選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【検証】ダッチオーブンでカレーを作ると焦げる?黒くなる?キャンプでおすすめ



 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もキャンプに行くと、ほぼ毎週がキャンプ」

 

我が家は年間50泊行くキャンプに、いろいろなキャンプ飯を作ってきました。

 

 

 

 

「今回紹介するのが、イワタニのダッチオープンで作るカレーライス」

 

イワタニのダッチオープンは、素材がアルミ製になっており、ダッチオープンですがカレーが手軽に作れます。

 

アルミ製なので、カレーを作っても焦げ付いたり黒くなったりすることがありません。

 



 

今回はイワタニのダッチオープンを詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
 
*タイトル
【検証】ダッチオーブンでカレーを作ると焦げる?黒くなる?キャンプでおすすめ

 



 

ダッチオーブンが黒くなる理由
 

 

「ダッチオープンが黒くなるのは黒サビが原因」

 

黒サビは熱せられた鉄が空気に触れることでできます。

 

金属の表面に隙間なくくっつく為、中の鉄を空気や水分から守る役目があります。

 

 

 

 

「黒サビができることで、赤サビを防ぐことができます」

 

鉄製のダッチオープンは黒サビが必ず出ますが、健康に害はありません。

 

カレーなどを作ると材質上、黒くなってしまうことがあります。

 



 

ダッチオーブンが焦げる
 

 

「ダッチオープンは、テフロン加工されていない為、肉などを炒めると焦げ付く場合があります」

 

食材がこげてしまうと、苦味が出て美味しくありません。

 

カレーが焦げ付いてしまうと、使用後の手入れも大変です。

 

 

 

 

アルミ製のダッチオーブン

 



 

「カレーやその他の料理を作る際、黒くなったり焦げ付かないのがフォアウィンズのミニダッチオーブン」

 

フォアウィンズのミニダッチオーブンは、アルミ製になっているので黒くなることがありません。

 

 

 

 

「フッ素樹脂加工されており、カレーが焦げ付くこともないです」

 

 

 

 

 

 

 

「手入れが大変でダッチオープンを使うのが面倒だと思う方は、アルミ製のダッチオープンを選んでみて下さい」

 

我が家も使用してますが、手入れが簡単でとても扱いやすいです。

 

 

 

 

フォアウィンズのミニダッチオーブン
 

 

「今回、ダッチオーブンでカレーを作るのに使ったのが、フォアウインズから発売されているミニダッチオーブン」

 

 

 

 

「フォアウィンズのミニダッチオーブンは、カセットコンロで有名なイワタニ製」

 

キャンプで使うミニダッチオーブンで人気の商品。

 

 

 

 

「キャンプでダッチオーブンを使いたいけど、重くて持ち運びが大変」

 

ダッチオーブンは鉄製で出来ている為、しっかりとメンテナンスをしなければサビついてしまいます。

 

重くて持ち運びしにくくメンテナンスが大変ということで、キャンプでダッチオーブンを使うのを敬遠されている方もおられます。

 

 

 

 

「フォアウィンズのミニダッチオーブンは、素材がアルミ製なので、本体重量が1210gと軽く持ち運びが楽」

 



 

「アルミ製のフォアウィンズのミニダッチオーブンは、鉄製のダッチオーブンとは違い手入れが簡単」

 

使用後の汚れは洗剤を使うことができ、アルミ製でサビないのでメンテナンスをする必要もないです。

 

 

 

 

「内面はフッ素樹脂加工が施されており、食材がくっつくことがなく焦げ付きもありません」

 

 

 

 

「厚みのあるアルミ素材が使われていて強度もあります」

 

アルミ製のミニダッチオーブンは、熱伝導に優れており食材がムラなく美味しく仕上がります。

 

 

 

 

「専用のハンドルが付いていて、熱々でも持ち運びができます」

 

ハンドルは、取り外しができるのでコンパクト。

 

 



 

「ハンドルの反対側はシリコンのヘラになっており、焦げ付いた時など簡単に汚れが取れます」

 



 

「フォアウィンズのミニダッチオーブンの便利な所は、蓋がスキレットとして使用できること」

 

ダッチオーブンだけではなく、スキレットとしても使えるので便利。

 



 

「我が家はフォアウィンズのミニダッチオーブンで、いろいろな料理を作ってきました」

 

 

 

 

 

「スクエアタイプになっており、デッドスペースが少なく道具箱に入れやすい形」

 

 

 

 

「中には小物など、さまざまなギアを入れることが可能」

 

 

 

 

 

「本体と蓋にはスリットが入っているので、カセットコンロの五徳にぴったりとはまり固定されます」

 



 

「イワタニのタフまるJr.と相性がよくぴったりサイズ」

 

同じブランドなので、相性がとても良く使いやすいです。

 

 

 

 

「タフまるJr.を使用されている方も、フォアウィンズのミニダッチオーブンが特におすすめです」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

ダッチオープンが黒くなるのは黒サビが原因。

 

黒サビは熱せられた鉄が空気に触れることでできます。

 

金属の表面に隙間なくくっつく為、中の鉄を空気や水分から守る役目があります。

 

黒サビができることで、赤サビを防ぐことができます。

 

鉄製のダッチオープンは黒サビが必ず出ますが、健康に害はありません。

 

カレーなどを作ると材質上、黒くなってしまうことがあります。

 

ダッチオープンは、テフロン加工されていない為、肉などを炒めると焦げ付く場合があります。

 

食材がこげてしまうと、苦味が出て美味しくありません。

 

カレーが焦げ付いてしまうと、使用後の手入れが大変です。

 

カレーやその他の料理を作る際、黒くなったり焦げ付かないのがフォアウィンズのミニダッチオーブン。

 

フォアウィンズのミニダッチオーブンは、アルミ製になっているので黒くなることがありません。

 

フッ素樹脂加工されており、カレーが焦げ付くこともないです。

 

手入れが大変でダッチオープンを使うのが面倒だと思う方は、アルミ製のダッチオープンを選んでみて下さい。

 

我が家も使用してますが、手入れが簡単でとても扱いやすいです。

 

以上、「【検証】ダッチオーブンでカレーを作ると焦げる?黒くなる?キャンプでおすすめ」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!