に、Lサイズがおすすめです」

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

バーベキュー場に灰捨て場がある場合は、使用後の炭の後始末に困ることはありません。

 

我が家がよく行く無料のキャンプ場は、使用後の炭を捨てる場所がありません。

 

炭を捨てる場所がなければ、自宅に持ち帰る必要があります。

 

バーベキューで出た炭を持ち帰るのに、便利なのが火消し袋。

 

一昔前は、使用後の炭の持ち運びに、火消し壺がよく使われていましたが、現在は火消し袋が主流。

 

バーベキュー後の炭の持ち運びに、火消し袋がよく使われています。

 

火消し袋でおすすめなのがZEN Campsのアッシュキャリー。

 

以上、「【検証】バーベキューで炭の後始末は絶対このやり方!詳しく紹介」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!