選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【検証】ローチェア30のカバーは自作より暖かい方がいい



 

「最近はキャンプ人気が落ち着いてきましたが、それでもいろいろなブランドからチェアが発売されています」

 

ガレージブランドや海外製も含めると、たくさんの数。

 

たくさんのブランドから発売されているチェアの中で、昔から人気があり今も売れ続けているのがローチェア30。

 



 

「ローチェア30は、今も昔も人気があるロングヒット商品」

 

多くの方がローチェア30を使用されており、人気のキャンプギア。

 



 

「ローチェア30は昔から今も変わらぬ形ですが、座面や背面の生地がコットンからポリエステルに変更されました」

 

ポリエステル素材はコットンに比べて、火の粉に弱い特性があります。

 

焚き火をする時に使うと、火の粉がかかり穴があいたりダメージになるリスクもあります。

 



 

「ローチェア30にカバーをつけることで、ローチェア30の座面や背面を守ってくれます」

 

尚且つ寒い季節、カバーをつけるとお尻や背中が暖かくなります。

 



 

今回は、スノーピークから発売されているローチェア30のカバーについて、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
 
*タイトル
【検証】ローチェア30のカバーは自作より暖かい方がいい

 

 

 

 

ローチェア30の特徴

 



 

座り心地が良い
 

 

「ローチェア30の一番の特徴は、座り心地の良さ」

 

座面の張りが強くシートが沈まない為、座りやすいチェアになっています。

 

大柄な方が座っても安定感があり、ぐらつきもないのでリラックスして座れます。

 



 

「コールマンのレイチェアみたいなリクライニング機能がついていないので仮眠をとるのは難しいですが、座っていてくつろぐことはできます」

 

座面に張りがあるので、長期間座っていても疲れません。

 



 

おしゃれで高級感がある
 

 

「シンプルな形でスタイリッシュなデザインのローチェア30は、見た目がおしゃれ」

 

ローチェア30をサイトに置くだけで、よりおしゃれ感がアップ。

 



 

「アームレストは竹集成材を採用しており、見た目が美しく高級感があります」

 

座っていてちょうどいい高さにアームレストがくるので、心地よい座りをサポートしてくれます。

 



 

安定感がある
 

 

「ローチェア30は、座面の高さが30cmに設定されており、座りやすく座面が沈まない為、安定感があります」

 

座面30cmが、立ったり座ったりしやすい高さになっています。

 

座っていてきしみ音が出ないのもローチェア30の良いところ。

 



 

耐久性がある
 

 

「ローチェア30は、全体的にしっかりとしたつくりで耐久性があります」

 

スノーピーク製なので、品質に信頼でき安心して長く使うことが可能。

 

高価な値段ですが、長く使うことを考えたら選んで損はない感じがします。

 



 

 

 

 

 

 

ローチェア30のおすすめカバー

 



 

「ローチェア30の座面や背面はポリエステル素材」

 

以前はコットン素材が使われてましたが、ポリエステル素材に変更されました。

 

ポリエステル素材はコットン素材より、火の粉に弱い為、焚き火をする時に注意する必要があります。

 



 

「難燃性カバーをつけることで、焚き火の火の粉から座面や背面を守ります」

 

寒い季節、カバーをつけるとお尻や背中が暖かくなり寒さ対策にもなって便利。

 

座面や背面の汚れ防止にもなります。

 



 

「ローチェア30に合うカバーは、オレゴニアンキャンパーから発売されているファイヤープルーフチェアカバーとロゴスのフリースチェアカバー」

 



 

ファイヤープルーフチェアカバー
 

 

「ファイヤープルーフチェアカバーは、コールマンのレイチェアやスノーピークのローチェア30にジャストサイズ」

 



 

「ローチェア30は、座面や背面の素材がポリエステルの為、焚き火の火の粉に弱く、穴やダメージになることもあります」

 

ファイヤープルーフチェアカバーをつけることで、焚き火の火の粉から守り、汚れ防止にもなります。

 



 

「ファイヤープルーフチェアカバーの特徴は、燃えることがないマイヤー毛布素材を採用」

 

取り付けることで、火の粉からローチェア30を守ります。

 

気温が下がる季節は、体を暖かく包み込むことができるので、寒さ対策にもなります。

 



 

「ファイヤープルーフチェアカバーは、ローチェア30の背面に引っ掛けるだけで装置でき、汚れた場合も洗濯することが可能」

 



 

「燃えることがないマイヤー毛布素材は着火や延焼しにくく、有害な黒煙も発生しません」

 

火元から遠ざけることで、溶解はすぐに収まります。

 

高級感なミンクタッチの毛布素材で、手触りも良いです。

 



 

「オレゴニアンキャンパーから発売されているファイヤープルーフチェアカバーの口コミと評判は、下記のような感じ」

 

 

●難燃性素材の同商品でチェアを保護するため、寒い時期の保温の目的で購入しました。スノーピークローチェア30にピッタリのサイズで、まったく違和感ありません。

 

●冬のキャンプに使っています。焚き火の横でも安心して使えるので安心です。

 

●暖かい!ハイバックのアウトドアチェアにつけたくて購入。触り心地いいし、温かい。比較的すべりやすいけど、それをもってしてもいい。

 

●スノーピークのローチェア30に着けました。あったかいし、火の粉を気にしなくていいので安心です。買いです。

 

●思ったよりも軽くて嵩張らず、良い商品です。冬が楽しみになりました。

 

●冬キャンプ用に買いました。肌触りが良く暖かくキャンプで使うのが楽しみです。

 

●想像よりは薄い感じだか確実に温かさは違う。敷かなかった時のひんやり感が半減している。

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゴスのフリースチェアカバー
 

 

「ロゴスのフリースチェアカバーは、背もたれにかぶせるだけで装着が可能」

 

汚れた場合も手洗いできるので、メンテナンスがとても簡単。

 



 

「表面はフリース素材になっており暖か」

 

裏面は冷気を遮断するアルミ蒸着が施された断熱仕様になっています。

 



 

「足元がカバーされるように長めの作りになっていて、足元回りの冷気も軽減」

 



 

「収納すると幅35cm×10cmとコンパクトサイズになるので持ち運びに便利」

 

ロゴスのフリースチェアカバーは、ローチェア30に合うカバーで人気の商品。

 



 

「ロゴスから発売されているフリースチェアカバーの口コミと評判は、下記のような感じ」

 

 

●冬キャンプに使ってます。ハイバックチェアで使えるので重宝しています。

 

●スノーピークのローチェア30に使用しました。

 

●スノーピークのチェアに汚れ防止で買わせていただきました。防寒にもなると思うので愛用したいとおもいます。

 

●リクライニングチェアの座面がメッシュ素材だったので、今からの寒い季節は必要と思い購入しました。被せるだけで毛足も短いですが、あるとないとでは雲泥の差。

 

●とにかく可愛いです。気に入りました。椅子の汚れを防ぐ為に購入しました。ただ椅子にかけるだけで、可愛くなるし、汚れも防げるし、保温効果も有ります。夏でも暑い訳じゃなく全然大丈夫です。

 

●夏場以外のキャンプで使用する目的での購入。手持ちのチェアにセットして使用したがサイズ的にも丁度いいです。裏地がアルミ・表面がフリース生地なので暖かく、プリントもお洒落なのでキャンプサイトの雰囲気も変わっていい感じでした。

 

●表面のフリース素材に加えて、裏側がアルミシートになっており防風や保温効果があり、薄手ながら腰回りがかなり暖かいです。秋口からの冷え込む時期のキャンプには最適です。

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 



 

ローチェア30は昔から今も変わらぬ形ですが、座面や背面の生地がコットンからポリエステルに変更されました。

 

ポリエステル素材はコットンに比べて、火の粉に弱い特性があります。

 

焚き火をする時に使うと、火の粉がかかり穴があいたりダメージになるリスクもあります。

 

ローチェア30にカバーをつけることで、ローチェア30の座面や背面を守ってくれます。

 

尚且つ寒い季節、カバーをつけるとお尻や背中が暖かくなります。

 

以上、「【検証】ローチェア30のカバーは自作より暖かい方がいい」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!