選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【検証】キャンプで蚊取り線香はいつから?いつまで?効果も紹介



 

「年間50泊程、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊すると、ほぼ毎週がキャンプ」

 

キャンプに行く時間が長ければ長いほど、快適に過ごしたいと思います。

 

 

 

 

「春や秋は、それ程冷え込まないので、重装備でなくてもキャンプができます」

 

焚き火でも暖が取れ、焚き火を最も楽しめる季節。

 

 

 

 

「冬キャンプは冷え込みますが、しっかりとした装備をすれば快適に過ごせます」

 

 

 

 

「1年で最も過ごしにくいのが夏キャンプ」

 

昼間は高温になり、夜も場所によっては熱帯夜になることもあります。

 

1日を通して気温が上がるので、夏キャンプはしっかりとした暑さ対策が不可欠。

 

 

 

 

「虫も増える季節なので、虫対策も必要になります」

 

 

 

 

「キャンプで多くの方が虫対策として使用しているのが蚊取り線香」

 

我が家も気温が上がると、必ず蚊取り線香を使います。

 

 

 

 

今回は、キャンプで蚊取り線香はいつから?いつまで?効果もブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
 
*タイトル
【検証】キャンプで蚊取り線香はいつから?いつまで?効果も紹介

 



 

蚊はいつからいつまで発生するの
 
 

「蚊は夏場に発生するイメージが強いですが、実は蚊の活動時期は4月〜11月」

 

最近は地球温暖化の影響があり、年々蚊が発生する時期が早まっていると言われています。

 
5月や9月でも夏の気温並に温度が上がる所もあるので、ゴールデンウィークやシルバーウィークにキャンプをされる方も、十分な蚊の対策は不可欠。
 

 

 

 

「蚊取り線香は、気温が上がる5月ぐらいから10月ぐらいまで、我が家はキャンプに持参します」

 

夏キャンプだけではなく、気温が割と高い春や秋キャンプでも持って行かれた方が良いと思います。

 

 

 

 

「蚊は15℃から動き出し、25℃〜30℃ぐらいになると活発になります」

 

30℃を超えると反対に、活動が鈍くなります。

 

 

 

 

「夏場は、昼間の気温が30℃を超える所が多く、蚊の発生は抑えられます」

 

夕方からは気温が下がり、蚊が活発に動き出してくるので、より蚊の対策が必要になります。

 

 

 

 

「蚊は、標高がある所は苦手と言われていています」


 

その理由は、標高の高い場所で卵を産んで繁殖し、生き延びていくのが難しいから。

 

標高が高ければ気温が低くなるので、蚊の発生も少なくなります。

 

 

 

 

蚊取り線香は1人1個
 

 

「キャンプでは座ることが多いので足首が死角になり、足首を刺されることが増えます」

 

頭や手が蚊に刺されないのに、足首をよく刺されるのは、足から発生する匂いも関係があります。

 

足から発生する匂いで、蚊が集まりやすくなるのが原因。

 

 

 

 

「蚊取り線香を足首辺りに、1人1個の蚊取り線香を置くことで、蚊が寄り付きにくくなります」

 

 

 

 

鍛造ペグを使った蚊取り線香の立て方

 



 

「蚊取り線香は、地面と平行に設置する方法と、地面と垂直にする2種類の立て方があります」

 

 



 

地面と垂直にする方法
 

 

ペグを7cm程ペグダウンします

 



 

ペグの穴に回しながら入れたら完了

 

 




地面と平行にする方法
 

 

蚊取り線香の中心にペグをセットし7cm程ペグダウンします

 

 

 



 

蚊取り線香をペグのフックまで上げていき蚊取り線香を回して固定して下さい

 

 

 



 

「蚊取り線香は、鍛造ペグを使用することで設置できます」

 



 

「我が家は、スノーピークから発売されているソリッドステーク30を使用」

 

ソリッドステーク30は、鍛造ペグで一番売れている商品。

 

 

 


 

 

 

 

 

「村の鍛冶屋のエリッゼステーク28cmは、スノーピークと同じような強度で、手軽に購入できる値段」

 




 

 

 

 

 

「我が家はペグとペグハンマーを、トラスコのツールボックスに入れています」

 

鍛造ペグが30本以上とペグハンマーも一緒に入るので便利。

 

 



 

「いろいろなカラーが豊富にあるので、自分好みの色を見つけやすいです」

 

Neue web store

 


 

 

 

 

 

「蚊取り線香は、1人1個を足元に置いて下さい」

 

蚊に刺される場所は足首が多く、足元に蚊取り線香を置くことで、蚊に刺されることがなくなります。

 

頭や手が蚊に刺されないのに、足首をよく刺されるのは、足から発生する匂いも関係があります。

 

 

 

 

「夏場は、昼間の気温が30℃を超える所が多く、蚊の発生は抑えられます」

 

夕方からは気温が下がり、蚊が活発に動き出してくるので、より蚊取り線香などの蚊の対策が必要になります。

 

 

 

 

「蚊取り線香は蚊だけではなく、ほぼ全ての虫に対して効果があると言われています」

 



 

「蚊取り線香の香りには、ピレストロイドという成分が殺虫効果をもっており、蚊取り線香に火をつけることで香りを発生させて蚊を撃退します」

 

キャンプでは、いろいろな虫が発生するので蚊取り線香は効果的。

 



 

ブヨにも効果があるモンスーン

 

 

 

 

「モンスーンは、アース製薬から発売している強力な蚊取り線香」

 

高温多湿な東南アジアで発売された蚊取り線香で、効き目がかなり高いです。

 

 

 

 

「蚊の他、ブヨにも効果があるのでおすすめ」

 

 

 

 

「燃焼時間は、7時間効き目があります」

 

 

 

 

「モンスーンは、ピレロイドを配合」

 

 

ピレロイド

速効性で早く効果があらわれる

忌避効果がある

人に対して毒性が低い

自然界における分解が速く環境に優しい

 

 

 

「モンスーンの煙は、よくある蚊取り線香の匂いと代わりませが、少しお香の香りがします」

 

嫌な香りではないので、長時間つけていても気になりません。

 

 

 

 

「アース製薬のモンスーンは、蚊・ブヨ・アブに効果がある強力な蚊取り線香なので絶対おすすめ」

 




 

 

 

 

 

「モンスーンは、ケースが付属されていません」

 

ケースが必要な方は、別途モンスーン専用のケースが発売されています。

 

モンスーンの専用ケースは、50巻が入るサイズになっています。

 

 

 




 

 

 

まとめ

 



 

今回は、キャンプで蚊取り線香はいつから?いつまで?効果も紹介しました。

 

蚊取り線香の設置にペグを使用することで、手軽に蚊取り線香立てとして使えます。

 

蚊取り線香は、1人1個を足元に置いておくと蚊に刺されにくくなります。

 

我が家もキャンプでは、必ず1人1個の蚊取り線香を足元に置いています。

 

キャンプでは座ることが多くなり、足首に死角ができてしまい足首を蚊に刺されることが増えます。

 

頭や手が蚊に刺されないのに、足首をよく刺されるのは、足から発生する匂いも関係があります。

 

足から発生する匂いで、蚊が集まりやすくなるのが原因。

 

蚊取り線香を足首辺りに、1人1個の蚊取り線香を設置することで、蚊が寄り付きにくくなります。

 

以上、「【検証】キャンプで蚊取り線香はいつから?いつまで?効果も紹介」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!