選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【砥石は不要】ナイフの最強の研ぎ方はロールシャープナー



 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「キャンプの楽しみは、皆さんいろいろあると思います」

 

我が家のキャンプの楽しみは、ゆったりと過ごすこと。

 

キャンプでは夫婦で、お酒をいただきながらゆったりと過ごしています。

 

 

 

 

「キャンプに行くと、必ずお酒をいただきます」

 

お酒を美味しく飲むには、お酒に合う料理やおつまみが不可欠。

 

 

 

 

「キャンプに行くと料理やおつまみを作るので、ナイフが必ず必要になってきます」

 

自宅では包丁を使い料理している我が家ですが、キャンプでは折りたためて持ち運びやすいナイフを愛用しています。

 



 

「食材をカットするのにナイフを常に使っていると、だんだん切れ味が落ちてきます」

 

切れ味の悪いナイフを使用していると、思うように食材が切れません。

 



 

「切れないナイフがあれば、研ぐ必要があります」

 

ナイフは砥石を使って研ぐやり方もありますが、我が家はシャープナーを使用。

 



 

「砥石よりシャープナーを使う方が、簡単手軽にナイフが復活します」

 



 

今回は、シャープナーを使ってのナイフの研ぎ方を、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
 
*タイトル
【砥石は不要】アウトドアナイフの最強の研ぎ方はシャープナー

 



 

ナイフが切れなくなる理由

 



 

「使い始めはよく切れていたナイフも、時間が経つと切れなくなってしまいます」

 



 

「ナイフが切れなくなる理由は刃の摩耗」

 

食材を何度も切ったり、まな板などの硬いものに当たると、包丁の刃は徐々に磨耗し刃先が丸まってきます。

 

磨耗で刃先が丸まってしまうと、食材を切る時に滑ってしまいます。

 



 

「研ぐことで丸まった刃先が鋭く尖り、表面に凹凸ができて食材がよく切れるようになります」

 



 

砥石よりシャープナー

 



 

「砥石を使うと、ナイフの刃の角度や研ぐ時間など難しく、研ぐ工程なども勉強する必要があります」

 

研いだ後の砥石は、メンテナンスもしなければいけません。

 

以前から砥石を使うことが多ければ、上手く研げるかもしれませんが、砥石を使用する機会がない方はかなり難しいです。

 

 

 

 

「我が家も以前は砥石を使ってましたが、難しく時間もかかるので、シャープナーに変えました」

 

ナイフでシャープナーを使うと、簡単に短時間で研ぐことができます。

 



 

「ナイフを研ぐのは誰でも簡単にでき、初心者の方でも使いやすいシャープナーがおすすめ」

 



 

シャープナーを使用するメリット

 



 

短時間で切れ味回復
 

 

「シャープナーを使用するメリットは、短時間で切れ味が回復できること」

 

本格的に砥石を使いナイフを研ぐとなると、かなりの時間がかかってしまいます。

 

シャープナーを使うことで、短時間でメンテナンスが完了します。

 



 

初心者でも簡単に使える
 

 

「砥石を上手く使う為には、砥石を使う技術が必要になります」

 

始めての方が砥石を使いメンテナンスをすると、反対に切れ味が悪くなってしまうリスクもあります。

 

シャープナーを使うことで、初心者やどんな方でもナイフの切れ味を回復することができます。

 



 

京セラのロールシャープナー

 



 

「シャープナーは、いろいろなブランドから発売されており形もさまざま」

 

たくさんのブランドから発売されているシャープナーですが、シャープナーによっては研いだ直後切れ味が復活しますが、すぐに切れなくなってしまうものもあります。

 

京セラから発売されているロールシャープナーは、砥石部分にファインセラミックを採用。

 



 

「ファインセラミックの砥石が回転しながら研ぎ、手作業で砥石を使うのと同様に、縦方向にも研げます」

 

縦方向にも研磨できるので、切れ味が回復し長く維持できます。

 



 

「ファインセラミックはダイヤモンドに迫る硬さで、耐久性と強度に優れています」

 



 

京セラロールシャープナーの使い方

 



 

ロールシャープナーを平らな所に置きガイド溝にナイフの刃をセットします

 



 

刃を前後に10回程度往復させるだけで完了

 

 

 

 

「刃を本体ガイド溝に入れて、10回程度往復させることで荒研ぎと仕上げ研ぎが一度にできる優れもの」

 

砥石部分には荒研ぎと仕上げ研ぎする両方の面があり、一度にできるのでとても便利。

 

前後に10回程ナイフの刃を往復するだけで研げ、水を使用しないので手間も一切かかりません。

 



 

「我が家は京セラロールシャープナーで、自宅の包丁も研いでいます」

 

 

 

 

「京セラロールシャープナーがひとつあれば、キャンプで使うナイフや自宅で使用している包丁にも使えるので便利」

 

 

 


 

 

 

 

 

京セラロールシャープナーを使った後

 



 

「京セラロールシャープナーで研いだ後、キャベツを切りましたがよく切れるようになりました」

 

 

 

 

「こちらのナイフも京セラロールシャープナーで研いだ後、キャベツを切りましたが切れ味が完全回復」

 

 




「京セラロールシャープナーがあれば本体のガイド溝に刃をセットし、10回程度往復させるだけで切れ味が回復するので簡単」

 

水を必要としないので、手軽に研ぐことができます。

 

 

 


 

 

 

 

 

京セラロールシャープナーの口コミ

 



 

「京セラロールシャープナーの口コミと評判は、下記のような感じ」

 

 

●研ぎ機の上を数回転がすだけで切れ味が良くなります。

 

●手軽に研磨でき包丁を使う前に3、4回スライドするだけで切れ味が復活するので時間も手間もかからなくて◎

 

●コンパクトで研ぎやすく切れ味が良くなる。

 

●初めて包丁を研いだのですが簡単に出来ました。オススメです。

 

●今までは安い研ぎ器を使ってましたが、今回のは研ぐと切れ味がとても良くなります。気持ちいいですよ。

 

●砥石で研ぐ時間もかかり、刃の向きを考えて研いでいたが、これは簡単にしかも、力もあまり入れることなく手早く刃が蘇る。

 

●切れ味が悪くなるとスーっとスライドするだけ。簡単です。

 

●100均のシャープナーを使用したところ余計に切れ味が悪くなったのでこちらを購入。使い方も簡単で切れ味も復活し大満足です。

 

●低価格だけれどよく出来た商品で、簡単に使えて嬉しい。

 

●家の包丁が切れにくくなってきたので購入しました。値段も安いし前後に滑らすだけで切れ味抜群!とっても重宝してます。

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

使い始めはよく切れていたナイフも、時間が経つと切れなくなってしまいます。

 

ナイフが切れなくなる理由は刃の摩耗。

 

食材を何度も切ったり、まな板などの硬いものに当たると、包丁の刃は徐々に磨耗し刃先が丸まってきます。

 

磨耗で刃先が丸まってしまうと、食材を切る時に刃先が滑ってしまいます。

 

研ぐことにより丸まった刃先が鋭く尖り、表面に凹凸ができて食材がよく切れるようになります。

 

砥石を使うと、ナイフの刃の角度や研ぐ時間など難しく、研ぐ工程なども勉強する必要があります。

 

研いだ後の砥石は、メンテナンスもしなければいけません。

 

以前から砥石を使うことが多ければ、上手く研げるかもしれませんが、砥石を使用する機会がない方はかなり難しいです。

 

我が家も以前は砥石を使ってましたが、難しく時間もかかるので、シャープナーに変わりました。

 

ナイフにシャープナーを使うと、簡単に短時間で研ぐことができます。

 

ナイフを研ぐのは誰でも簡単に、初心者の方でも使いやすいシャープナーがおすすめ。

 

以上、「【砥石は不要】ナイフの最強の研ぎ方はロールシャープナー」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 累計50万本の大ヒット

【光武酒造場】