選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【検証】カセットコンロで風防は本当に危険なの?100均で後付けも注意



 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「我が家のキャンプの楽しみは、ゆったりと過ごすこと」

 

キャンプでは夫婦で、ゆったりとお酒をいただきながら過ごしています。

 

 

 

 

「お酒を美味しくいただくには、お酒に合う料理やおつまみが不可欠」

 

我が家はキャンプで、お酒に合う料理やおつまみをいろいろと作ってきました。

 

 

 

 

「いろいろな料理やおつまみを作る時に、必ず使用するのがカセットコンロ」

 

カセットコンロは我が家にとって、なくてはならないキャンプギア。

 

 

 

 

今回は、キャンプでカセットコンロを頻繁に使う我が家が、カセットコンロに風防をつけて危険なのかなど、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
 
*タイトル
【検証】カセットコンロで風防は本当に危険なの?100均で後付けも注意

 

 

 

 

カセットコンロに風防をつけると危険

 



 

輻射熱に注意
 

 

「カセットコンロ本体やカセットボンベが異常に熱せられ、熱が伝わる状態が長く続くと、カセットボンベの内部が高圧になります」

 

ボンベの内部圧力が高くなると、爆破する危険性があります。

 

カセットボンベの容器カバーを覆うような風防の置き方は危険。

 



 

「カセットコンロを安全に使用されるなら、輻射熱を防ぎ正しく使用することが必要です」

 



 

風防の置き方
 

 

「カセットコンロに風防をセットする際、ガスボンベの容器カバーを覆うように配置するのは危険です」

 

カセットボンベの容器カバーを風防で覆ってしまうと、熱が風防に反射しボンベの温度が上がる場合があります。

 

 



 

「風防でカセットボンベの容器カバーを覆うことは危険」

 

安全に風防を使うには、輻射熱に注意する必要があります。

 



 

「カセットコンロに風防をセットする場合、下記のようにカセットボンベの容器カバーを覆わないように配置して下さい」

 

カセットボンベの容器カバーを風防で覆わない限り、ボンベの内部圧力が高くなり、爆破する恐れがありません。

 

 

カセットコンロにセットする風防の安全な置き方

カセットボンベの容器カバーを避けて風防をセットする

 

 

 

100均のダイソーの風防
 

 

「我が家はダイソーで販売している風防を使用しています」

 

ダイソーのアルミ風よけは、8枚板になっており、カセットコンロの周りにセットできる風防として使えます。

 



 

「サイズは66×24cmあるので、カセットコンロに使うには十分なサイズ」

 



 

「折りたたみになっており、サッと開けて使うことが可能」

 

収納もパタパタと折りたたむだけなので簡単。

 

サッと出してパッと片付けられるのが、ダイソーのアルミ風よけの良さ。

 



 

「価格は100円ではなく500円で販売されていますが、しっかりとした丈夫なつくりなので、コスパが高い商品だと思います」

 



 

「ダイソーのアルミ風よけは、収納袋も付属されています」

 

収納袋が付属されているので、別途購入する必要はありません。

 



 

「丈夫でしっかりとしたつくりなので、痛むことがなく長く使用することができます」

 

 

 

 
風に強いタフまる

 

 

 

 

「カセットコンロには、屋外用と屋内用の2種類があります」

 

屋外用と屋内用のカセットコンロの違いは、風に強い構造と持ち運びやすさにあります。

 

 

 

 

「屋内用のカセットコンロには、五徳の周りに風防が付いていません」

 

風が少しでも吹くと、すぐに炎が消えてしまいます。

 

 

 

 

「屋外用のカセットコンロには、下記のように五徳の周りに風防が付いています」

 

五徳の周りに風防が付いていることで、風があっても炎が消えず安定します。

 

キャンプや外で使う場合、風に強い屋外用のカセットコンロがおすすめ。

 

 

 

 

「屋外用のカセットコンロには、収納ケースが付属されていて持ち運びにも便利」

 

 

 

 

タフまる
 

 

「屋外用カセットコンロのタフまるは、風に強い商品」

 

タフまるは、イワタニから発売されている屋外でも使えるカセットコンロ。

 

 

 

 

「タフまるが風に強い理由は、多孔式バーナーとダブル風防ユニットを搭載している為」

 

 

 

 

「多孔式バーナーは、炎が出てくる火口に無数にあいた細かな穴」

 

ひとつひとつの火口を小さくすることで、風の影響で炎が消えない仕組み。

 

 

 

 

「ダブル風防ユニットは、五徳の周りに外側風防と内側風防の2つの風防が付いていることで、風の影響を軽減」

 

2つの風防が風を軽減する為、キャンプや外で使いやすくなっています。

 

 

 

 

「タフまるは風に強いカセットコンロなので、強風ではない限り風防は必要ありません」

 

外で使うのに、タフまるがあるとかなり便利です。

 

 

 

 

「タフまるには専用ケースも付属されており、持ち運びや収納に便利」

 

 

 

 

「耐火荷重は20kgあり、ダッチオーブンものせることが可能」

 

 

 

 

「おしゃれな見た目とゴツゴツした無骨さで、とても気に入っています」

 

使い勝手がよく風に強いタフまるは、我が家のおすすめのカセットコンロ。

 

 

 


 

 

 

 

 

焼肉プレート
 

 

「タフまるを購入したら、ぜひ一緒に選んでほしいのがイワタニ焼肉プレート」

 

イワタニ焼肉プレートは、タフまるを含めたイワタニ製のカセットコンロで、手軽に焼肉ができます。

 

 

 

 

「カセットコンロで、手軽に焼肉をするならイワタニの焼肉プレートがおすすめ」

 

 

 

 

「裏面には凹凸があり、カセットコンロの五徳にはまり込みます」

 

五徳にはまり込む為、しっかりと固定されます。

 

しっかりと固定されるので、焼肉がやりやすいです。

 

 



 

「焼肉プレートには水受皿があり、水受け皿に水を入れて使います」

 

水受皿に水を入れて焼肉をすることで、煙をシャットアウト。

 

 

 

 

「焼肉プレートで焼肉をすると、煙がほぼ出ません」

 



 

「肉の脂が水受皿に落ちることで、ヘルシーにいただけます」

 



 

「プレートはフッ素コートされているので、スポンジに洗剤をつけて、サッとこするだけで汚れは取れます」

 

 

 

 

「フッ素コートしているプレートは、食材がくっつくこともありません」

 

 

 

 

「カセットコンロを使って、手軽に焼肉ができるのでおすすめ」

 

 

 

 

「イワタニの焼肉プレートは、SサイズとLサイズの2種類あります」

 

焼肉プレートSサイズは276×46mmで、プレートの直径は250mm。

 

1人〜2人で焼肉をするならSサイズ。

 

 



 



 

 

「焼肉プレートLのサイズは337×50mmで、プレートの直径は305mm」

 

3人以上で焼肉をするならLサイズ。

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

カセットコンロに風防をセットする際、ガスボンベの容器カバーを覆うように配置するのは危険です。

 

カセットボンベの容器カバーを風防で覆ってしまうと、熱が風防に反射しボンベの温度が上がる場合があります。

 

風防でカセットボンベの容器カバーを覆うことは危険。

 

安全に風防を使うには、輻射熱に注意する必要があります。

 

カセットコンロに風防をセットする場合、カセットボンベの容器カバーを覆わないように配置して下さい。

 

カセットボンベの容器カバーを風防で覆わない限り、ボンベの内部圧力が高くなり、爆破する恐れがありません。

 

以上、「【検証】カセットコンロで風防は本当に危険なの?100均で後付けも注意」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!