選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【8年間使用】マキシマム調味料は本当にまずいの?どんな味?詳しく紹介



 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「我が家のキャンプの楽しみは、ゆったりと過ごすこと」

 

キャンプでは夫婦で、ゆったりとお酒をいただきながら過ごしています。

 

 

 

 

「お酒を美味しく飲むには、お酒に合う料理やおつまみが必要」

 

我が家はキャンプで、お酒に合う料理やおつまみをいろいろと作ってきました。

 

 

 

 

「いろいろ作った料理やおつまみの中で、お酒と最強に合うのが焼肉だと思います」

 

キンキンに冷えたビールと焼肉の相性は最高です。

 

我が家は焼肉をいただく時、焼肉のタレを使わずマキシマムを振りかけています。

 



 

「焼肉をより美味しく食べるには、マキシマムが必要です」

 



 

今回はマキシマムについて、マキシマムはどんな味?まずいのか?詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
 
*タイトル
【8年間使用】マキシマム調味料は本当にまずいの?どんな味?詳しく紹介

 



 

「マキシマムは宮崎県の中村食肉が製造販売しているスパイス」

 

宮崎県のご当地調味料だったマキシマムは、その美味しさから様々なメディアに取り上げられて、全国各地に知れ渡るようになりました。

 



 

「肉とマキシマムの相性が良い理由は、お肉屋さんが研究開発をして作ったスパイスだから」

 

肉のことを知り尽くしているお肉屋さんだからこそ、肉と本当に合うスパイスが生まれました。

 

 

 

 

「マキシマムは、キャンプ3大スパイスとしても有名」

 

キャンプ3大スパイスはマキシマムの他に、黒瀬のスパイスとほりにしがあります。

 



 

マキシマムはどんな味

 



 

「マキシマムは、塩胡椒・ガーリック粉末・醤油・かつお粉末・ナツメグ・パプリカ・クミン・ローレルなど、全16種類のスパイスを配合」

 

マイルド過ぎずスパイシー感も強くなく、ちょうどいいバランス。

 

ガツンとしたスパイシー感が強くないので、お子さんでも使いやすいです。

 



 

「少し入れるだけで味を整えて、肉や魚に振りかけるだけで凝った味付けをしたような美味しさになります」

 

 

 

 

「マキシマムの特徴は、醤油やかつお粉末が入っていること」

 

醤油やかつお粉末が入っているため和な味わいも感じられて、他のスパイスと比べてとても親しみやすいです。

 

出汁と醤油成分で、まろやかな和の味わいが楽しめます。

 



 

「マキシマムにはクミンが配合されており、カレーの香味が若干感じられます」

 

若干感じられるカレーの香味が隠し味になっていて、味を引き締めてくれています。

 



 

「マキシマムのおすすめな使い方は、ハンバーグの種を作る時の下味」

 

ローレルやナツメグが入っている為、旨み成分だけではなく肉の臭みもとってくれます。

 

 

 

 

「マキシマムは、ガツンとしたスパイシーさはありませんが、かつお粉末や醤油が入っている為、どんな方でも浸しみやすいスパイス」

 

肉や魚料理だけではなく、和の料理とも合うのでおすすめ。

 

 

 

 



 

 

 

マキシマムはまずい

 



 

「マキシマムは他のスパイスと違い、クセが少なくどんな料理にも無難に使えます」

 

クセが少ないので、マキシマムを使用してまずいと感じられる方は少ないと思います。

 



 

「マキシマムは他のスパイスと違い、パンチの効いたスパイシー感はありません」

 

パンチの効いたガツンとしたスパイスを求めておられる方は、若干物足りなさを感じられるかも知れません。

 



 

「ガツンとしたスパイシー感が強くないので、マキシマムはどんな料理とも合います」

 

ガーリック粉末が入っているのですが、にんにく感が強くありません。

 

にんにくが苦手な方もマキシマムが使いやすいです。

 



 

「パンチが効いていて、にんにくの香味が強いスパイスが好きな方は、ほりにしがおすすめ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「マキシマムを振りかけると、パンチの効いたガツンとしたスパイシー感はありません」

 

スパイス独自の旨みを感じられる商品。

 



 

「にんにくの香りが強くなく、くどさもないのでマキシマムを振りかけると、さっぱりといただけます」

 

クセが少ないのでマキシマムを振りかけて、まずいと感じられる方は少ないです。

 

 

 

 

「我が家はマキシマムが美味しいと思っているので、常に使っています」

 

マキシマムは全くまずくなく、振りかけると美味しくなるスパイス。

 

 

 

 



 

 

 

マキシマムの使い方

 



 

ハンバーグの下味にマキシマム
 

 

「マキシマムはナツメグやローレルが入っている為、旨み成分を加えつつ肉の臭みもとってくれます」

 

我が家はハンバーグのタネを作る際、肉の臭みをとるのにナツメグを使わずマキシマムを振りかけています。

 

この日のキャンプは、ハンバーガーを作りました。

 

 

 

 

 

 

 

餃子のタネ作りにマキシマム
 

 

「餃子のタネは、豚のミンチを使って作ります」

 

マキシマムを振りかけることで、豚肉の臭みがとれ旨み成分が加わります。

 



 

「餃子のタネを作るのにマキシマムを使うと、より美味しい餃子が出来上がるのでおすすめ」

 

この日のキャンプは、餃子の皮・豚ミンチ・チーズを使い包まない餃子を作りました。

 

 

 

 



 

串揚げの下味にマキシマム
 

 

「揚げ物の下味にもマキシマムがおすすめ」

 

この日のキャンプは、エビと豚肉の下味にマキシマムを振りかけました。

 



 

「マキシマムはナツメグやローレルが入っているため臭みを取り、塩胡椒と違ってスパイシーな串揚げに仕上がります」

 

揚げ物が美味しくなるので、下味にマキシマムを使ってみて下さい。

 

 



 

アヒージョにマキシマム
 

 

「アヒージョを作る際、食材の下味に塩を使う方が多いと思います」

 

マキシマムを食材に振りかけると、スパイシーで旨みがあるアヒージョが出来上がります。

 

アヒージョが美味しくいただけるのでおすすめ。

 

 

 

 

 

 

焼肉にマキシマム
 

 

「我が家は焼肉のタレを使わず、マキシマムのみを振りかけて焼肉をよくいただきます」

 

焼肉のタレをつけて肉を食べていると、くどくなってきます。

 

マキシマムを使うと焼肉のタレがいらないので、さっぱりといただけます。

 



 

「マキシマムは、肉の焼き上がり振りかけて下さい」

 

焼き上がりに振りかけることで、よりマキシマムの香味を楽しめます。

 



 

「焼き上がりにマキシマムを振りかけることで、肉を食べると口いっぱいにマキシマムの旨みが広がります」

 

焼肉をいただく場合は、焼肉する前ではなく焼き上がった時にマキシマムを振りかけることをおすすめします。

 

 

 

 

「マキシマムを焼き上がりに振りかけることで、よりマキシマムの香味を楽しめます」

 

 

 

 



 

 

 

キャンプで焼肉

 

 

 

 

「今回のキャンプは、イワタニのタフまると焼肉プレートを使い焼肉」

 

タフまると焼肉プレートを使うことで、手軽で美味しく焼肉ができます。

 

 

 

 

タフまる
 

 

「タフまるは外側と内側に、風防を2ヶ所付けたダブル風防ユニットを搭載」

 

 

 

 

「ダブル風防ユニットで風の影響を軽減」

 

 

 

 

「炎長が短い多孔式バーナーを搭載しており、風で炎が消えない仕組み」

 

 

 

 

「タフまるは、ダブル風防ユニットと多孔式バーナーで風に強いカセットコンロ」

 

風に強いタフまるがあれば、外で焼肉ができます。

 

 

 

 

「タフまるは専用ケースも付属されていて、持ち運びや収納に便利」

 

 

 

 

「耐荷重が20kgあるので、ダッチオーブンをのせることも可能」

 

 

 

 

「タフまるは風に強くおしゃれなカセットコンロ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イワタニ焼肉プレート
 

 

「タフまるの上に、イワタニ焼肉プレートをのせます」

 

カセットコンロで、手軽に焼肉をするならイワタニの焼肉プレートがおすすめ。

 

 

 

 

「裏面には凹凸があり、カセットコンロの五徳にはまり込みます」

 

五徳にはまり込む為、しっかりと固定されます。

 

しっかりと固定されるので、焼肉がやりやすいです。

 

 



 

「焼肉プレートには水受皿があり、水受け皿に水を入れて使います」

 

水受皿に水を入れて焼肉をすることで、煙をシャットアウト。

 

 

 

 

「焼肉プレートで焼肉をすると、煙がほぼ出ません」

 



 

「肉の脂が水受皿に落ちることで、ヘルシーにいただけます」

 



 

「プレートはフッ素コートされているので、スポンジに洗剤をつけて、サッとこするだけで汚れは取れます」

 

 

 

 

「フッ素コートしているプレートは、食材がくっつくこともありません」

 

 

 

 

「カセットコンロを使って、手軽に焼肉ができるのでおすすめ」

 

 

 

 

「イワタニの焼肉プレートは、SサイズとLサイズの2種類あります」

 

焼肉プレートSサイズは276×46mmで、プレートの直径は250mm。

 

1人〜2人で焼肉をするならSサイズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「焼肉プレートLのサイズは337×50mmで、プレートの直径は305mm」

 

3人以上で焼肉をするならLサイズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼肉にマキシマム
 

 

「イワタニ焼肉プレートに肉と野菜をのせてスタート」

 

 

 

 

「肉が焼けたらシェラカップに入れます」

 

マキシマムは、肉の焼き上がりに振りかけて下さい。

 

 

 

 

「焼き上がりにマキシマムを振りかけることで、よりマキシマムの香味を楽しめます」

 

 

 

 

 

「今回は焼肉のタレを使わずマキシマムのみを使ったので、さっぱりと焼肉をいただけました」

 

マキシマムがあると、肉を美味しくいただけるのでおすすめ。

 

 

 

 



 

 

 

焼き鳥や手羽先にマキシマム
 

 

「マキシマムは、牛豚鳥のどんな肉とも相性が良いです」

 

我が家は焼き鳥をいただく時もマキシマムを振りかけています。

 



 

「焼き上がりにマキシマムを振りかけて下さい」

 

焼き上がりに振りかけることで、よりマキシマムの香味を楽しめます。

 



 

「スキレットに手羽先を並べて焼いていきます」

 



 

「手羽先は皮から焼いて下さい」

 

皮から焼くことで、皮が縮んでくずれたりはがれたりするのを防ぎます。

 

 



 

「手羽先に焼き色が付いたらシェラカップに移します」

 

手羽先をいただく時も焼き上がりにマキシマムを振りかけます。

 

焼き上がりにマキシマムを振りかけることで、よりマキシマムの香味を楽しめます。

 

 



 

「マキシマムは、キャンプ3大スパイスのひとつ」

 



 

「マキシマムがあると、焼肉を含めいろいろな料理が美味しくなるのでおすすめ」

 

 

 

 

 



 

 

 

マキシマムの口コミと評判

 



 

「マキシマムの口コミと評判は、下記のような感じ」

 

 

●塩分がきついので、それに気を付けながら振りかけるとどんな肉料理もおいしくなりました。
 
●かけすぎかしら?くらいかけた方がおいしかったです。
 
●これで肉を味付けすると、単なる塩コショウよりは上等な、でもとがっていない、まろやかなおいしさを味わえます。
 
●焼き肉に使うと、とてもおいしくて最高です。また無くなったらリピしたいです。
 
●少々振りかけるだけでも結構スパイスが効いていて、今までにないおいしい味を感じました。
 
●単純に焼いた肉にかけるのが一番おいしく食べられるかと思います。
 
●おいしいから十分です。
 
●鶏肉、牛肉などの味付けはこれ一つで十分においしくなる。
 
●鶏肉や豚肉にただかけて焼くだけでお店で食べているみたいにおいしくなる。
 
●塩コショウするような料理の代わりに、これを使うとおいしくできると思います。

 

 

 

 



 

 

 

まとめ

 



 

マキシマムは、塩胡椒・ガーリック粉末・醤油・かつお粉末・ナツメグ・パプリカ・クミン・ローレルなど、全16種類のスパイスを配合。

 

マイルド過ぎずスパイシー感も強くなく、ちょうどいいバランス。

 

ガツンとしたスパイシー感が強くないので、お子さんも使いやすいです。

 

少し入れるだけで味を整えて、肉や魚に振りかけるだけで凝った味付けをしたような美味しさになります。

 

マキシマムの特徴は、醤油やかつお粉末が入っていること。

 

醤油やかつお粉末が入っているため和な味わいも感じられて、他のスパイスと比べてとても親しみやすいです。

 

出汁と醤油成分で、まろやかな和の味わいが楽しめます。

 

マキシマムにはクミンが配合されており、カレーの香味が若干感じられます。

 

若干感じられるカレーの香味が隠し味になっていて、味を引き締めてくれています。

 

マキシマムのおすすめな使い方は、ハンバーグの種を作る時の下味。

 

ローレルやナツメグが入っている為、旨み成分だけではなく肉の臭みもとってくれます。

 

マキシマムは、ガツンとしたスパイシーさはありませんが、かつお粉末や醤油が入っている為、どんな方でも浸しみやすいスパイス。

 

肉や魚料理だけではなく、和の料理とも合うのでおすすめ。

 

マキシマムは他のスパイスと違い、クセが少なくどんな料理にも無難に使えます。

 

クセが少ないので、マキシマムを使用してまずいと感じられる方は少ないと思います。

 

以上、「【8年間使用】マキシマム調味料は本当にまずいの?どんな味?詳しく紹介」でした。

 

 

 

 

 

 

初回限定:お野菜定期セット